Premiere Pro でグラフィックワークスペースを使用して、モーショングラフィックスおよびタイトルを作成する方法について学習します。

Premiere Pro のグラフィックワークスペースおよびエッセンシャルグラフィックスパネルは、Premiere Pro 内でタイトル、ブランドアイデンティティ、その他のグラフィックを直接作成でき、After Effects または Premiere Pro で作成されたモーショングラフィックステンプレート(.mogrt ファイル)をカスタマイズできる、強力なタイトル作成およびモーショングラフィックスワークフローを備えています。

Premiere Pro のエッセンシャルグラフィックスパネル

Premiere Pro のエッセンシャルグラフィックスパネル
Premiere Pro のエッセンシャルグラフィックスパネルを使用する方法について詳しくは、このビデオをご覧ください。

Premiere Pro でグラフィックの作成

グラフィックワークスペースを使用すると、タイトル、画面下部タイトル、バンパーなどのグラフィックを Premiere Pro 内で直接作成することができます。グラフィックは、文字ツールやシェイプツールを使用してプログラムモニターで直接作成し、エッセンシャルグラフィックスパネルの機能を使用して調整できます。

Premiere Pro でグラフィックワークフローを使用するには

  1. グラフィックワークスペースを開きます。

  2. 画面上部にあるワークスペースバーで「グラフィック」をクリックするか、メインメニューでウィンドウ/ワークスペース/グラフィックを選択します。

  3. 独自のワークスペースを構成する場合は、ウィンドウ/エッセンシャルグラフィックスを選択して、直接エッセンシャルグラフィックスパネルを開くこともできます。

Premiere Pro CC のモーショングラフィックステンプレート

Premiere Pro CC のモーショングラフィックステンプレート
モーショングラフィックステンプレートの使用方法については、このビデオをご覧ください。

  • Photoshop のレイヤーと同様に、グラフィッククリップには複数のテキストおよびシェイプレイヤーを含むことができ、シーケンス内で単一のクリップとして編集できます。最初にテキストまたはシェイプレイヤーを作成すると、タイムラインの再生ヘッドの位置に、そのレイヤーを含むグラフィッククリップが作成されます。シーケンスで既にグラフィッククリップが選択されている場合は、作成したテキストまたはシェイプレイヤーが既存のグラフィッククリップに追加されます。
  • エッセンシャルグラフィックスパネルを使用して、レイヤーを確認したり、グラフィックを調整したりできます(個別のレイヤーのアピアランスの調整、レイヤーの順序の変更、時間および位置に対するレスポンシブデザイン機能の利用など)。
  • エフェクトコントロールパネルで、レイヤーにキーフレームを設定して、グラフィックにアニメーションを追加します。
  • Premiere Pro で作成する任意のグラフィックをモーショングラフィックステンプレート(.mogrt)として Creative Cloud ライブラリまたはローカルディスクに書き出して、共有または再利用できます。 
  • エッセンシャルグラフィックスパネルでは、ローカルまたは Creative Cloud ライブラリに保存されたモーショングラフィックステンプレート(.mogrt)を参照することもできます。
テキストとアピアランスを調整
テキストとアピアランスを調整

テキストレイヤーの作成

  1. ツールパネルから横書き文字ツール (T) または縦書き文字ツールを選択します。

  2. テキストを配置するプログラムモニターをクリックして、入力を開始します。シングルクリックするとそのポイントにテキストが作成されますが、ドラッグするとボックス内にテキストが作成されます。

  3. プログラムモニターでテキストレイヤーおよびシェイプレイヤーを直接操作するには、選択ツール (V) を使用します。レイヤーの位置の調整、アンカーポイントの変更、スケールの変更、テキストボックスのサイズ変更、回転が可能です。

  4. エッセンシャルグラフィックスパネルの「編集」タブを使用して、テキストのアピアランスを調整します(フォント、フォントサイズ、様々な形式およびアピアランスの制御など)。

    横書き文字ツール
    横書き文字ツール

シェイプレイヤーの作成

Premiere Pro には、長方形ツール、楕円ツール、自由な形状のシェイプやパスを作成するためのペンツールがあります。

シェイプレイヤーを作成するには

  1. シェイプやパスを作成するには、プログラムモニターで目的のシェイプツールを使用します。

    注意:

    正方形や円などの縦横比が固定されたシェイプを作成したり、ペンツールで直線を作成したりするには、Shift キーを押しながらドラッグします。

  2. 位置、スケール、回転、アンカーポイントへの変更など、シェイプを直接操作するには、選択ツール (V) を使用します。

  3. ペンツール (P) は、シェイプの頂点およびハンドルを操作するのに使用できます。

  4. エッセンシャルグラフィックスパネルの「編集」タブを使用して、シェイプのアピアランスを編集します。

    シェイプツール
    シェイプツール

クリップレイヤーの作成

グラフィック内のレイヤーとして、画像およびビデオソースを追加できます。 

クリップレイヤーを作成するには

  1. エッセンシャルグラフィックス/ファイルから選択/新規項目を選択します。

  2. また、タイムラインでグラフィッククリップを選択し、ビデオまたは画像のマスタークリップをプロジェクトパネルからエッセンシャルグラフィックスパネルのレイヤーパネルにドラッグすることでも、グラフィックにクリップレイヤーを作成できます。

グラフィックのレイヤーのアニメート

エフェクトコントロールパネルでキーフレームを使用して、テキストレイヤー、シェイプレイヤー、パスをアニメートできます。グラフィックにアニメーションを追加するには

  1. エフェクトコントロールパネルで、アニメートするレイヤーを指定します。

  2. 目的のプロパティのアニメーションを切り替えるには、ストップウォッチアイコンをクリックします。

  3. キーフレームの追加/削除をクリックして、目的のエフェクトを設定します。

  4. ベジェ曲線イーズイン/イーズアウトなどの補間設定にアクセスするには、キーフレームを右クリックします。

レスポンシブデザイン機能のグラフィックへの追加

モーショングラフィックスのレスポンシブデザインによって、デュレーションやレイヤーの位置の変化にインテリジェントに反応するロールやグラフィックをデザインできます。

レスポンシブデザイン - 時間

通常、イントロおよびアウトロとして使用されるアニメーションを保持できます。

イントロおよびアウトロのアニメーションの保持

たとえグラフィックの全体的なデュレーションが変更される場合でも、イントロおよびアウトロのアニメーションを保持するグラフィックのセグメントを定義できます。これらの時間範囲内に含まれるキーフレームは、クリップの先頭および末尾に固定されるので、アニメーションの開始と終了を維持しながら、グラフィッククリップの全体的なデュレーションを変更できます。

タイムラインとエフェクトコントロールパネルのグラフィッククリップ上の透明な白いオーバーレイは、クリップのイントロおよびアウトロセグメントを示します。これらのセグメントは、エッセンシャルグラフィックスパネルまたはエフェクトコントロールパネルで定義できます。

レスポンシブデザインの設定 - 時間
レスポンシブデザインの設定 - 時間

エッセンシャルグラフィックスパネルを使用してイントロおよびアウトロのセグメントを定義し、これらのセグメントにアニメーションを保持するには

  1. タイムラインでグラフィックを選択し、エッセンシャルグラフィックスパネルの「編集」タブに移動します。

     

  2. 選択したグラフィックで、個々のレイヤーが選択されていないことを確認します。

  3. イントロの長さ」で、タイムコードコントロールを使用して、イントロ/開始セクションとして定義する時間を指定します。

  4. アウトロの長さ」で、タイムコードコントロールを使用して、アウトロ/終了セクションとして定義する時間を指定します。

エフェクトコントロールパネルを使用してイントロおよびアウトロのセグメントを定義し、これらのセグメントにアニメーションを保持するには:

イントロおよびアウトロセグメントのアニメーションの保持

  1. タイムラインでグラフィックを選択し、エフェクトコントロールパネルに移動します。

  2. エフェクトコントロールパネルの上部にあるモーションのコントロールの上に、選択したクリップの先頭と末尾に小さな青いハンドルが表示されます。

  3. 左ハンドルを外側へドラッグして、イントロ/開始セグメントを定義します。指定した時間範囲内に含まれるすべてのキーフレームをカバーする透明な白いオーバーレイが表示されます。

  4. 右ハンドルを外側へドラッグして、アウトロ/終了セグメントを定義します。指定した時間範囲内に含まれるすべてのキーフレームをカバーする透明な白いオーバーレイが表示されます。

イントロとアウトロのデュレーションを指定するキーボードショートカット

Premiere Pro/キーボードショートカットで表示されるキーボードショートカットのマップを使用して、イントロとアウトロのデュレーションを指定するためのキーボードショートカットを設定できます。初期設定では、これらのキーボードショートカットは割り当てられていません。以下のコマンドを使用して、キーボードショートカットを割り当てます。

  • イントロの終了を設定
  • アウトロの開始を設定

イントロとアウトロのデュレーションのキーボードショートカットを使用するには

  1. イントロまたはアウトロのアニメーションを保持するタイムラインでグラフィッククリップを選択します。

  2. イントロまたはアウトロを設定する位置に再生ヘッドを配置し、割り当てたキーボードショートカットを押します。

    注意:

    このキーボードショートカットは、タイムラインが選択されている場合にのみ有効になります。

ロールの作成

ロールを有効にすると、画面上を垂直方向に移動するタイトルやクレジットロールを作成できます。ロールが有効になっている場合、プログラムモニターに透明な青のスクロールバーが表示されます。

このスクロールバーを使用すると、タイムラインで再生ヘッドや CTI を特定の場所に移動する必要なしに、クレジットロールのテキストおよびグラフィックスをスクロールして、簡単に編集できます。

グラフィックに対してロールを有効にするには

  1. タイムラインでグラフィッククリップを選択し、エッセンシャルグラフィックスパネルの「編集」タブに移動します。

    ロールの有効化
    ロールの有効化
  2. 選択したグラフィックで、個々のレイヤーが選択されていないことを確認します。

  3. クレジットロールを有効にするには、「ロール」の横にあるチェックボックスをオンにします。

  4. グラフィックのオフスクリーンを開始するか終了するかを指定します。

  5. 各プロパティのタイムコードを使用して、プリロールポストロールイーズインイーズアウトのタイミングを調整します。

    ロールスクロールバー
    ロールスクロールバー

レスポンシブデザイン - 位置

レスポンシブデザインの位置ベースのコントロールを使用すると、グラフィック内のレイヤー間、またはビデオフレーム自体との間の関係を定義できます。特定の位置に基づくレスポンシブデザインを適用することで、タイトルや画面下部タイトルの長さが変わったときに自動的に適用されるように、またはあるレイヤーが別のレイヤーの位置とスケールのプロパティを追跡するように、グラフィックをデザインできます。 

プログラムモニター上の小さな青いピンは、現在選択されているレイヤーが別のレイヤーに固定されているかどうかを示します。

レイヤー間の位置関係を定義するには

  1. タイムラインでグラフィッククリップを選択し、エッセンシャルグラフィックスパネルの「編集」タブに移動します。

  2. 別のレイヤーの変更に反応させるレイヤーを選択します。

  3. レスポンシブデザイン - 位置/固定先で、現在選択されているレイヤーを固定するレイヤーを指定します。現在選択されているレイヤーが、ドロップダウンリストで選択したレイヤーの子になります。

  4. 右側の図を使用して、子レイヤーを固定するエッジを、親のとして定義します。

    注意:

    一度にすべてのエッジの固定のオンとオフを切り替えるには、中央にある四角形を使用します。

  5. 選択されたレイヤーが、親レイヤーの位置、長さ/幅、スケールの変化に反応するようになります。プログラムモニターでこのレイヤーを選択すると、その親レイヤーの固定されたエッジ上に小さな青いピンが表示されます。

    レスポンシブデザインの設定 - 位置
    レスポンシブデザインの設定 - 位置

マスタースタイル

マスタースタイルを使用すると、フォント、色、サイズなどのテキストのプロパティをプリセットとして定義できるので、タイムラインの複数のグラフィックの複数のレイヤーに対してスタイルをすばやく適用したり、リップルアウトしたりできます。グラフィッククリップやグラフィッククリップ内のテキストレイヤーにマスタースタイルを適用すると、マスタースタイルに対するすべての変更がテキストに自動的に継承され、複数のグラフィックを一度にすばやく変更できます。

レイヤーをマスタースタイルに更新
レイヤーをマスタースタイルに更新

マスタースタイルを作成するには:

マスタースタイルを使用すると、フォント、色、サイズなどのテキストのプロパティをプリセットとして定義できるので、タイムラインの複数のグラフィックの複数のレイヤーに対してスタイルをすばやく適用したり、リップルアウトしたりできます。グラフィッククリップやグラフィッククリップ内のテキストレイヤーにマスタースタイルを適用すると、マスタースタイルに対するすべての変更がテキストに自動的に継承され、複数のグラフィックを一度にすばやく変更できます。

マスタースタイルを作成するには

  1. タイムラインでグラフィッククリップを選択し、エッセンシャルグラフィックスパネルの「編集」タブに移動します。

  2. テキストレイヤーを選択し、フォント、サイズ、アピアランスに関するスタイルのプロパティを指定します。

  3. 目的の外観を設定する場合、「マスタースタイル」セクションでドロップダウンリストからマスターテキストスタイルを作成を選択します。

  4. テキストスタイルの名前を付けte、「OK」をクリックします。

  5. マスタースタイルがプロジェクトパネルに表示され、マスタースタイルドロップダウンリストで使用できるようになるので、プロジェクト内の他のテキストレイヤーおよびグラフィッククリップにすばやく適用できます。

    グラフィックへのマスタースタイルの適用
    グラフィックへのマスタースタイルの適用

マスタースタイルを作成すると、スタイルのサムネール画像がプロジェクトパネルに追加されます。グラフィック内のすべてのテキストレイヤーを一度に更新するには、タイムラインの 1 つ以上のグラフィックオブジェクトにこのサムネールをドラッグ&ドロップします。

また、エッセンシャルグラフィックスパネルでテキストレイヤーを選択し、ドロップダウンリストから目的のマスタースタイルを選択することで、タイトルの個々のテキストレイヤーを特定のスタイルに更新することもできます。

マスターグラフィック

マスターグラフィックにアップグレード」オプションを使用して、シーケンス内のグラフィッククリップからプロジェクトパネルにマスタークリップ項目を作成できます。マスターグラフィックから作成されたグラフィッククリップは、アップグレードしたものも含めて、互いの複製です。マスターグラフィックのインスタンスのテキスト、スタイルまたはコンテンツに対する変更は、マスターグラフィックの他のすべてのインスタンスに反映されます。

マスターグラフィックを作成するには

  • グラフィック/マスターグラフィックにアップグレードを選択します。

Premiere Pro からのモーショングラフィックステンプレートの書き出し

  • 将来の再利用または共有のために現在のグラフィッククリップ(すべてのアニメーションを含む)を .mogrt に変換するには、グラフィック/モーショングラフィックステンプレートを書き出しを選択します。

    注意:

    この書き出し機能は、After Effects で作成された .mogrt ファイル用ではなく、Premiere Pro で作成されたグラフィックに対してのみ使用できます。 

    モーショングラフィックステンプレートとして書き出し
    モーショングラフィックステンプレートとして書き出し

モーショングラフィックステンプレートと Adobe Stock

Premiere Pro では、.MOGRT ファイルを Adobe Stock に書き出したり、Adobe Stock で使用可能な .MOGRT ファイルを使用することもできます。

モーショングラフィックスと Adobe Stock

モーショングラフィックスと Adobe Stock
モーショングラフィックステンプレートと Adobe Stock のワークフローについて詳しくは、このビデオをご覧ください

Premiere Pro では、.MOGRT ファイルを Adobe Stock に書き出したり、Adobe Stock で使用可能な .MOGRT ファイルを使用することもできます。

  1. Premiere Pro から Adobe Stock に .MOGRT ファイルを書き出してパブリッシュできます。モーショングラフィックステンプレートをパブリッシュするには、編集/書き出し設定/パブリッシュ/Adobe Stock を選択します。

  2. Adobe Stock で使用可能なモーショングラフィックステンプレート(.MOGRT ファイル)を使用するには、Creative Cloud ライブラリ(ライブラリパネル)を開き、ウィンドウ/ライブラリをクリックします。

  3. カート」をクリックしてライセンス認証をおこない、モーショングラフィックステンプレートファイルを現在のライブラリに読み込みます。

シーケンスへのモーショングラフィックステンプレートの追加

  1. エッセンシャルグラフィックスパネルからテンプレートを追加するには、エッセンシャルグラフィックスパネルを開いて「参照」タブをクリックします。

  2. 使用するテンプレートを選択して、シーケンスのビデオトラックにドラッグします。

  3. シーケンスにテンプレートを追加すると、テンプレートの読み込みが完了するまで、Premiere Pro ではメディアがオフラインとして表示されます。追加したテンプレートで必要とされるフォントがインストールされていない場合は、見つからないフォントを解決することができます。

  4. トラック項目テンプレートをマスタークリッププロジェクト項目に変換するには、タイムラインパネルからプロジェクトパネルへドラッグ&ドロップします。

  5. シーケンスにテンプレートを追加したら、テンプレートのパラメーターをエッセンシャルグラフィックスパネルで制御して、アピアランスを変更できます。

モーショングラフィックステンプレートの調整方法

  1. テンプレートを制御するには、シーケンス内でテンプレートを選択します。

  2. エッセンシャルグラフィックスパネル/編集を選択し、必要に応じてテンプレートのコントロールを変更します。

  3. テンプレートは、コントロールが変更されると更新されます。 

タイトル機能を使用したグラフィックの作成

Adobe Premiere Pro では、エッセンシャルグラフィックスパネルを使用してビデオに直接、簡単にタイトルを作成できます。レイヤーにテキストや図形を追加して、そのレイヤーを並べ替えたり調整したりできます。また、タイトルをモーショングラフィックステンプレートとして保存すれば、再利用も共有も可能です。

Premiere Pro のタイトル機能を使用したグラフィックスの作成

Premiere Pro のタイトル機能を使用したグラフィックスの作成
Premiere Pro のタイトル機能を使用してグラフィックスを作成する方法について詳しくは、このビデオをご覧ください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー