Premiere Pro にはキャプション機能セットが用意されています。キャプションファイルの作成、読み込み、編集、および書き出しについて説明します。

Premiere Pro でのキャプション

Premiere Pro には、サポートされているすべての形式でキャプションを編集、作成および書き出しできるキャプション機能セットが用意されています。

クローズドキャプションを読み込んで表示することができます。また、テキスト、カラー、背景、タイミングを編集することもできます。編集が完了すると、クローズドキャプションファイルを「サイドカー」ファイルとして書き出したり、QuickTime ムービーや MXF ファイルに埋め込んだり、キャプションをビデオに書き込んだりできます。 

また、Premiere Pro では、オープンキャプションファイルを読み込み、字幕として書き込むことができます。

キャプションの作成または編集

Premiere Pro のキャプションパネル
Premiere Pro のキャプションパネル

A. キャプションの内容をフィルター B. 書式設定ツールバー C. 編集可能なテキストブロック D. キャプションブロックの追加、削除 E. 読み込み設定と書き出し設定 

キャプションの作成

Premiere Pro ではキャプションを作成できます。テキストを追加し、書式設定を適用し、位置とカラーを指定できます。詳細については、字幕とキャプションの追加および編集を参照してください。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • ファイル/新規/キャプションを選択します。
    • プロジェクトパネルの下から「新規項目」ボタンをクリックし、ポップアップリストから「キャプション」を選択します。
  2. 新しいキャプションダイアログボックスが表示され、ビデオ設定が表示されます。Premiere Pro では、キャプションのビデオ設定がオープンシーケンスと一致しています。 

    注意:

    作成するキャプションファイルのフレームレートが、そのキャプションを使用するシーケンスのフレームレートと一致していることを確認します。

  3. 新しいキャプションダイアログボックスで、適切なキャプションの標準、ストリームおよびタイムベースを選択します。 

    新しいキャプション
    新しいキャプション
  4. OK」をクリックします。Premiere Pro では、プロジェクトパネルでキャプションファイルを追加できます。

テキストをキャプションに追加

  1. キャプションパネルを開くには、次の操作を行います。

    • プロジェクトパネルでファイルをダブルクリックします。
    • ウィンドウ/キャプション」を選択します。
  2. キャプションパネルで、目的のキャプションテキストを入力します。書式設定ツールを使用して、位置を指定し、テキストの色や背景色を変更します。下線や斜体などの書式設定エフェクトを適用することもできます。

  3. キャプションブロックを追加するには、キャプションパネルの右下にあるキャプションを追加(+)をクリックします。キャプションブロックを削除するには、キャプションブロックを選択し、キャプションを削除(-)をクリックします。

  4. シーケンス内の目的のソースクリップ上で、タイムラインのソースシーケンスにキャプションファイルをドラッグにします。

キャプションの読み込みと表示

Premiere Pro では、クローズドキャプションが埋め込まれたファイルや、クローズドキャプションの「サイドカー」ファイルを読み込むことができます。次のいずれかの操作をおこなって、プロジェクトにファイルを読み込むことができます。

  • ファイル読み込みを選択して、埋め込まれたキャプションファイルやキャプションの「サイドカー」ファイルを読み込みます。
  • ファイルのコンテキストメニューを使用してメディアブラウザーから読み込みます。

ソースモニターおよびプログラムモニターでクローズドキャプションを表示する

キャプションクリップをプロジェクトに読み込む際、キャプションがキャプションパネルにキャプションブロックとして表示されます。

ソースモニターおよびプログラムモニターでキャプションを表示するには、次のいずれかの操作をおこないます。

  1. ボタンエディターを開くには、ソースモニターまたはプログラムモニターの右側にある「+」をクリックします。

  2. または、「クローズドキャプション表示」ボタンをボタンエディターからボタンバーにドラックして追加できます。また、このコマンドにキーボードショートカットを割り当てることもできます。

  3. ソースモニターパネルまたはプログラムモニターパネルのポップアップメニューでレンチのアイコン をクリックし、クローズドキャプションの表示有効を選択します。

ソースモニターおよびプログラムモニターでのクローズドキャプションの表示
ソースモニターおよびプログラムモニターでのクローズドキャプションの表示

重要事項

  • キャプションの表示のオンとオフを切り替えることができます。
  • ソースモニターに読み込まれたキャプションクリップのキャプション方式を選択できます。ソースモニターまたはプログラムモニターで、レンチのアイコン をクリックし、クローズドキャプションの表示設定を選択します。たとえば、CEA-608 または CEA-708 のクローズドキャプション標準を選択して、表示するストリームを設定することができます。
  • ビデオにリンクされている場合、キャプションクリップはリンクされたオーディオチャンネルクリップと同様に動作します。テキストクリップはタイムラインのソースインジケーターで表され、有効化/無効化したり、他のビデオクリップと同様にビデオトラックにリンクしたりすることができます。
  • キャプションクリップのキャプションブロックの開始と終了場所を示す End Of Caption(EOC)インジケーターとともに、キャプションブロックがキャプションクリップに表示されます。

キャプションの編集

プログラムにクローズドキャプションがすでに含まれているというシナリオを考えてみましょう。短い時間デュレーションの、異なるバージョンのプログラムを作成するとします。

キャプションファイルを編集するには、次の操作をおこないます。

  1. タイムラインパネルで編集するには、キャプションファイルを選択します。 

  2. キャプションパネルはデフォルトで表示されます。キャプションパネルが開いていない場合は、ウィンドウ/キャプションを選択すると開くことができます。

  3. キャプションパネルで、既存のキャプションクリップを語句レベルで編集できます。また、タイミングやデュレーション、およびテキストの配置やカラーなどの書式設定を、直観的なユーザーインタフェースで変更できます。

  4. テキストクリップはタイムラインからも表示できます。ここで、セグメントのトリミング、リップル削除および並べ替えの後で、メディアと正しく同期されるように、キャプションを調整できます。

キャプションの書き出し

キャプションファイルの作成や編集が完了すると、Premiere Pro または Adobe Media Encoder から書き出し設定ダイアログボックスを使用して、キャプションが含まれるシーケンスを書き出すことができます。または、クローズドキャプションのエンコーディングをサポートするサードパーティ製ハードウェアを使用して、キャプションが含まれるシーケンスをテープに書き出すこともできます。

キャプションのデフォルトの書き出し設定

キャプションを書き出す前にキャプションの設定をカスタマイズすることで、書き出しのデフォルト設定を定義できます。この設定は、書き出し設定ダイアログボックスの「キャプション」タブの「サイドカーファイルの作成」オプションで、デフォルトとして使用されます。必要に応じて書き出し時に設定を上書きすることもできます。

キャプションファイルのデフォルトの書き出し設定をおこなうには、次の手順に従います。

  1. ウィンドウ/キャプションを選択します。

  2. キャプションパネルで、「書き出し設定」ボタンをクリックします。キャプションの書き出し設定ダイアログボックスが表示されます。

  3. キャプションの書き出し設定ダイアログボックスで、「メタデータ設定」と「タイムコードステータス」を設定します。

    キャプションの書き出し設定
    キャプションの書き出し設定
  4. 設定が完了したら、「OK」をクリックします。

Premiere Pro または Adobe Media のエンコーダーを使用してキャプションを書き出す

  1. ソースモニターでクローズドキャプションアセットを読み込むか、プロジェクトパネルでクローズドキャプションアセットを選択します。また、フォーカスにタイムラインパネルを表示することもができます。

  2. ファイル書き出しメディアを選択します。

  3. 書き出し設定ダイアログボックスで、キャプションタブの次のオプションを指定します。

    書き出しオプション

    次のいずれかの書き出しオプションを選択します。

    • サイドカーファイルの作成
    • キャプションのビデオへの書き込み
    • 出力ファイルへの埋め込み   

    ファイル形式

    クローズドキャプションデータを書き出すには、次のファイル形式から 1 つを選択します。

    • Scenarist クローズドキャプションファイル(.scc)
    • MacCaption VANC ファイル(.mcc)
    • SMPTE タイム付きテキストファイル(.xml)
    • EBU N19 字幕ファイル(.stl)

    また、クローズドキャプションデータをオープンキャプションファイル(SRT ファイル形式)に書き出すこともできます。この形式は、YouTube にキャプションを書き出す際に広く使用されています。

    • SubRip 字幕形式(.srt)

    注意:

    NTSC 領域のデフォルトオプションは SMPTE タイム付きテキスト、PAL 領域のデフォルトオプションは EBU N19 です。

    フレームレート

    選択した形式に応じて、サポートされるフレームレートがフレームレートポップアップメニューに表示されます。デフォルトのフレームレートは、書き出すシーケンスの既知のフレームレートに基づいて選択されます。

  4. キャプションデータと一緒にビデオを書き出すには、「書き出し」をクリックします。

埋め込まれたキャプションの処理

Premiere Pro では、MOV ファイルおよび MXF ファイルに埋め込まれたキャプションの読み込みおよびデコードがサポートされます。

キャプションが埋め込まれたメディアの読み込み

ファイル/読み込みを選択するか、またはメディアブラウザーから読み込むことによって、他のメディアの読み込みと同様に、キャプションが埋め込まれたメディアを読み込むことができます。Premiere Pro では、埋め込まれたクローズドキャプションデータが自動的にプロジェクトに読み込まれます。

例えば、埋め込まれたキャプションが含まれる QuickTime クリップを読み込む場合、キャプションは自動的に読み込まれます。QuickTime クリップに「サイドカー」キャプションファイルが含まれている場合、他の「サイドカー」ファイルを読み込む場合と同様に「サイドカー」ファイルを読み込みます。

メディアファイルに埋め込まれたキャプションデータを検出して自動的に読み込むには、環境設定ダイアログボックスの「メディア」セクションにある「読み込みにキャプションを含める」チェックボックスをオンにします。

環境設定
環境設定

注意:

Premiere Pro では、ファイルを最初に開くときに、メディアでキャプションデータのみをスキャンすることによって、パフォーマンスが最適化されます。2 回目以降にファイルを開く場合には、キャプションデータの再スキャンを行いません。

埋め込まれたキャプションの編集

Premiere Pro で埋め込まれたキャプションファイルを編集するには、個別のキャプションファイルを作成するのと同じ手順に従います。埋め込まれたキャプションファイルを編集する場合、編集内容はプロジェクト内のみに適用され、ソースファイルは変更されません。

キャプションが埋め込まれたメディアの書き出し

書き出し中に、埋め込まれたキャプションを維持するか、またはキャプションを個別のサイドカーファイルに分割するかを選択できます。

  • キャプションを個別のサイドカーファイルのみとして書き出す場合、プロジェクトパネルでキャプションファイルを選択し、ファイル/書き出し/キャプションを選択します。
  • キャプションが埋め込まれたメディアを書き出すには、タイムラインで選択されているターゲットシーケンスを選択し、ファイル/書き出し/メディアを選択します。Premiere Pro で書き出し設定ダイアログボックスが開きます。
  • 書き出し設定ダイアログボックスで、「形式」として「QuickTime」または「MXF」を選択します。「キャプション」タブで、「書き出しオプション」として「出力ファイルへの埋め込み」を選択します。

注意:

「ワイヤード」ムービーでは、ビデオにハイパーリンクが埋め込まれています。Premiere Pro で「ワイヤード」ムービーを作成することはできません。 

キャプションの焼き込みの処理

Premiere Pro では、恒常的なキャプションをビデオに焼き込むことができます。Premiere Pro では、ビデオの書き出し中に、クローズドキャプションとオープンキャプションの両方の焼き込みがサポートされます。キャプションの焼き込みは、ストリーミングデバイスでクローズドオプションが有効になっているかどうかに関係なく、常に表示されます。

オープンキャプションデータが含まれている SRT ファイルおよび XML ファイルを書き出す場合、Premiere Pro ではファイルが自動的に CEA-708 CC1 クローズドキャプションファイルに変換されます。Premiere Pro または Adobe Media Encoder を使用して書き込み中に、これらのファイルを編集してキャプションを字幕として焼き込むことができます。

  1. ファイル/書き出し/メディアを選択します。

  2. 書き出し設定ダイアログボックスで、「キャプション」タブへ移動します。

  3. 書き出しオプションとしてビデオへの書き込みオプションを選択します。

  4. プロジェクトを書き出すには、「書き出し」をクリックします。

注意:

ビデオに焼き込まれるキャプションは編集できません。

サードパーティ製のアプリケーションを使用したキャプションの作成

キャプションの作成にサードパーティ製のキャプションアプリケーションを使用している場合の典型的なワークフローは次のとおりです:

手順 1:シーケンスをサードパーティ製のキャプションアプリケーションに書き出す

Premiere Pro でビデオとオーディオの編集が完了したら、シーケンスを参照ムービーとしてサードパーティ製のキャプションアプリケーションに書き出します。

このムービーはキャプションサービスの事務局またはキャプションの専門家に送信されます。このムービーは最初からクローズドキャプショントラックを作成するための基準として使用されます。CPC 社の MacCaption などのサードパーティ製のキャプションアプリケーションを使用すると、クローズドキャプショントラックを最初から作成し、クローズドキャプションデータを必要な形式でエンコードすることができます。

手順 2:クローズドキャプションファイルを Premiere Pro に読み込む

クローズドキャプションファイルをサードパーティ製のキャプションアプリケーションから受信すると、そのファイルを Premiere Pro のプロジェクトに読み込むことができます。Premiere Pro は .mcc、.scc、.xml、および .stl 形式のクローズドキャプションファイルをサポートしています。

クローズドキャプションサイドカーファイルをプロジェクトに読み込むと、クローズドキャプションテキストブロックが含まれるビデオのみのクリップが作成されます。必要に応じて、メディアとの同期を維持するためにテキストブロックに対してさらに調整を行うことができます。

クローズドキャプションサイドカーファイルには複数のキャプションストリーム、例えば、CC1、CC2 が含まれます。このような複数のキャプションストリームが含まれるクリップがシーケンスに追加されると、タイムラインに各ストリームの個々のトラック項目が表示されます。複数のキャプションストリーム間を切り替えるには、「キャプション」タブで、キャプションストリームポップアップメニューからストリームを選択します。

手順 3:編集したビデオを書き出す

クローズドキャプションをメディアと同期したら、クローズドキャプションファイルと一緒に編集済みのビデオを書き出すことができます。Premiere Pro および Adobe Media Encoder を使用してクローズドキャプションサイドカーファイルと埋め込まれた QuickTime ムービー(QuickTime 608 キャプション)を書き出すことができます。

 

サポートされる形式

クローズドキャプション

サイドカーファイル

  • SCC
  • MCC
  • XML
  • STL

XML ファイル

  • W3C TTML(DFXP とも呼ばれる)
  • SMPTE-TT
  • EBU-TT

注意:

XML ファイルの場合、キャプションパネルでキャプションを表示できるだけでなく、テキストエディターで表示することもできます。

Premiere Pro では、次のファイル形式の埋め込みとデコードがサポートされます:

  • MOV
  • DNxHD MXF OP1a
  • MXF OP1a

オープンキャプション

Premiere Pro では、オープンキャプション(字幕)を作成できます。これは、ビデオストリームに直接焼き込まれるキャプションです(一方、クローズドキャプションは、ビューアによって表示/非表示を切り替えられます)。ユーザーは、オープンキャプションを作成することも、キャプション形式の XML ファイルおよび SRT ファイルを読み込むこともできます。キャプションパネルでキャプションブロックを作成し、テキストを追加したり、テキストの書式設定(カラー、サイズ、位置および背景色)を変更したりできます。

単一ストリームのサイドカーファイルや埋め込まれた単一ストリームのファイルを Premiere Pro のオープンキャプションに変換できます。これには、埋め込みの MOV および MXF キャプションファイルなどが含まれます。「サイズ」の横の値領域で左/右マウスダウン操作または数値入力をすることで、設定を変更できます。

  1. キャプションを作成するには、ポップアップリストから新規項目アイコンをクリックし、「キャプション」を選択します。詳しくは、キャプションの書き出しを参照してください。

  2. 新しいキャプションダイアログボックスから、「標準」で「オープンキャプション」を選択する

    オープンキャプション
    オープンキャプション
  3. キャプションを編集するには、ウィンドウ/キャプションを選択してキャプションウィンドウを開きます。

  4. キャプションウィンドウのフォントタイプ、スタイル、サイズ、エッジを変更することができます。

  5. オープンキャプションのテキストカラーおよび背景のテキストボックスカラーを変更するには、カラーピッカーを使用してカラーピッカーウィンドウを開くか、左にあるカラーピッカーをクリックします。カラーを選択して「OK」をクリックします。また、横のスポイトツールをクリックしてカラーを選択することもできます。

  6. モードボタンを使用して、エッジカラーを選択し、ストロークの不透明度を設定できます。 

  7. また、オープン位置キャプションブロック上でテキストの配置を調整できます。

  8. オープンキャプションテキストをシーケンスに配置して書き出すと、ビデオに自動的に焼き込まれます。この動作は、シーケンスやタイトルと同様です。また、トラック出力の切り替えを使用してオープンキャプション焼き込みを制御することもできます。

    オープンキャプションの編集
    オープンキャプションの編集

EBU N19 字幕の使用

テレテキストまたはオープンキャプションの字幕が含まれるビデオを書き出す場合に、メタデータをサイドカー .stl ファイルに設定し、必要な情報を含んだサイドカーファイルを作成することができます。

  1. キャプション/書き出しオプション/サイドカーファイルの作成を選択します。

  2. ファイル形式/.stl を選択します。

    EBU N19 字幕ファイルの使用
    EBU N19 字幕ファイルの使用
  3. 様々なメタデータオプションが表示されます。

  4. 必要に応じてメタデータを変更して、ビデオを書き出します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー