マニュアル キャンセル

Premiere Pro の修正済みの問題

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
    3. ベータ版機能
      1. 新しい Spectrum UI
      2. Adobe Stock からの無料のストックオーディオ
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. Premiere Pro の更新のベストプラクティス
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. よくある質問
    7. リリースノート
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. 読み込みと書き出しに関する FAQ
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. Frame.io
    1. Frame.io のインストールとアクティベート
    2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
    3. Adobe Workfront と Frame.io の統合
    4. Frame.io でレビュー用に共有
    5. プロジェクトを共同編集する共同作業者の招待
    6. よくある質問
  8. メディアの読み込み
    1. 読み込み
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    2. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    3. ファイル形式
      1. サポートされているファイル形式
      2. Blackmagic RAW のサポート
    4. タイムコードの操作
  9. 編集
    1. ビデオの編集
    2. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. ソースモニターでのインポイントとアウトポイントの設定
      3. シーケンスにクリップを追加
      4. クリップの並べ替えと移動
      5. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      6. シーケンスからクリップを削除
      7. シーケンス設定の変更
      8. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      9. シーケンスの簡易化
      10. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      11. マーカーの操作
      12. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      13. シーン編集の検出
    3. クリップのカットとトリミング
      1. クリップの分割またはカット
      2. クリップのトリミング
      3. トリミングモードでの編集
      4. J カットと L カットの実行
      5. クリップの作成と再生
      6. トリミングと再生の環境設定の調整
    4. ビデオ
      1. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      2. メディアをレンダリングして置き換え
      3. 取り消し、履歴、イベント
      4. フレームの固定と保持
      5. 縦横比の操作
    5. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. ソースモニターでのオーディオクリップの編集
      3. オーディオトラックミキサー
      4. ボリュームレベルの調整
      5. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      6. スピーチを強調
      7. スピーチを強調に関する FAQ
      8. オーディオカテゴリのタグ付け
      9. 自動ダッキングオーディオ
      10. リミックスオーディオ
      11. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      12. オーディオバランスとパンについて
      13. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      14. オーディオエフェクトおよびトランジション
      15. オーディオトランジションの操作
      16. オーディオへのエフェクトの適用
      17. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      18. オーディオミックスの録音
      19. タイムラインでのオーディオの編集
      20. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      21. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    6. 文字起こしベースの編集
      1. 文字起こしベースの編集
      2. 文字起こしベースの編集に関する FAQ
    7. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. VR の編集
    8. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  10. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. Premiere Pro のメタデータエフェクト
      5. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的にリフレーム
      6. カラー補正エフェクト
      7. エフェクトマネージャー
      8. クリップのデュレーションと速度を変更する
      9. 調整レイヤー
      10. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  11. タイトル、グラフィック、キャプション
    1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
    2. グラフィックとタイトル
      1. タイトルの作成
      2. リンクされたスタイルとトラックスタイル
      3. スタイルブラウザーの操作
    3. グラフィック
      1. シェイプの作成
      2. ペンツールによる描画
      3. オブジェクトの整列と分布
      4. テキストとシェイプの外観の変更
      5. グラデーションの適用
      6. グラフィックへレスポンシブデザイン機能の追加
      7. モーショングラフィックステンプレートのインストールと使用
      8. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      9. データに基づくモーショングラフィックステンプレートの使用
    4. キャプション
      1. 音声テキスト化
      2. 文字起こし用言語パックのダウンロード
      3. キャプションの操作
      4. スペルチェックおよび検索と置換
      5. テキストの書き出し
      6. 音声テキスト変換に関する FAQ
    5. ベストプラクティス:グラフィックワークフローの高速化
    6. レガシータイトルの廃止に関する FAQ
    7. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
  12. フォントと絵文字
    1. カラーフォント
    2. 絵文字
  13. アニメーションとキーフレーム
    1. キーフレームの追加、移動、設定
    2. エフェクトのアニメート
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
    4. キーフレームのオートメーションの最適化
    5. キーフレームの移動とコピー
    6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  14. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  15. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. カラー設定
    3. 自動カラー補正
    4. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    5. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    6. ショット間のカラーを修正および一致
    7. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    8. ビネットの作成
    9. Look と LUT
    10. Lumetri スコープ
    11. カラーマネジメントの表示
    12. タイムライントーンマッピング
    13. 放送用 HDR
    14. DirectX HDR サポートを有効にする
  16. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しの高速化
  17. 共同編集
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. 共同ビデオ編集の基本を学ぶ
    3. チームプロジェクトの作成
    4. Team Projects でのメディアの追加と管理
    5. 共同作業者の招待と管理
    6. 変更点の共同作業者との共有および管理
    7. Team Projects の自動保存結果とバージョンの表示
    8. チームプロジェクトの管理
    9. リンクされているチームプロジェクト
    10. よくある質問
  18. 長編とエピソードのワークフロー
    1. 長編とエピソードのワークフローガイド
    2. プロダクションの使用
    3. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
    4. ベストプラクティス:プロダクションの操作
  19. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  20. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  21. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定のリセットおよび復元
    3. リカバリモード
    4. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    5. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    6. Apple シリコン用 Premiere Pro
    7. ちらつき削除
    8. インターレースとフィールドオーダー
    9. スマートレンダリング
    10. コントロールサーフェスのサポート
    11. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    12. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro の更新後に設定を移行できない
      5. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      6. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      7. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      8. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  22. 拡張機能とプラグイン
    1. Premiere Pro でのプラグインと拡張機能のインストール
    2. サードパーティのデベロッパーの最新のプラグイン
  23. ビデオとオーディオのストリーミング
    1. Secure Reliable Transport(SRT)
  24. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. オフラインメディアの再リンク

アドビでは、Premiere Pro をさらに改善するために懸命に取り組んできました。

24.5 アップデートで修正済みの問題

オーディオ

修正済み:

  • エッセンシャルサウンドの参照パネルでプレビューすると、プレビュー中にタイムラインに範囲が正しく表示されませんでした。
  • マルチチャンネルオーディオを含んだ 一部の OBS 生成の ProRes ファイルで、再生中にオーディオチャンネルのドロップアウトが発生しました。
  • スピーチを強調ラウドネスの自動一致が有効になっているオーディオクリップは、プロジェクトを再度開いた後に再び強調されることがありました。
  • 低いオーディオレベルに対してスピーチを強調の結果が改善されました。

キャプションと文字起こし

修正済み:

  • キャプションをカスタマイズするために使用したスライダーが、キャプションの作成ダイアログボックスでロックされることがありました。

エフェクト

修正済み:

  • Mac Intel で変形カットエフェクトを適用すると、クラッシュが発生することがありました。

書き出し

修正済み:

  • メタデータの書き出しダイアログに入力したデータが書き出しモードを終了して再開する時に保持されませんでした。
  • 書き出しモードでは、特定の YouTube の再生リストとチャンネル、Facebook ページまたは Vimeo チャンネルを選択できませんでした。

形式

修正済み:

  • 一部の AVC-Intra ファイルは、使用後に正しくリリースされませんでした。これにより、監視フォルダー機能が Adobe Media Encoder でのエンコード後にファイルを正しく移動しないなど、複数の問題が発生する可能性がありました。

パフォーマンス

修正済み:

  • NVIDIA チップを搭載した一部の Windows マシンでは、複数のトラックの AVC-Intra MXF ファイルを操作する際の再生パフォーマンスが低下することがありました。

プロダクション

修正済み:

  • プロダクションでは、マルチカメラシーケンスを別のプロジェクトのシーケンスに挿入すると、マルチカメラシーケンスのソースファイルが、シーケンスが挿入されたプロジェクトに複製されます。

24.4 アップデートで修正済みの問題

オーディオ

修正済み:

  • スピーチを強調が有効になっているクリップに対してクリップで置き換えを実行しても、強調されたオーディオは更新されませんでした。
  • クリップをレンダリングして置き換えた後に、クリップのスピーチを強調を再度有効にしても、結果が更新されませんでした。
  • リミックスツールを使用してミュージッククリップをリミックスすると、クラッシュが発生することがありました。

キャプションと文字起こし

修正済み:

  • 静的な文字起こしの処理中に Premiere Pro を閉じると、アプリがハングすることがありました。
  • Windows 10 で Intel Gen4 Xeon プロセッサーを使用してメディアファイルの文字起こしすると、Premiere Pro がクラッシュすることがありました。
  • 複雑なシーケンスの文字起こしを含むプロジェクトでは、開いた後に「メディア保留中」の状態から抜け出すのに異常に時間がかかることがありました。
  • 自動スクロールがオフになっていると、テキストパネルで次の検索結果に移動しても結果が表示されませんでした。
  • プロジェクトを再度開くと、字幕キャプショントラックが別のキャプション形式に変更されることがありました。

編集

修正済み:

  • ツールパネルが閉じられた場合、ツールショートカットが機能しませんでした。
  • アイコン表示でクリップをプロジェクトに読み込むと、ラベルカラーが正しく割り当てられませんでした。
  • タイムラインの速度/デュレーションリンクが機能しないので、速度とデュレーションの変更をリンク解除できませんでした。

書き出し

修正済み:

  • キーボードフォーカスが書き出しモードにある状態でスペースバーキーを押すと、メディアを再生したり一時停止したりする代わりに、コントロールを誤ってアクティブ化しました。
  • フランス語版ユーザーの書き出しモードのチャネル設定テーブルに、「ステレオ」の選択肢が表示されませんでした。
  • 書き出しモードの宛先列が、宛先の長いリストに対してスクロールするようになりました。
  • Windows では、書き出し場所のパス名が 222 文字長い場合、書き出しに失敗しました。書き出しパス名の長さは、256 文字まで可能になりました。

形式

修正済み:

  • Dolby Hybrik 生成の QT ProRes ソースファイルを使用したスマートレンダリングで、書き出しに非常に長い時間を要しました。
  • Main10 プロファイルとソフトウェアエンコーディングの書き出しオプションを使用して、HEVC をエンコードすると、アプリケーションがクラッシュします。主に、M3 チップ、M3 Pro チップ、または M2 チップ、M2 Proチップを搭載した2023年の macOS モデルに影響しました。
  • ファイルのヘッダーに誤ったストレージ寸法が書き込まれた MXF ファイルを使用すると、ピクセル縦横比が誤って解釈されることがありました。
  • 32 より大きい数の論理 CPU を搭載したシステムでは、AVC-Intra ソースでの再生パフォーマンスが低下することがありました。
  • Sony HDV と Canon XFHEVC は、フォルダーベースのメディアを使用すると、Media Encoder でのコピーインジェストに失敗しました。
  • タイムライン内のクリップでプロキシバッジが有効になっている場合、パフォーマンスの問題が発生する可能性がありました。

マーカー

修正済み:

  • タイムライン内のクリップのアウトポイントの後に範囲マーカーを追加できませんでした。
  • マーカーの操作中にマーカーパネルとメタデータパネルが開いていると、アプリケーションが使用できないほど遅くなりました。

タイトルとグラフィック

修正済み:

  • エッセンシャルグラフィックスパネルでシェイプ付きマスクを有効にすると、エフェクトコントロールパネルのシェイプの下にある一部のオプションが正しく表示されませんでした。

24.3 アップデートで修正済みの問題

オーディオ

修正済み:

  • スピーチを強調エフェクトは、属性としてペーストした後、選択したミックス量を必ずしも反映するとは限りませんでした。
  • ラウドネス自動一致を有効にしてスピーチを強調のミックス量を調整すると、波形の振幅が常に正しく表示されないことがありました。
  • 属性をペーストを使用してスピーチを強調コンポーネントをペーストした後、クリップエフェクトが正しくなくなる可能性がありました。シーケンスを再度開くと、シーケンスの再生が中断されることがありました。
  • 同じオーディオエフェクトの複数のインスタンスがある場合、属性をペーストダイアログ内のエフェクトの順序がエフェクトコントロールパネルと一致せず、期待どおりの結果が得られない可能性がありました。
  • マルチカメラシーケンス内の複数のクリップをリミックスしようとする際、Premiere Pro がハングする可能性がありました。
  • シーケンスにリミックスを使用したクリップが含まれている場合、シーケンスのコピー&ペーストが機能しませんでした。
  • スピーチを強調をオフまたはオンに切り替えた後、ラウドネス自動一致の結果が正しくなくなることがありました。
  • スピーチを強調を有効にするが、再生中にコンテキストメニューとクリップメニューから無効にすると機能しなくなることがありました。
  • Premiere Pro のローカライズされたバージョンでは、書き出しモードのラウドネスの正規化エフェクトに、マルチチャンネルオーディオソースのプロセス列がありませんでした。
  • スピーチを強調のミックス量で、エフェクトコントロールパネルに正しくない範囲値が表示されました。

キャプションと文字起こし

修正済み:

  • テキストパネルを閉じた状態でキャプションセグメントを開くと、クラッシュが発生する可能性がありました。
  • バックグラウンドで自動文字起こしを実行している間、メディアファイルの再生を開始すると、パフォーマンスがわずかに低下することがありました。
  • 元のメディアファイルがオフラインに配置され、プロキシメディアのみが使用可能なクリップは、文字起こしに失敗する可能性がありました。

編集

修正済み:

  • デフォルトのカスタム解像度である 1280 x 720 で作成されたプロキシは、代わりに半分の解像度で作成されました。
  • シーケンスを簡易化により、新しいシーケンスの作成に失敗しました。
  • プロジェクトパネルのプレビュー領域が表示されている間に検索ビンを開くと、クラッシュが発生する可能性がありました。
  • 直接操作モードに入るまたは終了する間、エフェクトコントロールパネルでモーションフィルターを選択する際や、グラフィックトラック項目を選択する際に、プログラムモニターがちらつきました。
  • プロジェクトまたはプロダクションの Premiere Pro 24.x へのアップグレードが完了しないことがありました。

書き出し

修正済み:

  • Premiere Pro のローカライズされたバージョンでは、書き出しモードのラウドネスの正規化エフェクトに、マルチチャンネルオーディオソースのプロセス列がありませんでした。
  • ソースモニターまたはプログラムモニターの「フレームを書き出し」ボタンを使用して EXR ファイルを書き出すと、複数のフレームが書き出されました。

形式

修正済み:

  • 一部の AVC Intra ファイルは、使用後に正しくリリースされませんでした。これにより、Media Encoder の監視フォルダー機能がエンコード後にファイルを正しく移動しないなど、複数の問題が発生する可能性がありました。

24.2 アップデートで修正済みの問題

オーディオ

修正済み:

  • AAF ファイルを読み込むと、クラッシュが発生しました。

カラー

修正済み:

  • Lumetri プリセットが Premiere Pro 24.1 で作成された場合、Lumetri カラーパネルのスライダーコントロールが左端までジャンプしました。

キャプションと文字起こし

修正済み:

  • テキストパネルで、フォントサイズのスライダーがオーバーフローメニューと重なることがありました。
  • サイズを変更すると、テキストパネルダイアログの位置が変更されることがありました。
  • キャプションストリームが埋め込まれた MXF メディアを文字起こしすると、進行状況や文字起こしが表示されません。
  • 開始時間が 0 以外のマルチカメラクリップには、テキストパネルの文字起こし表示に 0 ベースの開始時間が表示されました。
  • 再生ヘッドが 2 つのキャプションセグメントの間に配置されている際に戻るキーを使用してキャプションセグメントを編集すると、再生ヘッドに近いキャプションが開かないことがありました。
  • 一部のシステムでは、文字起こし中の自動言語検出が失敗することがありました。
  • 自動文字起こしを再度オンまたはオフにすると、文字起こし設定がデフォルトにリセットされることがありました。
  • 文字起こしから生成されたキャプションセグメントは予想以上に長くなり、無音セクションを埋めてしまうことがありました。

編集

修正済み:

  • シーン編集の検出を長いクリップに適用すると、失敗することがありました。
  • タイムラインで選択したクリップから再生ヘッドを移動すると、クリップの選択を解除するまで、そのクリップのバウンディングボックスがプログラムモニターに表示されたままになります。
  • グラフィックトラックアイテムを無効にすると、テキストが引き続き選択され、変更される可能性があります。

Lumetri カラーパネルを開いたときに「選択が再生ヘッドに従う」を有効にする特別なロジックが削除されました。シーケンスメニューから「選択が再生ヘッドに従う」を有効または無効にすると、スティッキーになります。

Windows マシンの GPU メモリ使用率が最適化され、Sensei 機能がよりスムーズに実行されるようになりました。

エフェクト

修正済み:

  • Windows コンピューターでは、ソフトウェアでレンダリングすると、タービュレントディスプレイスエフェクトやハードウェアアクセラレーションエフェクト(うねり基本 3Dコーナーピンなど)を使用した出力に黒色のパッチが見られることがありました。
  • エフェクトコントロールパネルでサードパーティのフィルターを選択して直接操作を行うと、クラッシュが発生することがありました。

書き出し

修正済み:

  • 書き出しウィンドウで宛先を複製すると、キャプションの有効化または無効化が失敗することがありました。
  • インターネット接続がオフラインの場合、Vimeo にアップロードするとクラッシュが発生することがありました。
  • Adobe Media Encoder にジョブを送信する際、「プロジェクトに読み込む」が有効になっていると、書き出したファイルが Premiere Pro に再読み込みされませんでした。
  • 書き出しモードでデフォルトのメディアファイルの宛先として書き出したファイル名に「_1」が正しく追加されません。
  • 書き出しプリセットを変更した後、書き出しモードでキャプションプレビューが表示されませんでした。
  • Apple シリコンコンピューターでは、Wraptor DCP、P2 Movie、GoPro Cineform 形式のサポートされていない書き出しプリセットが、プリセットマネージャーで引き続き使用できました。
  • メタデータを含む MP4 への書き出しは機能しませんでした。
  • 書き出しモードを再度入力すると、FTP 宛先内の数値テキストフィールドを調整できませんでした。
注意:

この修正より前に作成したカスタム書き出しプリセットには、依然としてバグがあるので、今後は必ず新しいプリセットを作成してください。

形式

修正済み:

  • 存在するオーディオチャネルの数に応じて、オーディオを含む MP4 ファイルの読み込みに時間がかかっていました。
  • シーケンスのプレビューコーデックが使用できない場合、Premiere Pro は新しいプレビューコーデックとしてデフォルトが QuickTime ProRes LT になりませんでした。
  • 書き出し先の名前に 2 バイト文字(中国語、日本語、韓国語など)または拡張 ASCII 文字(アクセントやウムラウトなど)が使用されている場合、MXF 形式への書き出しでクラッシュする可能性がありました。

タイトルとグラフィック

修正済み:

  • テキストパネルのサイズを変更すると、「結合」ボタンがオーバーフローメニューに移動しませんでした。
  • グラフィックテキストレイヤーを編集すると、クラッシュが発生する可能性がありました。
  • マスクのベジェハンドルは表示されませんでした。

送信

修正済み:

  • リファレンスモニターへのビデオ出力は、プロジェクトソフトウェアレンダリングで失敗する可能性があります。
  • プロジェクト設定レンダラー」オプションを変更すると、2 番目のモニターへの送信が無効になりました。

24.1 アップデートで修正済みの問題

オーディオ

修正済み:

  • タイムラインでのオーディオ再生で一時的に大音量で「ノイズ」が発生することがありました。
  • オーディオタイプをクリア」ボタンは、エッセンシャルサウンドパネルを再度開いた後も表示されませんでした。
  • 自動波形生成中に、シーケンス内のクリップに優先順位が付けられませんでした。
  • エフェクトパネルのカスタムビンに配置されたバランスミュート音量の各オーディオエフェクトは、プロジェクトを再度開くと表示されませんでした。
  • シーケンスをネイティブに読み込むがオンになっている場合、Premiere Pro シーケンス内のサードパーティ製オーディオエフェクトは Media Encoder でレンダリングされませんでした。
  • 新しいシーケンスを作成する際に、シーケンスに割り当てられたクリップチャネルマッピングが無視されました。
  • インストールされていないオーディオプラグイン(VST、VST3、AU)を含むプロジェクトを開くと、クラッシュが発生することがありました。
  • シーケンス内のオーディオファイルにリミックスを適用している場合、トリミング編集ビューを確実に開くことができないことがありました。
  • クリップの速度/デュレーションを逆再生に変更するか、オーディオピッチを保持を有効にすると、レンダリングの進行状況が表示されませんでした。

カラー

修正済み:

  • 一部の Sony メディアファイルでは、Log(対数)ビデオカラースペースの自動検出が失敗することがありました。

キャプションと文字起こし

修正済み:

  • SCC キャプションファイルは、12 時間を超えるとキャプションを読み込みませんでした。
  • Return キーを使用してキャプションセグメントを編集すると、現在の時間インジケーター(再生ヘッド)の横にあるキャプションではなく、シーケンス内の最初のキャプションが誤って開かれることがありました。
  • テキストパネルの文字起こしが、エラーテキストに置き換えられることがありました。
  • 文字起こしを書き出すと、保存ダイアログにアイテムの名前が含まれませんでした。

編集

修正済み:

  • ロックされたシーケンスから自動リフレームシーケンスを作成することはできませんでした。
  • フリーフォーム表示で多数のマルチカメラクリップを表示すると、アプリケーションの速度が低下することがありました。
  • 重複フレームマーカーを有効にすると、タイムラインのパフォーマンスが低下することがありました。

エフェクト

修正済み:

  • エフェクトコントロールパネルでサードパーティのフィルターを選択して直接操作を行うと、クラッシュが発生することがありました。

書き出し

修正済み:

  • 書き出しジョブを Media Encoder に直接送信する際のソース範囲設定が正しくありませんでした。

形式

修正済み:

  • 一部の Sony XAVC メディアのオーディオとビデオが、数フレーム同期しないことがありました。
注意:

高解像度メディアとプロキシメディアを切り替える際に同期の問題が発生することがあるので、以前のバージョンで生成したプロキシは、このバージョンを使用して再生成する必要があります。

  • 第 14 世代 Intel Cor プロセッサーを搭載したコンピューターで H.264 および HEVC メディアを操作すると、クラッシュが発生することがありました。
  • 起動後、「lvcod64.dll(GetAVICodecs)で低レベルの例外が発生しました」というメッセージが表示されることがありました。
  • 幅 1440 または 960 の DNxHR メディアでは、再生時に黒いフレームのみが表示され、フレーム置換エラーがイベントパネルに表示されました。
  • Apple シリコンコンピューターから書き出された HEVC または H.265 ファイルはスムーズに再生されましたが、スクラブ時のパフォーマンスが低下しました。

Team Projects

修正済み:

  • プロジェクトテンプレート内の一部のシーケンスの書き出し場所が正しくありませんでした。
  • チームプロジェクトを開いた際に、タイムラインに誤ってバッジが付けられました。
  • 大規模なプロジェクトをチームプロジェクトに変換する際に、アプリケーションが一時的にハングすることがありました。
  • チームプロジェクトで名前を付けて保存を実行すると、スタンドアロンプロジェクトの名前を付けて保存ダイアログが呼び出されました。

タイトルとグラフィック

修正済み:

  • Mac と Windows 間でプロジェクトを移動すると、モーショングラフィックステンプレートの .aegraphic ファイルがオフラインになりました。
  • スケール、位置、回転、アンカーポイントなどの変換を変更する際、Premiere Pro グラフィックの境界ボックスの更新が遅くなりました。
  • RTL テキストでは、Tab キーを使用すると、既存のテキストが右にプッシュされました。

送信

修正済み:

  • 送信モニターへのオーバーレイを有効にすると、再生中にビデオが表示されませんでした。

ワークスペース

修正済み:

  • モニターパネルのサイズを変更すると、ソースプログラムモニターのボタンバーがちらつくことがありました。

24.0 アップデートで修正された問題

オーディオ

修正済み:

  • 反転速度を適用すると、オーディオ波形に反転されたオーディオが反映されませんでした。
  • オーディオを別のトラックに移動した後、元のトラックを削除すると、タイムラインでオーディオの再生時に歪みが発生することがありました。
  • オーディオクリップミキサーがワークスペースの一部であり、プログラムモニター比較ビューにある場合、クラッシュが発生することがありました。
  • クリップの速度またはデュレーションを変更し、「オーディオピッチを保持」を有効にすると、レンダリングの進行状況が表示されませんでした。

キャプション

修正済み:

  • カスタムキャプションプリセットを作成すると、環境設定で二重線が選択されている場合でも、誤って単一線に切り替わることがありました。
  • キャプショントラック間でキャプションセグメントを移動すると、プロジェクトを閉じて再度開くまで、両方のトラックにキャプションが表示されることがありました。

編集

修正済み:

  • マルチカメラシーケンスをソースモニターで開き、ウィンドウサイズを再調整すると、Windows マシンでクラッシュが発生することがありました。
  • 特定の条件下では、ビューアがマルチカメラビューに設定されている場合、プログラムモニターに角度が表示されませんでした。
  • メディアブラウザーからタイムラインにメディアをドラッグした後、プロジェクトパネルが選択されました。メディアブラウザーからメディアをドラッグすると、タイムラインが選択したパネルになります。
  • スリップツールを使用すると、タイムラインが自動スクロールすることがありました。
  • ドッキングされていないプロジェクトパネルを操作する際、ファイルをビンにドラッグできませんでした。
  • テキストブロックがハイライト表示された状態で比較ビューに入ると、シーケンスにフォーカスを変更するまで、スペースバーは機能せず、再生を開始できませんでした。

エフェクト

修正済み:

  • ループ再生が進行中の際に、エフェクトコントロールパネルの「ループオーディオ再生を切り替え」オプションを無効にすると、クラッシュが発生することがありました。
  • シーケンス設定ダイアログでは、カスタムピクセル縦横比が誤って正方形ピクセルとして表示されることがありました。
  • キャプションをグラフィックにアップグレードすると、エフェクトプリセットのキーフレームが拡大・縮小されなくなりました。

書き出し

修正済み:

  • X(旧 Twitter)への公開に失敗しました。

形式

修正済み:

  • Intel Arc シリーズで ProRes RAW を再生すると、ちらつきが見られました。
  • macOS Ventura を実行している Mac で Cinema DNG ファイルを再生またはレンダリングすると、Premiere Pro と Media Encoder がクラッシュすることがありました。

マーカー

修正済み:

  • 実稼動環境で操作している際、特定の状況ではマーカーパネルに値が入力されませんでした。
  • シーケンス内で 2 つ以上のクリップを選択している場合、正しくないクリップマーカーがマーカーパネルに表示されました。

チームプロジェクト

修正済み:

  • チームプロジェクトで共同作業している際、シーケンスの変更を更新した後、文字起こしを含むクリップが誤って編集済みとしてマークされることがありました。

23.6 アップデートで修正された問題

オーディオ

修正済み:

  • キーボードショートカットでは、オーディオミキサーパネルを再度開くことができない可能性がありました。
  • オーディオトラックミキサーオートメーションモードドロップダウンの上部をスクロールすると、オートメーションモードが誤って変更される可能性がありました。
  • 一部のサードパーティのオーディオユニットエフェクトを使用すると、5.1 クリップの再生中に大きなノイズが発生する可能性がありました。

キャプション

修正済み:

  • 様々なカスタムキャプションプリセットを切り替えると、キャプションの作成がスタックする可能性がありました。
  • キャプションの書き出しオプションを切り替えると、クラッシュが発生する可能性がありました。

編集

修正済み:

  • シーン編集の検出が、タイムラインで選択されたトランジションのみでは使用できません。

エフェクト

修正済み:

  • Lumetri カラーパネルでは、「HSL セカンダリ」セクションがオフになっている場合、すべてのプロパティがグレー表示になりませんでした。
  • Lumetri カラーパネルを開いたり、パネルを開いた状態でシーケンスを切り替えたりすると、クラッシュが発生する可能性がありました。

書き出し

修正済み:

  • AU または VST オーディオ エフェクトを含んだ Premiere Pro シーケンスを Media Encoder でレンダリングしようとすると、「キャプション」オプションが表示されず、キャプションが常に書き込まれます。
  • Vimeo へのアップロードが失敗する可能性がありました。
  • 名前オーバーレイという書き出しエフェクトの名前がテキストオーバーレイに変更されて、ファイル名以外のオプションも使用できることがわかるようになりました。
  • アプリケーション言語がスペイン語に設定されている場合、書き出し中にクラッシュが発生する可能性がありました。

形式

修正済み:

  • Panasonic VariCam の一部の MXF ファイルでは、モニターまたはサムネール上に半分緑色のフレームが表示される可能性がありました。
  • ALEXA 35 がソフトウェアアップデートパッケージ 1.1 以降を使用している場合、ARRI ALEXA 35 で記録された ARRIRAW ファイルは再生されません。

グラフィック

修正済み:

  • 特定の設定を使用する一部の EBU 字幕キャプションでは、テキストの一部の行が正しく配置されない場合がありました。

プロダクション

修正済み:

  • バックグラウンドでの文字起こし中に編集を実行すると、重複したクリップが作成されます。
  • Premiere Pro では、プロダクション内で関連クリップが見つからない場合がありました。

安定性とパフォーマンス

修正済み:

  • 複数のクリップを選択すると、フリーフォーム表示のパフォーマンスが低下する可能性がありました。
  • 特定のカスタムキーボードショートカットがデフォルトにリセットされます。
  • Premiere Pro では、送信デバイスが接続されている状態で終了するとクラッシュする可能性がありました。
  • プログラムモニター比較表示の場合、メーターパネルのアクティビティが表示されませんでした。
  • 一部の AAF ファイルでは、ファイルスケールデータを 100%として読み込む可能性がありました。

23.5 アップデートで修正された問題

オーディオ

修正済み:
  • タイムラインがフレームレベルにズームインされている場合、サブクリップの再生中にオーディオのドロップアウトや波形の欠落が発生することがありました。
  • エッセンシャルサウンドパネルのクリップ分析は、対応するプロジェクトアイテムが削除された後も継続していました。
  • プロジェクトで表示および Finder で表示コマンドは、リミックスされたオーディオクリップでは機能しませんでした。

書き出し

修正済み:

  • 「タイムチューナー」と「ラウドネスの正規化」エフェクトを組み合わせて使用すると、書き出しがハングして完了しないことがありました。

編集

修正済み:

  • タイムラインのスクロールに時間がかかったり、ラグが生じたりすることがありました。
  • 特定のコマンドが別のキーに設定されているキーボードショートカットプリセットでは、それらのコマンドがデフォルトのキーにリセットされることがありました。
  • マルチカメラクリップのフリーフォームビューでは、カメラを選択キーボードショートカットが機能しませんでした。
  • 比較表示プログラムモニターで、タイムラインパネルにフォーカスを移すと再描画に不具合が発生することがありました。
  • トリミング編集モードを開いた状態で別のソースに変更すると、誤ったフレームが表示されることがありました。
  • 比較表示プログラムモニターを閉じて再度開くと、再生の問題が発生することがありました。
  • シーケンスを別のプロジェクトにコピー&ペーストすると、余分なビンが作成されることがありました。
  • 別の開いているシーケンスを選択してトリミング編集モードを終了し、その後取り消しを実行すると、プログラムモニターに誤ったフレームが表示される場合があります。
  • 比較表示プログラムモニターからシーケンスタイムラインに切り替えると、再生が停止しました。
  • 学習チュートリアルは、2 回目の起動に失敗することがありました。
  • 高解像度モニターのタイムライン上でタイムラインを垂直方向に拡張すると、タイムラインのパフォーマンスの問題が発生することがありました。
  • 送信が有効になっているフリーフォーム表示で操作する際の改善が導入されました。
  • 再生環境設定プライマリオーディオデバイスを変更すると、再生が停止できなくなることがありました。
  • プログラムモニターレンチメニューの「送信を有効にする」には、再生中の「チェック済み」状態が反映されません。

形式

修正済み:

  • Apple ProRes MXF OP1a の書き出し設定の「16 bpc 深度」オプションが有効になっていてもオフのままでした。
  • Canon XF-AVC Intra 4:4:4 メディアが、正当な範囲として誤って解釈されることがありました。
  • ProRes 4444 および ProRes 4444XQ メディアは、スマートレンダリングの対象として誤って識別されることがありました。
  • Log(対数)ビデオカラースペースの自動検出は、Panasonic Lumix GH6 の ProRes メディアでは正しく機能しませんでした。

マーカー

修正済み:

  • 重複フレームマーカーを表示が有効になっている場合、次または前のマーカーに移動できません

安定性とパフォーマンス

修正済み:

  • ソースモニターまたはプログラムモニターで再生中に「閉じる」オプションまたは「プロジェクトを元に戻す」オプションを使用すると、クラッシュが発生しました。
  • 別のプロジェクト内のシーケンス間で編集内容を上書きすると、クラッシュが発生することがありました。
  • プログラムモニター比較表示に設定してからプロジェクトを元に戻すと、クラッシュが発生しました。
  • シーケンス内のクリップを右クリックすると、Premiere Pro が一時的に応答しなくなることがありました。
  • プロジェクトを選択せずに、チームプロジェクトを開くダイアログを閉じると、クラッシュが発生することがありました。
  • エッセンシャルサウンドパネルのクリップ分析の実行中に Premiere Pro を終了しようとすると、クラッシュが発生することがありました。

チームプロジェクト

修正済み:

  • チームプロジェクトの名前にスラッシュが含まれている場合、ホーム画面の種類列に間違った情報が表示されていました。

テキストパネル

修正済み:

  • テキストベースの編集を使用している間に、別のコンピューターでプロジェクトを開いたり、メディアを再リンクしたりすると、文字起こしで行った編集内容が失われることがありました。
  • 多くの長い文字起こしを含む大規模なプロジェクト、特にネストされたシーケンスでは、プロジェクトを開く速度が遅くなることがありました。

23.4 アップデートで修正された問題

オーディオ

修正済み:
  • 取り消しまたはやり直しアクションの実行後に、エッセンシャルサウンドパネルが応答しなくなる可能性があります。

キャプション

修正済み:

  • 別のキャプショントラックでセグメントを保存して選択すると、キャプショントラックスタイルが使用できなくなります。

書き出し

修正済み:

  • 書き出しモードでの読み込みに失敗し、書き出すことができない問題。ローディングスピナーが表示されますが、書き出しモードが読み込みに失敗します。この状態では、クイック書き出しも機能しません。

編集

修正済み:

  • トリミング編集モードから「前後を再生」を選択すると、プログラムモニターメディア保留中の画像が表示されたままになります。
  • トリミング編集モードでは、プログラムモニターで編集を選択すると、選択した編集ポイントを反映するようにタイムラインが誤って更新されました。
  • タイムライン表示設定が、必ずしもすべてのシーケンスに適用されていませんでした。
  • サポートされていない「変更」オプションがタイムラインクリップに対して有効になっていました。
  • タイムラインでトリミング操作を行うと、編集ポイントの選択が失われました。
  • トリミング編集モードを終了し、コンポジットビデオビューに戻ると、プログラムモニターの「ガイド」ボタンと「ルーラー」ボタンが無効になります。
  • シーケンスをそれ自体の中にネストします。
  • プログラムモニター比較ビューに設定されている場合、レンダリングプレビュー(インをレンダリングまたはアウトをレンダリングなど)が機能しませんでした。

エフェクト

修正済み:

  • エフェクトまたはトランジションでマスクを使用すると、書き出されたファイルに黒いシェイプが表示されることがありました。
  • スケールされたクリップで使用すると、ワープスタビライザーエフェクトが正しく出力されません。
  • ビデオトランジションの制御パラメーターの変更が、トランジションのコピー後の出力に反映されませんでした。
  • バッジがトランジションに重なっているエフェクトバッジを右クリックしても、エフェクトメニューにアクセスできませんでした。
  • エフェクトコントロールパネルのズームがトリミング操作で正しくなかった可能性があります。
  • エフェクトプリセットを作成すると、エフェクトパネルに間違ったサムネールが表示されることがありました。

形式

修正済み:

  • ProRes RAW ファイルでは、Apple シリコンコンピューターの 1/4 解像度で画像が歪んで表示されます。
  • 一部の .mfx DNxHR HQX 12 ビット ファイルでは、再生中にバンディングが表示されました。
  • マルチチャンネルオーディオを含んだ OBS 生成の一部の ProRes ファイルで、再生中にオーディオチャンネルのドロップアウトが発生しました。
  • ProRes MXF ファイルを読み込むと、アルファチャンネルが欠落することがあります。
  • 一部の ProRes 4444 ファイルでは、アルファが含まれていない場合に再生パフォーマンスが低下します。

安定性とパフォーマンス

修正済み:

  • サードパーティ製プラグインを使用すると、ライセンスの問題が発生する可能性があります。
  • 一部のお客様で、再生中にモニターが検出されなかったときにクラッシュが発生しました。
  • Windows ユーザーの場合は、画面に切れ目が入るアーティファクトが表示される可能性があります。
  • プロキシがオンになっていると、120 fps/119.88 fps のフッテージからのプロキシの再生が遅くなりました。
  • アプリケーションウィンドウを最大化および最小化すると、AMD GPU を搭載した Windows コンピューターでクラッシュが発生する可能性があります。
  • 表示密度の異なるディスプレイ間でプログラムモニターを移動すると、画面上のコントロールが機能しなくなる可能性があります。
  • 最小ズームに設定しているときにズームバーを調整すると、タイムラインでちらつきが発生する可能性があります。
  • エッセンシャルサウンドパネルでオーディオミックスタイプをクリアした後、取り消しまたはやり直しアクションを実行すると、クラッシュが発生する可能性があります。

チームプロジェクト

修正済み:

  • シーケンスに属するアセットをクリアしても、警告ダイアログが表示されませんでした。
  • 共同作業者が、ロックされたシーケンスをゴミ箱にドラッグして削除できました。
  • シーケンスの一部であるクリップにマーカーを追加すると、シーケンスが編集済みとしてマークされる可能性があります。

23.3 アップデートで修正された問題

オーディオ


  • の原因となる問題を修正しました。
    • 5.1 シーケンスで 5.1 パナーを使用する場合、5.1 出力でセンターチャンネルが無音になる。
    • 一部の VST3 プラグインで、プリセットの読み込みと保存が正しく機能しない。
    • リミックス分析の処理中にプロジェクトパネルでシーケンスを削除すると、クラッシュが発生する。

キャプション

  • 次の原因となる音声テキスト変換の問題を修正しました。
    • 欧州ポルトガル語とブラジルポルトガル語が混合する。
    • スペイン語の文字起こしとキャプションでは、質問の冒頭に「¿」が含まれない。
  • 次の原因となるキャプションの背景の問題を修正しました。
    • ブロードキャスト形式のキャプションの背景が、行ごとではなくキャプションブロック全体に表示される。現在、オーストラリアの OP-47、CEA-608、CEA-708、EBU 字幕およびテレテキスト形式が含まれています。「字幕」形式の場合は、既存の UI を使用して、「行ごと」または「すべての行」を選択できるようになりました。

編集

  • 次の原因となる可能性がある問題を修正しました。
    • タイムラインでトランジションを適用する際に、クリップ名がオフセットします。オフセットは、トラックサイズがオーバーラップを引き起こすほど小さい場合にのみ適用されるようになりました。
    • アプリを終了する前にプロジェクトを閉じない限り、ソースモニタープログラムモニターのボタンエディターレイアウトが保持されない。
    • トリミングモードで Enter キーをクリックしている間、再生ヘッドまたはビデオの進行状況が表示されずに「メディア保留中」のメッセージが表示される。
    • ペーストアイテムがビンに含まれていて、ペースト前に削除された場合、ペーストが正しく機能しません。
    • メディアの再リンク中に UI がブロックされます。
    • クリップマーカーがシーケンス内で断続的に表示される。

エフェクト

  • 次の原因となる問題を修正しました。
    • 検索バーでエフェクト名を削除した後、エフェクトのプレビューがエフェクトパネルに残る。

書き出し

  • 次の原因となる問題を修正しました。
    • キャプション付きのビデオを書き出すための複雑なダイアログに従ってください。キャプション付きで書き出すには、書き出しモードの「キャプション」セクションでオプションを有効にします。
    • 高解像度の静止画を使用したメディアの置き換えを使用しないモーショングラフィックステンプレートのレンダリングと書き出しが遅い。
    • ProResHQ/4444 を書き出すと、Mac でバンディングが作成される。
    • 「Sony デバイスへの直接書き出しを有効にする」が正しく機能しない。

形式


  • の原因となる問題を修正しました。
    • ファイル名またはパスに英語以外の文字が含まれている ARRIRAW ファイル(.arri または .mxf)の読み込みに失敗します。
    • オーディオを含む ARRIRAW ファイルの読み込みに時間がかかります。
    • Resolve から書き出された HEVC ファイルの再生および書き出し中に不具合が発生します。
    • Mac での ProRes/4444 のバンディング。

読み込み

  • 次の原因となる問題を修正しました。
    • Premiere Pro を閉じて再度開いた際に、ユーザーが作成したお気に入りを維持しない場合がある。
    • 編集モードと読み込みモードを切り替えると、取り込みモードが無効になることがある。

プロダクション

  • 次の原因となる問題を修正しました。
    • スペイン語環境またはポルトガル語環境で Premiere Pro を実行している際にプロダクションを作成すると問題が発生する。

プロキシ

  • 次の原因となる問題を修正しました。
    • マルチチャンネルオーディオを含むプロキシメディアでは、ソースメディアがオフラインに強制された後、オンラインで誤った数のチャンネルを表示する。
    • プロキシをオンにすると、複数のオーディオチャンネルを持つ MXF ファイルのプロキシが正しく再生されない。
    • 再リンク後にオフラインプロキシが編集済みとしてマークされる。

テキストパネル

  • 次の原因となる問題を修正しました。
    • テキストパネルで文字起こしとキャプションを操作する際のエクスペリエンスが不安定。

23.2 アップデートの問題を修正しました

オーディオ


  • の原因となる問題を修正しました。
    • Premiere Pro を複数回終了して再起動すると、オーディオが途切れる。
    • 書き出された .wav ファイルの開始時にオーディオの不具合が発生する。
    • プライマリオーディオデバイスオフセット環境設定への変更が保存されなかった。
    • エッセンシャルサウンドパネルオーディオカテゴリ(ユーザーが割り当てたもの)を含む AAF クリップを書き出すと、「オーディオエフェクトを書き出すことができません」メッセージが表示される
    • 書き出された AAF のタイムラインの先頭に移動したクリップがリミックスされる。
    • エッセンシャルサウンドパネルが取り消しまたはやり直し後に正しく更新されない。

キャプション

  • 次の原因となる可能性がある問題を修正しました。
    • SRT ファイルの「メディアタイプ」フィールドおよび「キャプションメタデータ」フィールドが正しく表示されない。
    • テレテキストまたは OP-47 からの高さ 1 倍のテキストが、サイドカーファイルまたは埋め込みキャプションで高さ 2 倍として書き出される。
    • キャプションセグメントをダブルクリックすると、編集ツールが表示される代わりに、エッセンシャルグラフィックスパネルの「参照」タブが開いていた。

編集

  • 次の原因となる可能性がある問題を修正しました。
    • プログラムモニターでマルチカメラ角度を切り替えたときに、クリップにオーバーレイが表示されない。
    • プロジェクトを開いたときにオーバーレイが表示されない(またはプログラムモニタービューを切り替えると非表示になる)。
    • GPU レンダリングを使用して AME または Premiere Pro を介して書き出す場合、出力サイズ全体ストレッチが適用されなかった。書き出されたファイルが、まだピラーボックス化されていた。
    • タイムコードパネルが、線のモードを変更した後に正しく表示されない。

書き出し

  • 次の原因となる問題を修正しました
    • 書き出し先の名前に 2 バイト文字(中国語、日本語、韓国語など)または拡張 ASCII 文字(アクセントやウムラウトなど)が使用されている場合、H.264 および HEVC の書き出しが失敗する。

形式

  • 次の原因となる可能性がある問題を修正しました。
    • 複数の ALEXA 35 ARRIRAW ファイルの同時読み込みが失敗する。
    • 多くの ALEXA 35 ProRes ファイルを含むプロジェクトの読み込みと再読み込みが遅い。  

Frame.io レビューパネル

  • 次の原因となる可能性がある問題を修正しました。
    • アクティブなシーケンスの自動バージョン管理が信頼できない。
    • バージョンスタッキングにより、使用できないファイルが作成されたことがある。
  • その他の小さな問題を修正し、パフォーマンスを改善しました。
  • アクティブなシーケンスのアップロード時に字幕が含まれるようになりました。

グラフィック

  • 次の原因となる可能性がある問題を修正しました。
    • テキストレイヤーに内側のストロークがある場合、テキストレイヤーでシャドウ効果のサイズの拡大が失敗した。
    • モーショングラフィックステンプレートが異なるコントロールを持つ別のテンプレートに置き換えられたときに、エッセンシャルグラフィックスパネルのコントロールが使用できなくなった。
    • Premiere Pro グラフィックに変換コントロールが適用されたエフェクトを、エッセンシャルグラフィックスパネルで移動できなかった。
    • 複数の一致するグラフィックが検出されましたダイアログで「いいえ」をクリックした場合でも、テンプレートを置き換えることができた。
    • バージョン 527.43 から 528.23 までの NVIDIA ドライバーを使用する Windows システムで、NVIDIA GeForce Experience と Premiere Pro を同時に実行すると、クラッシュする可能性がある。
  • Type 1 フォントのサポートが削除された。変更について詳しくは、こちらを参照してください。

読み込み

  • 次の原因となる問題を修正しました。
    • 読み込みモードでテーブルのサイズを変更した後、省略記号(長いファイル名を示す)が消える。

マーカー

  • 次の原因となる問題を修正しました。
    • 新しいマーカーを追加した後、キーボードショートカットを使用して次または前のマーカーに移動できない。

プロダクション

  • 次の原因となる問題を修正しました。
    • プロジェクトタイル名にアクセント記号付きの文字が含まれている場合に、プロジェクトファイルを閉じたり名前を変更したりする際に問題が発生する。

Team Projects 

  • 次の原因となる可能性がある問題を修正しました。
    • Premiere Pro を終了した後にアップデートを公開すると、断続的にクラッシュする。
    • アセットを含むビンが未公開としてマークされる。
    • 競合の解決ダイアログをキャンセルすると、自動保存機能が無効化される。
    • 1 つ以上の After Effects コンポジションが含まれているチームプロジェクトを開く際にエラーが発生する。
    • アプリケーションを再起動した後の CPU のみのアクセラレーション。
    • 未使用を削除」コマンドを使用して、正しくリンクされたチームプロジェクトを削除します。

安定性とパフォーマンス 

  • 次の原因となる可能性がある問題を修正しました。
    • ネストされた 2 つのシーケンスにグラデーションレイヤーを適用すると、クラッシュする。
    • 録画中に「復帰」コマンドを使用すると、クラッシュする可能性があります。
    • オーディオデバイスの切り替え時に、クラッシュする可能性があります。
    • タイムラインでの操作は、時間の経過と共に応答性が低下します。これには、再生ヘッドでのスクラブ、クリップの選択、クリップの移動、複数の開いているシーケンスの切り替えが含まれます。
  • 改善された GPU 検出機能の最適化により、可能な場合には再生が GPU 高速処理されるようにします。

23.1 バージョンで修正された問題

キャプション

  • 次の原因となる可能性がある問題を修正しました。
    • 文字起こし後に表示される開始/終了キャプションメタデータ。
    • 0 以外の開始タイムコードを使用した SCC キャプションファイルを読み込むと、読み込まれたファイルの開始タイムコード値が 0 と表示される。
    • UTF16 コーデックの日本語または中国語の SRT ファイルのキャプションで、一部の文字列が正しく表示されない。
    • プロジェクトパネルで、読み込まれたサイドカー キャプションファイルをダブルクリックする際のハングの問題。
    • ドロップ以外のフレーム SCC キャプションファイルで、ドロップフレームとして読み込まれる。
    • 一部のドロップフレーム SCC キャプションファイルで、ドロップ以外のフレームとして読み込まれる。
    • 一部の日本語 SRT ファイルを読み込むと、キャプションが欠落する。

マーカー

  • 次の可能性がある問題を修正しました。
    • 同じ場所にある 2 つのマーカーを簡単に編集できない。
    • 同じ位置に配置されているマーカーについて「次のマークへ移動」が正常に機能しない。
    • マルチチャンネルオーディオトラックアイテムで「選択したマーカーを消去」が機能しない。
    • マルチチャンネルオーディオトラックアイテムの操作中に、同じ場所にある既存のマーカーが編集されるのではなくマーカーが追加される。
    • 非表示マーカーが表示マーカーと同じ位置にある場合に「次のマーカーへ移動」が正常に機能しない。
    • 編集マーカーが非表示マーカーで機能しない。
    • オーディオ波形に非表示マーカーのマーカー線が表示されない。
    • マーカーが 1 つだけ存在する場合に、カラーを使用したマーカーの表示/非表示が機能しない。
    • マルチカメラクリップの操作中に既存の非表示マーカーと同じ場所に別のカラーマーカーを追加できない。
    • 同じ位置に異なるカラーのマーカーがある状態で「選択したマーカーを消去」を使用すると、間違ったマーカーが削除される。
    • マーカーを含める」がオンになっているとクリップマーカーがクリップの書き込みに含まれない。

プロダクション

  • 次の原因となる可能性がある問題を修正しました。
    • 同一プロダクションのタイムラインプロジェクトで、プロダクションのメディアプロジェクトのマルチカメラシーケンスが正しく更新されない。
    • Lumetri パネルがソースプロジェクトを開かずに、プロダクションのマルチカメラシーケンスをタイムラインで開く。この問題により、タイムラインが重複することがありました。
    • 親プロダクションを開かずにプロジェクトが開かれる。
    • 親プロジェクトが閉じられた後もプロジェクトが開いたままになる。  
    • プロダクションのマルチカメラクリップが 2 回開く。
    • プロダクション内のロックされたプロジェクトに関する通知がすぐに非表示になる。
    • AAF ファイルの読み込みによって再リンクされたメディアが正しく再生されない。
    • マルチカメラシーケンス内の重複したオーディオクリップがフラット化されると表示されなくなる。
    • チームプロジェクトでオフラインとマークされたメディアが、フリーフォームビューでオフラインとして正しく表示されない。
  • 環境設定メモリから、メモリまたはパフォーマンス向上のためにレンダリングを最適化するオプションを削除しました。他のアプリケーションの変更により、このオプションは不要になりました。

書き出し

  • 次の可能性がある問題を修正しました。
    • H.264 で「ソースの一致」を使用している場合に、書き出しモードの「ターゲットビットレート」セクションで10 進値を入力できない。
    • 9 個以上のオーディオストリームを書き出すときに、書き出しモードのオーディオチャンネル設定セクションが正しくスクロールされない。
  • 書き出しモードlでのホットテキストコントロールを改善しました。

オーディオ

  • 次の原因となる可能性がある問題を修正しました。
    • 選択した複数のクリップについて、エッセンシャルサウンドパネルの「ボイス」セクションでパラメーターの値を変更すると、クラッシュする。
    • リミックスプリセットを使用してエッセンシャルサウンドパネルのクリップのデュレーションを変更すると、クラッシュする。
    • リミックス分析の処理中にキーボードショートカットを使用してプロジェクトを保存して再度開くと、クラッシュする。
    • タイムラインパネルでトラックがロックされている場合、オーディオトラックミキサーオーディオトラック 1 でオーディオエフェクトがインスタンス化される。
    • クリップボリュームのキーボードショートカットの使用時にキーフレーム上のベジェ曲線が維持されない。
    • クリップが既にリミックスされている場合、リミックスプリセットが適用されない。
    • オーディオトラックパンニングでノイズが発生する。
    • 偶数番号のオーディオチャンネルが正常に書き出されない。
  • ドイツ語版の Premiere Pro でチャンネル設定ラウドネスの正規化で使用できないことがある問題を修正しました。

カラー

  • 次の問題を修正しました。
    • ACE カラープロファイルの初期化によってクラッシュする。
    • HLG/PQ カラースペースの HDR モードで波形 YC の Lumetri スコープが正しく表示されない。
    • 再生の一時停止時にスコープで断続的なちらつきが発生する。

形式

  • 次の原因となる可能性がある問題を修正しました。
    • Canon シネマカメラのすべてのファイルがクリップ名「CLIPS001」で読み込まれる。
    • Canon R5 C の Cinema Canon Raw Light ファイルのエフェクトコントロールパネルで、色温度スライダーを調整するとクラッシュする。
    • 複数の HEIC ファイルを読み込む際のメモリリークの問題。HEIC ファイルの読み込みと再生の両方が改善されました。
    • AVI コンテナの MotionJPEG ファイルを再生しているときに発生するメモリリークの問題
    • ARRI カメラで設定されたレンズのスクイーズファクター値が ARRIRAW の使用時に無視される。
    • ProRes メディアの再生時に再生解像度を変更したときにクラッシュする。
    • Mac Intel 上で特定の MPEG-4 ファイルを読み込むときにクラッシュする
    • LUT が埋め込まれた Sony Alpha FX3 メディアが間違ったタイムコードで読み込まれる。
    • AVCHD メディアを読み込むと Audition がクラッシュする。
    • AVCHD メディアを読み込むとオーディオが欠落する。
    • XAVC Intra または XAVC LongGOP 形式に書き出すとクラッシュする。
    • QuickTime ProRes メディアを再生する際のハングの問題。
    • 非常に長いシーケンスを H.264 に書き出すとクラッシュする。
    • Panasonic AG-CX10 からのプロキシが間違ったタイムコードで読み込まれる。
    • XDCAM HD ファイルのスマートレンダリングでフレームが破損する。
    • 一部の H.264 メディアを再生またはスクラブする際のハングの問題。
    • 編集時にフレーム置換エラーと黒いビデオフレームが発生する。
    • ProRes RAW ファイルの使用時にクラッシュする。
  • RED R3D ファイルのソース設定ノイズ除去スライダーを修正しました。
  • Premiere Pro でメディアキャッシュに多数のオーディオ適合ファイルを作成した後で別のアプリケーションに切り替えると発生することがあるメモリ管理の問題を修正しました。
  • Windows 上の MXF ファイルのスマートレンダリングで予想以上に時間がかかる問題を修正しました。

グラフィック

  • 次の問題を修正しました。
    • レガシータイトルソースグラフィックに更新した場合の、開いたベジェシェイプのエンドキャップの外観を修正するための、ラインキャップライン結合の設定。
    • レガシータイトルソースグラフィックスに更新するとグラデーションの塗りがソリッドに変わる。
    • アップグレードされたレガシータイトルのフォント同期を改善して、フォントがレガシータイトルの外観により一致するように。
    • 固定されたグラフィックトラックアイテムを右クリックするとレイヤーが移動する。
    • スタイルとは異なるストローク数の外観の変更をプッシュするとクラッシュする。

Team Projects

  • 次の原因となる可能性がある問題を修正しました。
    • サービスに送信する変更内容をパッケージ化する方法に関するクラッシュ。
    • 同じチームプロジェクト内のユーザーが同期していないように見えることがある。
    • Premiere Pro のベータ版でプロジェクトを開くと、プロジェクト内のクリップがオフラインとしてマークされる。
    • 多数のクリップに対して競合解決を実行する際のハングの問題。
    • 大規模なプロジェクトを閉じる際のパフォーマンスの問題。
    • 公開」または「更新」ボタンがグレー表示されたままになり、編集Team Projects メニューに表示されなくなるインターフェイスの問題。
    • メディアブラウザーのコンテンツ自動保存メニュー項目からプロジェクトを開けない。
    • 最新のプロジェクトを開く」環境設定が動作しない。
    • 再起動時に変更されていないアイテムに対して、変更が加えられたことをを示すプロジェクトもあります。
    • このチームプロジェクトに対して、別のコンピューター上で変更が加えられています」というメッセージが誤って表示される。
    • 「他のすべてのプロジェクトを閉じる」を選択した後にクラッシュする。
    • シャットダウン中に Premiere Pro がハングする。
    • プロジェクトの変更を受け入れた後に Premiere Pro がハングする。

安定性とパフォーマンス

  • 次の原因となる可能性がある問題を修正しました。
    • 選択したデフォルトのタイムラインオーバーレイが、「オーバーレイ設定」メニューに表示されない。
    • オーディオトラックまたはビデオトラックに最大ズームを適用した後、トラックの一番上にスクロールするとクラッシュする。
    • 次のキーフレームに移動」ボタンをダブルクリックすると、すべてのキーフレームが非表示になる。
    • プロジェクトを保存して閉じてから、Wacom タブレットが接続されているコンピューターでプロジェクトを再度開くと、クラッシュする。
    • マルチカメラシーケンスの編集後に「シーケンスを簡易化」コマンドが失敗する。
    • ホーム画面で「詳細」ボタンをクリックした後に、チュートリアルがロードされないようする。
    • CUDA GPU レンダラーのメモリに関する低レベルの問題。
    • プログラムモニターのツールバーのボタンが、一部のエフェクトに対して正常に機能しないことがある。
    • Premiere Pro v. 22.2 またはそれ以前に作成された、複製またはアルファグロー効果を含むエフェクトプリセットがクリップで適用されない。
    • ワープスタビライザーでのクラッシュ。
  • AAF 書き出しの全体的な信頼性、プロジェクトを閉じる操作、フリービュー表示、Dynamic Link および Frame.io パネルでのレビューを改善しました。
  • 以前のバージョンからプリセットと設定を移行する際の動作を改善しました。
  • ファイルの読み込み、GPU レンダリング、フルスクリーン再生およびハイダイナミックレンジモニターサポートに関連する領域で、表示の全体的な安定性を改善しました。

23.0 バージョンで修正された問題

  • プロダクションパネル内で複数のプロジェクトを同時に終了した際に、クラッシュする場合がある問題に対処しました。
  • 読み込みモードのサムネールレンダリングが高速化し、応答性が高くなりました。
  • Lumetri スコープが 8 ビット Rec709 と 10 ビット浮動小数点 HDR メディアとの間でスムーズに切り替えられるようになりました。
  • 新規カラーバー&トーン」パラメーターを最大値に設定し、生成されたクリップをタイムライン上にドラッグする際の安定性が向上しました。
  • スペルチェックを開いた状態でプロジェクトをロックすると、テキストパネルがクラッシュする問題を修正しました。
  • モーショングラフィックステンプレートで、ライブフォントのプレビューに矢印キーを使用すると、テキストが動的に更新されない問題を修正しました。
  • 他のパネルを開いたり閉じたりする際、テキストパネルでグラフィックがロックされます。
  • プログラムモニタースポイトツールを使用した際に、カラーピッカーに間違った値が表示されます。
  • 複数のレイヤーとグラデーションを含むモーショングラフィックステンプレートを操作する場合に、カラーピッカーの応答性を最適化しました。
  • H.264 や HEVC を含めるマルチトラックプロジェクトの macOS システムでのメモリの問題を修正しました。
  • プログラムモニターでディレクテッド操作モードに移行したときにパフォーマンスが向上します。
  • Windows 上のワークスペースまたはパネルのサイズを変更するときに、UI のパフォーマンスがスムーズになります。
  • 一部のユーザーの安定性に影響を与えた macOS での GPU モニタリングの問題を修正しました。
  • ネストされたシーケンス内でフレームの保持が適用されている場合、プログラムモニターに黒いフレームが表示される問題を修正しました。

22.6.3 バージョンで修正された問題

  • 連続ビデオサムネールが有効になっているプロジェクトで、MXF ラッパーの LongGOP 形式で断続的に黒いフレームが発生するエラーおよびフレーム置換エラーが発生する問題を修正しました。

22.6.2 バージョンで修正された問題

  • macOS でプロジェクトを開く際の問題
  • Workspace の機能に関する問題

22.6 バージョンで修正された問題

  • 読み込みモードでツールヒントが予期せず重複します。
  • 読み込みモードでのタブナビゲーションを強化しました。
  • メディアブラウザーでは、リンクされていないオーディオを含むシーケンスをソースモニターで開くことができません。
  • プロダクションでは、マスタークリップが格納されているプロジェクトを開かなくても、シーケンスプロジェクトから「フッテージを変換」にアクセスできました。
  • 書き出し:「開始タイムコードを設定」チェックボックスが、最初のマウスクリックでは有効にならない。
  • コピー&ペーストは、ロックされているトラック/ターゲットトラックのクリップを無視します。
  • 読み取り/書き込みモードを選択すると、プロダクションの共有プロジェクトが更新されない。
  • ピリオドのみの行を含む SRT を読み込むと、キャプションセグメントが欠落します。
  • プロダクションでソースクリップのラベルを変更すると、アプリケーションがクラッシュする場合があります。
  • Mac のみ:AC-3 オーディオを含む AVCHD スパンクリップで、オーディオが欠落しています。
  • 音声テキスト変換で、文字起こし後に、2 バイト言語に誤ってスペースが追加されます。
  • Canon XF-AVC、Sony XAVC フォーマットなど、AVC メディアの再生がフリックまたは点滅します。

22.5 バージョンで修正された問題

  • 読み込みモードからクリップを追加すると、インジェストプロジェクト設定が無効になることがあります。
  • 読み取りモードで Shift キーを押しながら項目を選択すると、2回目のクリックで選択したのがファイルまたはフォルダーの場合、処理結果が異なります。
  • 最初と最後に選択した項目が複数のフォルダーにまたがるよう範囲選択した場合、「読み込み」ボタンまたは「作成」ボタンを使用できません。
  • ダブルクリックのスピードが遅いと、読み込みモードでディレクトリの選択と開く操作が同時に行われることがあります。
  • 外部ドライブまたはボリュームに書き出そうとすると、コピー操作が失敗することがあります。
  • [書き出しモード]:保存先ダイアログにある既存のファイル名をクリックすると、現在の書き出しファイル名をユーザーが簡単に置き換えることができるように、そのファイル名が更新される。

22.3.1 バージョンで修正された問題

Premiere Pro 22.3.1 には、再生やレンダリングに影響を与えるオーディオに関する問題の修正が含まれています。この問題は、Premiere Pro 22.3 および Adobe Media Encoder 22.3 の一部のユーザーに影響を及ぼします。

22.3 バージョンで修正された問題

  • M1 Mac 上の RED ファイルのサポートの強化
  • Google PXL のシークおよびスクラブパフォーマンスの向上。
  • Fuji XT4 HEVC 10 ビット 4:2:0 での再生に関する問題の修正。
  • H.264 .AVI を読み込む際の安定性の向上
  • 一部の DNxHD ファイルは、オーディオのみとして読み込む。
  • マルチカメラカットを録画中にオーディオが断続的に途切れる。
  • 読み込みに失敗していた一部のキャプションファイルのサポートを改善。

22.2 バージョンで修正された問題

  • プログラムモニターのテンキーを使用してタイムコードを編集できない。
  • キャプションを復元しても、すべてのキャプショントラックが同じラベルカラーに設定されない。
  • 一部の MXF ファイルで、以前のバージョンよりも読み込みに時間がかかる。

22.1.2 バージョンで修正された問題

Premiere Pro 22.1.2 では、Boris FX、Red Giant、Digital Anarchy、その他のベンダーのプラグインなど、Premiere Pro で動作するサードパーティの After Effects プラグインに影響を与える重大なバグが修正されています。このバグは、サムネール画像など、Premiere Pro からフレームを要求するプラグイン機能に影響を与えます。

22.1.1 バージョンで修正された問題

  • .srt キャプションファイルの空白/一時停止を識別できない。
  • Ancillary Data 0P47 にタグ付けされた MXF フッテージの読み込み時の安定性の向上
  • プロジェクトを開くと、DeReverb のゲインパラメーターが正しく復元されない。
  • トラックエフェクトをコピー&ペーストすると、正しいパラメーターが適用されない。
  • 特定の Waves プラグイン(バージョン 12.7/13.0)を使用してプロジェクトを再度開くと、Premiere Pro 15.4 がハングする。
  • M1 システムのみ:Sony a7sIII の H.264 4:2:2 10 ビットファイルの再生中に表示されるグリッチ/アーティファクト
  • QuickTime での H.264 形式で書き出されたファイルの再生が途切れる。
  • 「4 チャンネル AAC オーディオ出力」オプションがパラメトリックステレオにない。

22.0 バージョンで修正された問題

  • 「各チャンネルを別のファイルとして書き出し」を選択すると、オーディオクリップの読み込みに失敗します。
  • アニメーション GIF の出力品質スライダー(ビデオ設定内)が機能しません。
  • Polaroid CUBE カメラのファイルの同期が徐々にずれていきます。
  • Xbox Game Bar を使用してキャプチャされたメディアに、緑色のプレビュー結果が表示されます。
  • スマートレンダリングの書き出しのパフォーマンスが向上しました。
  • 複数のオーディオストリームを含んだ特定の MP4 ファイルの再生が向上しました。
  • リップルトリミングのショートカットが 1 フレームをスリップします。
  • ワークスペースの切り替え時の安定性が向上しました。
  • M1 Mac でタイムラインのマーカーを移動すると、プログラムモニターのちらつきが発生します。
  • コントロールサーフェスデバイスを使用してタイムラインで Command + Option キーを押しながらドラッグ操作を行うと、アプリケーションがハングアップします。
  • トラックボリュームをコピー&ペーストすると、ボリュームエフェクトに 2 番目のインスタンスが追加されます。
  • macOS(Big Sur)の移動スライダーツールを使用すると、ソースモニターに黒いフレームが表示されて、プレビューが正常に機能しません。
  • JKL の使用時にラウドネスメーターエフェクトのボタンをリセットすると、Premiere Pro がクラッシュすることがあります。
  • 複数の GPU フィルターの登録に失敗します。

アドビコミュニティで質問してみよう

アドビコミュニティへようこそ!

ここはアドビ製品について、ユーザー同士で助け合ったり、学ぶことができる場所です。
アドビ認定の Community Expert や他の詳しいユーザーから、アドバイスしてもらえます。

acrobat-community

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン