パネルの操作

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro 必要システム構成
    5. Premiere Pro のキーボードショートカット
    6. Premiere Pro のアクセシビリティ
  3. プロジェクトの作成
    1. プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  4. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. パネルの操作
    3. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
  5. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタイズ
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送と読み込み
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  6. 編集
    1. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. クリップをシーケンスに追加する
      3. シーケンスでのクリップの並べ替え
      4. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      5. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      6. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      7. マーカーの操作
      8. シーン編集の検出
    2. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    3. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. オーディオクリップミキサーを使用したモニタークリップのボリュームおよびパン
      6. オーディオバランスとパンについて
      7. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      8. オーディオエフェクトとトランジション
      9. オーディオトランジションの操作
      10. オーディオへのエフェクトの適用
      11. 「ラウドネスレーダー」エフェクトを使用したオーディオの測定
      12. オーディオミックスの録音
      13. タイムラインでのオーディオの編集
      14. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      15. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    4. 高度な編集
      1. マルチカメラの編集ワークフロー
      2. 長編映画の編集ワークフロー
      3. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイを設定および使用
      4. VR の編集
    5. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
  7. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライザ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  8. グラフィック、タイトル、アニメーション
    1. グラフィックとタイトル
      1. タイトルとモーショングラフィックスの作成
      2. Premiere Pro でのテキストグラデーションの適用
      3. タイトル用のモーショングラフィックステンプレートの使用
      4. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      5. データ駆動型モーショングラフィックステンプレートの使用
      6. ベストプラクティス:より高速なグラフィックワークフロー
      7. レスポンシブデザイン機能のグラフィックへの追加
      8. キャプションの操作
      9. 音声テキスト変換
      10. Premiere Pro での音声テキスト変換 | よくある質問
      11. レガシータイトルをソースグラフィックにアップグレードする
    2. アニメーションとキーフレーム
      1. キーフレームの追加、移動、設定
      2. エフェクトのアニメート
      3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
      4. キーフレームのオートメーションの最適化
      5. キーフレームの移動とコピー
      6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  9. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  10. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. Lumetri Look を使用したカラーでのクリエイティブ管理
    3. RBG および色相 / 彩度カーブを使用したカラーの調整
    4. ショット間でのカラーの補正
    5. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    6. ビネットの作成
    7. Lumetri スコープ
    8. カラーマネジメントの表示
    9. 放送用 HDR
    10. DirectX HDR サポートを有効にする
  11. メディアの書き出し
    1. 書き出しのワークフローと概要
    2. クイック書き出し
    3. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    4. 静止画像の書き出し
    5. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    6. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    7. Panasonic P2 形式への書き出し
    8. DVD または Blu-ray ディスクへの書き出し
    9. ベストプラクティス:高速に書き出す
  12. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  13. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロダクションの使用
    8. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
    9. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    10. メタデータの管理
    11. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:プロダクションの操作
      2. ベストプラクティス:放送制作から学習する
      3. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  14. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定をリセット
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつきの抑制
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      2. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      3. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      4. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  15. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニター
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. オフラインメディアの再リンク

パネルの切り替え

キーボードショートカットを使用して、パネルを順番にアクティブにできます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 右に向かってパネルを順番にアクティブにするには、Ctrl + Shift + .(ピリオド)キー(Windows)または Control + Shift + .(ピリオド)キー(Mac OS)を押します。

    • 左に向かってパネルを順番にアクティブにするには、Ctrl + Shift + ,(コンマ)キー(Windows)または Control + Shift + ,(コンマ)キー(Mac OS)を押します。

      パネルをアクティブにするための手順およびキーボードショートカットについては、Kevin Monahan のブログ投稿を参照してください。

フルスクリーンでのパネルの表示

パネルを画面全体に表示するフルスクリーンモードと通常の表示を切り替えることができます。この操作は、現在フォーカスされているパネルやマウスポインタの下にあるパネルに実行できます。

  1. 最大化するパネルの上にマウスカーソルを置きます。
  2. アクセント記号(`)キーを押します。米国版のキーボードの場合、このキーは 1 の数字キーの左にあります。このキーは、バッククオートキーまたはチルダキーになっている場合もあります。パネルサイズを元に戻すには、もう一度アクセントキーを押します。

    ウィンドウ/フレームを最大化を選択して、選択したパネルを最大化することもできます。パネルサイズを元に戻すには、ウィンドウ/フレームサイズを戻すを選択します。また、Shift + アクセントキーを押して選択したパネルを最大化することもできます。マウスカーソルを置いたパネルのサイズを切り替えるには、アクセントキーを押します。

    注意:

    米国版以外のキーボードで操作するコンピューターに Adobe Premiere Pro をインストールする場合、「カーソルがあるフレームを最大化または戻す」コマンドはアクセントキー以外のキーにマッピングされます。「カーソルがあるフレームを最大化または戻す」(およびこれと対になる「アクティブフレームを最大化または戻す」)のキーは、キーボードショートカットダイアログボックスに一覧表示されます。このコマンドを見つけるには、「Adobe Premiere Pro 初期設定」セットを選択します。次に、メニューから「アプリケーション」を選択します。「ヘルプ」という見出しの下にある「カーソルがあるフレームを最大化または戻す」までスクロールし、最適なキーボードショートカットを設定します。

パネルオプションの表示

  1. パネルの右上にあるパネルメニューアイコン をクリックします。

    注意:

    パネルを最小化した状態でも、パネルメニューを開くことができます。

    注意:

    Photoshop では、パネルおよびツールヒントのテキストのフォントサイズを変更できます。インターフェイス環境設定で、UI のフォントサイズメニューからサイズを選択します。

コンテキストメニューとパネルメニューの表示

画面上部のメニューに加えて、それぞれのコマンドは、コンテキストメニューから選択することもできます。コンテキストメニューには、現在アクティブなツールまたは選択されたアイテムに関連するコマンドが表示されます。また、パネルメニューには、アクティブなパネルに関連するコマンドが表示されます。

  • パネルメニューを表示するには、パネルの右上隅にあるボタン をクリックします。

  • コンテキストメニューを表示するには、パネルを右クリックします。

ツールパネルとオプションパネル

オプションパネルを開くと、初期設定でメニューバーの下にある水平方向のドッキングエリアにオプションバーとして表示されます。ほかのパネルと同様に、オプションパネルをドッキング解除、移動、再ドッキングすることができます。初期設定では、オプションパネルにはワークスペースのメニューと CS サービスへのリンクが表示されます。ツールパネルをオプションパネルにドッキングすることもできます。

ツール

ツールを選択すると、ポインターの形状が選択したツールに従って変化します。例えば、レーザーツールを選択し、ポインターをタイムラインパネルのクリップの上に置くと、アイコンがレーザー の形状に変化します。ただし、選択ツールアイコン は、現在実行されているタスクを反映した形状に変化することがあります。場合によっては、ツールを使用するときに補助キー(Shift キーなど)を押すと機能が変わり、アイコンもそれに従って変化します。ツールは、ツールパネルから選択するか、もしくはキーボードショートカットを使用して選択できます。またツールパネルは、パネルのサイズを変更したり、縦方向や横方向に表示させることができます。

注意:

ツールの初期設定は選択ツールになっており、特別な機能を使用する場合を除いて、常に選択ツールを利用します。自分の思っているとおりに動作しない場合には、まず選択ツールが選択されていることを確認してみてください。

ツールボックス

A. 選択ツール B. リップルツール C. レート調整ツール D. スリップツール E. ペンツール F. 手のひらツール G. トラックの前方選択ツール H. ローリングツール I. レーザーツール J. スライドツール K. ズームツール 

タイムラインパネルでツールを使用するには、ツールをクリックするか、対応するキーボードショートカットを押します。 ツールにカーソルを合わせると、名前とキーボードショートカットが表示されます。

選択ツール

クリップ、メニュー項目、およびユーザーインターフェイス内のその他のオブジェクトを選択するための標準的なツールです。 通常、その他の特殊ツールを使い終わったら選択ツールを選択しておくと、効率的に操作することができます。 選択ツールの使用方法について詳しくは、1 つまたは複数のクリップの選択を参照してください。

トラック選択ツール

このツールは、シーケンス内のカーソルの右側にあるすべてのクリップを選択する場合に選択します。 トラック内のクリップとその右側にあるすべてのクリップを選択するには、クリップをクリックします。すべてのトラックのクリップとその右側にあるすべてのクリップを選択するには、Shift キーを押しながらクリップをクリックします。 Shift キーを押すと、トラック選択ツールがマルチトラック選択ツールに変わります。トラック選択ツールの使用方法について詳しくは、1 つまたは複数のクリップの選択および特定のトラック上のすべてのクリップの削除を参照してください。

リップルツール

このツールは、タイムライン内のクリップのインポイントまたはアウトポイントをトリミングする場合に選択します。 リップルツールでは、編集によって生じたスペースが削除され、トリミングしたクリップの左または右に行ったすべての編集操作が維持されます。リップルツールの使用方法について詳しくは、ローリング編集とリップル編集または Andrew Devis によるリップルツールに関するビデオチュートリアルを参照してください。

ローリングツール

このツールは、タイムライン内の 2 つのクリップ間の編集ポイントをロールする場合に使用します。ローリングツールは、2 つのクリップの合計デュレーションを維持したまま、一方のクリップのインポイントともう一方のクリップのアウトポイントを同時にトリミングします。ローリングツールの使用方法について詳しくは、ローリング編集とリップル編集または Andrew Devis によるローリングツールに関するビデオチュートリアルを参照してください。

レート調整ツール

このツールは、再生速度を速くしてタイムライン内のクリップを短くしたり、再生速度を遅くしてタイムライン内のクリップを長くする場合に使用します。 レート調整ツールは、速度とデュレーションを変更しますが、クリップのインポイントとアウトポイントは変更しません。 レート調整ツールの使用方法について詳しくは、レート調整ツールを使用したクリップ速度とデュレーションの変更または Andrew Devis によるレート調整ツールの解説ビデオを参照してください。

レーザーツール

このツールは、タイムライン内のクリップを 1 箇所または複数の位置で分割する場合に使用します。 クリップの特定の位置をクリックすると、その位置でクリップが正確に分割されます。 すべてのトラックのクリップを特定の位置で分割するには、任意のクリップの特定の位置を Shift キーを押しながらクリックします。 レーザーツールの使用方法について詳しくは、レーザーツールを使用した 1 つまたは複数のクリップの分割またはカットまたは Andrew Devis によるレーザーツールの解説ビデオを参照してください。

スリップツール

このツールは、デュレーション(インポイントとアウトポイント間の時間的長さ)を保ったまま、タイムライン内のクリップのインポイントとアウトポイントを同時に変更するのに使用します。例えば、タイムライン内で 10 秒のクリップを 5 秒にトリミングした場合、スリップツールを使用して、10 秒間のどの部分をタイムラインに表示するかを指定することができます。スリップツールの使用方法について詳しくは、スリップ編集とスライド編集または Andrew Devis によるスリップツールの解説ビデオを参照してください。

スライドツール

このツールは、クリップをタイムライン内で左または右に移動して、そのクリップの両側にあるクリップを同時にトリミングする場合に選択します。 3 つのクリップの合計デュレーションとタイムラインでのグループの位置は保たれます。 スライドツールの使用方法について詳しくは、スリップ編集とスライド編集または Andrew Devis によるスライドツールの解説ビデオを参照してください。

ペンツール

このツールは、タイムライン内のキーフレームを設定または選択したり、接続線を調整する場合に選択します。 接続線を調整するには、接続線を垂直方向にドラッグします。キーフレームを設定するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら接続線上をクリックします。連続していないキーフレームを選択する場合は、Shift キーを押しながらクリックします。連続しているキーフレームを選択するには、それらを囲むようにドラッグします。 ペンツールの使用方法について詳しくは、キーフレームの選択を参照してください。

手のひらツール

このツールは、タイムラインの表示エリアを右または左に移動する場合に選択します。 表示エリアの任意の場所で左または右にドラッグします。

ズームツール

このツールは、タイムラインの表示エリアをズームインまたはズームアウトする場合に選択します。 表示エリアをクリックすると、1 段階ごとにズームインします。 Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらクリックすると、1 段階ごとにズームアウトします。 ズームツールの使用方法について詳しくは、シーケンス内の移動を参照してください。

オプションパネルを開く

  • ウィンドウ/オプションを選択します。

ツールパネルのオプションパネルへのドッキング

  1. ツールパネル内のパネルメニューアイコンをクリックします。

  2. 「オプションパネルにドッキング」を選択します。

ツールパネルのオプションパネルからのドッキング解除

  1. オプションパネルで、選択ツールの左側にある点線の領域をクリックします。

    Premiere Pro は、オプションパネルからツールパネルを取り除き、オプションパネルにドッキングする前に表示されていた元の位置に戻します。

情報パネル内のクリップ情報

情報パネルには、選択項目に関するデータ、およびタイムラインの時間インジケーターの下にあるクリップのタイムコード情報が表示されます。

パネルの上部には、現在選択している項目の情報が表示されます。メディアタイプ、作業中のパネルなどにより、表示される情報は異なります。例えば、タイムラインパネルの空きスペースまたはプロジェクトパネル内のクリップに固有の情報が表示されます。

ビデオ

フレームレート、フレームサイズ、ピクセル縦横比の順に情報が表示されます。

オーディオ

サンプルレート、ビット数、チャンネルの順に情報が表示されます。

テープ

テープ名が表示されます。

イン

選択したクリップのインポイントのタイムコードが表示されます。

アウト

選択したクリップのアウトポイントのタイムコードが表示されます。

デュレーション

選択したクリップのデュレーションが表示されます。

現在選択しているデータの下にあるセクションには、各ビデオトラックおよびオーディオトラック内のアクティブなシーケンスおよびクリップのタイムコード値が表示されます。各トラックの情報はタイムラインでの重なり順と同じ順序で表示されるので、トラックに関連する値が一目でわかります。ビデオトラックタイムコードは上に行くほど大きいトラック番号が付けられ、オーディオトラックは下に行くほど大きいトラック番号が付けられます。このセクションが空になるのは、すべてのシーケンスを閉じた場合だけです。

現在のシーケンスからトラックを追加または削除すると、情報パネルは更新され、シーケンス内の正確なトラック数が表示されます。トラック数には上限はありません。同様に、別のシーケンスに切り替えると、情報パネルは更新され、切り替えたシーケンス内の正確なトラック数が表示されます。

情報パネルは現在選択している項目および時間インジケーターの下にあるすべてのトラック項目のタイムコードを表示します。再生ヘッドがタイムラインの空き領域に来ると、トラックのタイムコード値は表示されませんが、トラックラベルは表示されたままになります。タイムコードは、シーケンス内のトラックの実際のレイアウトと同じ順序で縦に並んで表示されます。

情報パネル

A. 選択したクリップの名前 B. 選択したクリップのデータ C. テープ名 D. クリップの開始ポイントと終了ポイントのシーケンスタイムコード位置 E. アクティブシーケンスの名前 F. 時間インジケーターの選択したクリップ内のソースのタイムコード位置 G. 時間インジケーターのビデオトラック上のクリップにあるソースのタイムコード位置 H. 時間インジケーターのオーディオトラック上のクリップにあるソースのタイムコード位置 

注意:

環境設定ダイアログボックスのパネルの一部の初期設定の動作を変更することができます。詳しくは、環境設定を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン