このページでは、Premiere Pro のエッセンシャルグラフィックスパネルおよびモーショングラフィックステンプレートの使用方法について説明します。

Premiere Pro のエッセンシャルグラフィックスパネルの使用

Premiere Pro のエッセンシャルグラフィックスパネルの使用
Premiere Pro のエッセンシャルグラフィックスパネルを使用する方法について詳しくは、このビデオをご覧ください。

After Effects CC と Premiere Pro CC の新しいエッセンシャルグラフィックスパネルを使用すると、モーショングラフィックス用のカスタムコントロールを作成し、Creative Cloud ライブラリからモーショングラフィックステンプレートとして、またはローカルファイルとして共有できます。画面下部のタイトル、ブランドアイデンティティまたはその他のグラフィックを作成し、チームと共有します。After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの作成方法については、エッセンシャルグラフィックスパネルを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成を参照してください。

コンポジションをモーショングラフィックステンプレートとして共有すると、エッセンシャルグラフィックスパネルに追加したコントロールを Premiere Pro 内で使用できるようになります。Premiere Pro のエッセンシャルグラフィックスパネル内でモーショングラフィックステンプレートを参照して適用した後に、そのテンプレートに追加したパラメーターを After Effects 内で制御することができます。Premiere Pro のエッセンシャルグラフィックスパネルで操作する「グラフィック」という名前の新しいワークスペースは、ワークスペースバーから使用できます。このオプションには、ウィンドウ/ワークスペースメニューからアクセスできます。また、新しいテキストツールと描画ツールを使用して、Premiere Pro 内でモーショングラフィックステンプレートを作成することもできます。

After Effects で作成されたテンプレートを使用するには、コンピューターに After Effects の体験版がインストールされている必要があります。詳細については、モーショングラフィックステンプレート/よくある質問を参照してください。

After Effects で作成されたモーショングラフィックステンプレートの Premiere Pro 内での使用

After Effects で作成されたモーショングラフィックステンプレートの Premiere Pro 内での使用
After Effects で作成されたモーショングラフィックステンプレートを Premiere Pro 内で使用する方法について詳しくは、このビデオをご覧ください。

  1. ウィンドウメニュー/エッセンシャルグラフィックスからエッセンシャルグラフィックスパネルを開きます。

    エッセンシャルグラフィックスパネルを開く
    エッセンシャルグラフィックスパネルを開く

  2. ローカルドライブ上の異なるディレクトリから Essential Graphics ディレクトリにテンプレートを追加するには、場所メニューの右側にあるモーショングラフィックステンプレートをインストールボタンをクリックするか、グラフィックメニューから「モーショングラフィックステンプレートをインストール」を選択します。

  3. Creative Cloud ライブラリまたはローカルドライブのテンプレートを参照するには、エッセンシャルグラフィックスパネルの「参照」タブをクリックします。

     

    Creative Cloud ライブラリまたはローカルドライブのテンプレートを参照するには、エッセンシャルグラフィックスパネルの「参照」タブをクリックします。

     
    エッセンシャルグラフィックスパネルの「参照」タブの使用
    エッセンシャルグラフィックスパネルの「参照」タブの使用

  4. 参照」タブの上の場所メニューをクリックして、ローカルな Essential Graphics ディレクトリまたはライブラリからテンプレートを選択できます。このディレクトリには、ローカルドライブに保存したテンプレートが格納されています。

  5. また、フォルダー選択メニューから Essential Graphics ディレクトリのフォルダーを開くこともできます。

  6. Essential Graphics ディレクトリにフォルダーを追加するには、フォルダーを追加ボタンをクリックします。

    フォルダーの追加
    フォルダーの追加

  7. テンプレートを整理するには、テンプレートを右クリックし、「移動」、「名前の変更」または「削除」を選択します。

    フォルダーの名前の変更、移動または削除
    フォルダーの名前の変更、移動または削除

シーケンスへのモーショングラフィックステンプレートの追加

  1. エッセンシャルグラフィックスパネルからテンプレートを追加するには、エッセンシャルグラフィックスパネルを開いて「参照」タブをクリックします。

  2. 使用するテンプレートを選択して、シーケンスのビデオトラックにドラッグします。

  3. シーケンスにテンプレートを追加すると、テンプレートの読み込みが完了するまで、Premiere Pro ではメディアがオフラインとして表示されます。追加したテンプレートで必要とされるフォントがインストールされていない場合は、見つからないフォントを解決することができます。

  4. トラックアイテムテンプレートをマスタークリッププロジェクトアイテムに変換するには、タイムラインパネルからプロジェクトパネルへドラッグ&ドロップします。

  5. シーケンスにテンプレートを追加したら、テンプレートのパラメーターをエッセンシャルグラフィックスパネルで制御して、外観を変更できます。

モーショングラフィックステンプレートを調整する方法

  1. テンプレートを制御するには、シーケンス内でテンプレートを選択します。

  2. エッセンシャルグラフィックスパネル/編集を選択し、必要に応じてテンプレートのコントロールを変更します。

  3. テンプレートは、コントロールが変更されると更新されます。 

Premiere Pro でのモーショングラフィックステンプレートの作成

ツールパレットの新しいツールを使用して、Premiere Pro 内でグラフィックを作成することができます。使用可能なツールとしては、文字ツール、縦書き文字ツール、長方形ツール、ペンツール、楕円形ツールなどがあります。これらのツールを使用すると、直接プログラムモニター内でグラフィックレイヤーを作成できます。これらのレイヤーはグラフィックオブジェクトと呼ばれ、タイムラインのクリップの新しいタイプに追加されます。グラフィックオブジェクトは、単一のオブジェクトとして編集できる 1 つまたは複数のレイヤーの合成スタックです。

さらに、エッセンシャルグラフィックスパネルを使用して、合成スタックを追加し、操作することができます。個別のレイヤーごとの設定も利用できます。また、各レイヤーはエフェクトコントロールパネル内のスタックの一部になっており、そこでキーフレーム化できます。

タイトル機能を使用したグラフィックの作成

Adobe Premiere Pro では、エッセンシャルグラフィックスパネルを使用してビデオに直接、簡単にタイトルを作成できます。レイヤーにテキストや図形を追加して、そのレイヤーを並べ替えたり調整したりできます。また、タイトルをモーショングラフィックステンプレートとして保存すれば、再利用も共有も可能です。

Premiere Pro のタイトル機能を使用したグラフィックスの作成

Premiere Pro のタイトル機能を使用したグラフィックスの作成
Premiere Pro のタイトル機能を使用してグラフィックスを作成する方法について詳しくは、このビデオをご覧ください。

テキストレイヤーの作成

  • ウィンドウメニュー/エッセンシャルグラフィックスからエッセンシャルグラフィックスパネルを開きます。
  • タイムラインパネルでシーケンスを既に開いた状態で、画面上部にあるワークスペースバーの「グラフィック」をクリックするか、メインメニューからウィンドウ/ワークスペース/グラフィックを選択します。
  • テキストレイヤーを作成するには、文字ツールを選択し、プログラムモニターをクリックします。シングルクリックすると一点でテキストが作成されますが、クリック&ドラッグするとボックス内にテキストが作成されます。テキストレイヤーを作成したら、それを選択して入力用に準備することができます。新規テキストレイヤーは、最後に選択されたテキストレイヤーと同じ特性を持ちます。
  • テキストレイヤーは、タイムライン内のグラフィッククリップ内にあります。グラフィッククリップを選択していない場合は、アクティブなタイムラインの再生ヘッドの位置に新しいグラフィッククリップが作成されます。このクリップは、デフォルトの静止長を使用して作成され、十分な空きスペースのある、最も可用性の低いトラックに配置されます。選択したグラフィックオブジェクトが存在する場合は、新しいテキストレイヤーが追加されます。
  • すべてのグラフィックレイヤータイプに標準の直接操作をおこなうには、選択ツールを使用します。ドラッグして位置を変更し、アンカーを変更し、スケールを変更し、テキストボックスのサイズを変更し、回転させることもできます。文字ツールを使用すると、キャレットを配置するか、一部の範囲のテキストを選択して、テキスト自体を操作できます。
  • グラフィックパネルでは、フォント、フォントサイズおよび様々な形式や外観のコントロールなど、テキストレイヤーに固有の各種設定にアクセスできます。この設定は、文字ツールがアクティブになっている場合はキャレット位置の設定を表し、選択範囲がある場合は選択されたテキスト範囲の設定を表します。他のツールがアクティブになっている場合、変更はテキスト全体に影響を与えます。
モーショングラフィックステンプレートの読み込み
モーショングラフィックステンプレートの読み込み

シェイプレイヤーの作成

  • シェイプレイヤーでは、長方形ツール、ペンツール、楕円形ツールを使用できます。
  • シェイプレイヤーを作成するには、文字ツールを使用して作成する場合と同じように、長方形ツールでプログラムモニター内をクリックしながらドラッグします。
  • また、パスを個別にアニメートすることもできます。 

クリップレイヤーの作成

  • グラフィックオブジェクトのレイヤーとして画像またはビデオソースを持つプロジェクトでは、シーケンスなど、あらゆるアイテムを使用できます。クリップレイヤーを作成するには、マスタークリップをプロジェクトからレイヤーまたはグラフィックパネルにドラッグします。クリップレイヤーは、ファイルから.../「新しいクリップレイヤーを読み込み...」コマンドを使用した新しいメディアの読み込みによって作成することもできます。
  • 複数のレイヤーを 1 つのオブジェクトに結合し、そのオブジェクトをタイムラインの 1 つのクリップとして編集できます。グラフィックオブジェクトは、プロジェクトパネルにマスタークリップがありません。残りの設定が同じであっても、各グラフィックオブジェクトのテキストは異なるからです。マスタークリップのグラフィックを使用する場合は、「マスターグラフィックにアップグレード」コマンドを使用して、通常のグラフィックオブジェクトをマスタークリップにすることができます。
  • グラフィックレイヤーはマスタークリップのエフェクトに移動され、そのマスタークリップから作成されるすべての後続のタイムラインオブジェクトによって共有されます。ロールを実行するには、モーション設定を使用します。グラフィック/ロールキーフレームを作成を選択すると、選択されたオブジェクトのタイトルロールキーフレームが自動的に生成され、現在の長さに時間設定されます。これらのキーフレームは標準であり、変更することができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー