タイムラインでクリップにエフェクトを適用する方法について学習します。また、エフェクトの有効化と無効化の方法、エフェクトの削除方法およびエフェクトのコピーとペーストの方法についても学習します。

エフェクトのクリップへの適用

エフェクトアイコンをエフェクトパネルからタイムラインパネルのクリップにドラッグして、1 つまたは複数の標準エフェクトをクリップに適用することができます。または、クリップを選択し、エフェクトパネルでエフェクトをダブルクリックして適用します。同じエフェクトを複数回適用して、その都度設定を変えることもできます。

標準エフェクトを適用するすべてのクリップを最初に選択すれば、エフェクトを一度に複数のクリップに適用できます。

エフェクトを削除しないで一時的に無効にしたり、エフェクトを完全に削除することもできます。

エフェクトコントロールパネルを使用してエフェクトの表示と調整を行うことができます。また、タイムラインパネルでトラックを展開して、クリップのエフェクト調整用の適切な表示オプションを選択し、そこでエフェクトを確認しながら調整できます。

初期設定では、クリップにエフェクトを適用すると、エフェクトはクリップのデュレーションの時間中はアクティブになります。キーフレームを使用すると、エフェクトの効果を特定の時間位置ごとに指定することもできます。また、キーフレームごとにエフェクトの値を調整することもできます。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 1 つまたは複数のエフェクトを 1 つのクリップに適用するには、タイムラインのクリップにエフェクトをドラッグします。

    • 複数のクリップに複数のエフェクトを適用するには、最初にクリップを選択します。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、タイムライン内の目的のクリップを 1 つずつクリックします。次に、選択した複数のクリップのどれかに 1 つのエフェクトまたは選択した複数のエフェクトをドラッグします。

    • クリップを選択し、エフェクトをダブルクリックします。

    オーディオエフェクトを適用するには、エフェクトをオーディオクリップにドラッグするか、ビデオクリップのオーディオ部分にドラッグします。オーディオトラックの「トラックキーフレーム」が有効になっているときは、オーディオエフェクトを適用することはできません。

    注意:

    タイムラインパネルで適用したいクリップが選択されている場合、エフェクトパネルからエフェクトをエフェクトコントロールパネルへ直接ドラッグして適用することもできます。

  2. エフェクトコントロールパネルでは、右向きの三角形をクリックして任意のエフェクトのオプションを表示し、オプションに値を指定します。

クリップのエフェクトのコピーとペースト

1 つのクリップのエフェクトをコピーして、別の 1 つまたは複数のクリップに簡単にペーストすることができます。例えば、同じ照明条件で撮影した一連のクリップに同じカラー補正を適用することができます。シーケンスのトラックのクリップからエフェクトをコピーして、別のトラックのクリップにペーストすることもできます。その場合、ペースト先のトラックを選択する必要はありません。

エフェクトコントロールパネルで各エフェクトをコピーしてペーストすることができます。エフェクトのすべての値をあるシーケンスのクリップからコピーすることもできます。コピーできる属性には、基本エフェクトと標準エフェクトのキーフレームも含まれます。これらの値は、「属性をペースト」コマンドを使用して、あるシーケンスの別のクリップにコピーできます。「属性をペースト」を使用すると、ソースクリップ固有のエフェクト(モーション、不透明度、タイムリマップ、ボリューム)がペースト先のクリップのエフェクトを置き換えます。また、キーフレームを含む属性設定以外のすべてのエフェクトも、コピー先のクリップに適用されているエフェクトのリストに追加されます。

エフェクトにキーフレームが含まれる場合、キーフレームはコピー先クリップの先頭から同じ時間位置に表示されます。コピー先クリップがコピー元クリップよりも短い場合、キーフレームはコピー先クリップのアウトポイントよりも後ろにペーストされます。このようなキーフレームを表示するには、クリップのアウトポイントをキーフレームの位置よりも後ろに移動するか、「ワークエリアをクリップの範囲に設定」オプションの選択を解除します。

注意:

あるエフェクトのパラメーターを持つキーフレームをコピーして、互換性のある別のエフェクトのパラメーターにペーストすることもできます。キーフレームをコピー&ペーストするを参照してください。

  1. タイムラインパネルで、コピーする 1 つまたは複数のエフェクトを含むクリップを選択します。

  2. (オプション)コピーするエフェクトを選択するには、エフェクトコントロールパネルでコピーするエフェクトを選択するか、Shift キーを押しながら複数のエフェクトをクリックして選択します。すべてのエフェクトを選択する場合は、後の手順に進みます。
  3. 編集/コピーを選択します。
  4. タイムラインパネルで、エフェクトのペースト先のクリップを選択し、次のいずれかを選択します。

    • 1 つまたは複数のエフェクトをペーストするには、編集/ペーストを選択します。

    • すべてのエフェクトをペーストするには、編集/属性のペーストを選択します。

クリップからの選択したエフェクトの削除

  1. タイムラインパネルでクリップを選択します。複数のクリップが選択されないように、タイムラインの空のスペースをクリックしてからクリップをクリックします。選択したクリップの上にあるタイムルーラーの一部分をクリックして、時間インジケーターをその場所に移動します。

  2. エフェクトコントロールパネルで削除する 1 つまたは複数のエフェクトを選択します。複数のエフェクトを選択するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらエフェクトをクリックします。

    注意:

    基本エフェクト(モーション、不透明度、タイムリマップ、ボリューム)は削除できません。

  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • Delete キーまたは Backspace キーを押します。

    • エフェクトコントロールパネルメニューで「選択したエフェクトを削除」を選択します。

クリップからのすべてのエフェクトの削除

  1. タイムラインパネルでクリップを選択します。複数のクリップが選択されないように、タイムラインの空のスペースをクリックしてからクリップをクリックします。選択したクリップの上にあるタイムルーラーの一部分をクリックして、時間インジケーターをその場所に移動します。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • エフェクトコントロールパネルメニューで「エフェクトを削除」を選択します。
    • タイムラインでクリップを右クリックして、「属性を削除」を選択します。
  3. 属性を削除ダイアログボックスで削除するエフェクトの種類を選択して、「OK」をクリックします。

選択した種類のすべての適用済みエフェクトがクリップから削除され、選択したすべてのクリップ固有のエフェクトが初期設定に戻ります。

クリップに適用されたエフェクトの有効化または無効化

  1. エフェクトコントロールパネルで 1 つまたは複数のエフェクトを選択して、次のいずれかの操作をおこないます。
    • エフェクトボタン をクリックして、エフェクトを無効にします。

    • 空白の「エフェクト」ボックスをクリックして、エフェクトを有効にします。

    • エフェクトコントロールパネルメニューで、「エフェクトオン」コマンドを選択または選択解除します。

    注意:

    「エフェクトオン」コマンドのカスタムのキーボードショートカットを作成できます。このキーボードショートカットでエフェクトのオン/オフを切り替えることができます。 

FX バッジの使用

FX バッジは、タイムラインに表示されるアイコンです。これにより、クリップにエフェクトが適用されているかどうかを簡単に判断できます。タイムラインにバッジを表示するには、タイムラインの設定アイコンをクリックして、「FX バッジを表示」を選択します。

Premiere Pro には、様々な色の FX バッジが用意されています。バッジの色を確認することで、エフェクトが適用されているかどうかや、固有のエフェクトを変更しているかどうかがわかります。 

FX バッジの使用
A. グレーの FX バッジ B. 紫の FX バッジ C. 黄色の FX バッジ D. 緑色の FX バッジ 
FX バッジの使用
赤の下線付き FX バッジ

FX バッジの色
意味
グレー エフェクトが適用されていません(デフォルトのバッジの色)。
固有でないエフェクトが適用されています(カラー補正、ぼかしなど)。
黄色 固有のエフェクトが変更されています(位置、スケール、不透明度など)。
緑色 固有のエフェクトが変更され、追加のエフェクトが適用されています。
赤の下線 マスタークリップエフェクトが適用されています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー