Premiere Pro でオーディオをモニター、調整およびノーマライズする方法を学習します。キーフレームを使用してトラックボリュームを調整する方法を学習します。

タイムラインまたはプログラムモニターからのボリュームレベルのモニター

フッテージをキャプチャする際、タイムラインパネルとプログラムモニターでクリップのオーディオレベルをモニターすることができます。

キャプチャ中のボリュームレベルのモニター

DV または HDV フッテージをキャプチャしているときに、オーディオレベルをモニターすることができます。

  1. オーディオメーターパネルを開くには、ウィンドウ/オーディオメーターを選択します。

  2. DV または HDV ソースからビデオをキャプチャします。

オーディオメーターパネルに、キャプチャしているフッテージのオーディオレベルが表示されます。詳細については、フッテージのキャプチャとデジタル化を参照してください。

タイムラインまたはプログラムモニターからのボリュームレベルのモニター

タイムラインパネル内のクリップのオーディオレベルをモニターできます。

  1. オーディオメーターパネルを開くには、ウィンドウ/オーディオメーターを選択します。

  2. プログラムモニターまたはタイムラインパネルでクリップを選択します。

  3. クリップを再生するには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • スペースバーを押します。
    • プログラムモニターで、再生 / 停止()ボタンをクリックします 

オーディオメーターパネルに、キャプチャしているフッテージのオーディオレベルが表示されます。

スクラブ中にオーディオを削除

初期設定では、オーディオが含まれているクリップまたはシーケンスをソースモニター、プログラムモニターまたはタイムラインパネル内でスクラブすると、オーディオが再生されます。次の操作を実行して、オーディオのスクラブを削除できます。

  1. 編集/環境設定/オーディオ(Windows)または Premiere Pro/環境設定/オーディオ(Mac OS)を選択します。

    環境設定/オーディオコマンドにキーボードショートカットを割り当てることができます。詳しくは、キーボードショートカットを見つけるを参照してください。

  2. スクラブ中にオーディオを再生の選択を解除します。

    環境設定
    環境設定
  3. 「OK」をクリックします。

ゲインおよびボリュームの調整

一般的に、ゲインの対象は、クリップの入力レベルまたはボリュームです。1 つまたは複数の選択されたクリップのゲインレベルを調整するには、「オーディオゲイン」コマンドを使用します。「オーディオゲイン」コマンドは、オーディオトラックミキサーやタイムラインパネルの出力レベル設定とは独立に動作しますが、その値は最終ミックスでトラックレベルと組み合わせて使用されます。「マスタートラックをノーマライズ」コマンドを使用して、シーケンス全体のゲインを調整できます。

ボリュームの対象は、シーケンスクリップまたはトラックの出力レベルまたはボリュームです。シーケンスクリップのボリュームは、エフェクトコントロールパネルまたはタイムラインパネルで調整することができます。エフェクトコントロールパネルでは、ほかのエフェクトオプションを設定するのと同じ方法でボリュームを調整します。ボリュームエフェクトは、通常はタイムラインパネルで調整するほうが簡単です。

ゲインまたはボリュームのレベルを設定して、トラック間のレベルを揃えたり、トラックのボリュームを変更したりできます。ただし、デジタル化したときのオーディオクリップのレベルが低すぎると、ゲインまたはボリュームを上げてもノイズだけが強調されてしまいます。最適な結果を得るためには、ソースオーディオの録音またはデジタル化の時点で標準的な方法にしたがって最適なレベルで録音しておく必要があります。これにより、トラックレベルの調整に集中することができます。

1 つまたは複数のクリップのノーマライズ

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • プロジェクトパネルでマスタークリップを選択します。マスタークリップのゲインを調整して、タイムラインパネルに追加されるクリップのすべてのインスタンスを同じゲインレベルにできます。 
    • タイムライン内のクリップを選択します。シーケンスにすでに存在するマスタークリップの 1 つのインスタンスのみのゲインを調整できます。
    • シーケンスでは、Shift キーを押しながらクリックしてクリップを選択します。複数のマスタークリップまたはクリップインスタンスのゲインを調整する場合は、プロジェクトパネルまたはシーケンスでクリップを選択します。プロジェクトパネルで、Shift キーを押しながらクリックして連続していないクリップを選択します。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリックして、連続していないクリップを選択します。
  2. クリップ/オーディオオプション/オーディオゲインを選択するか、キーボードショートカット G を押します。

    オーディオゲインダイアログボックスが開きます。Premiere Pro が選択したクリップのピーク振幅を自動的に計算します。この値はピーク振幅フィールドに表示されます。一度算出された値は、選択できるように保存されます。この値は、ゲインを調整する際の目安として使用できます。

    オーディオゲイン
    オーディオゲイン
  3. 次のいずれかのオプションを選択して、値を設定します。 

    ゲインを指定 

    初期設定値は 0.0 dB です。このオプションではゲインを特定の値に指定できます。この値は、オプションがオフで値がグレー表示されている場合でも、現在のゲインに常時更新されます。 

    ゲインの調整

    初期設定値は 0.0 dB です。このオプションでは、指定した dB 分ゲインを増減できます。このフィールドに 0 以外の値を入力すると、「ゲインを指定」の dB 値が自動的に更新されて、クリップに適用された実際のゲイン値が表示されます。

    最大ピークをノーマライズ

    初期設定値は 0.0 dB です。この値は 0.0 dB 未満の任意の値に設定できます。このオプションで、選択したクリップの最大ピークの振幅を、指定した値に調整します。 

    すべてのピークをノーマライズ

    初期設定値は 0.0 dB です。この値は 0.0 dB 未満の任意の値に設定できます。このノーマライズオプションで、選択したクリップのピークの振幅を、指定した値に調整します。 

マスタートラックのノーマライズ

シーケンスのマスタートラックのピークボリュームレベルを設定できます。Premiere Pro では、マスタートラック全体のフェーダーが自動的に調整されます。トラック内で最も大きな音が、指定した値になります。Premiere Pro では、全体的なボリュームへの調整に比例して、マスタートラックのすべてのキーフレームが上下に拡大縮小されます。

注意:

Adobe Premiere Pro では、ピークが 0 dB を超えるボリュームの調整は許可されません。

  1. ノーマライズするシーケンスを選択します。

  2. シーケンス/マスタートラックをノーマライズを選択します。

  3. トラックをノーマライズダイアログボックスで、「dB」フィールドに振幅の値を入力します。

    トラックをノーマライズ
    トラックをノーマライズ
  4. 「OK」をクリックします。

キーフレームを使用したトラックボリュームの調整

タイムラインパネルまたはエフェクトコントロールパネルで、現在の時間位置にキーフレームを追加できます。キーフレームでは、クリップのボリュームを操作できます。 

タイムラインパネルでトラックボリュームを調整

タイムラインパネルのオーディオトラックにあるラバーバンドを使用して、トラックのボリュームレベルを調整したり、時間の経過に合わせてボリュームを変化させたりすることができます。

  1. オーディオトラックをダブルクリックして展開します。 

  2. オーディオトラックヘッダーで、キーフレームを表示ボタン をクリックし、メニューから次のいずれかを選択します。

    タイムラインパネルのキーフレーム
    タイムラインパネルのキーフレーム
    • クリップキーフレーム:ボリュームレベルなどのオーディオエフェクトをアニメートできます。これらのキーフレームは選択したクリップにのみ適用されます。
    • トラックのキーフレーム: ボリューム、ミュートなどのオーディオトラックエフェクトをアニメーション化することができます。これらのキーフレームはトラック全体に適用されます。
    • トラックパンニング: トラックのボリュームレベルを変更できます。詳細については、パンおよびバランスを参照してください。
  3. Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリックして、キーフレームを作成します。また、ペンツールを使用してキーフレームを作成することもできます。

  4. 選択ツールまたはペンツールを使用して、ボリュームレベルのラバーバンドを上(ボリュームを上げる)または下(ボリュームを下げる)に移動します。

    注意:

    時間の経過に従ってボリュームエフェクトを変化させるには、変化させる場所に時間インジケーター  を配置し、オーディオトラックヘッダーのキーフレームの追加/削除ボタン  をクリックして、キーフレームを上(ボリュームを上げる)または下(ボリュームを下げる)に移動します。

複数のクリップへのボリュームレベルの適用

複数のクリップに同じエフェクトを適用するには、次の操作をおこないます。

  1. タイムラインパネルで、1 つのクリップのボリュームを目的のレベルに調整します。

  2. 編集/コピーを選択します。

  3. 変更を適用するほかのクリップを囲むようにドラッグします。また、Shift キーを押しながらクリックして複数のクリップを選択することもできます。

  4. 編集/属性をペーストを選択します。

  5. フィールドを選択し、「OK」をクリックします。

    複数のクリップへのボリュームレベルの適用
    複数のクリップへのボリュームレベルの適用

注意:

この手順を行うと、選択した最初のクリップのボリューム設定だけでなく、すべてのエフェクトと属性が貼り付けられます。

エフェクトコントロールでのボリュームの調整

エフェクトコントロールパネルで 1 つのクリップのボリュームを調整するには、次の操作をおこないます。

  1. シーケンス内のオーディオクリップを選択します。

  2. エフェクトコントロールパネルで、ボリュームの隣の右向きの三角形をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • レベルの値を入力します。負の値を入力するとボリュームレベルが下がり、正の値を入力するとボリュームレベルが上がります。値 0.0 は、調整をしない、オリジナルのクリップのボリュームレベルを表します。
    • レベルの隣の三角形をクリックしてエフェクトオプションを表示し、スライダーを使用してボリュームレベルを調整します。

    エフェクトコントロールパネルの時間インジケーターの位置に、キーフレームが自動的に作成されます。

  4. (オプション)時間の経過に従ってボリュームエフェクトを変更する場合には、エフェクトコントロールパネルで時間インジケーターを移動し、ボリュームレベルのグラフを調整します。

    エフェクトコントロールでのボリュームの調整
    エフェクトコントロールでのボリュームの調整

    時間インジケーターを移動して調整を行うたびに、新しいキーフレームが作成されます。キーフレームグラフを編集して、キーフレーム間の補間を調整することもできます。必要に応じてこの手順を繰り返します。

オーディオトラックミキサー

オーディオトラックミキサーを使用して、すべてのオーディオトラックのボリュームレベルを同時に設定できます。例えば、一方のトラックでナレーターの声を大きくしていくと同時に、他方のトラックでバックグラウンドの音楽を小さくしていくことができます。オーディオトラックミキサーを使用すると、目的のトラックを再生しながら、リアルタイムでこれらの調整をおこなうことができます。詳細については、オーディオトラックミキサーの概要を参照してください。

デフォルトでは、オーディオトラックミキサーの各オーディオトラックに対するボリューム調整は、「キーフレームを表示」に保存され、タイムラインパネルのそのトラックに表示されます。ミキシング全体に対するボリューム調整は、タイムラインパネルのマスターオーディオトラックに表示されるトラックボリュームキーフレームに保存されます。

オーディオトラックミキサー
オーディオトラックミキサー

オーディオの自動処理

編集プロセス中によって加えた調整は、コンソールによって記録されています。自動処理で同期するには、タイムコードが必要となります。自動処理モードドロップダウンリストは、オーディオトラックミキサーパネル内のフェーダーのバーの上に表示されます。

オーディオトラックミキサーでは、5 つの自動処理モードを使用できます。

  • オフ – 再生中、トラック設定と既存のキーフレームを無視します。このモードでは、変更は記録されません。
  • 読み取り – デフォルトの自動処理モードです。トラックキーフレームは、再生を制御するために使用します。トラックにキーフレームが設定されていない場合、変更はトラック全体に影響します。
  • 書き込み-調整を記録して、再生中にキーフレームを作成します。再生の開始時に変更が加えられています。設定が変更されるのを待機しません。
  • タッチ-書き込みに似ています。自動処理は、プロパティを調整するまで実行されません。プロパティの調整を中断すると、前の状態に戻ります。
  • ラッチ – 書き込みと似ています。プロパティを調整するまでは自動処理は開始しません。プロパティ設定は前の調整内容が反映されています。

トラックをミックスするには、次の操作をおこないます。

  1. 複数のオーディオトラックにオーディオが含まれているシーケンスを選択します。

  2. ウィンドウ/オーディオトラックミキサーを選択します。

    オーディオトラックミキサーパネルが表示されます。タイムラインパネルの各オーディオトラックは、ミキサーのバスに割り当てられます。

  3. 変更するオーディオトラックミキサーのトラックで、読み取り、書き込み、ラッチ、タッチ、またはオフを選択します。

  4. タイムラインパネルの各オーディオトラックで、「キーフレームを表示」ボタンをクリックします。ポップアップメニューからクリップキーフレーム、トラックキーフレーム、またはトラックパンニングを選択します。詳細については、キーフレームを使用したトラックボリュームの調整を参照してください。

  5. シーケンスを再生してオーディオをモニターするには、オーディオトラックミキサーパネルの左下にある再生ボタンをクリックします。  

  6. サウンドをモニターしながら、ボリュームスライダーを上下に動かして、ボリュームを調整します。 

  7. サウンドをモニターしながら、マスタートラックのボリュームスライダーを上下に動かして、ミキシング全体のボリュームを調整します。

トラックボリュームキーフレームが、ボリューム調整を行った各トラック(マスタートラックを含む)に表示されます。

トラックボリュームを設定

オーディオトラックミキサーのトラックボリュームを設定するには、トラックのボリューム設定を調整します。

注意:

オートメーションがトラックに適用されている場合、この方法を使用することはできません。トラックのオートメーションキーフレームが既に適用されていて、レベルが時間の経過とともに変化する場合は、トラックをサブミックスへ送信し、サブミックスのレベルを設定することで、トラックレベルが均一になるよう調整できる場合があります。

トラックをミュート

オーディオトラックミキサーのトラックをミュートするには、「M」アイコンをクリックします。

注意:

ミュートしても、エフェクトおよびセンドなどのプリフェーダーアイテムには影響しません。また、トラックをミュートボタンの状態は、オートメーションオプションの設定に影響されます。トラック単位で出力を完全にミュートする場合は、タイムラインパネルでトラックのスピーカーアイコンをクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー