ビデオフレーム内でクリップの配置、スケールまたは回転をおこなうためにモーションエフェクトを使用する方法を学習します。モーションエフェクトのプロパティのキーフレーム設定によるマスタークリップアニメーションです。

位置、スケールおよび回転の調整

モーションエフェクトは、ビデオフレーム内でクリップの配置、スケールまたは回転を行う場合に使用します。クリップをアニメートするには、モーションエフェクトのプロパティのキーフレームを設定します

初期設定では、タイムラインパネルに追加する各クリップに、モーションエフェクトが基本エフェクトとして適用されます。エフェクトコントロールパネルでモーションエフェクトプロパティを表示および調整するには、モーション名の隣の右向きの三角形をクリックします。

プログラムモニターでハンドルを直接操作することにより、クリップと照明効果の照明の位置、スケールおよび回転を調整できます。エフェクトコントロールパネルのコントロールを使用して、プロパティを調整することもできます。

注意:

プログラムモニターでクリップの直接操作が可能な標準エフェクトは、すべての描画エフェクト、コーナーピン、クロップ、ガベージマット、照明効果、ミラー、トランスフォーム系のエフェクト、回転などです。直接操作が可能なエフェクトには、をクリックします。

  1. タイムラインパネルでクリップを選択し、クリップ内のフレームの位置に時間インジケーター を移動します。モーションエフェクトの「縦横比を固定」チェックボックスがオフになっていることを確認します。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • (照明効果のみ)照明効果をクリップに適用し、エフェクトコントロールパネルの照明効果の隣のトランスフォームアイコン をクリックします。

    • (モーションエフェクトのみ)プログラムモニターでクリップをクリックするか、エフェクトコントロールパネルでモーションの隣のトランスフォームアイコン をクリックします。

    ハンドルとクリップのアンカーポイントがプログラムモニターに表示されます。

  3. プログラムモニターで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • クリップまたは照明効果を配置するには、クリップ内またはエフェクトのエフェクトの枠をクリックし、ドラッグして移動します。クリップまたは照明効果を移動するためにハンドルをドラッグしないでください。
    • 自由に拡大・縮小するには、四隅のハンドルをドラッグします。
    • 縦または横だけを拡大・縮小するには、一辺のハンドルをドラッグします。
    • 均等に拡大・縮小するには、Shift キーを押しながら隅のハンドルをドラッグします。

    注意:

    モーションエフェクトを使用してクリップを拡大・縮小する場合、画像を 100 %以上に拡大すると、濃淡のむらが出たり、ピクセルが目立ってしまうことがあります。

    • クリップまたはエフェクトを回転するには、いずれかのハンドルの外側にマウスカーソルを合わせて、カーソルを回転アイコン に変更し、ドラッグします。モーションエフェクトの場合は、複数回円を描くようにドラッグして、必要な回数の回転を作成することもできます。

    • フレームのワイヤーフレームだけを更新するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら任意のハンドルをドラッグします。この方法だと、サイズの大きいクリップや速度の遅いシステムでも、処理を迅速に行えることがあります。

    注意:

    時間の経過に応じてモーション、サイズ調整または回転をアニメートするには、プログラムモニターでクリップまたはエフェクトを操作しながらキーフレームを設定します。

いくつかの重要な点

  • 初期設定では、クリップはプログラムモニターの中央に 100 % のサイズ(オリジナルと同じサイズ)で表示されます。位置、スケール、回転の値は、初期設定ではクリップの中心にあるクリップのアンカーポイントから計算されます。
  • 位置、スケール、回転の各プロパティは、空間に対して適用されるので、プログラムモニターで直接確認しながら調整するのが最も簡単です。エフェクトコントロールパネルでモーションエフェクトの隣のトランスフォームアイコン をクリックすると、プログラムモニターのクリップにハンドルが表示されます。これらのハンドルを使用すると、クリップを直接操作して、モーションエフェクトのプロパティを調整できます。

アセットのスケール調整

アセットをシーケンスにドラッグすると、初期設定ではアセットのフレームサイズは保持され、プログラムフレームの中央にアセットが配置されます。読み込んだアセットをプロジェクトの初期設定フレームサイズに自動的にスケールすることもできます。ピクセル縦横比が正しく変換されている場合は、アセットを変形せずに再スケールすることができます。

アセットの手動スケール調整

  1. アセットをシーケンスにドラッグして、アセットを選択します。
  2. エフェクトコントロールパネルを開きます。
  3. モーションエフェクトの横にある三角形 をクリックすると、モーションコントロールが表示されます。

  4. モーションエフェクト内のスケールコントロール横にある三角形をクリックすると、スケールスライダーが表示されます。

  5. スケールスライダーを左右に移動すると、フレームのサイズが変わります。

アセットをフレームサイズに合わせる

  1. タイムラインでアセットを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。

  2. 「フレームサイズに合わせる」を選択します。

    環境設定「デフォルトでフレームサイズに合わせる」の動作については、Andrew Devis がこのビデオチュートリアルで解説しています。

アセットの自動スケール調整

  1. 編集/環境設定/一般(Windows)または Premiere Pro/環境設定/一般(Mac OS)を選択します。
  2. 「デフォルトでフレームサイズに合わせる」を選択します。
  3. 「OK」をクリックします。

プログラムモニターでのモーションのアニメート

プログラムモニターでクリップを直接操作し、モーションエフェクトのキーフレームを設定することで、アニメーションやピクチャインピクチャを作成できます。プログラムモニターでクリップの位置とスケールを調整すると、その下のトラックのクリップが見える複雑なコンポジションを作成できます。

クリップの位置をアニメートすると、プログラムモニターにクリップの動きがモーションパスで表されます。白い小さな×印はキーフレームがある位置、点線は補間されたフレームでの位置、丸いクリップのアンカーポイントは現在のフレームでのクリップの位置を表します(初期設定では中心に表示されます)。点線状の各点の間隔はキーフレーム間の速度を表します。間隔が広いほど動きが早く、狭いほど動きが遅くなります。


モーションパスを示す、プログラムモニターのクリップ
プログラムモニターに表示されたクリップ - 速度が速い場合(左)と速度が遅い場合(右)

注意:

モーションエフェクトの変化をシーケンスクリップにすばやく適用するには、プログラムモニターで画像をクリックして、操作を開始します(最初にエフェクトコントロールパネルでモーションエフェクトの隣のトランスフォームアイコンをクリックする必要はありません)。画像の位置を調整する場合は、ベジェキーフレームを使用して、その動きをさらに調整できます。

プログラムモニターでのクリップのアニメート

エフェクトコントロールパネルでモーションエフェクトが選択されているときは、プログラムモニターでクリップを操作できます。モーションエフェクトの 1 つまたは複数のプロパティ(位置など)にキーフレームを設定してアニメーションを作成できます。

  1. タイムラインパネルでクリップを選択します。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • エフェクトコントロールパネルでモーションエフェクトを選択します。

    • プログラムモニターで画像をクリックします。

    • エフェクトコントロールパネルでモーションエフェクト名の隣のトランスフォームアイコン をクリックします。

    プログラムモニターのクリップの周囲にハンドルが表示されます。

    注意:

    ハンドルが表示されない場合は、プログラムモニターのズームレベルを低くして、ビデオフレームの周りのグレーのワークエリアを拡大します。

  3. アニメーションの開始フレームまで時間インジケーターを移動します。アニメーションは、クリップの現在のインポイントとアウトポイントの間の任意のフレームから開始できます。
  4. エフェクトコントロールパネルでモーションエフェクトを展開し、設定する各プロパティの横にあるアニメーションのオン/オフボタン をクリックします。そのプロパティのキーフレームのアイコンが時間インジケーターの位置に表示されます。
  5. プログラムモニターで、クリップの 8 つのハンドルの近くにカーソルを動かし、次のいずれかのポインターツールを使用してキーフレームの値を変更します。
    • 選択カーソル は位置の値を設定します。

    • 回転カーソル は回転の値を設定します。

    • スケールカーソル はスケールの値を設定します。

    注意:

    クリップのハンドルが表示されなくなった場合は、エフェクトコントロールパネルでモーションエフェクトをもう一度選択します。

  6. タイムラインパネルまたはエフェクトコントロールパネルで、プロパティの新しい値(新しいキーフレーム)を定義する位置まで時間インジケーターを移動します。

  7. プログラムモニターでクリップを操作して、手順 3 でキーフレームを設定した各プロパティに新しい値を設定します。エフェクトコントロールパネルの時間インジケーターの位置に新しいキーフレームのアイコンが表示されます。
  8. 必要に応じて、手順 5 と 6 を繰り返します。

    注意:

    クリップのアニメート設定を行う場合、プログラムモニターのズームレベルを低くしたほうが便利な場合があります。ズームレベルを低くすると、画面の表示エリアの外に表示されるグレーのペーストボードエリアが広くなり、このエリアを使用してクリップをスクリーンの外に配置できます。

  9. エフェクトコントロールパネルで、位置、スケール、回転またはアンチフリッカープロパティキーフレームのベジェハンドルをドラッグして、プロパティの変化速度を制御します。

モーションパスでの位置キーフレームの変更

位置キーフレームは、プログラムモニターでキーフレーム(白い×印)をドラッグするだけで値を変更でき、簡単な操作でモーションパスを調整できます。

  1. モーションエフェクトのキーフレームがあるクリップを選択します。
  2. エフェクトコントロールパネルで、モーションエフェクト名の隣のトランスフォームアイコン をクリックします。クリップのモーションパスがプログラムモニターに表示されます。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 既存のキーフレームを移動するには、プログラムモニターでキーフレームのハンドルをドラッグします。

    • 新しい位置キーフレームを作成するには、時間インジケーターを既存のキーフレームの間に設定して、プログラムモニターでクリップを目的の位置までドラッグします。新しいキーフレームがエフェクトコントロールパネル、プログラムモニターおよびタイムラインパネルのクリップに表示されます。

    注意:

    この方法は、位置キーフレームの値を変更します。キーフレームのタイミングを変更するには、エフェクトコントロールパネルでキーフレームのアイコンを移動します。

曲線に沿ったクリップの移動

プログラムモニターでベジェハンドルを使用して、クリップを曲線に沿って移動させることができます。

  1. タイムラインパネルでクリップを選択します。

  2. タイムラインパネルまたはエフェクトコントロールパネルのどちらかで、アニメーションの開始位置まで時間インジケーターを移動させます。アニメーションは、クリップの現在のインポイントとアウトポイントの間の任意のフレームから開始できます。

  3. エフェクトコントロールパネルで、「モーション」コントロールの横にある三角形をクリックします。
  4. 「位置」コントロールの横にあるアニメーションのオン/オフボタン をクリックして、最初のキーフレームを設定します。
  5. タイムラインパネルまたはエフェクトコントロールパネルのどちらかで、アニメーションの終了フレームまで時間インジケーターを移動させます。

  6. プログラムモニターで、クリップの動きを終了させる位置までクリップをドラッグします。

    プログラムモニターに、クリップのモーションの開始位置と終了位置をつなぐモーションパスが表示されます。このモーションパスの端の近くに小さいベジェハンドルが表示されます。

  7. いずれか一方または両方のぺジェハンドルを任意の方向にドラッグして、モーションパスの曲線を作成します。
  8. エフェクトコントロールパネルで、位置キーフレームを右クリック(Windows)、または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。
  9. 時間補間法メニューまたは空間補間法メニューのどちらかから、アクセラレーションの種類を選択します。
  10. 時間インジケーターを最初のキーフレームまでドラッグし、Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押して、クリップのモーションをプレビューします。

クリップのアンカーポイントの調整またはアニメート

初期設定では、クリップのアンカーポイントはクリップの中央に設定されますが、クリップのアンカーポイントを移動することで、フレームまたはモーションパスに対するクリップの位置を変更することができます。さらに、時間の経過に応じてクリップのアンカーポイントの位置を変化させることができるため、フレームやモーションパスと関連させてクリップを移動させることも可能です。クリップのアンカーポイントのアニメートは、例えば、画像をパンするようなエフェクトの作成に使用できます。

  1. タイムラインパネルで、時間インジケーターをクリップの先頭に合わせます。

  2. プログラムモニターでクリップをクリックします。クリップの中央にクリップのアンカーポイントが表示されます。

  3. 「エフェクトコントロール」タブを選択し、必要に応じて、「モーション」の横にある三角形をクリックして「モーション」コントロールを開きます。
  4. アンカーポイントの水平コントロールを左にドラッグして(数値が小さくなります)、アンカーポイントをクリップの左側にオフセットします。または、右にドラッグして(数値が大きくなります)、アンカーポイントを右側にオフセットします。
  5. アンカーポイントの垂直コントロールを左にドラッグして(数値が小さくなります)、アンカーポイントをクリップの上方にオフセットします。または、右にドラッグして(数値が大きくなります)、アンカーポイントを下方にオフセットします。
  6. キーフレームの追加/削除ボタン をクリックして、キーフレームを設定します。
  7. (オプション)時間の経過に応じてクリップのアンカーポイントを変化させるには、エフェクトコントロールパネルまたはタイムラインパネルで時間インジケーターを別の時間位置に移動させます。水平および垂直アンカーコントロールを新しい値に変更します。

    別のキーフレームにより、選択したフレームのクリップのアンカーポイントの位置にマークが付けられます。

  8. (オプション)アンカーポイントの位置に変化の速度を設定するには、アンカーポイントの速度グラフのハンドルをドラッグします。

プログラムモニターでアンカーポイントを調整する

注意:

この機能は組み込みのモーションエフェクトのみに適用され、アンカーポイントがあるその他のエフェクトには適用されません。

プログラムモニターで直接モーションエフェクトのアンカーポイントを移動することができます。

  1. エフェクトコントロールパネルで「モーションコントロール」を開き、「アンカーポイント」プロパティを選択します。
  2. アンカーポイント上でカーソルを動かすかドラッグすると、カーソルの形状が に変わります。

プログラムモニターでアンカーポイントをドラッグすると、フレームの位置を維持しながらプログラムモニターでアンカーポイントの位置を変更できます。これはアンカーポイントと位置パラメーターの両方を同時に更新することによって実現できます。

修飾キーを使用する

アンカーポイントパラメーターのみを更新し、位置パラメーターを更新しない場合は、Alt(Windows)キーまたは Option(Mac OS)キーを押したままアンカーポイント上でカーソルを移動すると、カーソルが に変わります。その後、プログラムモニターでアンカーポイントをドラッグします。これによって、アンカーポイントの位置を維持しながら、フレームをドラッグすることができます。

スナップを有効にするには、Ctrl キーを押したままアンカーポイントをドラッグします。ターゲット上にボックスが描画されます。その後、アンカーポイントがフレームの左右のハンドルまたは中心点にに極めて接近してスナップされます。

いくつかの重要な点

  • プログラムモニターが非常に小さい場合にクリップの位置をドラッグする機能を保持するには、アンカーポイントの十字が非表示になります。関連する画面上のモーション直接操作フレームのピクセル単位のサイズであることに注意してください。
  • アンカーポイントの位置を詳細にコントロールするには、エフェクトコントロールパネルでアンカーポイントプロパティを使用します。プログラムモニターでのアンカーポイントへの変更がエフェクトコントロールパネルで更新されれ、エフェクトコントロールパネルでの変更がプログラムモニターで更新されます。
  • エフェクトコントロールパネルのパメラーターを使用してアンカーポイントを変更する場合、実際の画面上ではアンカーポイントを同じ位置に維持しながら、プログラムモニターでフレームを移動します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー