マニュアル キャンセル

Premiere Pro のオーディオの概要

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. 長編とエピソードのワークフローガイド
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. よくある質問 | Premiere Pro での読み込みと書き出し
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタル化
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  8. 編集
    1. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. クリップをシーケンスに追加する
      3. シーケンスでのクリップの並べ替え
      4. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      5. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      6. シーケンスの簡易化
      7. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      8. マーカーの操作
      9. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      10. シーン編集の検出
    2. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    3. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. 自動ダッキングオーディオ
      6. リミックスオーディオ
      7. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      8. オーディオバランスとパンについて
      9. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      10. オーディオエフェクトおよびトランジション
      11. オーディオトランジションの操作
      12. オーディオへのエフェクトの適用
      13. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      14. オーディオミックスの録音
      15. タイムラインでのオーディオの編集
      16. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      17. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    4. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    5. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  9. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  10. グラフィック、タイトル、アニメーション
    1. グラフィックとタイトル
      1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
      2. タイトルの作成
      3. シェイプの作成
      4. テキストと図形の整列と分布
      5. スペルチェックおよび検索と置換
      6. テキストとシェイプへのグラデーションの適用
      7. レスポンシブデザイン機能のグラフィックへの追加
      8. タイトル用のモーショングラフィックステンプレートの使用
      9. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      10. データ駆動型モーショングラフィックステンプレートの使用
      11. ベストプラクティス:より高速なグラフィックワークフロー
      12. キャプションの操作
      13. 音声テキスト変換
      14. Premiere Pro での音声テキスト変換 | よくある質問
      15. Premiere Pro でのレガシータイトルの廃止 | よくある質問
      16. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
    2. アニメーションとキーフレーム
      1. キーフレームの追加、移動、設定
      2. エフェクトのアニメート
      3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
      4. キーフレームのオートメーションの最適化
      5. キーフレームの移動とコピー
      6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  11. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  12. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. 自動カラー補正
    3. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    4. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    5. ショット間のカラーを修正および一致
    6. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    7. ビネットの作成
    8. Look と LUT
    9. Lumetri スコープ
    10. カラーマネジメントの表示
    11. 放送用 HDR
    12. DirectX HDR サポートを有効にする
  13. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しを高速化
  14. 共同作業:Frame.io、プロダクションおよび Team Projects
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. プロダクション
      1. プロダクションの使用
      2. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
      3. ベストプラクティス:プロダクションの操作
    4. Team Projects
      1. Team Projects の新機能
      2. Team Projects の概要
      3. Team Projects の作成
      4. チームプロジェクトでメディアを追加および管理
      5. チームプロジェクトを使用した共同作業
      6. チームプロジェクト共同作業者との変更点の共有と管理
      7. チームプロジェクトをアーカイブ、復元または削除
  15. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  16. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  17. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定をリセット
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつき削除
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      5. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      6. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      7. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  18. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. MedInstia オフラインでの再リンク

Premiere Pro を使用して、オーディオを編集し、それにエフェクトを追加して、オーディオのトラックをシーケンスでミキシングします。

オーディオの操作

Adobe Premiere Pro では、オーディオを編集し、エフェクトを追加して、コンピューターシステムで処理できる数のオーディオトラックをシーケンスとしてミキシングすることができます。トラックには、モノラル、5.1 サラウンドチャンネルを含めることができます。さらに、標準トラックとアダプティブトラックがあります。 

標準オーディオトラックは同じトラックのモノラルとステレオの両方に対応できます。つまり、オーディオトラックを標準に設定した場合、同じオーディオトラックの異なるタイプのオーディオトラックにフッテージを使用できます。

メディアの種類ごとに異なるトラックの種類を選択できます。例えば、モノラルのクリップはモノラルトラックでのみ編集するよう選択できます。マルチチャンネルモノラルオーディオを、デフォルトでアダプティブトラックに送るように選択することができます。

オーディオを操作するには、まずオーディオをプロジェクトに読み込むか、オーディオをトラックに直接録音します。オーディオクリップまたはオーディオを含むビデオクリップを読み込むことができます。

オーディオクリップはプロジェクトに読み込み、シーケンスに追加して、ビデオクリップと同じように編集することができます。オーディオをシーケンスに追加する前に、ソースモニターでオーディオクリップの波形を表示し、トリミングしておくこともできます。

タイムラインパネルまたはエフェクトコントロールパネルでオーディオトラックのボリュームおよびパン/バランスの設定を直接調整できます。オーディオトラックミキサーを使用して、リアルタイムでミキシングの変更を行うことができます。シーケンス内のオーディオクリップにエフェクトを追加することもできます。複数のトラックを使用する複雑なミキシングが必要になりそうな場合は、サブミックストラックやシーケンスをネストしてトラックを構成することも検討します。

シーケンス内のオーディオトラック

シーケンスには、次のオーディオトラックをさまざまな組み合わせで 含めることができます。

  • 標準 - 標準トラックは以前のステレオトラックタイプに代わるものです。このトラックは、モノラルとステレオの両方のオーディオクリップに対応できます。 

  • モノラル - モノラルトラックには 1 つのオーディオチャンネルが含まれます。 モノラルトラックでは、左右のチャンネルが同じ均質化された録音を再生するか、または左右のチャンネルのうちの 1 つだけが再生されるようチャンネルが再現されます。ステレオクリップがモノラルトラックに追加される場合、ステレオクリップチャネルはモノラルトラックによって合計され、モノラルになります。

  • ステレオトラック - ステレオトラックはデュアルチャネルオーディオです。ステレオトラックは、2 つのチャンネル(左右各 1 つ)で録音されるオーディオです。

  • アダプティブトラック - アダプティブトラックにはモノラル、ステレオ、およびアダプティブのクリップを含めることができます。アダプティブトラックを使用すると、ワークフローに最適な形でソースオーディオを出力オーディオチャンネルにマッピングすることができます。このトラックタイプが役に立つのは、カメラからのオーディオに複数のオーディオトラックが記録されている場合です。アダプティブトラックは、統合クリップ、つまりマルチカメラシーケンスの操作をおこなう際にも使用できます。

  • 5.1 - 次が含まれます。

    • 前方用のオーディオチャンネル 3 つ(左、中央、右)
    • 後方またはサラウンド用のオーディオチャンネル 2 つ(左、右)
    • サブウーファースピーカーに出力される低音効果音(LFE)オーディオチャンネル 1 つ。

    5.1 トラックで保持できるのは、5.1 クリップのみです。

注意:

Adobe Audition を使用した高度な編集をおこなうには、編集Audition で編集を選択します。

オーディオクリップのチャンネル

クリップには、オーディオチャンネル 1 つ(モノラル)、左右用にオーディオチャンネル 2 つ(ステレオ)、オーディオサラウンド用に 5 つのオーディオチャンネルと 1 つの低音効果音オーディオチャンネル(5.1 サラウンド)を含めることができます。クリップは任意に組み合わせてシーケンス内で使用することができます。ただし、すべてのオーディオは、ミックストラック(以前はマスタートラックと呼ばれていました)のトラック形式(モノラル、ステレオまたは 5.1 サラウンド)にミキシングされます。

ステレオクリップを 1 つのトラックに配置するか、2 つのトラックに配置するかを指定できます。プロジェクトパネルのクリップを右クリックして、変更オーディオチャンネルを選択します。1 つのステレオクリップを 2 つのトラックにまたいで配置するように選択した場合は、クリップパンナーは初期設定の動作(左から左、右から右)を使用します。オーディオチャンネルについて詳しくは、Premiere Pro のオーディオチャンネルのマッピングを参照してください。

Premiere Pro では、オーディオクリップのトラック形式(オーディオチャンネルのグループ化)を変更できます。例えば、ステレオまたは 5.1 サラウンドクリップ内の個々のチャンネルのオーディオに異なるオーディオエフェクトを適用できます。ステレオまたは 5.1 サラウンドクリップのトラック形式は変更できます。この場合、クリップがシーケンスに追加されたときにオーディオが別々のモノラルトラックに配置されます。

Premiere Pro では、クリップのオーディオチャンネルの出力チャンネルまたはトラックをマップし直すことができます。例えば、ステレオクリップの左チャンネルオーディオをマップし直して、右チャンネルに出力することができます。

5.1 オーディオクリップのマトリクスの保持

読み込んだ 5.1 オーディオクリップのマトリクスを保持するには、シーケンス内の 5.1 オーディオトラックのクリップを使用します。シーケンス内の個別のマルチモノラルトラックとしてコンポーネントチャンネルを使用するには、クリップをモノラルチャンネルに読み込むか、マップし直します。

オーディオトラックおよびクリップのミキシング

ミキシングとは、シーケンス内のオーディオトラックを合成したり調整することです。シーケンスのオーディオトラックには、複数のオーディオクリップとビデオクリップのオーディオトラックを含めることができます。オーディオをミキシングする操作は、シーケンスのさまざまな段階で適用することができます。例えば、あるクリップを特定のオーディオレベルに設定し、そのクリップを含むトラックに別の値を適用することができます。ネスト化されているシーケンスのオーディオが含まれているトラックに、ソースシーケンスのトラックに適用されているボリュームの変更およびエフェクトが既に含まれていてもかまいません。最終的なミキシングでは、こうしたすべてのレベルに適用されている値が組み合わされて適用されます。

クリップまたはそのクリップを含むトラックにエフェクトを適用して、オーディオクリップを変更することができます。エフェクトは計画的かつ論理的に適用し、同じクリップに必要以上の設定や矛盾する設定が適用されないようにしてください。

オーディオ処理の順序

シーケンスを編集すると、Premiere Pro はオーディオを最初から最後への順序で 処理します。

  • クリップオーディオオプションオーディオゲインを使用してクリップに適用されたゲイン調整

  • クリップに適用されたエフェクト

  • トラック設定(プリフェーダーエフェクト、プリフェーダーセンド、ミュート、フェーダー、メーター、ポストフェーダーエフェクト、ポストフェーダーセンド、パン/バランスポジションの順序で処理されます)

  • トラック出力ボリューム(オーディオトラックミキサーの左から右、オーディオトラックからサブミックストラック、最後にミックストラックという順序で処理されます)。

注意:

センドを使用したり、トラックの出力設定を変更したりすることで、初期設定の信号パスを変更できます。

簡単なオーディオ調整

Premiere Pro のオーディオトラックミキサーには多彩な機能が用意されていますが、一部の機能で十分な効果が得られる場合があります。例えば、DV フッテージから一緒にキャプチャしたビデオとオーディオを使用してラフカットを作成し、ステレオトラックとして出力する場合、以下のガイドラインに従ってください。

  • まず、オーディオトラックミキサーオーディオメーターとボリュームフェーダーを使用します。レベルが 0 dB を下回っていたり上回っていた場合(赤いクリッピングインジケーターが点灯します)、必要に応じてクリップまたはトラックのレベルを調節します。

  • トラックを一時的にミュートするには、オーディオトラックミキサーの「トラックをミュート」ボタンまたはタイムラインパネルのトラックをミュートアイコンを使用します。一時的にほかのすべてのオーディオトラックをミュートするには、オーディオトラックミキサーソロトラックボタンを使用します。

  • どのようにオーディオを調整する場合でも、変更内容を適用する範囲(トラック全体またはクリップ)に注意します。オーディオトラックとオーディオクリップでは編集方法が異なります。

  • オーディオトラックミキサーメニューの「トラックの表示切り替え」を使用すると、必要な情報のみを表示して画面領域を節約することができます。エフェクトおよびセンドを使用しない場合は、オーディオトラックミキサーの左端にある三角形をクリックして非表示にすることができます。

オーディオデータの表示

様々なクリップやトラックのオーディオ設定の表示および編集を行うために、Premiere Pro では同じオーディオデータを複数のビューで表示することができます。トラックやクリップのボリュームまたはエフェクトの値は、オーディオトラックミキサーまたはタイムラインパネルで表示および編集することができます。トラックの表示が「オーディオのキーフレームを表示」または「トラックボリュームを表示」に設定されている必要があります。

また、タイムラインパネルのオーディオトラックには、時間の経過に従ってクリップのオーディオを表した波形が表示されます。波形の高さは、オーディオの振幅(音の大きさや小ささ)を示します。波形が大きいほど、オーディオの音量が大きいことを意味します。オーディオトラックの波形表示は、クリップ内の特定のオーディオを見つけるのに便利です。

波形を表示するには、マウスホイールを使用するか、またはトラックヘッダーの空白領域をダブルクリックします。

オーディオクリップの表示

タイムラインパネルでは、オーディオクリップのボリュームミュート、またはパン時間の変化を示すグラフと波形を表示することができます。また、オーディオクリップはソースモニターでも表示することができます。ソースモニターは、インポイントおよびアウトポイントを正確に設定する場合に使用すると便利です。シーケンスを表示する時間単位は、フレーム単位ではなくオーディオ用の詳細な単位を使用することもできます。この設定は、オーディオをフレームより細かい単位で編集する場合に便利です。

次のいずれかの操作をおこないます。
  • クリップのオーディオ波形をタイムラインパネルに表示するには、オーディオトラックをクリックし、設定/波形を表示をクリックします。
  • タイムラインパネルに表示されているオーディオクリップをソースモニターに表示するには、そのクリップをダブルクリックします。
  • プロジェクトパネルにあるオーディオクリップをソースモニターに表示するには、そのクリップをダブルクリックするか、ソースモニターにドラッグします。クリップにビデオおよびオーディオが含まれている場合、オーディオをソースモニターに表示するには、「設定」ボタンをクリックし、「オーディオ波形」を選択するか、またはソースモニターのタイムバーの近くにある「オーディオのみドラッグ」アイコンをクリックします。

オーディオ用の詳細な時間単位による表示

オーディオトラックミキサープログラムモニターソースモニター、またはタイムラインパネルで、パネルメニューから「オーディオユニット時間で表示」を選択します。

注意:

タイムラインパネルにオーディオ波形が表示されている状態で 音量の詳細を表示するには、トラックの高さを高くします。 より詳細な時間を確認するには、オーディオユニットで時間を表示します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン