外観から再生、オーディオまで、環境設定を構成することによって、Premiere Pro を最大限に利用する方法を説明します。

Premiere Pro の外観と動作は、様々な方法でカスタマイズすることができます。例えば、トランジションの初期設定の長さを定義したり、ユーザーインターフェイスの明るさを設定することができます。ほとんどの環境設定は、変更するまで維持されます。ただし、スクラッチディスクの環境設定はプロジェクトごとに保存されます。そのため、プロジェクトを開くたびに、そのプロジェクトの設定時に選択したスクラッチディスクが自動的に選択されます。

  • 環境設定ダイアログボックスを開くには、編集/環境設定(Windows)または Premiere Pro/環境設定(Mac OS)を選択し、変更する環境設定のカテゴリを選択します。
  • 初期設定の環境に戻すには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらアプリケーションを起動します。スプラッシュ画面が表示されたら、Alt キーまたは Option キーを放します。
  • 環境設定およびプラグインキャッシュを同時に初期設定に戻すには、Shift キーと Alt キー(Windows)または Shift キーと Option キー(Mac OS)を押しながらアプリケーションを起動します。スプラッシュ画面が表示されたら、Shift キーと Alt キーまたは Shift キーと Option キーを放します。

環境設定は次の場所に保存されます。

  • Windows の場合: <ドライブ>\Users\<ユーザー名>\Documents\Adobe\Premiere Pro\<バージョン>\Profile-<ユーザー名>

  • Mac OSの場合:<ドライブ>/Users/<ユーザー名>/Documents/Adobe/Premiere Pro/<バージョン>/Profile<ユーザー名>

一般の環境設定

環境設定ダイアログボックスの「一般」ペインでは、トランジションのデュレーションからツールヒントまで、次のようにいくつかの設定をカスタマイズできます。

起動時:

Premiere Pro のスタート画面を表示するか、最後に開いていたファイルを表示するかを選択できます。

プロジェクトを開くときの動作

プロジェクトを開いたときに、スタート画面を表示するか、開くダイアログボックスを表示するかを指定します。

ビン

ビン上でダブルクリック、または Shift キーや Option キーを押してダブルクリックする場合のビンの動作は、ビンの環境設定で制御できます。

プロジェクト

プロジェクトをダブルクリックするか、または Alt キーを押しながらプロジェクトをクリックしたときのプロジェクトの動作です。

イベントインジケーターを表示

ユーザーインターフェイスの右下に表示されるイベント通知のポップアップウィンドウをオフにするには、この環境設定の選択を解除します。詳しくは、イベント通知を参照してください。

ツールヒントを表示

ツールヒントのオンとオフを切り替えることができます。

モニターのカラーマネジメントの有効化

このオプションを有効にすると、Premiere Pro はオペレーティングシステムで選択されている ICC プロファイルを読み取って、カラーをモニター上で正しく表示するための変換をおこないます。これは、Premiere Pro のプログラムモニターとソースモニター、プロジェクトパネルのサムネールプレビュー、Premiere Pro と Media Encoder のメディアブラウザー、Premiere Pro と Media Encoder の書き出しプレビューとエンコードプレビューに適用されます。
 
デフォルトでは、カラーマネジメントは Premiere Pro と Media Encoder で無効になっています。 
 
お使いの画面がタイムライン上のメディアと一致している場合はカラーマネジメントをオフにします。この方法は、Rec. 709、sRGB および YouTube 配信に有効です。
 
それ以外の場合、およびお使いのディスプレイにリファレンスモニターのタイムラインの見た目の色を再現する場合は、カラーマネジメントをオンにすると便利です。
 
カラーマネジメントを有効にするか無効にするかを決定するには、次の例を考慮します。

注意:

Premiere Pro は、AJA や Blackmagic などのビデオカードを介して接続された外部トランスミットモニターについてはカラーマネジメントをおこないません。Premiere Pro 以外でハードウェアを設定します。 

ただし、Premiere Pro では、トランスミットモニターとして使用されるセカンダリコンピューターモニターのカラーマネジメントをおこないます。オペレーティングシステムのデスクトップの一部であり、HDMI、Display Port、DVI、または Thunderbolt を通じて連携されています。 

モニターのカラーマネジメントを有効にしても、書き出されたファイル内のカラーは変わりません。モニターに表示されるカラーに対してのみ、マネジメントが適用されます。このオプションは、カラーが Rec709 ディスプレイ(HDTV など)上でどのように見えるかを正確に判断するために必要になります。以前は、正確な色を表示するには、OS の表示プロファイルを手動で Rec709 に設定する必要がありましたが、この設定ができない場合もありました。モニターのカラーマネジメントによって、OS でどの ICC プロファイルがモニターに設定されている場合でも正しいカラーを表示できるので、推測で処理する必要がなくなります。

アピアランスの環境設定

環境設定ダイアログボックスの「アピアランス」ペインでは、ユーザーインターフェイスの明るさを調節できます。

また、青いハイライトカラーの明るさと彩度、インタラクティブコントロール、焦点インジケーターも制御します。

オーディオの環境設定

自動一致時間

環境設定の「自動一致時間」で、オーディオミキサーで調整されたコントロールを直前の設定に戻す時間を指定します。適用されるコントロールは、オーディオ、サブミックスおよび(センド以外の)マスタートラックにおけるボリューム、パン、エフェクトおよびセンドパラメーターのつまみです。環境設定の「自動一致時間」は、タッチモードではプロパティに、読み取りモードではキーフレームを持つエフェクトに影響します。

5.1 ミックスダウンタイプ

Premiere Pro がソースチャンネルを 5.1 オーディオトラックにミックスする方法を指定します。

スクラブ中にオーディオを再生

オーディオのスクラブを有効にします。「スクラブ中にオーディオを切り替え」というキーボードショートカットを作成して、スクラブ中にオーディオのスクラブをオン/オフに切り替えることができます。オーディオスクラブのオン/オフを切り替えようとするたびに環境設定ダイアログボックスに戻るよりも、キーボードショートカットを使用する方が簡単です。

シャトル中のピッチを維持

スクラブ時および再生時に J、K、L キーを使用してオーディオピッチを維持できます。この環境設定を選択すると、再生速度が通常の速度よりも速い場合や遅い場合に、発話の明瞭度が向上します。

タイムラインへの録音中に入力をミュート

タイムラインの録音中にオーディオ入力がモニターされないようにするには、このチェックボックスをオンにします。

オーディオ波形の自動生成

Premiere Pro でオーディオの読み込み時に波形表示を自動的に生成するには、この環境設定を選択します。オーディオ波形が表示されないようにするには、この環境設定の選択を解除します。

オートメーションキーフレームの最適化

リニアキーフレームの簡略化と簡略化する最小時間間隔を定義します。

リニアキーフレームの簡略化

開始キーフレームと終了キーフレームとを結ぶ直線に当てはまらないポイントのみにキーフレームが作成されます。例えば、0 dB から -12 dB のフェードにオートメーションを使用していると仮定します。このオプションを選択すると、開始(0 dB)および終了(-12 dB)キーフレームよりも値が増加しているポイントに対してだけキーフレームが作成されます。このオプションを選択しない場合は、値の変化する速度に応じて、これらの 2 つのポイント間に同じ値のインクリメンタルキーフレームが複数作成されます。このオプションは、初期設定で選択されています。

簡略化する最小時間間隔

指定した値より大きな間隔にのみキーフレームが作成されます。1~2000 ミリ秒の値を入力します。

大きなボリュームを調整

この環境設定では、「クリップボリュームを大幅に上げる」コマンドを使用する場合に増加する量をデシベル単位で設定できます。

Audition で編集するファイルのレンダリング先

クリップを Audition に送るときに、これらのファイルをスクラッチディスクの場所に保存するか、オリジナルのメディアファイルと同じ場所に保存するかを選択できます。

オーディオプラグインマネージャー

Mac では、オーディオプラグインマネージャーダイアログボックスを開いて、サードパーティの VST3 プラグインおよび Audio Units(AU)プラグインで作業できます。

オーディオハードウェアの環境設定

環境設定ダイアログボックス(編集/環境設定/オーディオハードウェア)のオーディオハードウェアパネルで、コンピューターのオーディオデバイスと設定を指定できます。また、Premiere Pro がオーディオの再生および録音に使用する ASIO 設定、MME 設定(Windows のみ)または CoreAudio 設定(Mac OS のみ)などの設定を指定することもできます。オーディオハードウェアデバイスを接続する場合、そのデバイスタイプのハードウェア設定(デフォルトの入力、デフォルトの出力、マスタークロック、レイテンシー、およびサンプルレートなど)がこのダイアログボックスに読み込まれます。たとえば、次の画面に、プロパティのデフォルトの選択を変更できる、接続されている MME デバイス(Windows)の設定が表示されます:

MME オーディオハードウェア環境設定
MME オーディオハードウェア環境設定

次の画像は、入力のみ、出力のみ、および全二重モードをサポートできるレイテンシーの低い CoreAudio デバイスの環境設定を示します。マスタークロック(MOTU、SPDIF、および ADAT)、I/O バッファーサイズ(低レイテンシー、32 サンプル)などのプロパティを変更できます。 

CoreAudio ハードウェア環境設定
CoreAudio ハードウェア環境設定

オーディオ入力および出力の設定

録音や再生のために入力と出力を設定するとき、Adobe Premiere Pro では、次の種類のサウンドカードドライバーを使用できます。

Windows では、ASIO ドライバーがプロ向けカードをサポートし、MME ドライバーが通常は標準のカードをサポートします。

Mac OS では、CoreAudio ドライバーがプロ向けと標準の両方のカードをサポートします。

ASIO ドライバーと CoreAudio ドライバーの方がパフォーマンスが高く、レイテンシーが小さいので、なるべくこれらのカードを使用するようお勧めします。また、ASIO を使用した録音では、再生時のボリューム、パンおよびエフェクトの変化をその場で確認しながら録音できます。

  1. 編集/環境設定/オーディオハードウェア(Windows)、または環境設定/オーディオハードウェア(Mac OS)を選択します。
  2. デバイスクラスメニューから、使用するサウンドカード用のドライバーを選択します。
  3. カードからのデフォルトの入力および出力を選択します。Adobe Audition ヘルプのトラックに対するオーディオ入力および出力の割り当てを参照してください。
  4. (MME および CoreAudio)「マスタークロック」には、他のデジタルオーディオハードウェアを同期させる入力または出力を選択します(サンプルが正確に整列されていることを確認)。
  5. 「I/O バッファーサイズ」(ASIO および CoreAudio)または「レイテンシー」(MME)には、オーディオのドロップアウトが発生しない最低限の設定を指定します。最適な設定はシステムの処理スピードによって異なるので、いくつかの設定を試す必要があります。
  6. オーディオハードウェアのサンプルレートを選択します(複数の出力メディアに共通のレートについて詳しくは、Adobe Audition ヘルプのサンプルレートについてを参照してください)。
  7. (オプション)ASIO カードおよび CoreAudio カードのパフォーマンスを最適にするには、「設定」をクリックします。詳しくは、サウンドカードのマニュアルを参照してください。 
  8. 「出力マッピング」の下で、サポートされている各オーディオチャンネルの出力先となるお使いのコンピューターのサウンドシステム内のスピーカーを指定できます。

自動保存の環境設定

プロジェクトを自動保存

初期設定では、プロジェクトは 15 分間隔で自動的に保存され、最新の 5 つのバージョンのプロジェクトファイルがハードディスクに保持されます。

プロジェクトは、以前に保存したバージョンにいつでも戻すことができます。プロジェクトファイルは、ソースのビデオファイルと比べると非常に小さいので、プロジェクトのアーカイブを頻繁に行っても、消費されるディスク容量は比較的わずかで済みます。プロジェクトファイルをアプリケーションと同じドライブに保存することをお勧めします。アーカイブされたファイルは、Premiere Pro の自動保存フォルダーに保存されます。

自動保存の間隔

プロジェクトを自動保存し、保存する間隔を分単位で入力します。

プロジェクトバージョンの最大数

保存するプロジェクトファイルのバージョン数を入力します。例えば、「10」と入力すると、最新のバージョンが 10 個保存されます。

注意:

自動保存が定期的に実行されるように指定した場合、Premiere Pro は変更の検出時にプロジェクトをプロジェクトファイルに自動保存します。

自動保存は変更をプロジェクトに手動で保存するかどうかに関係なく実行されます。以前のバージョンの Premiere Pro では、自動保存が設定された間隔内に手動で保存した場合、自動保存は実行されませんでした。設定された間隔を超えてシステムがアイドル状態になった場合、Premiere Pro は自動保存を強制的におこないます。

バックアッププロジェクトを Creative Cloud に保存

この環境設定を選択した場合、Premiere Pro で Creative Cloud ベースのストレージに直接プロジェクトを自動保存できます。

Premiere Pro でプロジェクトが自動保存されると、Creative Cloud オンラインストレージに「Adobe Premiere Pro Auto-Save」という名前のディレクトリが作成されます。すべてのバックアッププロジェクトが「Adobe Premiere Pro Auto-Save」ディレクトリに保存されます。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションのファイルタブから、バックアップしたプロジェクトにアクセスできます。また、Web サイトで Creative Cloud アカウントを使用してファイルにアクセスすることもできます。

自動保存で現在のプロジェクトも保存

この設定を有効にすると、自動保存によって現在のプロジェクトのアーカイブコピーが作成されるだけでなく、現在作業中のプロジェクトも保存されます。この設定はデフォルトで無効になっています。

自動保存されたバージョンでは、プロジェクト名の後ろに、保存日時を示す接尾辞が追加されます(例:ProjectName-2018-08-31_09-53-41.prproj)。

自動保存が実行されると、新しいバックアッププロジェクトファイルが作成され、自動保存フォルダーに緊急プロジェクトバックアップとして追加されます。このファイルは常に、プロジェクトの最新の保存ファイルとなります。以下に、緊急バックアッププロジェクトファイルの特性をいくつか示します。

  • バックアップファイルには、プロジェクトと同じ名前が付けられます。接尾辞はありません。
  • 緊急バックアップファイルは各プロジェクトに 1 つだけ作成され、自動保存間隔が経過するたびに、またユーザーが現在のプロジェクトを保存するたびに上書きされます。

キャプチャ環境設定

ビデオデッキやカメラからビデオおよびオーディオを直接変換する方法を制御します(その他のプロジェクト設定は、キャプチャ操作には影響しません)。このパネルの内容は、編集モードに応じて異なります。DV フッテージをキャプチャする場合は、初期設定の DV キャプチャ設定を使用してください。キャプチャ形式として「DV/IEEE1394 キャプチャ」が選択されている場合、オプションが IEEE 1394 の標準値に自動的に設定されるため、使用可能なオプションはありません。他のソフトウェア(Premiere Pro との互換性が確認されているキャプチャカードに付属するソフトウェアなど)をインストールしている場合は、他のキャプチャ形式やオプションが表示されます。

注意:

P2 DVCPRO 50 および P2 DVCPRO HD プロジェクトでは、アセットはカメラによってデジタルファイルとして直接 P2 カードにキャプチャされるので、キャプチャ形式設定は適用されません。

コントロールサーフェスの環境設定

環境設定ダイアログのコントロールサーフェスパネルで、ハードウェアコントロールデバイスを構成できます。

編集ボタン、追加ボタン、および削除ボタンを使用して、構成内のコントロールサーフェスを追加、編集、および削除できます。

デバイスクラスの追加をクリックして、デバイスを選択します。EUCON または Mackie を追加できます。あるいは、両方を追加することもできます。

選択したコントロールサーフェスの MIDI 入力デバイスや MIDI 出力デバイスなどの構成設定を指定するには、「編集」をクリックします。

Premiere Pro でのコントロールサーフェスのコントロールの使用について詳しくは、コントロールサーフェスのサポートを参照してください。

デバイスコントロール環境設定

環境設定ダイアログボックスの「デバイスコントロール」ペインでは、Premiere Pro が再生/録画デバイス(VTR またはビデオカメラなど)の制御時に使用する設定を指定します。

グラフィック環境設定

テキストエンジン

西洋語、中国語、日本語、ラテン語または韓国語のサポートが必要な場合は、「ヨーロッパ・東アジア言語」を選択します。中東またはインドの言語のサポートが必要な場合は、「南アジアおよび中東」を選択します。

中東言語のテキストの編集

欧文合字のサポートが必要な場合は、「欧文合字」を選択します。ヒンディー語の数字のサポートが必要な場合は、「ヒンディー数字」を選択します。テキストを左から右に読むか、右から左に読むかを選択することもできます。

すべての変更は、次にテキストレイヤーを作成する際に適用されます。

ラベル環境設定

ラベルカラー

「ラベルカラー」セクションで、デフォルトのカラーとカラー名を変更できます。プロジェクトパネル内のメタデータの表示で、これらのカラーおよびカラー名でアセットにラベルを付けることができます。

ラベル初期設定

「ラベル初期設定」セクションでは、ビン、シーケンス、異なる種類のメディアに割り当てる初期設定のカラーを変更できます。

メディア環境設定

不確定メディアのタイムベース

読み込んだ静止画像シーケンスのフレームレートを指定します。

タイムコード

Premiere Pro で、オリジナルのタイムコードを読み込んだクリップを表示するか、00:00:00 から始まる新規タイムコードを割り当てるかを指定します。

フレーム数

Premiere Pro で、読み込んだクリップの最初のフレームに 0 または 1 を割り当てるか、タイムコード変換で数字を割り当てるかを指定します。

デフォルトのメディアスケーリング

フレームサイズに合わせるまたはフレームサイズに合わせてスケールを使用するかどうかを指定するには、このメディアの環境設定を設定します。「フレームサイズに合わせる」を選択すると、読み込まれたアセットがプロジェクトのデフォルトのフレームサイズに合わせて自動的にスケールされます。

 

読み込み時に XMP ID をファイルに書き込む

XMP メタデータフィールドに ID 情報を書き込むには、このチェックボックスをオンにします。

クリップマーカーの XMP への書き込み

Premiere Pro でクリップマーカーを保存する場所を指定するには、このオプションを設定します。このオプションを選択すると、クリップマーカーはメディアファイルに保存されます。このオプションをオフにすると、クリップマーカーは Premiere Pro のプロジェクトファイルに保存されます。

クリップと XMP メタデータをリンク

クリップのメタデータを XMP メタデータにリンクして、一方を変更するともう一方も変更されるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

読み込みにキャプションを含める

埋め込みクローズドキャプションファイルにある埋め込みクローズドキャプションデータを検出して自動的に読み込むには、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオフにして埋め込みキャプションを読み込まないようにすると、読み込み時間を節約できます。

プロキシを有効化

プロキシジョブが完了した後に、タイムラインにプロキシビデオを表示するように自動的に切り替えるには、このオプションを選択します。

プロジェクトの読み込み中にメディアの重複を許可

プロジェクトを読み込む際にメディアの重複を許可する場合は、このオプションを選択します。読み込み中に複数のコピーを許可しない場合は、このオプションの選択を解除します。

依存クリップを自動的に非表示

このオプションを選択すると、別のプロジェクトからのシーケンスでドラッグしたときにマスタークリップが非表示になります。

高速処理の H.264 デコードを有効にする(再起動が必要)

システムのハードウェアデコーダーを使用して H.264 編集を高速化する場合、このオプションを選択します。

注意:

システムでこの機能がサポートされていない場合、このオプションはグレーアウトされます。詳しくは、ハードウェアアクセラレーションの必要システム構成を参照してください。

収録中ファイル

Premiere Pro は OP1A MXF の収録中ファイルをサポートしています。環境設定を使用すると、ファイルを収録中に Premiere を自動更新するかどうか、また自動更新する場合はその間隔を選択できます。この環境設定によって、自分のプロジェクトですぐにこれらのファイルを編集することができるようになります。

メディアキャッシュの環境設定

メディアキャッシュの環境設定
メディアキャッシュの環境設定

メディアキャッシュファイルは、オーディオ波形を表示するためと、一部のメディアタイプの再生を改善するために作成されます。古いメディアキャッシュファイルや使用されていないメディアキャッシュファイルを定期的にクリーンアップすることで、最適なパフォーマンスを維持できます。キャッシュファイルを削除しても、必要になれば再作成されます。

メディアキャッシュファイルの場所を変更するには、「参照」をクリックし、目的のフォルダーの場所に移動します。可能であれば .cfa および .pek メディアキャッシュファイルを元のメディアファイルと同じ場所に保存することもできます。 

未使用のメディアキャッシュファイルを削除するには、「未使用を削除」をクリックします。

次のオプションを使用して、メディアキャッシュの環境設定をおこなうことができます。

  • キャッシュファイルを自動的に削除しない - この設定は、メディアキャッシュ環境設定でデフォルトで有効になっています。メディアキャッシュファイルの自動削除の対象となるのは、ピークファイルメディアキャッシュファイルサブディレクトリフォルダー内の .pek、.cfa および .ims ファイルのみです。
  • 次より古いキャッシュファイルを自動的に削除 - デフォルト値は 90 日です。この期間は自由に変更できます。
  • 次のサイズを超えたら最も古いキャッシュファイルを自動的に削除 - デフォルト値はメディアキャッシュが格納されているボリュームのサイズの 10%です。

注意:

期間またはサイズの環境設定を有効にした場合、変更は Premiere Pro を終了して再起動した後に適用されます。次に Premiere Pro を起動したときに、メディアキャッシュファイルが削除条件を満たしているかどうかが確認され、満たしている場合は、起動から 10 分後に削除が開始されます。

このハウスキーピングタスクは、それ以降毎週実行されます。

メモリの環境設定

環境設定ダイアログボックスの「メモリ」ペインで、ほかのアプリケーションと Premiere Pro 用に確保しておく RAM 容量を指定できます。例えば、ほかのアプリケーション用に確保しておく RAM 容量を少なくすると、Premiere Pro が使用可能な RAM 容量が増えます。

高解像度のソースビデオや静止画を含むシーケンスなどでは、複数フレームで同時にレンダリングを行う際に、大量のメモリが必要になることがあります。このようなアセットにより、Premiere Pro はレンダリングを中止し、メモリ不足の警告を通知することがあります。このような場合、環境設定で「レンダリングの最適化」を「パフォーマンス」から「メモリ」に変更することで、メモリの空き容量を最大化できます。レンダリング実行時にメモリの最適化が必要ではなくなったら、設定を「パフォーマンス」に戻します。

再生の環境設定

環境設定ダイアログボックスの再生パネルでオーディオまたはビデオの初期設定のプレイヤーを選択し、プリロールとポストロールの環境設定を設定できます。サードパーティ製のキャプチャカードのデバイス設定にアクセスすることもできます。

Premiere Pro では、次の場所で、このプレイヤーを使用してクリップおよびシーケンスのメディアが再生されます。

  • ソースモニター
  • プログラムモニター
  • プロジェクトパネルの上部にあるプレビュー領域
  • トリミングモード
  • トリミングモニター
  • マルチカメラモニター
  • エフェクトコントロールパネルのビデオトランジションプレビュー

コンピューターの初期設定のプレイヤーまたはサードパーティ製のプラグインプレイヤーを選択できます。サードパーティ製のプレイヤーは一部のキャプチャカードとともにインストールされます。

プリロール:様々な編集機能でフッテージを再生する際の編集ポイントの前の秒数。

ポストロール:様々な編集機能でフッテージを再生する際の編集ポイントの後の秒数。

複数フレーム先へ進む/前へ戻るキーボードショートカットの Shift + 左向き矢印または Shift + 右向き矢印を使用する場合に移動するフレーム数を指定します。デフォルトでは 10 フレームに設定されます。

再生中に Media Encoder キューを一時停止:Premiere Pro でシーケンスまたはプロジェクトを再生しているときは、Adobe Media Encoder のエンコードキューを一時停止します。

オーディオデバイス:オーディオデバイスメニューでオーディオデバイスを選択します。

ビデオデバイス:設定ボタンをクリックすることで、出力用の DV やサードパーティ製のデバイスを設定します。サードパーティ製のキャプチャカードがインストールされている場合は、設定ボタンをクリックして、ビデオ形式とピクセル形式の Mercury Transmit ダイアログボックスにアクセスします。チェックボックスを使用すると、バックグラウンドにあるときにビデオ出力を無効にできます。

再生の環境設定
再生の環境設定

同期の設定の環境設定

複数のコンピューターで Premiere Pro を使用する場合、環境設定、プリセット、ライブラリ間の管理と同期には時間がかかり、複雑で、エラーが起こりやすくなります。新しい「設定を同期」機能では、一般環境設定、キーボードショートカット、プリセット、ライブラリを Creative Cloud に同期できます。詳しくは、Premiere Pro CC の設定を同期を参照してください。

タイムラインの環境設定

Premiere Pro では、オーディオ、ビデオ、静止画像にデフォルトのデュレーションが設定されています。 

ビデオとオーディオトランジションのデフォルト

オーディオとビデオのトランジションのデフォルトデュレーションを指定します。

静止画像のデフォルトデュレーション

静止画を表示するには、デフォルトデュレーションを指定します。

再生時のタイムラインスクロール

見えているタイムラインよりもシーケンスの方が長い場合に、再生中にタイムラインを自動スクロールする方法をいくつかのオプションの中から選択できます。ページスクロールでは、再生ヘッドがオフスクリーンに移動した後で、タイムラインが自動的に新しいビューに移動します。このオプションを選択すると、再生が継続され、停止することがありません。スムーズスクロールを選択すると、再生ヘッドを画面の中央に維持したままで、クリップやタイムラインルーラーが移動します。

タイムラインのマウススクロール

垂直または水平のスクロールを選択できます。初期設定では、Windows のマウススクロールは水平に、Mac OS のマウススクロールは垂直になっています。Windows では、Ctrl キーを押すと垂直のスクロールに切り替わります。

デフォルトのオーディオトラック

クリップをシーケンスに追加したときに、クリップのオーディオチャンネルが表示されるトラックの種類(モノラル、ステレオ、5.1 またはマルチチャンネルモノラル)を定義します。Premiere Pro でソース形式でこれらの各トラック形式を読み込んでレンダリング(「ファイルを使用」オプションを選択する場合)するか、別のトラック形式に変換(「ファイルを使用」以外のいずれかのトラックタイプを選択する場合)します。次のリストで、トラックとクリップタイプの間の互換性について説明します:

  • モノラルトラックでは、モノラルのクリップとステレオのクリップを保持できる。
  • ステレオトラックでは、モノラルのクリップとステレオのクリップを保持できる。
  • 5.1 トラックでは、5.1 クリップのみを保持できる。
  • アダプティブトラックでは、モノラル、ステレオおよびアダプティブ(マルチチャンネル)クリップ(5.1 を除く)を保持できる。

次の定義は、次のトラックタイプがシーケンスにドロップされるときに Premiere Pro でどのように処理されるかを説明しています:

モノラルメディア

Premiere Pro でモノラルファイルをどのように処理すべきかを指定できます。マッピングは次のように行われます:

  • ファイルを使用」ではファイルを同じ形式で、モノラルで読み込みます。
  • モノラル」では、ソースファイルとして「ファイルを使用」を選択した場合と同様に、ファイルをモノラルとして読み込み、環境設定がモノラルになります。
  • ステレオ」では、モノラルメディアファイルモノラルとして読み込みます。メディアがステレオとして処理されるように、ファイル内のモノラルチャンネルがステレオ内の 1 つのチャンネルに割り当てられ、その他のチャンネルは無音のままになります。
  • 5.1 」ではモノラルファイルを 5.1 サラウンドクリップとして読み込みます。ファイルを 5.1 サラウンドメディアとして処理するために、ファイル内のモノラルチャンネルが 5.1 形式の 1 つのチャンネルにマップされ、5 つのチャンネルは無音になります。
  • アダプティブ」では、ファイルを N(最大 N は 32)チャンネルクリップとして読み込み、モノラルチャンネルが最初のチャンネルになります。

ステレオメディア

本質的にステレオであるファイルを Premiere Pro で処理する方法を指定できます。次のようなオプションがあります:

  • ファイルを使用」では、ファイルをソース形式で読み込みます。この場合はステレオです。
  • モノラル」では、ファイルをモノラルとして読み込みます。ステレオの L-R チャンネルは 2 つのモノラルチャンネルとして処理されます。
  • ステレオ」では、ファイルをステレオとして読み込み、チャンネルマッピングがソース形式とまったく同じです。
  • 5.1」ではファイルを 5.1 サラウンドクリップとして読み込みます。4 つの無音チャンネルがあるファイルのステレオチャンネルは、5.1 サラウンドメディアとして処理されます。
  • アダプティブ」では、ファイルを N(最大 N は 32)チャンネルクリップとして読み込み、ステレオチャンネルが最初の 2 チャンネルになります。

5.1 メディア

Premiere Pro での 5.1 メディアファイルの処理方法を指定できます。オプションは次のとおりです:

  • ファイルを使用」では、ファイルをソース形式で読み込みます。この場合は、5.1 チャンネルサラウンドメディアです。
  • モノラル」では、ファイルをモノラルとして読み込みます。これによって、6 つのモノラルチャンネルが作成されます。
  • ステレオ」では、ファイルをステレオとして読み込み、6 つのチャンネルを 3 組のステレオにマッピングします。
  • 5.1」ではファイルを 5.1 メディアとして読み込み、マッピングはソースファイルとまったく同じです。この場合、「ファイルを使用」オプションと同じように機能します。
  • アダプティブ」では、ファイルを N(最大 32)チャンネルクリップとして読み込み、最初の 6 チャンネルと残りのチャンネルが無音になります。

マルチチャンネルモノラルメディア

N 個の独立したメディアの PPro での処理方法を指定します。オプションは次のとおりです:

  • ファイルを使用」ファイルをソース形式で読み込みます。この場合、チャンネル数がソースと同じであるマルチチャンネルのモノラルメディアです。
  • モノラル」は「ファイルを使用」と同じです。つまり、すべての N チャンネルが N モノラルトラックとして維持されます。
  • ステレオ」では、ソースの N 個のモノラルチャンネルが(N/2)組のステレオにグループ化されます。
  • 5.1」では、無音チャンネル(必要な場合)を 5.1 構成の完全なセットに追加することによって、マルチチャンネルのモノラルファイルを 1 つまたは複数の 5.1 トラックのセットとして読み込みます。
  • アダプティブ」ではファイルを N(最大 N は 32)チャンネルクリップとして読み込み、チャンネルがソースメディア内の同じ数のモノラルチャンネルにマップされます。

「インサート / 上書き」編集を実行後タイムラインにフォーカスを設定

編集を行った後で、ソースモニターではなくタイムラインをアクティブにする場合は、この環境設定を選択します。

スナップが有効になっている場合に、タイムラインで再生ヘッドをスナップ

スナップをオンにするには、この環境設定を選択します。

スナップがオンになっている場合、タイムラインで再生ヘッドを移動して、再生ヘッドをスナップするか、編集に直接ジャンプします。例えば、スナップを有効にして再生ヘッドを特定のマーカーに合わせることができます。

スナップのオンとオフを切り替えるには、キーボードの S キーを押します。

終了まで再生後、再び再生する際に先頭に戻る

シーケンス終了後、再び再生する際の動作を指定するには、このオプションを使用します。このオプションが選択されていない場合は、そこで停止します。このオプションを選択している場合は、先頭に戻ります。

リンクが解除されたクリップの非同期インジケーターを表示

リンク解除されたり、同期から除外されている場合でも、オーディオやビデオの非同期インジケーターが表示されます。

プレビューのレンダリング後にワークエリアを再生

レンダリングした後に Premiere Pro でプロジェクト全体を最初から再生するには、この環境設定を選択します。

ビデオのレンダリング時のオーディオのレンダリング

Premiere Pro でビデオプレビューをレンダリングする際に、オーディオプレビューが自動的にレンダリングされるようにするには、この環境設定を選択します。詳しくは、ビデオのレンダリング時のオーディオのレンダリングを参照してください。

クリップの不一致警告ダイアログを表示

クリップをシーケンスにドラッグすると、クリップの属性がシーケンスの設定と一致するかどうかを Premiere Pro が検知します。属性が一致していない場合、クリップの不一致警告ダイアログを表示ダイアログボックスが表示されます。

編集範囲が一致しない場合に、ペースト範囲の調整ダイアログを開く

ソースモニターおよびプログラムモニターで異なるインポイントとアウトポイントが設定されている場合、ペースト範囲の調整ダイアログボックスが表示されます。ペースト範囲の調整ダイアログで、使用するインポイントとアウトポイントを選択できます。この環境設定を選択した場合、Premiere Pro で選択内容を保存でき、毎回ペースト範囲の調整ダイアログが表示されることはなくなります。

マッチフレームでインポイントを設定

このオプションを有効にすると、クリップのインポイントとアウトポイントを表示する代わりに、Premiere Pro のソースモニターでマスタークリップを開き、時間インジケーター(再生ヘッド)にインポイントを追加します。

トリミング環境設定

トリミングモニターには、トリムオフセット値ボタンがあります。いずれかのボタンをクリックすると、トリミングポイントが前後に移動します。環境設定ダイアログボックスの「トリミング」ペインでは、トリムオフセット値ボタンをクリックしたときに、トリミングポイントが移動するフレーム数を指定できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー