Adobe Premiere Pro では、Web またはモバイルデバイスに書き出すことができるビデオを簡単に作成できます。

プロジェクトを書き出すには、シーケンスをクリックし、ファイル/書き出し/メディアを選択します。

書き出し設定ダイアログボックスで、アップロード時間を短縮し、再生品質を向上させるために最適なファイル形式、フレームサイズ、ビットレートまたはあらかじめ用意されているプリセットを選択できます。

ここでは、最適な設定を選択するためのヒントをご紹介します:

Web 向けビデオを作成するためのヒント

Web 配信用に最高品質のビデオを作成するには、以下のガイドラインに従ってください。

オーディエンスのデータレートの把握

ビデオをインターネット上で配信する場合は、低いデータレートでファイルを作成します。 高速なインターネット接続を使用しているユーザーは、読み込むことなく直ちにビデオを見ることができますが、ダイヤルアップ接続を使用しているユーザーは、ファイルのダウンロードに時間がかかります。 クリップを短くして、ダウンロード時間をダイヤルアップユーザーの許容範囲内に収めます。

適切なフレームレートの選択

フレームレートは、フレーム/秒(fps)で表されます。 データレートの高いクリップでは、フレームレートを低くすることにより、限られた帯域幅での再生が改善されます。例えば、ほとんど動きのないクリップを圧縮する場合、フレームレートを半分に減らしても、データレートは 20 %程度しか減少しません。それに対して、動きの多いビデオを圧縮する場合は、フレームレートを減らすとデータレートも大幅に減少します。

本来のフレームレートで再生した方がビデオの品質は格段に優れているので、配信チャンネルや再生プラットフォームが高いフレームレートに対応できる場合は、フレームレートを落とさないでおくことをお勧めします。 Web 配信の場合、ホスティングサービスに詳細をお問い合わせください。 モバイルデバイスの場合、デバイス固有のエンコードプリセットと、Premiere Pro の Adobe Media Encoder を通じて使用可能なデバイスエミュレーターを使用します。フレームレートを減らす必要がある場合は、元のフレームレートを整数で割った値にすると、最適な結果が得られます。

データレートとフレームアスペクト比に適したフレームサイズの選択

特定のデータレート(接続スピード)では、フレームサイズが増加するとビデオの品質が低下します。 エンコード設定のフレームサイズを決めるときには、フレームレート、ソースマテリアルおよび個人の環境設定を考慮する必要があります。 ピラーボックス化(画面の両側が黒くなる現象)を防ぐには、ソース映像と同じ縦横比を持つフレーム縦横比を選択することが重要です。 例えば、NTSC 映像を PAL フレームサイズにエンコードすると、ピラーボックスが発生します。

プログレッシブダウンロードの時間を理解する

ダウンロードが完了するまで、ビデオの再生が中断されることなく最後まで続くようにするには、ダウンロードにどれだけ時間がかかるかを把握しておく必要があります。ビデオの先頭部分をダウンロードする間に他のコンテンツを表示し、ダウンロード時間が気にならないようにすることもできます。 短いクリップの場合は、一時停止 = ダウンロード時間 - 再生時間 + 再生時間の 10 %という公式を使用します。 例えば、クリップの長さが 30 秒間で、ダウンロードに 1 分間かかる場合は、33 秒間のバッファーを確保します。この値は、公式により 60 秒 – 30 秒 + 3 秒 = 33 秒 のように求められます。

ノイズとインターレースの排除

最適なエンコード結果を得るには、ノイズとインターレースを排除することが重要です。

オリジナルの品質が高いほど、最終的な仕上がりが良くなります。 インターネットビデオはテレビに比べてフレームレートが低く、サイズも小さいです。しかし、コンピューターのモニターは、色の忠実度、彩度、シャープネス、および解像度において HDTV(高精細テレビ)と同等以上の性能を備えているのが普通です。したがって、たとえ小さなウィンドウに表示する場合でも、デジタルビデオの品質は HDTV と同じように重要です。 アーティファクトやノイズも、コンピューターの画面上ではテレビの場合と同等以上に目立ちます。

オーディオでも同様のガイドラインを適用

ビデオを作成する場合と同様の点をオーディオの作成でも考慮する必要があります。 オーディオを最適な状態に圧縮するには、クリアな音質のオーディオを使用して作業を開始する必要があります。 CD のオーディオを読み取って使用するプロジェクトでは、CD からオーディオファイルを直接転送することをお勧めします。サウンドカードのアナログ入力でサウンドを録音しないでください。サウンドカードによる無用のデジタル - アナログ変換とアナログ - デジタル変換が介在すると、ソースオーディオにノイズが混入する原因になるからです。 ダイレクトデジタル転送ツールは、Windows および Mac OS® プラットフォームで利用できます。アナログのソースから記録する場合は、最高品質のサウンドカードを使用してください。

モバイルデバイス向けビデオを作成するためのヒント

Apple iPod、3GPP 携帯電話、Sony PSP、その他のモバイルデバイス用にシーケンスを書き出すことができます。書き出し設定で、ターゲットデバイス用に作成された H.264 形式プリセットを選択します。

「FAQ: How do I export a movie for YouTube, Vimeo, iPad, iPhone, Apple TV?」

モバイルデバイス向けのコンテンツを撮影する場合、以下のヒントを参考にしてください。

  • タイトショットのほうが適しています。 被写体と背景がはっきり区別できるように撮影します。カラーが、背景と被写体とで類似しすぎていてはいけません。

  • 照明に注意します。 照明が足りない映像は、モバイルデバイスで使われるような小さい画面では見づらくなる場合があります。 明るくはっきりした映像になるように照明を調整して撮影してください。

  • 過度なパンやローリングを避けます。

Adobe Premiere Pro および After Effects でビデオを編集する場合、以下のヒントを参考にしてください。

  • 出力デバイスまたは出力タイプに従って、出力ムービーのフレームレートを設定します。例えば、After Effects でコマーシャルをレンダリングする場合、テレビ放送向けに使用するフレームレートは通常 29.97 フレーム/秒(fps)です。モバイルデバイス向けにはテレビ放送向けより低いフレームレート(15 fps など)を使用します。 22 fps のフレームレートにすると、品質を低下させずにファイルサイズを縮小できます。
  • ムービーをできるだけ小さくするために、不必要なコンテンツを削除します。 いくつかの処理をエンコード前に行うことにより、ファイルサイズを制限できます。 処理のいくつかは撮影技術によってカバーできますが、その他はポストプロダクション作業(例えば、After Effects を使用して、モーションスタビライズやノイズ軽減またはブラー効果を適用)を行うことにより、エンコーダーでの圧縮が容易になります。

注意:

ムービーを小さくするヒントについては、After Effects ヘルプおよび Adobe Premiere Pro ヘルプを参照してください。

  • モバイルデバイスの多くは、フルカラーで表示できず同時発色数が限られています。 そのため、使用するカラーをデバイスに合わせる必要があります。 Device Central でプレビューすることにより、使用しているカラーが対象とするデバイスに適切かどうかを判断できます。

  • クリップのカラーを適切な値に調整します。 グレースケール化して表示すると、明るさやカラーバランスなどの調整に役立ちます。

  • Adobe Media Encoder のプリセットを使用します。 Adobe Media Encoder には、モバイルデバイスへの書き出し用にいくつかのプリセットが用意されています。プリセットには標準サイズとして 176 x 144(QCIF)、320 x 240、352 x 288 があります。

  • DV プロジェクトのような SD のプロジェクト設定で作業をし、出力に合わせて適切に縮小やトリミングをします。4:3 や 16:9、11:9 の標準のプリセットを使用して作業は進められますが、出力のエンコード時に出力デバイスに応じて縦横比が変わることに注意してください。 Adobe Premiere Pro の AME のクロップツールは Photoshop の切り抜きと同様に縦横比を制限できるため、4:3、16:9 そして 11:9 といったクロップ縦横比を使用できます。

  • 最終的に出力するモバイルデバイスの縦横比で作業をします。 新しい Premiere Pro のプロジェクトプリセット(CIF、QCIF、QQCIF や iPod、QVGA、Sub-QCIF)を使用すると簡単です。 フレームの寸法は最終的な出力サイズよりも大きくなります(176 x 144 など小さい寸法で作業すると、タイトルやテロップをつける場合など困難な状況が発生します)が、出力フレームの縦横比に一致していれば、エンコーディングもより容易になります。 各 Windows プロジェクトプリセットでは非圧縮ビデオにレンダリングされますが、ほとんどのコンピューターはこれらの縮小されたフレームサイズでのデータレートおよび 2 分の 1 のフレームレートに対応しています (この処理は、出力対象がモバイルデバイスのみのプロジェクト向けです)。 多くのモバイルデバイスでは、4:3(QVGA、VGA など) と 11:9(CIF、QCIF、Sub-QCIF)の 2 つの縦横比がサポートされています。 これら 2 つの一般的なプロジェクト設定は、Mobile & Presets フォルダーに含まれています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー