取り消しコマンド

変更を加える必要がある場合や、間違いに気づいた場合は、作業を取り消すことができます。取り消すことができるのは、ビデオプログラムを変更する操作だけです。例えば、編集は取り消すことができますが、ウィンドウのスクロールは取り消すことができません。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 前回の変更を取り消すには、編集/取り消しを選択します(Premiere Pro のパネルでプロジェクトに対して最近加えた変更は、新しいものから 32 件まで取り消すことができます)。

    • プロジェクトを開いてから現在までの間で、特定の時点までジャンプするには、ヒストリーパネルで項目を選択します。

    • プロジェクトの前回の保存時よりも後に行ったすべての変更を取り消すには、ファイル/復帰を選択します。

    • プロジェクトの前回の保存時よりも前に行った変更を取り消すには、Premiere 自動保存フォルダーにある、以前のバージョンのプロジェクトを開き、ファイル/別名で保存を選択して、Premiere 自動保存フォルダー以外の場所にプロジェクトを保存します。保存されるプロジェクトバージョンの数は、自動保存の環境設定に応じて変わります。

    • 例えば、プログレスバーが表示されている場合など、変更処理中に変更を停止するには、Esc キーを押します。

    • 変更を適用しないでダイアログボックスを閉じるには、「キャンセル」をクリックします。

    • 適用したエフェクトのすべての値を初期設定値に戻すには、エフェクトコントロールパネルで、そのエフェクトのリセットボタンをクリックします。

ヒストリーパネル

現在の作業セッション中の任意の時点までプロジェクトの状態を戻すには、ヒストリーパネルを使用します。プロジェクトに変更を適用するたびに、そのプロジェクトの新しい状態がパネルに追加されます。選択した状態からプロジェクトを修正することもできます。キャプチャパネルでの操作は、ヒストリーパネルに表示されません。

ヒストリーパネルの使用については、次のガイドラインを参考にしてください。

  • パネル、ウィンドウ、環境設定など、プログラム全体に対する変更は、プロジェクト自体への変更ではないので、ヒストリーパネルには追加されません。

  • プロジェクトを閉じてから再度開くと、以前の状態はヒストリーパネルには表示されません。

  • 最も古い状態はリストの先頭にあり、最も新しい状態はリストの末尾にあります。

  • 各状態は、プロジェクトの変更に使用されたツールまたはコマンドの名前と、そのツールまたはコマンドを表すアイコンでリストされます。一部のアクションでは、タイトルなどのアクションによって影響を受ける各パネルの状態が生成されます。そのようなパネルで実行するアクションは、ヒストリーパネルでは単一の状態として扱われます。

  • 状態を選択すると、その状態よりも下にある状態がグレー表示されます。これは、選択した状態からプロジェクトを操作した場合に削除される変更を示すためです。

  • 状態を選択してプロジェクトを変更すると、それ以降のすべての状態が削除されます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 状態を選択するには、ヒストリーパネルで状態の名前をクリックします。

    • ヒストリーパネル内を移動するには、パネルのスライダーまたはスクロールバーをドラッグするか、パネルメニューの「次のフレーム」または「前のフレーム」を選択します。

    • プロジェクトの状態を削除するには、該当する状態を選択します。そして、パネルメニューから「削除」を選択するか削除アイコンをクリックして、「OK」をクリックします。

    • すべての状態をヒストリーパネルから消去するには、パネルメニューの「ヒストリーを消去」を選択します。

イベントパネル

イベントパネルには、問題の識別と解決に使用できる警告、エラーメッセージおよびその他の情報が一覧表示されます。特に、サードパーティが開発したプラグインおよびその他のコンポーネントに関連付けられている情報が表示されます。

ステータスバーの警告アイコン により、エラーが通知されます。このアイコンをダブルクリックすると、イベントパネルが開きます。関連付けられている項目をイベントパネルから消去すると、ステータスバーからアイコンが削除されます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ステータスバーの警告アイコンをダブルクリックします。

    • ウィンドウ/イベントを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • リスト内の項目の詳細を参照するには、項目を選択して「詳細」をクリックします。

    • イベントのリストを消去するには、「すべてを消去」をクリックします。

イベントの通知

イベントパネルの警告アイコンに加えて、ユーザーインターフェイスの右下に通知のポップアップウィンドウが表示されます。

通知は 2 秒間表示され、通知の背景色がイベントのタイプを示します。例えば、エラー通知の背景は赤で、警告の通知の背景は黄色で、情報の通知の背景は青です。

通知のポップアップウィンドウはデフォルトで表示されます。オフにする場合は、環境設定ダイアログの全般カテゴリの下にあるイベントインジケーターを表示の選択を解除します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー