マニュアル キャンセル

ボリュームレベルの調整

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
    3. ベータ版機能
      1. オーディオカテゴリのタグ付け
      2. インタラクティブなフェードハンドル
      3. Frame.io でレビュー用に共有
      4. プロジェクトを共同編集する共同作業者の招待
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. Premiere Pro の更新のベストプラクティス
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. よくある質問
    7. リリースノート
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. 読み込みと書き出しに関する FAQ
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. Frame.io
    1. Frame.io のインストールとアクティベート
    2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
    3. Adobe Workfront と Frame.io の統合
    4. よくある質問
  8. メディアの読み込み
    1. 読み込み
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    2. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    3. ファイル形式
      1. サポートされているファイル形式
      2. Blackmagic RAW のサポート
    4. タイムコードの操作
  9. 編集
    1. ビデオの編集
    2. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. ソースモニターでのインポイントとアウトポイントの設定
      3. シーケンスにクリップを追加
      4. クリップの並べ替えと移動
      5. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      6. シーケンスからクリップを削除
      7. シーケンス設定の変更
      8. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      9. シーケンスの簡易化
      10. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      11. マーカーの操作
      12. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      13. シーン編集の検出
    3. クリップのカットとトリミング
      1. クリップの分割またはカット
      2. クリップのトリミング
      3. トリミングモードでの編集
      4. J カットと L カットの実行
      5. クリップの作成と再生
      6. トリミングと再生の環境設定の調整
    4. ビデオ
      1. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      2. メディアをレンダリングして置き換え
      3. 取り消し、履歴、イベント
      4. フレームの固定と保持
      5. 縦横比の操作
    5. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. ソースモニターでのオーディオクリップの編集
      3. オーディオトラックミキサー
      4. ボリュームレベルの調整
      5. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      6. スピーチを強調
      7. スピーチを強調に関する FAQ
      8. 自動ダッキングオーディオ
      9. リミックスオーディオ
      10. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      11. オーディオバランスとパンについて
      12. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      13. オーディオエフェクトおよびトランジション
      14. オーディオトランジションの操作
      15. オーディオへのエフェクトの適用
      16. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      17. オーディオミックスの録音
      18. タイムラインでのオーディオの編集
      19. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      20. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    6. 文字起こしベースの編集
      1. 文字起こしベースの編集
      2. 文字起こしベースの編集に関する FAQ
    7. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    8. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  10. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. Premiere Pro のメタデータエフェクト
      5. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的にリフレーム
      6. カラー補正エフェクト
      7. エフェクトマネージャー
      8. クリップのデュレーションと速度を変更する
      9. 調整レイヤー
      10. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  11. タイトル、グラフィック、キャプション
    1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
    2. タイトル
      1. タイトルの作成
    3. グラフィック
      1. シェイプの作成
      2. ペンツールによる描画
      3. オブジェクトの整列と分布
      4. テキストとシェイプの外観の変更
      5. グラデーションの適用
      6. グラフィックへレスポンシブデザイン機能の追加
      7. モーショングラフィックステンプレートのインストールと使用
      8. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      9. データに基づくモーショングラフィックステンプレートの使用
    4. キャプション
      1. 音声テキスト化
      2. 文字起こし用言語パックのダウンロード
      3. キャプションの操作
      4. スペルチェックおよび検索と置換
      5. テキストの書き出し
      6. 音声テキスト変換に関する FAQ
    5. ベストプラクティス:グラフィックワークフローの高速化
    6. レガシータイトルの廃止に関する FAQ
    7. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
  12. フォントと絵文字
    1. カラーフォント
    2. 絵文字
  13. アニメーションとキーフレーム
    1. キーフレームの追加、移動、設定
    2. エフェクトのアニメート
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
    4. キーフレームのオートメーションの最適化
    5. キーフレームの移動とコピー
    6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  14. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  15. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. カラー設定
    3. 自動カラー補正
    4. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    5. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    6. ショット間のカラーを修正および一致
    7. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    8. ビネットの作成
    9. Look と LUT
    10. Lumetri スコープ
    11. カラーマネジメントの表示
    12. タイムライントーンマッピング
    13. 放送用 HDR
    14. DirectX HDR サポートを有効にする
  16. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しの高速化
  17. 共同編集
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. 共同ビデオ編集の基本を学ぶ
    3. チームプロジェクトの作成
    4. Team Projects でのメディアの追加と管理
    5. 共同作業者の招待と管理
    6. 変更点の共同作業者との共有および管理
    7. Team Projects の自動保存結果とバージョンの表示
    8. チームプロジェクトの管理
    9. リンクされているチームプロジェクト
    10. よくある質問
  18. 長編とエピソードのワークフロー
    1. 長編とエピソードのワークフローガイド
    2. プロダクションの使用
    3. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
    4. ベストプラクティス:プロダクションの操作
  19. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  20. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  21. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定のリセットおよび復元
    3. リカバリモード
    4. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    5. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    6. Apple シリコン用 Premiere Pro
    7. ちらつき削除
    8. インターレースとフィールドオーダー
    9. スマートレンダリング
    10. コントロールサーフェスのサポート
    11. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    12. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro の更新後に設定を移行できない
      5. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      6. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      7. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      8. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  22. 拡張機能とプラグイン
    1. Premiere Pro でのプラグインと拡張機能のインストール
    2. サードパーティのデベロッパーの最新のプラグイン
  23. ビデオとオーディオのストリーミング
    1. Secure Reliable Transport(SRT)
  24. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. オフラインメディアの再リンク

Premiere Pro でオーディオをモニター、調整およびノーマライズする方法を学習します。キーフレームを使用してトラックボリュームを調整する方法を学習します。

キャプチャ中の音量レベルのモニター

DV または HDV フッテージをキャプチャしているときに、クリップのオーディオレベルをモニターすることができます。

DV または HDV フッテージをキャプチャしているときに、オーディオレベルをモニターすることができます。

  1. オーディオメーターパネルを開くには、ウィンドウ/オーディオメーターを選択します。

  2. DV または HDV ソースからビデオをキャプチャします。

オーディオメーターパネルに、キャプチャしているフッテージのオーディオレベルが表示されます。詳細については、フッテージのキャプチャとデジタル化を参照してください。

タイムラインまたはプログラムモニターからのボリュームレベルのモニター

タイムラインパネル内のクリップのオーディオレベルをモニターできます。

  1. オーディオメーターパネルを開くには、ウィンドウ/オーディオメーターを選択します。

  2. プログラムモニターまたはタイムラインパネルでクリップを選択します。

  3. クリップを再生するには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • スペースバーを押します。
    • プログラムモニターで、「再生/停止」切替ボタンをクリックします

オーディオメーターパネルに、キャプチャしているフッテージのオーディオレベルが表示されます。

スクラブ中にオーディオを削除

初期設定では、オーディオが含まれているクリップまたはシーケンスをソースモニター、プログラムモニターまたはタイムラインパネル内でスクラブすると、オーディオが再生されます。次の操作を実行して、オーディオのスクラブを削除できます。

  1. 編集/環境設定/オーディオ(Windows)または Premiere Pro/環境設定/オーディオ(macOS)を選択します。

    環境設定オーディオコマンドにキーボードショートカットを割り当てることができます。詳しくは、キーボードショートカットを見つけるを参照してください。

  2. スクラブ中にオーディオを再生の選択を解除します。

    環境設定
    環境設定

  3. 「OK」をクリックします。

ゲインおよびボリュームの調整

一般的に、ゲインの対象は、クリップの入力レベルまたはボリュームです。1 つまたは複数の選択されたクリップのゲインレベルを調整するには、「オーディオゲイン」コマンドを使用します。「オーディオゲイン」コマンドは、オーディオトラックミキサーやタイムラインパネルの出力レベル設定とは独立に動作しますが、その値は最終ミックスでトラックレベルと組み合わせて使用されます。「ミックストラックをノーマライズ」(以前は「マスタートラックをノーマライズ」と呼ばれていました)コマンドを使用して、シーケンス全体のゲインを調整できます。

ボリュームの対象は、シーケンスクリップまたはトラックの出力レベルまたはボリュームです。シーケンスクリップのボリュームは、エフェクトコントロールパネルまたはタイムラインパネルで調整することができます。エフェクトコントロールパネルでは、ほかのエフェクトオプションを設定するのと同じ方法でボリュームを調整します。ボリュームエフェクトは、通常はタイムラインパネルで調整するほうが簡単です。

ゲインまたはボリュームのレベルを設定して、トラック間のレベルを揃えたり、トラックのボリュームを変更したりできます。ただし、デジタル化したときのオーディオクリップのレベルが低すぎると、ゲインまたはボリュームを上げてもノイズだけが強調されてしまいます。最適な結果を得るためには、ソースオーディオの録音またはデジタル化の時点で標準的な方法にしたがって最適なレベルで録音しておく必要があります。これにより、トラックレベルの調整に集中することができます。

1 つまたは複数のクリップのノーマライズ

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • プロジェクトパネルで、ソースクリップ(以前はマスタークリップと呼ばれていました)を選択します。 ソースクリップのゲインを調整して、タイムラインパネルに追加されるクリップのすべてのインスタンスを同じゲインレベルにできます。
    • タイムラインパネルのクリップを選択します。シーケンスにすでに存在するソースクリップの、1 つのインスタンスのみのゲインを調整できます。
    • シーケンスは、Shift キーを押しながらクリップをクリックして選択します。複数のソースクリップまたはクリップインスタンスのゲインを調整する場合は、プロジェクトパネルまたはシーケンスでクリップを選択します。プロジェクトパネルで、Shift キーを押しながらクリックして連続していないクリップを選択します。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリックして、連続していないクリップを選択します。
  2. クリップ/オーディオオプション/オーディオゲインを選択するか、キーボードショートカット G を押します。

    オーディオゲインダイアログボックスが開きます。Premiere Pro が選択したクリップのピーク振幅を自動的に計算します。この値はピーク振幅フィールドに表示されます。一度算出された値は、選択できるように保存されます。この値は、ゲインを調整する際の目安として使用できます。

    オーディオゲイン
    オーディオゲイン

  3. 次のいずれかのオプションを選択して、値を設定します。 

    ゲインを指定 

    初期設定値は 0.0 dB です。このオプションではゲインを特定の値に指定できます。この値は、オプションがオフで値がグレー表示されている場合でも、現在のゲインに常時更新されます。 

    ゲインの調整

    初期設定値は 0.0 dB です。このオプションでは、指定した dB 分ゲインを増減できます。このフィールドに 0 以外の値を入力すると、「ゲインを指定」の dB 値が自動的に更新されて、クリップに適用された実際のゲイン値が表示されます。

    最大ピークをノーマライズ

    初期設定値は 0.0 dB です。この値は 0.0 dB 未満の任意の値に設定できます。このオプションで、選択したクリップの最大ピークの振幅を、指定した値に調整します。 

    Premiere Pro のすべてのピークをノーマライズする方法

     

     

    すべてのピークをノーマライズ

    初期設定値は 0.0 dB です。この値は 0.0 dB 未満の任意の値に設定できます。このノーマライズオプションで、選択したクリップのピークの振幅を、指定した値に調整します。 

ミックストラックのノーマライズ

シーケンスのミックストラックのピークボリュームレベルを設定できます。Premiere Pro では、ミックストラック全体のフェーダーが自動的に調整されます。トラック内で最も大きな音が、指定値になります。Premiere Pro では、ボリューム全体に対する調整に比例して、ミックストラックのすべてのキーフレームが上下に拡大縮小されます。

注意:

Adobe Premiere Pro では、ピークが 0 dB を超えるボリュームの調整は許可されません。

  1. ノーマライズするシーケンスを選択します。

  2. シーケンス/ミックストラックをノーマライズを選択します。

  3. トラックをノーマライズダイアログボックスで、「dB」フィールドに振幅の値を入力します。

    トラックをノーマライズ
    トラックをノーマライズ

  4. 「OK」をクリックします。

キーフレームを使用したトラックボリュームの調整

タイムラインパネルまたはエフェクトコントロールパネルで、現在の時間位置にキーフレームを追加できます。キーフレームでは、クリップの音量を操作できます。

タイムラインパネルでトラックボリュームを調整

タイムラインパネルのオーディオトラックにあるラバーバンドを使用して、トラックのボリュームレベルを調整したり、時間の経過に合わせてボリュームを変化させたりすることができます。

  1. オーディオトラックをダブルクリックして展開します。 

  2. オーディオトラックヘッダーで、キーフレームを表示ボタン をクリックし、メニューから次のいずれかを選択します。

    タイムラインパネルのキーフレーム
    タイムラインパネルのキーフレーム

    • クリップキーフレーム:ボリュームレベルなどのオーディオエフェクトをアニメートできます。これらのキーフレームは選択したクリップにのみ適用されます。
    • トラックのキーフレーム:音量、ミュートなどのオーディオトラックエフェクトをアニメーション化できます。これらのキーフレームはトラック全体に適用されます。
    • トラックパンニング: トラックの音量レベルを変更できます。詳細については、パンおよびバランスを参照してください。
  3. Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリックして、キーフレームを作成します。また、ペンツールを使用してキーフレームを作成することもできます。

  4. 選択ツールまたはペンツールを使用して、ボリュームレベルのラバーバンドを上(ボリュームを上げる)または下(ボリュームを下げる)に移動します。

    注意:

    時間の経過に従ってボリュームエフェクトを変化させるには、変化させる場所に時間インジケーター  を配置し、オーディオトラックヘッダーのキーフレームの追加/削除ボタン  をクリックして、キーフレームを上(ボリュームを上げる)または下(ボリュームを下げる)に移動します。

複数のクリップへのボリュームレベルの適用

複数のクリップに同じエフェクトを適用するには、次の操作をおこないます。

  1. タイムラインパネルで、1 つのクリップの音量を目的のレベルに調整します。

  2. 編集/コピーを選択します。

  3. 変更を適用するほかのクリップを囲むようにドラッグします。また、Shift キーを押しながらクリックして複数のクリップを選択することもできます。

  4. 編集/属性をペーストを選択します。

  5. フィールドを選択し、「OK」をクリックします。

    複数のクリップへのボリュームレベルの適用
    複数のクリップへのボリュームレベルの適用

注意:

この手順を行うと、選択した最初のクリップの音量設定だけでなく、すべてのエフェクトと属性が貼り付けられます。

エフェクトコントロールでの音量の調整

エフェクトコントロールパネルで 1 つのクリップの音量を調整するには、次の操作を行います。

  1. シーケンス内のオーディオクリップを選択します。

  2. エフェクトコントロールパネルで音量の横にある三角形をクリックし、エフェクトを展開します。

  3. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • レベルの値を入力します。負の値を入力するとボリュームレベルが下がり、正の値を入力するとボリュームレベルが上がります。値 0.0 は、調整をしない、オリジナルのクリップのボリュームレベルを表します。
    • レベルの隣の三角形をクリックしてエフェクトオプションを表示し、スライダーを使用してボリュームレベルを調整します。

    エフェクトコントロールパネルの時間インジケーターの位置に、キーフレームが自動的に作成されます。

  4. (オプション)時間の経過に従ってボリュームエフェクトを変更する場合には、エフェクトコントロールパネルで時間インジケーターを移動し、ボリュームレベルのグラフを調整します。

    エフェクトコントロールでのボリュームの調整
    エフェクトコントロールでのボリュームの調整

    時間インジケーターを移動して調整を行うたびに、新しいキーフレームが作成されます。キーフレームグラフを編集して、 キーフレーム間の補間を調整することもできます。必要に応じてこの手順を繰り返します。


関連リソース

お問い合わせ

ご質問またはご提案がある場合は、Premiere Pro コミュニティまでお問い合わせください。お客様からのご連絡をお待ちしています。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合