マニュアル キャンセル

クリップの作成と再生

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
    3. ベータ版機能
      1. オーディオカテゴリのタグ付け
      2. インタラクティブなフェードハンドル
      3. Frame.io でレビュー用に共有
      4. プロジェクトを共同編集する共同作業者の招待
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. Premiere Pro の更新のベストプラクティス
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. よくある質問
    7. リリースノート
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. 読み込みと書き出しに関する FAQ
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. Frame.io
    1. Frame.io のインストールとアクティベート
    2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
    3. Adobe Workfront と Frame.io の統合
    4. よくある質問
  8. メディアの読み込み
    1. 読み込み
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    2. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    3. ファイル形式
      1. サポートされているファイル形式
      2. Blackmagic RAW のサポート
    4. タイムコードの操作
  9. 編集
    1. ビデオの編集
    2. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. ソースモニターでのインポイントとアウトポイントの設定
      3. シーケンスにクリップを追加
      4. クリップの並べ替えと移動
      5. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      6. シーケンスからクリップを削除
      7. シーケンス設定の変更
      8. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      9. シーケンスの簡易化
      10. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      11. マーカーの操作
      12. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      13. シーン編集の検出
    3. クリップのカットとトリミング
      1. クリップの分割またはカット
      2. クリップのトリミング
      3. トリミングモードでの編集
      4. J カットと L カットの実行
      5. クリップの作成と再生
      6. トリミングと再生の環境設定の調整
    4. ビデオ
      1. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      2. メディアをレンダリングして置き換え
      3. 取り消し、履歴、イベント
      4. フレームの固定と保持
      5. 縦横比の操作
    5. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. ソースモニターでのオーディオクリップの編集
      3. オーディオトラックミキサー
      4. ボリュームレベルの調整
      5. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      6. スピーチを強調
      7. スピーチを強調に関する FAQ
      8. 自動ダッキングオーディオ
      9. リミックスオーディオ
      10. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      11. オーディオバランスとパンについて
      12. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      13. オーディオエフェクトおよびトランジション
      14. オーディオトランジションの操作
      15. オーディオへのエフェクトの適用
      16. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      17. オーディオミックスの録音
      18. タイムラインでのオーディオの編集
      19. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      20. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    6. 文字起こしベースの編集
      1. 文字起こしベースの編集
      2. 文字起こしベースの編集に関する FAQ
    7. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    8. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  10. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. Premiere Pro のメタデータエフェクト
      5. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的にリフレーム
      6. カラー補正エフェクト
      7. エフェクトマネージャー
      8. クリップのデュレーションと速度を変更する
      9. 調整レイヤー
      10. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  11. タイトル、グラフィック、キャプション
    1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
    2. グラフィックとタイトル
      1. タイトルの作成
      2. リンクされたスタイルとトラックスタイル
      3. スタイルブラウザーの操作
    3. グラフィック
      1. シェイプの作成
      2. ペンツールによる描画
      3. オブジェクトの整列と分布
      4. テキストとシェイプの外観の変更
      5. グラデーションの適用
      6. グラフィックへレスポンシブデザイン機能の追加
      7. モーショングラフィックステンプレートのインストールと使用
      8. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      9. データに基づくモーショングラフィックステンプレートの使用
    4. キャプション
      1. 音声テキスト化
      2. 文字起こし用言語パックのダウンロード
      3. キャプションの操作
      4. スペルチェックおよび検索と置換
      5. テキストの書き出し
      6. 音声テキスト変換に関する FAQ
    5. ベストプラクティス:グラフィックワークフローの高速化
    6. レガシータイトルの廃止に関する FAQ
    7. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
  12. フォントと絵文字
    1. カラーフォント
    2. 絵文字
  13. アニメーションとキーフレーム
    1. キーフレームの追加、移動、設定
    2. エフェクトのアニメート
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
    4. キーフレームのオートメーションの最適化
    5. キーフレームの移動とコピー
    6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  14. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  15. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. カラー設定
    3. 自動カラー補正
    4. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    5. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    6. ショット間のカラーを修正および一致
    7. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    8. ビネットの作成
    9. Look と LUT
    10. Lumetri スコープ
    11. カラーマネジメントの表示
    12. タイムライントーンマッピング
    13. 放送用 HDR
    14. DirectX HDR サポートを有効にする
  16. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しの高速化
  17. 共同編集
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. 共同ビデオ編集の基本を学ぶ
    3. チームプロジェクトの作成
    4. Team Projects でのメディアの追加と管理
    5. 共同作業者の招待と管理
    6. 変更点の共同作業者との共有および管理
    7. Team Projects の自動保存結果とバージョンの表示
    8. チームプロジェクトの管理
    9. リンクされているチームプロジェクト
    10. よくある質問
  18. 長編とエピソードのワークフロー
    1. 長編とエピソードのワークフローガイド
    2. プロダクションの使用
    3. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
    4. ベストプラクティス:プロダクションの操作
  19. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  20. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  21. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定のリセットおよび復元
    3. リカバリモード
    4. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    5. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    6. Apple シリコン用 Premiere Pro
    7. ちらつき削除
    8. インターレースとフィールドオーダー
    9. スマートレンダリング
    10. コントロールサーフェスのサポート
    11. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    12. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro の更新後に設定を移行できない
      5. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      6. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      7. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      8. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  22. 拡張機能とプラグイン
    1. Premiere Pro でのプラグインと拡張機能のインストール
    2. サードパーティのデベロッパーの最新のプラグイン
  23. ビデオとオーディオのストリーミング
    1. Secure Reliable Transport(SRT)
  24. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. オフラインメディアの再リンク

Premiere Pro でクリップを作成するには、ファイルを読み込むか、クリップを複製するか、サブクリップを作成します。シーケンス内でクリップを使用するとクリップインスタンスが作成されます。

ソースクリップ、クリップインスタンス、サブクリップおよび複製されたクリップ

Premiere Pro では、クリップはソースファイルを参照します。クリップをトリミングするか、その他の方法で編集してもソースファイルは変更されません。例えば、30 分のファイルを Premiere Pro に読み込むと、そのソースファイルを参照する 30 分のクリップが作成されます。そのクリップのデュレーションを 5 分にトリミングすると、30 分のソースファイルはハードディスクに残され、クリップはそのうち 5 分間のセクションだけを参照します。Premiere Pro では、クリップに関する情報はプロジェクトファイル内のクリップメタデータフィールドに保存されますが、ソースファイルに関する情報は XMP メタデータフィールドに保存されます。

ソースクリップ、クリップインスタンス、サブクリップまたは複製されたクリップをトリミングできます。シーケンス内のすべての種類のクリップを同じ方法でトリミングできます。クリップの種類による違いは、以下のとおりです。

ソース(マスター)クリップ

元々プロジェクトパネルに読み込まれていたクリップです。初期設定では、プロジェクトパネルに 1 つだけリストされます。ソースクリップをプロジェクトパネルから削除すると、すべてのクリップインスタンスも削除されます。

 

クリップインスタンス

ソースクリップへの参照クリップのことです。シーケンス内に配置されると、クリップはクリップインスタンスとなり、データはソースクリップを参照します。クリップをシーケンスに追加するたびに、新しいクリップインスタンスが作成されます。クリップインスタンスは、ソースクリップで使用されている名前とソースファイルへの参照情報を使用します。クリップインスタンスは、プロジェクトパネルにリストされませんが、プロジェクトパネルで開いたときに、ソースビューのメニューで区別されます。ソースモニターのメニューでは、各インスタンスが、名前、シーケンス名およびインポイント別にリストされます。

 

サブクリップ

マスタークリップのメディアファイルを参照する、マスタークリップの一部分です。サブクリップを使用して、長いマスタークリップの短いセクションを参照します(サブクリップの作成を参照してください)。

 

複製されたクリップ

ソースクリップのコピーです。ソースクリップへの依存関係はなく、編集/複製を自分で選択して作成します。また、同じファイルを複数回読み込むことで、クリップの複製を作成することもできます。クリップインスタンスとは異なり、複製されたクリップはディスク上に保存されている元のクリップのソースファイルに対して独自の参照情報を維持し、プロジェクトパネルでは別のクリップとして存在します。元のクリップをプロジェクトパネルから削除しても、複製されたクリップは削除されません。マスタークリップと複製クリップは、それぞれ個別に名前を変更することができます。

=

=

サブクリップの使用方法について、Franklin McMahon によるビデオが Layers Magazine で公開されています。

詳しくは、Andrew Devis によるチュートリアル「Subclips: What? Why? How?」を参照してください。

また、Andrew Devis によるチュートリアル「Understanding the Source Panel tools」も参照してください。

クリップの複製

  1. プロジェクトパネルでクリップを選択して、編集/複製を選択します。
  2. 複製されたクリップの名前を変更するには、そのクリップを選択し、クリップ/名前の変更を選択して、新しい名前を入力します。
    注意:

    また、プロジェクトパネルで、クリップ(またはそのフォルダー)をコピーしてペーストするか、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリップをドラッグすることで、そのクリップを複製することができます。

サブクリップの作成

サブクリップは、プロジェクト内で個別に編集や管理を行うマスター(ソース)クリップの部分です。サブクリップを使用すると、長いメディアファイルを整理できます。

マスタークリップと同じように、サブクリップもタイムラインパネルで操作できます。サブクリップのトリミングや編集は、サブクリップの開始点や終了点によってある程度制約されますが、マスタークリップからサブクリップを作成するときに設定したオリジナルのインポイントとアウトポイントの範囲内で、サブクリップの新しいインポイントとアウトポイントを設定することは可能です。

サブクリップは、マスタークリップのメディアファイルを参照します。マスタークリップを削除したり、オフラインにした状態でメディアをディスクに残しておくと、サブクリップとインスタンスはオンラインのままになります。元のメディアをディスクから削除すると、サブクリップとそのインスタンスはオフラインになります。マスタークリップを再度リンクすると、サブクリップは元のメディアにリンクされたままになります。

サブクリップを再キャプチャまたは再リンクすると、サブクリップがマスタークリップになり、元のメディアとのつながりはすべて解除されます。再キャプチャしたメディアは、サブクリップが参照していた部分だけのメディアとなります。サブクリップのインスタンスは、再キャプチャしたメディアに再リンクされます。

次の種類のクリップをサブクリップにすることはできません。

  • 複数選択されたクリップ

  • タイトル、静止画、合成クリップ

  • シーケンスクリップ

  • グループ化されたクリップ

注意:

別のプロジェクトでマスタークリップとサブクリップを使用するには、クリップを含むプロジェクトを読み込みます。

他のサブクリップと同様に、任意の統合クリップからサブクリップを作成できます。マスタークリップ開始位置タイムコードは、コンポーネントクリップの最初のタイムコードになります。マスタークリップ終了位置タイムコードは、コンポーネントクリップの最後のタイムコードになります。「マスタークリップに変換」チェックボックスをオフにします。

プロジェクトパネルからのサブクリップの作成

サブクリップは、ソースクリップまたは単一のメディアファイルで構成されるほかのサブクリップから作成できます。

  1. プロジェクトパネルでクリップをダブルクリックして、ソースモニターで開きます。
  2. ソースモニターで、サブクリップのインポイントとアウトポイントを設定します。インポイントとアウトポイントのいずれかまたは両方が、ソースクリップのインポイントとアウトポイントと異なっている必要があります。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • クリップ/サブクリップを作成を選択し、サブクリップの名前を入力して、「OK」をクリックします。

    • Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、クリップをプロジェクトパネルにドラッグします。サブクリップの名前を入力して「OK」をクリックします。

    プロジェクトパネルに、サブクリップアイコン とサブクリップが表示されます。アイコンはメディアタイプによって異なります。

  4. (オプション)マスタークリップのオリジナルのインポイントとアウトポイントを保持するには、マスタークリップのプレビュー中にソースモニターでこれらをリセットします。
注意:

プロジェクトパネルまたはソースモニターでソースクリップを選択し、クリップ/サブクリップを編集を選択して、サブクリップのメディア開始およびメディア終了の時間を再設定することで、マスタークリップをサブクリップに変換することもできます。

タイムラインパネルからのサブクリップの作成

サブクリップはタイムラインパネルで作成できます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、シーケンスからプロジェクトパネルの開いている所にクリップインスタンスをドラッグします。サブクリップの名前を入力して「OK」をクリックします。

    • シーケンスでクリップインスタンスを右クリックし、「サブクリップを作成」を選択します。サブクリップの名前を入力して「OK」をクリックします。

サブクリップのメディア開始およびメディア終了時間の調整

  1. プロジェクトパネルでサブクリップを選択します。
  2. クリップ/サブクリップを編集を選択します。
  3. サブクリップの「開始」および「終了」テキストボックスを編集します。
注意:

プロジェクトパネルでサブクリップのインスタンスを選択する場合、インスタンスの開始ポイントと終了ポイント内で新しい開始ポイントと終了ポイントを設定することはできません。この制約により、シーケンスで使用されているフレームがなくなってしまうのを防止します。

サブクリップのマスタークリップへの変換

  1. プロジェクトパネルでサブクリップを選択します。
  2. クリップ/サブクリップを編集を選択します。

    変換したクリップでは、サブクリップを編集ダイアログに表示されているマスタークリップの開始時間および終了時間が保持されます。

  3. 「マスタークリップに変換」を選択し、「OK」をクリックします。

プロジェクトパネルでのクリップの再生

プロジェクトパネルの上部にあるプレビューエリアを使用して、クリップを個別にプレビューできます。

  1. クリップを選択します。
  2. サムネールビューアの再生ボタン をクリックします。再生ボタンが停止ボタンに変化します。停止ボタンをクリックすると、再生が停止します(サムネールビューアでクリップを再生しても、ソースモニターの表示には影響はありません)。

プロジェクトパネルのアイコン表示でクリップを再生できます。これを行うには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトパネルで、「アイコン表示」ボタンをクリックします。

  2. クリップをクリックして選択します。

  3. 表示するには、L またはスペースバーを押します。(停止するには、「停止」ボタンをクリックするか、K キーまたはスペースバーを押します。再生および停止ボタンとスペースバーは、再生と停止を切り替えることができます)。逆方向に再生するには、J キーを押します。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合