マニュアル キャンセル

よくある質問 | Premiere Pro での読み込みと書き出し

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. 長編とエピソードのワークフローガイド
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. よくある質問 | Premiere Pro での読み込みと書き出し
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタル化
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  8. 編集
    1. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. クリップをシーケンスに追加する
      3. シーケンスでのクリップの並べ替え
      4. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      5. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      6. シーケンスの簡易化
      7. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      8. マーカーの操作
      9. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      10. シーン編集の検出
    2. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    3. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. 自動ダッキングオーディオ
      6. リミックスオーディオ
      7. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      8. オーディオバランスとパンについて
      9. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      10. オーディオエフェクトおよびトランジション
      11. オーディオトランジションの操作
      12. オーディオへのエフェクトの適用
      13. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      14. オーディオミックスの録音
      15. タイムラインでのオーディオの編集
      16. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      17. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    4. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    5. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  9. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  10. グラフィック、タイトル、アニメーション
    1. グラフィックとタイトル
      1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
      2. タイトルの作成
      3. シェイプの作成
      4. テキストと図形の整列と分布
      5. スペルチェックおよび検索と置換
      6. テキストとシェイプへのグラデーションの適用
      7. レスポンシブデザイン機能のグラフィックへの追加
      8. タイトル用のモーショングラフィックステンプレートの使用
      9. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      10. データ駆動型モーショングラフィックステンプレートの使用
      11. ベストプラクティス:より高速なグラフィックワークフロー
      12. キャプションの操作
      13. 音声テキスト変換
      14. Premiere Pro での音声テキスト変換 | よくある質問
      15. Premiere Pro でのレガシータイトルの廃止 | よくある質問
      16. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
    2. アニメーションとキーフレーム
      1. キーフレームの追加、移動、設定
      2. エフェクトのアニメート
      3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
      4. キーフレームのオートメーションの最適化
      5. キーフレームの移動とコピー
      6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  11. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  12. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. 自動カラー補正
    3. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    4. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    5. ショット間のカラーを修正および一致
    6. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    7. ビネットの作成
    8. Look と LUT
    9. Lumetri スコープ
    10. カラーマネジメントの表示
    11. 放送用 HDR
    12. DirectX HDR サポートを有効にする
  13. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しを高速化
  14. 共同作業:Frame.io、プロダクションおよび Team Projects
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. プロダクション
      1. プロダクションの使用
      2. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
      3. ベストプラクティス:プロダクションの操作
    4. Team Projects
      1. Team Projects の新機能
      2. Team Projects の概要
      3. Team Projects の作成
      4. チームプロジェクトでメディアを追加および管理
      5. チームプロジェクトを使用した共同作業
      6. チームプロジェクト共同作業者との変更点の共有と管理
      7. チームプロジェクトをアーカイブ、復元または削除
  15. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  16. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  17. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定をリセット
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつき削除
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      5. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      6. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      7. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  18. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. MedInstia オフラインでの再リンク

Premiere Pro v22.3 に新しい読み込みおよび書き出しワークフローと、統合されたヘッダーバーを導入します。

新しい読み込み、書き出し、ヘッダーバーの各機能は、Premiere Pro の主要なワークフローを合理化し、それらの間を簡単に移動できるように設計されています。

新しい読み込みワークフロー

新しい読み込みワークフローにより、新規プロジェクトの作成や既存プロジェクトにメディアを追加するプロセスが合理化されます。これは、より視覚的なメディアファーストのワークフローであり、アセットを見つけやすく、タイムラインに素早くアクセスできるように設計されています。

新しい読み込みワークフローによって、ビデオプロジェクトのメディアを選択するプロセスが、より視覚的、直感的、かつ効率的になります。新規ユーザーにとっては、Premiere Pro のインストールおよび導入がより簡単に実行できるようになります。経験豊富なユーザーにとっては、新しい読み込みモードは、メディアに対する新しい考え方、つまりビジュアルメディアのためのビジュアルアプローチを提供します。

最初にプロジェクトに名前を付けてから、プロジェクトの場所を選択します。含めるアセットを選択し、「作成」をクリックします。Premiere Pro は、メディアをシーケンスとして読み込み、編集できる状態にします。

メディアをシーケンスとして取り込む(デフォルト)か、「シーケンスを作成」をオフにしてメディアをプロジェクトパネルに追加するだけにするか、ニーズに合わせて最適な読み込みワークフローを選択できます。

より具体的な読み込み要件がある場合は、プロジェクト名を指定し、場所を選択して、「作成」をクリックします。これにより、空のプロジェクトが作成され、メディアを追加する際に優先するワークフローを使用できるようになります。

新しい読み込みモードでは、様々なソースからメディアを収集し、定期的に使用する場所をお気に入りに登録することで、アクセスを高速化できます。

カメラカードの参照は簡単で、カメラのフォルダー構造は単なるメディアとして表示されます。 カメラカードや外部ドライブからメディアを読み込む場合、プロジェクトを編集しながら、選択したアセットをバックグラウンドでコピーできます。

読み込む前に、アセット用のビンを作成できます。 選択したアセットはウィンドウの下部にあるトレイに集められ、ストーリーがどのように構成されているかを垣間見ることができます。

Premiere Pro の既存のすべての機能は引き続き使用できます。ただし、新しい読み込みモードでは、すべての業種の読み込みワークフローがサポートされているわけではありません。 今後のリリースでは、新しい読み込みモードへの機能を追加する予定です。

詳しくは、ワークフローオプションの読み込みを参照してください。

サムネールをダブルクリックしてフルサイズでプレビューする機能は、現在はサポートされていません。この機能は、すぐに追加される予定です。

この機能は現在サポートされていません。 プロジェクトパネルまたはソースモニターに読み込んだ後で、インポイントとアウトポイントを追加できます。読み込む前にインポイントとアウトポイントを設定する機能は、まもなく追加する予定の機能リストに含まれています。

サムネールビューでは、タイムコードが切り捨てられるため、すばやく簡単にサムネールをスキャンできます。完全なタイムコードを表示するには、クリップのサムネールにカーソルを合わせるか、読み込みウィンドウの右上隅にある「リストビュー」アイコンをクリックします。

はい。リストビューでは、名前、メディアの種類、作成日でメディアを並べ替えることができます。他の並べ替えオプションは、今後のアップデートで追加されます。

お気に入りのドライブまたはフォルダーに移動し、ファイルパスの最後にあるスターアイコンをクリックします。読み込みウィンドウの左上隅にファイルパスが表示されます。

プロジェクトを開いているときに、メディアブラウザー内でドライブやフォルダーをお気に入りに登録(またはお気に入りを解除)することもできます。

はい。読み込みモードでは、MD5 チェックサム検証を使用するためのオプションを含めて、メディアをコピーできます。

「シーケンスを作成」を使用すると、選択内容をシーケンスに変換できます。「シーケンスを作成」をオンにすると、新規プロジェクトを作成する際に、タイムラインにメディアが事前入力された状態で Premiere Pro が開きます。

現在、読み込みモードでは、最初に選択したクリップに基づいてシーケンス設定が適用されます。シーケンス設定は、読み込み後に「編集」モードで変更できます。

フレームが正しく表示されない場合は、シーケンス設定が原因である可能性があります。フレームサイズ、フレームレート、カラースペースなどのシーケンス設定を変更するには、タイムラインパネルを選択し、シーケンスシーケンス設定を選択します。

はい。右側のパネルで、メディアをビンに読み込み、そのビンの名前を付けるオプションをオンに切り替えることができます。

ワークフローオプションの読み込み

現在、新しい読み込みモードでは、フォルダー構造を取り込むことはできません。 

サブフォルダーを含むフォルダーを読み込むには、読み込みモードを開き、プロジェクトの名前を指定して場所を選択します。次に、「作成」をクリックして、空のプロジェクトを作成します。編集モードでは、OS Finder(ファイル読み込み)を介して、またはメディアブラウザーを使用して、メディアフォルダーを追加できます。

OS Finder で、または読み込み後に、オーディオをプレビューできます。

読み込み後、プロジェクトパネルのソースモニターまたはフリーフォーム表示を使用して、クリップにインポイントとアウトポイントを追加します。

現在、フルフレーム再生は読み込みモードでは使用できません。クリップの詳細を確認するには、最初にクリップを読み込み、編集モードでソースモニターを使用します。

他の並べ替えオプションについては、読み込んだ後にプロジェクトパネルを使用できます。

よりシンプルなプロジェクトの場合、必要なビンごとに読み込みプロセスを繰り返すことができます。あるいは大規模なプロジェクトの場合は、OS Finder を使用してフォルダー構造を作成(または既存の構造をコピー)して、そこにメディアを追加し、ファイル読み込みまたはメディアブラウザーを使用して読み込むことができます。

編集モードでは、メディアブラウザーを使用して、.pproj ファイルまたは .aep ファイル(またはその一部)を読み込みます。

ファイル読み込みを使用して、交換フォーマットを読み込みます。

新しいヘッダーバー

新しいヘッダーバーにより、Premiere Pro 内で一元化されたナビゲーションを実現し、ビデオ編集プロセスのコアフェーズである読み込み、編集、書き出しを接続し、クイック書き出し、システム互換性レポート、ワークスペースの編集などの頻繁に使用される機能に直接アクセスできます。

新しいヘッダーバーを使用すると、Premiere Pro 内ですっきりした合理的なナビゲーションが行えます。ヘッダーバーの左側にある、「読み込み」、「編集」、「書き出し」タブでビデオ作成処理のメインエリアにアクセスできます。現在のプロジェクト名は、ヘッダーバーの中央に表示されます。編集モードでは、カスタマイズ可能なドロップダウンメニューからワークスペースを利用できます。またクイック書き出しには プリセットマネージャー が追加されました。

編集モードでは、ヘッダーバー右側のドロップダウンメニューから、編集用ワークスペース(編集オーディオカラーなど)にアクセスできます。

ワークスペースメニューをカスタマイズし、現在のワークスペース名をヘッダーバーに表示したり、すべてのワークスペースを表示して、それぞれをクリックして開けるようにしたりできます。

また、ウィンドウメニューからワークスペースにアクセスしたり、独自のキーボードショートカットを使用したりすることもできます。

クイック書き出しプリセットマネージャーが追加されたため、定期的に使用する出力形式をカスタマイズしてお気に入りに登録し、編集しながらすばやく書き出せるようになりました。

新しい書き出しワークフロー

新しい書き出しワークフローでは、コンテンツの出力先に焦点を当てることで、完成したビデオを配信する処理を合理化しています。 人気のソーシャルプラットフォーム(YouTube、Facebook、Twitter など)用に最適化されたレンダリング設定が表示され、簡単に詳細設定にアクセスできます。

新しい書き出しモードは、完成したビデオに対するターゲットの宛先から開始することで書き出しのプロセスを合理化し、ビデオをオンラインプラットフォームに直接投稿する機能も備えています。書き出し先に切り替えます。各書き出し先を選択して、推奨される書き出しプリセットを確認します。準備ができたら、「書き出し」をクリックします。その他の書き出しプリセットオプションを検索したり、独自のプリセットをカスタマイズして保存するには、プリセットマネージャーを使用します。

公開先となる宛先を選択すると、各ソーシャルプラットフォームの右側にある「公開」タブにログインオプションが表示されます。そこにチャンネルまたはアカウント情報を入力します。そのプラットフォームに書き出しする際に、Premiere Pro に完成したビデオをアップロードするように選択できます。「プライベート」を選択して、ビデオを確認してからチャンネルに公開してください。

新しいワークフローでも、Premiere Pro のすべての書き出しプリセットは引き続き使用できます。プリセットドロップダウンメニューを開き、プリセットマネージャーを選択して、書き出しプリセットの完全なリストを表示します。

プリセットマネージャーでは、お気に入りを設定して、ドロップダウンメニュー(およびクイック書き出し)に表示するプリセットを指定できます。

自動的にアップロードすることで、時間を節約し、ワークフローの手順の数を減らすことができます。書き出しファイルは、アップロード後に削除できます。ローカルドライブのスペースを節約できます。

書き出しを自動的にアップロードする必要はありません。デバイスで事前にビデオをプレビューしたい場合は、プラットフォーム用に最適化されたビデオをローカルに書き出して、後から手動でアップロードできます。非公開でアップロードし、プラットフォームでビデオを確認する方法もあります。

現在は、BehanceCreative CloudFacebookYouTubeVimeoFTP サイトに直接書き出しできます。他のプラットフォームに書き出すには、ローカル(メディアファイル)に書き出して、手動でアップロードしてください。

各宛先のプリセットドロップダウンメニューから、プリセットマネージャーを開きます。

プリセットマネージャーを開いてカスタムプリセットを保存します。 また、既存のプリセットを検索し、それらを修正して、カスタムプリセットとして保存することもできます。

星をクリックしてプリセットをお気に入りに登録し、書き出しモードおよびクイック書き出しのドロップダウンメニューに追加します。

はい。プリセットマネージャー を開き、プリセットマネージャーウィンドウの下部にある目的のオプションを選択します。

ご質問またはアイデアがある場合は、

新しい読み込み、書き出し、ヘッダーバー機能について質問がある場合は、Premiere Pro コミュニティで確認してください。お客様からのご連絡をお待ちしています。

詳細

アドビのロゴ

アカウントにログイン