マニュアル キャンセル

Premiere Pro のエッセンシャルグラフィックスパネル

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. 長編とエピソードのワークフローガイド
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. よくある質問 | Premiere Pro での読み込みと書き出し
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタル化
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  8. 編集
    1. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. クリップをシーケンスに追加する
      3. シーケンスでのクリップの並べ替え
      4. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      5. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      6. シーケンスの簡易化
      7. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      8. マーカーの操作
      9. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      10. シーン編集の検出
    2. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    3. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. 自動ダッキングオーディオ
      6. リミックスオーディオ
      7. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      8. オーディオバランスとパンについて
      9. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      10. オーディオエフェクトおよびトランジション
      11. オーディオトランジションの操作
      12. オーディオへのエフェクトの適用
      13. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      14. オーディオミックスの録音
      15. タイムラインでのオーディオの編集
      16. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      17. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    4. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    5. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  9. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  10. タイトル、グラフィック、キャプション
    1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
    2. タイトル
      1. タイトルの作成
    3. グラフィック
      1. シェイプの作成
      2. オブジェクトの整列と分布
      3. グラデーションの適用
      4. グラフィックへレスポンシブデザイン機能の追加
      5. モーショングラフィックステンプレートのインストールと使用
      6. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      7. データに基づくモーショングラフィックステンプレートの使用
    4. キャプション
      1. 音声テキスト化
      2. キャプションの操作
      3. スペルチェックおよび検索と置換
      4. テキストの書き出し
      5. Premiere Pro での音声テキスト化 | よくある質問
    5. ベストプラクティス:グラフィックワークフローの高速化
    6. Premiere Pro でのレガシータイトルの廃止 | よくある質問
    7. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
  11. アニメーションとキーフレーム
    1. キーフレームの追加、移動、設定
    2. エフェクトのアニメート
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
    4. キーフレームのオートメーションの最適化
    5. キーフレームの移動とコピー
    6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  12. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  13. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. 自動カラー補正
    3. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    4. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    5. ショット間のカラーを修正および一致
    6. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    7. ビネットの作成
    8. Look と LUT
    9. Lumetri スコープ
    10. カラーマネジメントの表示
    11. 放送用 HDR
    12. DirectX HDR サポートを有効にする
  14. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しを高速化
  15. 共同作業:Frame.io、プロダクションおよび Team Projects
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. プロダクション
      1. プロダクションの使用
      2. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
      3. ベストプラクティス:プロダクションの操作
    4. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. Team Projects の作成
      3. チームプロジェクトでメディアを追加および管理
      4. チームプロジェクトを使用した共同作業
      5. チームプロジェクト共同作業者との変更点の共有と管理
      6. チームプロジェクトをアーカイブ、復元または削除
  16. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  17. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  18. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定をリセット
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつき削除
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      5. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      6. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      7. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  19. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. MedInstia オフラインでの再リンク

Premiere Pro のグラフィックワークスペースおよびエッセンシャルグラフィックスパネルは、Premiere Pro 内でタイトル、グラフィックを作成し、キャプションを直接操作できる強力なワークフローを提供します。

注意:

エッセンシャルグラフィックスパネルを使用して、After Effect や Premiere Pro で作成されたモーショングラフィックステンプレート(.mogrt ファイル)をカスタマイズすることもできます。モーショングラフィックステンプレートについて詳しくは、Premiere Pro でのモーショングラフィックステンプレートの使用を参照してください。

グラフィックワークスペースおよびエッセンシャルグラフィックスパネルへのアクセス

グラフィックスワークスペースにアクセスするには:画面上部にあるワークスペースバーで「グラフィック」をクリックするか、メインメニューでウィンドウワークスペースグラフィックを選択します。

エッセンシャルグラフィックスパネルにアクセスするには:エッセンシャルグラフィックスパネルはデフォルトでグラフィックスワークスペースに表示されます。ただし、表示されていない場合は、ウィンドウエッセンシャルグラフィックスをクリックして直接開くことができます。

エッセンシャルグラフィックスパネルの各部

エッセンシャルグラフィックスパネル
エッセンシャルグラフィックスパネル

A. 「参照」タブ B. 「編集」タブ 

参照

このタブを使用して、Adobe Stock のモーショングラフィックステンプレート(.mogrt ファイル)を参照します。プロの手によってデザインされたテンプレートで、タイムラインに簡単にドラッグしてカスタマイズすることができます。Adobe Stock は、ビデオのフッテージ、モーショングラフィックステンプレート、写真などの市場を対象としています。詳しくは、モーショングラフィックステンプレートの参照と管理を参照してください。

編集

このタブを使用して、以下を実行します。

  • レイヤーの整列と変形、外観プロパティの変更、テキストプロパティの編集などができます。
  • Premiere Graphics(prgraphics)にキーフレームを追加します。
  • After Effects グラフィックの表示プロパティの変更(aegraphics)

グラフィックの作成

Premiere Graphics は、Photoshop のレイヤーと同様に、複数のテキスト、シェイプおよびクリップのレイヤーを含むことができます。シーケンス内では、複数のレイヤーを単一のグラフィックトラックアイテムの中に含めることができます。新規レイヤーを作成すると、そのレイヤーを含むグラフィッククリップがタイムラインに追加され、再生ヘッドの位置から開始されます。グラフィックトラックアイテムが既に選択されている場合は、次に作成するレイヤーが既存のグラフィッククリップに追加されます。

Premiere Pro で作成する任意のグラフィックを、モーショングラフィックステンプレート(.mogrt)としてローカルテンプレートフォルダー、ローカルドライブおよびCreative Cloud ライブラリに書き出して、共有または再利用できます。

注意:

シーケンスにビデオクリップが含まれていなくても、グラフィックレイヤーを作成できます。

テキストレイヤーの作成

プログラムモニターの横書き文字ツールを使用するか、またはグラフィックメニューの新規レイヤー/テキストコマンドを使用して、タイトルを作成します。詳細については、タイトルの作成を参照してください。

プロジェクト内のフォントを置換

プロジェクト内のフォントを置換するには、フォントを個別に更新するのではなく、すべてのフォントをまとめて更新します。例えば、複数のテキストレイヤーを含むグラフィックがあり、そのフォントを変更する場合は、プロジェクト内のフォントを置換コマンドを使用して、すべてのレイヤーのフォントを同時に変更できます。

  1. グラフィック/プロジェクト内のフォントを置換を選択します。

  2. プロジェクト内のフォントを置換ウィンドウパネルが開き、プロジェクトで使用されているフォントのリストが表示されます。

  3. 置換フォントで、置換後のフォントを入力します。

    注意:

    「置換フォント」で、選択したフォントのすべてのインスタンスを、すべてのシーケンスおよび開いているすべてのプロジェクトで置き換えます。単に 1 つのグラフィック内のすべてのレイヤーのフォントを変更するだけではありません。

    プロジェクト内のフォントを置換
    プロジェクト内のフォントを置換

  4. 置換フォントを選択したら、「OK」をクリックします。

シェイプレイヤーの作成

Premiere Pro には、ペンツール 長方形ツール楕円ツールおよび自在曲線のシェイプとパスを作成するための多角形ツールが用意されています。シェイプの作成をすばやく開始するには、シェイプの作成を参照してください。

クリップレイヤーの作成

グラフィック内のレイヤーとして、画像およびビデオクリップを追加できます。次のいずれかの方法を使用して、クリップレイヤーを作成できます。

  • エッセンシャルグラフィックスパネルの「編集」タブで、新規項目アイコンを選択し、ファイルからを選択します。
  • アプリケーションメニューバーで、グラフィック/新規レイヤー/ファイルからを選択します。
  • プロジェクトパネルで画像またはビデオを選択します。そのアイテムをエッセンシャルグラフィックスパネルのレイヤーパネル、またはタイムラインの既存のグラフィックにドラッグ&ドロップします。
注意:

プログラムモニターでグラフィックが選択されていることを確認します。グラフィックが選択されていない場合、このオプションは使用できません。

また、選択したレイヤーの各種類、選択した複数のレイヤー、およびグラフィック全体(グラフィックは選択されているがレイヤーは選択されていない)には、さまざまな編集可能なプロパティがあることに注意してください。

テキストレイヤーおよびシェイプレイヤーのグループ化

テキストレイヤーおよびグラフィックレイヤーのグループ化は、複雑なテキスト要素やグラフィック要素を使用する場合に便利です。レイヤーをグループ化することで、エッセンシャルグラフィックスパネルの「編集」タブが乱雑になるのを防止できるほか、良質なマスクエフェクトを作成する助けにもなります。

  1. エッセンシャルグラフィックスパネルで複数のレイヤーを選択します。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • エッセンシャルグラフィックスパネルの「編集」セクションの下部にあるグループを作成アイコンをクリックします。
    • 選択したレイヤーを右クリックし、コンテキストメニューから「グループを作成」を選択します。
    グループを作成アイコンまたはコンテキストメニューを使用したグループの作成
    グループを作成アイコンまたはコンテキストメニューを使用したグループの作成

  3. グループにレイヤーを追加するには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • レイヤーをグループフォルダーにドラッグします。
    • グループフォルダーを別のグループフォルダーにドラッグします。グループとその中のすべてのレイヤーが移動されます。
  4. レイヤーのグループ化を解除するには、レイヤーを選択してグループの外に移動します。

レイヤーの名前変更

Premiere Pro では、名前のインライン編集がサポートされています。シェイプレイヤーとクリップレイヤーは、エッセンシャルグラフィックスパネルで名前を変更できます。エッセンシャルグラフィックスパネルでレイヤー名を変更するには、次の操作を行います。

  1. レイヤーの名前をクリックします。

  2. テキストフィールド内の名前を編集します。

    インライン名前変更レイヤー
    インライン名前変更レイヤー

  3. 新しい名前を保存するには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • 「Enter」をクリックします。
    • テキストフィールド以外の場所をクリックします。
注意:

テキストレイヤーの名前はプログラムモニターに表示されるテキストなので、インラインで編集できません。

または、エッセンシャルグラフィックスパネルで、シェイプまたはクリップレイヤーを右クリックすることもできます。ポップアップリストから名前変更を選択します。テキストフィールドに新しい名前を入力し、「OK」をクリックします。

レイヤー名の変更
レイヤー名の変更

スタイルおよびソースグラフィックの作成

スタイルの作成

スタイル(以前はマスタースタイルと呼ばれていました)を使用すると、フォント、カラー、サイズなどのテキストのプロパティをスタイルとして定義できます。この機能を使用すると、タイムライン内の様々なグラフィックで、複数のレイヤーに対して同じスタイルをすばやく適用できます。

グラフィッククリップ自体、またはグラフィッククリップ内のテキストレイヤーにスタイルを適用すると、テキストはスタイルからのすべての変更を自動的に継承します。複数のグラフィックを一度に変更できます。

マスタースタイルの作成
スタイルの作成

スタイルを作成するには、以下を実行します。

  1. タイムラインでグラフィッククリップを選択し、エッセンシャルグラフィックスパネルの「編集」タブに移動します。

  2. テキストレイヤーを選択し、フォント、サイズ、アピアランスに関するスタイルのプロパティを指定します。

  3. 目的の外観を設定する場合、「スタイル」セクションでドロップダウンリストから「スタイルを作成」を選択します。

  4. テキストスタイルに名前を付けて、「OK」をクリックします。

  5. スタイルは、プロジェクトパネルに表示され、スタイルドロップダウンリストで使用できます。その後、このスタイルをプロジェクトの他のテキストレイヤーやグラフィッククリップに適用できます。

    グラフィックでのマスタースタイルの適用
    グラフィックでのスタイルの適用

スタイルを作成すると、スタイルのサムネール画像がプロジェクトパネルに追加されます。グラフィック内のすべてのテキストレイヤーを一括でアップデートするには、プロジェクトパネルからスタイルアイテムをドラッグし、タイムラインのグラフィックにドロップします。

また、エッセンシャルグラフィックスパネルでテキストレイヤーを選択して、タイトルの個々のテキストレイヤーを特定のスタイルに更新することもできます。 次に、ドロップダウンリストから目的のスタイルを選択します。

注意:

「整列と変形」プロパティは、スタイルの一部としては含まれていません。

ソースグラフィックの作成

ソースグラフィックにアップグレード」(以前の「マスターグラフィックにアップグレード」)オプションを使用して、シーケンス内のグラフィッククリップからプロジェクトパネルのソースクリップ(以前はマスタークリップと呼ばれていました)アイテムを作成できます。

ソースグラフィックから作成された新しいグラフィック(アップグレード元のグラフィックも含む)は、常に正確に複製されます。これには、ソーステキスト文字列が含まれます。ソースグラフィックのインスタンスでテキスト、スタイルまたはコンテンツに加えられた変更は、ソースグラフィックの他のすべてのインスタンスに反映されます。

ソースグラフィックを作成するには、グラフィック/ソースグラフィックにアップグレードを選択します。

ストロークスタイルの変更

エッセンシャルグラフィックスパネルで描く線やシェイプにはデフォルトで実線が含まれます。

ストロークスタイルの作成

  1. エッセンシャルグラフィックスパネルでレイヤーを選択し、「編集」タブに移動します。

  2. アピアランス」でレンチアイコン を選択します。エッセンシャルグラフィックスパネルの横にあるハンバーガーアイコン  を選択することもできます。

    グラフィックのプロパティ
    グラフィックのプロパティ

  3. グラフィックのプロパティダイアログボックスが表示されます。以下のフィールドを設定します。

    • 線の結合 - 線をマイター、ラウンドまたはべベルに設定します。
    線の結合
    線の結合

    • 線端 - 線の端をバット、円または四角に設定します。
    線端
    線端

    • マイター - マイター値では、マイター結合がベベルに変わる前の長さの上限値を定義します。初期設定のマイター値は 2.5 です。
    マイター
    マイター

    注意:

    マイターは、線の結合の属性がマイターに設定されている場合のみ有効です。2 つの線が交わる場所の内角と外角の距離です。

  4. ストロークスタイルを設定したら、「OK」をクリックします。

注意:

各レイヤーのストロークスタイルを設定する代わりに、エッセンシャルグラフィックスパネルのテキストプロパティで全体的な動作を設定することもできます。テキストプロパティは、エッセンシャルグラフィックスパネルのスパナメニューにあります。ただし、アピアランスのレンチメニューから適用した設定は、一時的にグルーバル設定よりも優先されます。

複数のストロークの作成

同じオブジェクトに対して複数のストロークを作成できます。1 つのオブジェクトへの複数のストロークの追加は、多くの関心を引くエフェクトの基礎です。例えば、幅の広いストロークの上に細い 2 番目のストロークを作成して、テキストやシェイプをより活力のあるものにすることができます。

Premiere Pro で複数のストロークテキストエフェクトを作成する方法

Caroline Sears

  1. エッセンシャルグラフィックスパネルのテキストまたはシェイプオブジェクト、またはレイヤーを選択します。

  2. ストローク」の横にあるチェックボックスをクリックして、レイヤーのストロークを有効にします。エッセンシャルグラフィックスパネルの「アピアランス」セクションにあるストロークの隣の + アイコンをクリックします。

    複数のストロークの追加
    複数のストロークの追加

  3. ストロークのカラーおよびストロークの幅プロパティを設定します。

    次の GIF は、この機能を使用して効果的なタイトルエフェクトを作成する方法を示しています。

    複数のストロークを使用して効果的なタイトルを作成
    複数のストロークを使用して効果的なタイトルを作成

複数のシャドウを作成する

同じオブジェクトに対して複数のシャドウを作成できます。オブジェクトに複数のシャドウを追加することで、数多くの興味深いエフェクトを作成できます。例えば、幅の広いシャドウの上に 2 番目に細いシャドウを作成して、テキストやシェイプに奥行きを加えることができます。

  1. エッセンシャルグラフィックスパネルのテキストまたはシェイプオブジェクト、またはレイヤーを選択します。

  2. シャドウ」の横にあるチェックボックスをクリックして、レイヤーのシャドウを有効にします。エッセンシャルグラフィックスパネルの「アピアランス」セクションにある「シャドウ」の隣の + アイコンをクリックします。

  3. シャドウの不透明度、角度、距離、サイズ、ぼかしを調整できます。 

テキストの背景の編集

テキストの背景を編集して、プロジェクトの内容を強調できます。 テキストの背景に丸みを帯びたエッジを追加したり、塗りつぶしカラー、不透明度、スタイルを変更したりできます。環境設定も保存して将来の編集で使用することもできます。

角丸の背景の作成

  1. エッセンシャルグラフィックスパネルで、テキストレイヤーを選択します。

  2. エッセンシャルグラフィックスパネルの「表示」セクションにある「背景」チェックボックスをクリックして、背景をオンにします。

  3. 必要に応じて、四隅に角丸の半径スライダーまたはホットテキストを使用します。

注意:

スライダーには 0 ~ 100 の角丸の半径の範囲が指定されています。 大きなテキストレイヤーの場合は角が完全に丸になるように、ホットテキストには 0 ~ 500 の範囲が設定されています。

背景の塗りつぶしモードの変更

  1. エッセンシャルグラフィックスパネルで、テキストレイヤーを選択します。

  2. アピアランス」の下にある「グラフィックプロパティ」ボタン (レンチアイコン) をクリックします。

  3. グラフィックプロパティダイアログの「背景スタイル」で、 塗りつぶしモードを 1 行に設定し、「OK」をクリックします。

今後のテキストレイヤーの塗りモードの環境設定

  1. エッセンシャルグラフィックスパネルで、テキストレイヤーを選択します。

  2. エッセンシャルグラフィックスパネルの上部にあるスパナメニュー(ハンバーガーメニューアイコン)に移動し、「テキストレイヤーの環境設定」を選択します。

  3. テキストレイヤーの環境設定ダイアログの「背景スタイル」で、「塗りつぶしモード」を「1 行」または「すべての線」に設定し、「OK」をクリックします。

    この設定はユーザーが次に作成するテキストレイヤーに適用されます。

マスクレイヤーの作成

テキストおよびシェイプをマスクレイヤーに変換することで、マスクを使用して、Premiere Pro タイトルにダイナミックトランジション、表示およびワイプアニメーションを作成できます。マスクは、レイヤーの一部を非表示にし、エッセンシャルグラフィックスパネルのレイヤースタックのグラフィックの下にあるレイヤーの他の部分を表示します。

  1. エッセンシャルグラフィックスパネルの「編集」タブで、テキストまたはグラフィックレイヤーを選択します。

  2. エッセンシャルグラフィックスパネルの「アピアランス」セクションで、「シェイプでマスク」または「テキストでマスク」チェックボックスを選択します。

    テキストでマスク
    テキストでマスク

    シェイプでマスク
    シェイプでマスク

    Premiere Pro では、対象のレイヤーのマスクが作成され、レイヤー外のすべての要素が透過的にレンダリングされるので、その下のレイヤーが表示されます。 

    レイヤーグループを作成した場合は、マスクするレイヤーを選択すると、そのグループ内の他のレイヤーにのみマスクが適用されます。マスクはグループ外のレイヤーには適用されません。

    マスクされたレイヤーを使用して作成できるエフェクトのタイプの例
    マスクされたレイヤーを使用して作成できるエフェクトのタイプの例

  3. オプション。レイヤーがまだ選択されている状態で、「マスクのみ塗りつぶし」をクリックします。これにより、レイヤー内のストロークやシャドウがマスクから除外されます。

  4. オプション。 レイヤー外のすべての要素を表示し、レイヤー内のすべての要素を透明化する場合は、「反転」を選択します。

マスキング技術を使用して楽しい表示アニメーションを作成する方法については、例とサンプルファイルを参照してください。

グラフィックのレイヤーのアニメート

キーフレームを使用して、テキストレイヤー、シェイプレイヤーおよびパスをアニメートできます。エッセンシャルグラフィックスパネル内から、またはエフェクトコントロールパネルを使用して、アニメーションを直接追加できます。

エッセンシャルグラフィックスパネルを使用したアニメート

エッセンシャルグラフィックスパネルを使用してアニメーションをグラフィックに追加するには:

  1. エッセンシャルグラフィックスパネルで、アニメートするレイヤーを選択します。

  2. アニメートしたいプロパティの横にあるアイコンをクリックします(位置、アンカーポイント、スケール、回転または不透明度)。

    このアクションにより、プロパティのアニメーションがオンになります。選択したプロパティのアイコンが、アニメーションがアクティブであることを示す青に変わります。

    グラフィックレイヤーのアニメーションのオン/オフを切り替え
    グラフィックレイヤーのアニメーションのオン/オフを切り替え

    注意:

    エッセンシャルグラフィックスパネルのアイコンをクリックすることは、エフェクトコントロールパネルのストップウォッチをクリックすることと同じです。ある場所でアニメーションをオンにすると、他のビューでもそのアニメーションがアクティブになります。

    エッセンシャルグラフィックスパネルでアニメーションがオンの場合は、アニメーション化されたプロパティを変更するたびに、新しいキーフレームがエッセンシャルグラフィックスパネルまたはタイムラインに追加されます。

  3. エッセンシャルグラフィックスパネルまたは直接プログラムモニターで再生ヘッドを移動し、このプロパティを調整して、キーフレームを記録します。

  4. エフェクトコントロールパネルを使用するか、「クリップキーフレームを表示」オプションを使用してタイムライン内のキーフレームを調整することで、アニメーションを微調整します。

エフェクトコントロールパネルを使用したアニメーション化

エフェクトコントロールパネルを使用してアニメーションをグラフィックに追加するには:

  1. エフェクトコントロールパネルで、アニメートするレイヤーを指定します。

  2. 目的のプロパティのアニメーションを切り替えるには、ストップウォッチアイコンをクリックします。

  3. 目的のエフェクトを設定するには、キーフレームの追加/削除をクリックします。

  4. ベジェ曲線イーズイン/イーズアウトなどの補間設定にアクセスするには、キーフレームを右クリックします。

ベクターグラフィックスの編集と変形

ベクトルモーションコントロールを使用すると、ベクトル画像をラスタライズせずに編集したり変形したりできます。これによってピクセル化を防ぎ、望ましくない切り抜きによる境界がなくなります。

エッセンシャルグラフィックスパネル内から、またはエフェクトコントロールパネルを使用して、ベクトル画像を直接編集できます。

  1. ベクトルモーションを使用してグラフィック全体に変更を適用するには、プログラムモニターをダブルクリックします。

    プログラムモニターの特定の 1 つのレイヤーをダブルクリックしないでください。クリックすると、グラフィック全体ではなくそのレイヤーが直接操作用に選択されます。

  2. エフェクトコントロールパネルのベクトルモーションを使用して、グラフィック全体に変更を適用できます。また、モーションを使用することもできますが、この変更により、拡大/縮小する際に、グラフィックがラスタライズされ、ピクセル化されます。

    注意:

    ピクセル化されたテキストを削除するには、既存のキーフレームを削除し、ベクトルモーションを使用してアニメーションを再作成します。

  3. 位置、スケール、回転およびアンカーポイントのパラメーターを編集できます。

  4. エフェクトコントロールパネルを使用するか、「ビデオキーフレームを表示」オプションを使用してタイムライン内のキーフレームを調整することで、アニメーションを微調整します。

モーショングラフィックステンプレートとしてのグラフィックの書き出し

今後の再利用または共有のために、すべてのレイヤー、エフェクト、キーフレームを含むグラフィックをモーショングラフィックステンプレートとして書き出します。 

グラフィック/モーショングラフィックステンプレートを書き出しを選択します。また、タイムラインでグラフィッククリップを右クリックして、モーショングラフィックステンプレートとして書き出しを選択することもできます。

この書き出し機能は、After Effects で作成された .mogrt ファイル用ではなく、Premiere Pro で作成されたグラフィックに対してのみ使用できます。 

注意:

2 つ以上のグラフィックを選択している場合、または、After Effects グラフィックである場合は、「モーショングラフィックステンプレートとして書き出し」オプションは、使用できないかグレー表示されます。

モーショングラフィックステンプレートとして書き出し
モーショングラフィックステンプレートとして書き出し

ヒント:

将来、自分で再利用するためにモーショングラフィックステンプレートを作成する場合は、ローカルテンプレートフォルダーに保存します。ライブラリに書き出す場合、インストールされていなくても使用できます。必要によっては、ライブラリを表示するために、エッセンシャルグラフィックスパネルの「参照」タブにフィルターを適用する必要がある場合があります。

例とサンプルファイル

この演習には、最新バージョンの Premiere Pro(13.1)と Adobe Stock から提供されている次の無償クリップ(クリップ ID 222379417)が必要です。

再生時間:10 分

次の例を使用して、シェイプレイヤーおよびテキストレイヤーを使用したクールな表示アニメーションの作成方法について学習します。 

  1. シェイプレイヤーおよびテキストレイヤーを作成します。

  2. シェイプレイヤーをマスクに変換するには、シェイプを選択し、「シェイプでマスク」をクリックします。

    シェイプを使用したテキストのマスク
    シェイプを使用したテキストのマスク

  3. エフェクトコントロールパネルで、テキストの位置をアニメートします。

    エフェクトコントロールパネルを使用してタイトルの位置をアニメーション化する
    エフェクトコントロールパネルを使用してタイトルの位置をアニメーション化する

  4. フレーム 0 のマスクシェイプレイヤーの外にテキストを配置するには、エフェクトコントロールパネルのキーフレーム ツールをクリックします。

  5. エフェクトコントロールパネルの再生ヘッドを右側に移動し、シェイプマスクに表示されるまでテキストの「位置」の値を変更します。

  6. 再生ヘッドをフレーム 0 に戻し、再生を押します。必要に応じて、アニメーションを確認および調整します。

再生時間:45 秒

アドビのロゴ

アカウントにログイン