Premiere Pro で編集中にキーフレームをすばやく移動およびコピーする方法について学習します。

キーフレームを時間で移動する

注意:

常に、最初のキーフレームは開始キーフレームアイコン で表され、最後のキーフレームは終了キーフレームアイコン で表されます。

  1. 選択ツールまたはペンツールを使用して、次のいずれかの操作を行います。
    • タイムラインパネルで、1 つまたは複数のキーフレームを選択し、目的の時間位置にドラッグします。

    • エフェクトコントロールパネルで、1 つまたは複数のキーフレームマーカーを選択し、目的の時間位置にドラッグします。

    注意:

    エフェクトコントロールパネルで、選択したキーフレームの上下に黒い縦線が伸びます。この線を使用して、タイムラインルーラー上の位置やその他のオブジェクトとキーフレームを整列できます。キーフレームのスナップが有効になっている場合は、キーフレームが特定の種類のオブジェクトと整列されているときにこの線が白に変わります。オブジェクトの種類は「スナップ先」コントロールで指定します。

キーフレームスナップの指定

エフェクトコントロールパネルでキーフレームスナップを使用して、キーフレームをオブジェクトの近くにドラッグすると、キーフレームが別のオブジェクトに揃えられて配置されます。エフェクトコントロールパネルでキーフレームスナップを有効にするかどうかを指定し、キーフレームをスナップするオブジェクトの種類を決めることができます。

  1. エフェクトコントロールパネルの右上のパネルメニューボタンをクリックしてパネルメニューを開きます。
  2. 「スナップ先」を選択します。ビデオキーフレームなど、スナップ先とするオブジェクトをオンにします。スナップしないオブジェクトは選択解除します。このサブメニューに戻って各選択を行います。

キーフレームのコピー&ペースト

エフェクトコントロールパネルを使用すると、キーフレームをコピーして、そのプロパティの別の時間位置や、別のクリップの同じエフェクトプロパティにペーストできます。同じキーフレーム値を別の時間位置や別のクリップまたはトラックに適用する場合、タイムラインパネルのキーフレームをコピーしてペーストすることで迅速に行うことができます。

エフェクトコントロールパネルでのキーフレームのコピーとペースト

キーフレームを別のクリップにペーストすると、エフェクトコントロールパネルで、ペースト先クリップのエフェクト内の対応するプロパティにキーフレームが追加されます。最初のキーフレームは現在の時間位置に配置され、ほかのキーフレームは元のクリップでの順番に従って配置されます。ペースト先クリップがペースト元クリップよりも短い場合、ペースト先クリップのアウトポイントよりも後ろのキーフレームもクリップにペーストされますが、「ワークエリアをクリップの範囲に設定」オプションの選択を解除しないと表示されません。ペーストした後もキーフレームは選択された状態になっているため、ペースト先のクリップ上でそのまま簡単に移動できます。

  1. エフェクトコントロールパネルで、コントロールとキーフレームを表示するエフェクトの横にある右向きの三角形をクリックして展開します。
  2. 1 つまたは複数のキーフレームを選択します。
  3. 編集/コピーを選択します。
  4. 次のいずれかの操作を行います。
    • 最初のキーフレームを挿入する位置まで時間インジケーターを移動して、編集/ペーストを選択します。

    • 別のクリップを選択して、エフェクトコントロールパネルで該当するプロパティを展開し、最初のキーフレームを設定する位置まで時間インジケーターを移動して、編集/ペーストを選択します。

    注意:

    キーフレームをドラッグしてコピーすることもできます。エフェクトコントロールパネルのタイムラインで、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらキーフレームを新しい場所にドラッグします。

タイムラインパネルでのキーフレームのコピーとペースト

キーフレームをタイムラインにペーストすると、先頭のキーフレームは現在の時間位置に表示され、ほかのキーフレームは元のクリップでの順番どおりに配置されます。ペーストした後もキーフレームは選択された状態になっているため、それらの位置を微調整できます。

キーフレームをペーストできるのは、コピーしたキーフレームと同じプロパティが表示されているクリップまたはトラックに対してだけです。また、時間インジケーターにキーフレームをペーストできるのは、一度に 1 つのクリップまたはトラックに対してだけです。時間インジケーターの範囲は、複数のビデオおよびオーディオのトラックにまたがる場合があります。そのため、Premiere Pro では、以下の順序で条件を使用してキーフレームのペースト先を決定しています。

  • 時間インジケーターが選択したクリップの範囲内にある場合、キーフレームはそのクリップにペーストされます。

  • オーディオキーフレームがカットまたはコピーされた場合、シーケンスのオーディオトラック、サブミックストラック、マスタートラックの順に検索され、対応するエフェクトプロパティが存在する最初のトラックにペーストされます。

  • 以上の条件に該当するペースト先ビデオトラックまたはオーディオトラックの中に、カットまたはコピーされたキーフレームのエフェクトプロパティおよび該当範囲(クリップまたはトラック)と一致するものがなかった場合、「ペースト」コマンドは使用できません。例えば、オーディオトラックのキーフレームをコピーしても、目的のオーディオトラックにクリップキーフレームが表示されている場合は、キーフレームをペーストできません。

  1. タイムラインパネルで、クリップまたはトラックのエフェクトメニューから、コピーするキーフレームを含むプロパティを選択して表示します。
  2. 1 つまたは複数のキーフレームを選択します。
  3. 編集/コピーを選択します。
  4. タイムラインで、コピー先のクリップまたはトラックを含むシーケンスに対して、次のいずれかの操作を行います。
    • キーフレームをペーストするクリップを選択します。

    • コピーしたキーフレームを表示するビデオまたはオーディオのトラックを指定します。

  5. コピーしたキーフレームと同じプロパティが、クリップまたはトラックに表示されていることを確認します。表示されていない場合、「ペースト」コマンドは使用できません。目的のプロパティをクリップまたはトラックのエフェクトプロパティメニューで選択できない場合は、キーフレームのコピー元のクリップまたはトラックに適用されているものと同じエフェクトを適用する必要があります。
  6. 時間インジケーターを、キーフレームを表示する時間位置まで移動します。
  7. 編集/ペーストを選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー