Premiere Pro CS5.5 のデフォルトのキーボードショートカットセットについて学び、編集ワークフローを効率化します。

なるべくマウスで操作せずに作業できるように、多くのコマンドには、対応するキーボードショートカットが用意されています。新たなキーボードショートカットを追加したり編集したりすることもできます。デフォルトのショートカットは、Premiere Pro CS5.5 として表示されます。

Premiere Pro CS6 のデフォルトのキーボードショートカットについては、このページを参照してください。

キーボードショートカットの確認

ツール、ボタンまたはメニューコマンドのキーボードショートカットを確認するには、次のいずれかの操作をおこないます。

  • ツールまたはボタンのキーボードショートカットを確認する場合は、ツールヒントが表示されるまで、ツールまたはボタンの上にマウスカーソルを合わせます。キーボードショートカットが使用可能な場合は、ツールの説明の後ろにキーボードショートカットが表示されます。
  • メニューコマンドのキーボードショートカットを確認する場合は、コマンドの右側に表示されるキーボードショートカットを参照します。
  • ツールヒントまたはメニューに表示されていないキーボードショートカットのうち、頻繁に使用されるものについては、この記事にある表を参照してください。初期設定および最新のショートカットの一覧については、編集/キーボードショートカット(Windows)、(Mac OS 版の CS5)、または Premiere Pro/キーボードショートカット(Mac OS)を選択してください。
  • CS5.5 以降では、キーボードショートカットダイアログボックス内に検索フィールドがあり、特定のコマンドをすばやく検索できます。

Adobe Premiere Pro CS5.5 におけるキーボードショートカット環境の機能強化について詳しくは、Premiere Pro work area のこのブログ投稿を参照してください。

Premiere Pro CS5.5 の場合のキーボードショートカットダイアログボックスでの変更について詳しくは、Video2Brain のビデオを参照してください。

Adobe Premiere Pro での Apple Final Cut Pro または Avid Media Composer のキーボードショートカットの使用、キーボードショートカットのカスタマイズ、カスタムキーボードショートカットの別のシステムへの移行については、AdobeTV の Kevin Monahan および Karl Soule によるこのビデオを参照してください。

キーボードショートカットのカスタマイズと読み込み

使用しているほかの編集ソフトウェアに合わせてショートカットを設定できます。ほかのセットが使用可能な場合は、キーボードショートカットダイアログボックスのセットメニューからそのセットを選択することができます。

  1. アイテムのショートカットフィールドをクリックして選択し、「編集」ボタンをクリックします。また、ショートカットを直接ダブルクリックして選択することもできます。

  2. その項目に割り当てるショートカットキーを入力します。選択したショートカットが既に使用されている場合は、キーボードショートカットダイアログボックスにメッセージが表示されます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • ショートカットキーを消去して元のコマンドに戻すには、「取り消し」ボタンをクリックします。
    • いままでこのショートカットキーを使用していたコマンドに移動するには、「ジャンプ」ボタンをクリックします。
    • ショートカットキーを削除するには、「消去」ボタンをクリックします。
    • 前回に入力したショートカットキーを再入力するには、「やり直し」ボタンをクリックします。
  4. 作成するカスタムショートカットの数に応じて、上記の手順を繰り返します。完了したら、「別名で保存」ボタンをクリックし、キーセットの名前を入力して、「保存」ボタンをクリックします。

    注意:

    一部のコマンドは、オペレーティングシステムで使用されます。これらのコマンドを Premiere Pro に再割り当てすることはできません。また、テンキーの +(プラス)キーと -(マイナス)キーは、相対的なタイムコード値を入力するために必要不可欠であるため、割り当てることはできません。メインキーボードの -(マイナス)キーは割り当てることができます。

    キーボードショートカットのカスタマイズ方法について、Franklin McMahon によるビデオチュートリアルが Layers Magazine Web サイトで公開されています。

    このビデオでは、カスタマイズしたキーボードショートカットを他の Premiere Pro 編集システムに移行する方法について説明しています。

    このチュートリアルでは、Clay Asbury が Premiere Pro CS 5.5 で Final Cut Pro のショートカットを使用し、カスタムレイアウトを保存する方法について説明しています。

ショートカットの削除

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • ショートカットを削除するには、削除するショートカットを選択して、「消去」ボタンをクリックします。
    • ショートカットのセットを削除するには、キーボードレイアウトプリセットメニューからキーセットを選択して、「削除」ボタンをクリックします。削除を確認する警告ダイアログボックスが表示されたら、「削除」ボタンをクリックして削除を実行します。

キーボードショートカットの印刷

キーボードショートカットダイアログボックスからショートカットの一覧をコピーし、テキスト文書などにペーストして、一覧を印刷することができます。

  • Ctrl + Shift/編集/キーボードショートカット(Windows)Premiere Pro CS5 の場合、Command + Shift/編集/キーボードショートカット(Mac OS)Premiere Pro CS5.5 以降の場合、Command + Shift/Premiere Pro/キーボードショートカットを押します。
  • キーボードショートカットダイアログボックスまたは Premiere Pro CS5.5 以降のキーボードショートカットダイアログボックス(Mac OS)の設定メニューから、キーボードショートカットのセットを選択します。
  • 「>> クリップボード」ボタンをクリックします。
  • テキストエディターで新規ドキュメントを開きます。
  • クリップボードの内容をドキュメントにペーストします。

ツールを選択するためのキーボードショートカット

結果

Windows および Mac OS

選択ツール

V

トラック選択ツール

A

リップルツール

B

ローリングツール

N

レート調整ツール

X

レーザーツール

C

スリップツール

Y

スライドツール

U

ペンツール

P

手のひらツール

H

ズームツール

Z

パネルを表示するためのキーボードショートカット

結果

ショートカット(Windows と Mac OS)

左に向かってパネルを順番にアクティブ化

Ctrl + Shift + , [コンマ]

右に向かってパネルを順番にアクティブ化

Ctrl + Shift + . [ピリオド]

オーディオミキサーパネル

Shift + 6

エフェクトコントロールパネル

Shift + 5

エフェクトパネル

Shift + 7

ソースモニターパネル

Shift + 2

プログラムモニターパネル

Shift + 4

プロジェクトパネル

Shift + 1

タイムラインパネル

Shift + 3

アクティブなパネルを閉じる

Ctrl + W(Windows)、Command + W(Mac OS)

現在アクティブであるか選択されているかに関係なく、カーソルの下のパネルを最大化します。

‘(アクセント記号)(英語キーボード)、数字の 1 キーの左隣のキー(英語以外のキーボード)、@ キー(日本語キーボード)

カーソルの位置に関係なく、現在アクティブまたは選択されているパネルを最大化します(Adobe Premiere Pro CS5.5 以降)

Shift + ‘(アクセント記号)(英語キーボード)、数字の 1 キーの左隣のキー(英語以外のキーボード)、@ キー(日本語キーボード)

キャプチャパネルのキーボードショートカット

結果

Windows および Mac OS

編集可能フィールド間の移動

Tab

キャプチャの取り消し

Esc

取り出し

E

早送り

F

インポイントへ移動

Q

アウトポイントへ移動

W

録画

G

巻き戻し

R

前のフレーム

左向き矢印

次のフレーム

右向き矢印

停止

S

マルチカメラモニターのキーボードショートカット

結果

Windows および Mac OS

次の編集ポイントへ移動

下向き矢印

前の編集ポイントへ移動

上向き矢印

再生/停止

スペースバー

記録開始と停止

0

カメラ 1 を選択

1

カメラ 2 を選択

2

カメラ 3 を選択

3

カメラ 4 を選択

4

前のフレーム

左向き矢印

次のフレーム

右向き矢印

プロジェクトパネルのキーボードショートカット

結果

Windows

Mac OS

選択項目をオプションつきで削除

Ctrl + Backspace

Command + Delete

下の項目を選択範囲に追加

Shift + 下向き矢印

Shift + 下向き矢印

左の項目を選択範囲に追加

Shift + 左向き矢印

Shift + 左向き矢印

右の項目を選択範囲に追加

Shift + 右向き矢印

Shift + 右向き矢印

上の項目を選択範囲に追加

Shift + 上向き矢印

Shift + 上向き矢印

下の項目を選択

下向き矢印

下向き矢印

最後の項目を選択

End

End

先頭の項目を選択

Home

Home

左の項目を選択

左向き矢印

左向き矢印

一番下の項目を選択

Page Down

Page Down

一番上の項目を選択

Page Up

Page Up

右の項目を選択

右向き矢印

右向き矢印

上の項目を選択

上向き矢印

上向き矢印

次のサムネールサイズ

Shift + ]

Shift + ]

前のサムネールサイズ

Shift + [

Shift + [

ビンを開く

三角形の展開アイコンをクリックするか、ビンを選択して右向き矢印キーを押す

三角形の展開アイコンをクリックするか、ビンを選択して右向き矢印キーを押す

ビンを閉じる

三角形の展開アイコンをクリックするか、ビンを選択して左向き矢印キーを押す

三角形の展開アイコンをクリックするか、ビンを選択して左向き矢印キーを押す

すべてのビンを開くまたは閉じる

Alt キーを押しながらビンの 1 つをクリックすると、ビンがすべて開くかすべて閉じます。

Option キーを押しながらビンの 1 つをクリックすると、ビンがすべて開くかすべて閉じます。

タイムラインパネルのキーボードショートカット

結果

Windows

Mac OS

キーフレームを追加

Ctrl キーを押しながらクリック

Command キーを押しながらクリック

現在の時間インジケーターでカット

Ctrl + K

Command + K

ワークエリアバーをクリップの最大幅に設定

ワークエリアバーをダブルクリック

ワークエリアバーをダブルクリック

ワークエリアバーのインポイントを設定

Alt + [

Option + [

ワークエリアバーのアウトポイントを設定

Alt +]

Option + ]

インポイントとアウトポイントをクリア

G

G

インポイントをクリア

D

D

選択項目を削除

Backspace

Delete

アウトポイントをクリア

F

F

オーディオ/ビデオのインポイントまたはアウトポイントを個別に編集

インポイントまたはアウトポイントを Alt キーを押しながらドラッグ

インポイントまたはアウトポイントを Option キーを押しながらドラッグ

インポイントへ移動

Q

Q

アウトポイントへ移動

W

W

次の編集ポイントへ移動

Page Down

Page Down

前の編集ポイントへ移動

Page Up

Page Up

選択したクリップの末尾へ移動

Shift + End

Shift + End

選択したクリップの先頭へ移動

Shift + Home

Shift + Home

シーケンスの末尾へ移動(タイムラインパネルがアクティブになっているとき)

End

End

シーケンスの先頭へ移動(タイムラインパネルがアクティブになっているとき)

Home

Home

番号付きシーケンスマーカーへ移動

Ctrl + 1

Command + 1

マッチフレーム

M

M

選択したクリップを指定したフレーム数だけ後ろへ移動

+ 記号とフレーム数を入力して、Enter キーを押す

+ 記号とフレーム数を入力して、Return キーを押す

選択したクリップを指定したフレーム数だけ前へ移動

- 記号とフレーム数を入力して、Enter キーを押す

- 記号とフレーム数を入力して、Return キーを押す

選択したクリップを左に 5 フレーム移動

Alt + Shift + コンマ

Option + Shift + コンマ

選択したクリップを左に 1 フレーム移動

Alt + コンマ

Option + コンマ

選択したクリップを右に 5 フレーム移動

Alt + Shift + ピリオド

Option + Shift + ピリオド

選択したクリップを右に 1 フレーム移動

Alt + ピリオド

Option + ピリオド

時間インジケーターからアウトポイントまで再生

Ctrl + スペースバー

Ctrl + スペースバー(英語版キーボードのみ)

プリロールとポストロールを含めてインからアウトまで再生

Shift + スペースバー

Shift + スペースバー

再生/停止

スペースバー

スペースバー

高速再生

Shift キーを押しながら、好みの再生速度になるまで L を押します。好みの再生速度になったら、Shift キーを放します。

Shift キーを押しながら、好みの再生速度になるまで L を押します。好みの再生速度になったら、Shift キーを放します。

標準再生

L

L

一度に 1 フレームずつ再生

K キーを押しながら L キーを押す

K キーを押しながら L キーを押す

スロー再生(8 fps)

K + L キーを押し続ける

K + L キーを押し続ける

高速逆再生

Shift キーを押しながら、好みの再生速度になるまで J を押します。好みの再生速度になったら、Shift キーを放します。

Shift キーを押しながら、好みの再生速度になるまで J を押します。好みの再生速度になったら、Shift キーを放します。

標準逆再生

J

J

一度に 1 フレームずつ逆再生

K キーを押しながら J キーを押す

K キーを押しながら J キーを押す

スロー逆再生(8 fps)

K + J キーを押し続ける

K + J キーを押し続ける

ネスト化したシーケンスを表示

Ctrl + Shift + F

Shift + T

リップル削除

Alt + Backspace

Option + Delete

インポイントを設定

I

I

アウトポイントを設定

O

O

番号なしマーカーを設定

*(テンキーを使用)

*(テンキーを使用)

左へシャトル(スロー)

Shift + J

Shift + J

右へシャトル(スロー)

Shift + L

Shift + L

シャトル停止

K

K

選択したクリップを左に 5 フレームスライド

Alt + Shift + 左向き矢印

Command + Shift + 左向き矢印

選択したクリップを左に 1 フレームスライド

Alt + 左向き矢印

Command + 左向き矢印

選択したクリップを右に 5 フレームスライド

Alt + Shift + 右向き矢印

Command + Shift + 右向き矢印

選択したクリップを右に 1 フレームスライド

Alt + 右向き矢印

Command + 右向き矢印

オーディオ/ビデオを個別にスリップ

Alt キーを押しながら、クリップのオーディオ部分またはビデオ部分を選択ツールでドラッグ

Option キーを押しながら、クリップのオーディオ部分またはビデオ部分を選択ツールでドラッグ

前のフレーム

左向き矢印

左向き矢印

5 フレーム前へ戻る

Shift + 左向き矢印

Shift + 左向き矢印

次のフレーム

右向き矢印

右向き矢印

5 フレーム先へ進む

Shift + 右向き矢印

Shift + 右向き矢印

使用可能なタイムコード表示形式の切り替え

Ctrl キーを押しながらタイムコードのホットテキストをクリック

Command キーを押しながらタイムコードのホットテキストをクリック

トリミングウィンドウを開く

T

T

ズームイン

=

=

ズームアウト

-

-

シーケンス全体表示のズームインまたはズームアウト

\

\(英語版キーボードのみ)

タイトルのキーボードショートカット

結果

Windows

Mac OS

円弧ツール

A

A

カーニングを 5 ユニット単位で減少

Alt + Shift + 左向き矢印

Option + Shift + 左向き矢印

カーニングを 1 ユニット単位で減少

Alt + 左向き矢印

Option + 左向き矢印

行間を 5 ユニット単位で減少

Alt + Shift + 下向き矢印

Option + Shift + 下向き矢印

行間を 1 ユニット単位で減少

Alt + 下向き矢印

Option + 下向き矢印

テキストサイズを 5 ポイント単位で減少

Ctrl + Alt + Shift + 左向き矢印

Command + Option + Shift + 左向き矢印

テキストサイズを 1 ポイント単位で減少

Ctrl + Alt + 左向き矢印

Command + Option + 左向き矢印

楕円ツール

E

E

カーニングを 5 ユニット単位で増加

Alt + Shift + 右向き矢印

Option + Shift + 右向き矢印

カーニングを 1 ユニット単位で増加

Alt + 右向き矢印

Option + 右向き矢印

行間を 5 ユニット単位で増加

Alt + Shift + 上向き矢印

Option + Shift + 上向き矢印

行間を 1 ユニット単位で増加

Alt + 上向き矢印

Option + 上向き矢印

テキストサイズを 5 ポイント単位で増加

Ctrl + Alt + Shift + 右向き矢印

Command + Option + Shift + 右向き矢印

テキストサイズを 1 ポイント単位で増加

Ctrl + Alt + 右向き矢印

Command + Option + 右向き矢印

著作権記号の挿入

Ctrl + Alt + Shift + C

Command + Option + Shift + C

登録商標の挿入

Ctrl + Alt + Shift + R

Command + Option + Shift + R

ラインツール

L

L

新規タイトル

Ctrl + T

Command + T

選択したオブジェクトを下に 5 ピクセル単位で移動

Shift + 下向き矢印

Shift + 下向き矢印

選択したオブジェクトを下に 1 ピクセル単位で移動

下向き矢印

下向き矢印

選択したオブジェクトを左に 5 ピクセル単位で移動

Shift + 左向き矢印

Shift + 左向き矢印

選択したオブジェクトを左に 1 ピクセル単位で移動

左向き矢印

左向き矢印

選択したオブジェクトを右に 5 ピクセル単位で移動

Shift + 右向き矢印

Shift + 右向き矢印

選択したオブジェクトを右に 1 ピクセル単位で移動

右向き矢印

右向き矢印

選択したオブジェクトを上に 5 ピクセル単位で移動

Shift + 上向き矢印

Shift + 上向き矢印

選択したオブジェクトを上に 1 ピクセル単位で移動

上向き矢印

上向き矢印

ペンツール

P

P

オブジェクトを下のタイトルセーフマージンに配置

Ctrl + Shift + D

Command + Shift + D

オブジェクトを左のタイトルセーフマージンに配置

Ctrl + Shift + F

Command + Shift + F

オブジェクトを上のタイトルセーフマージンに配置

Ctrl + Shift + O

Command + Shift + O

長方形ツール

R

R

回転ツール

O

O

選択ツール

V

V

横書き文字ツール

T

T

縦書き文字ツール

C

C

三角形ツール

W

W

トリミングモニターパネルのキーボードショートカット

結果

Windows

Mac OS

両方のクリップにフォーカス

Alt + 1

Option + 1

後続クリップ側にフォーカス

Alt + 3

Option + 3

先行クリップ側にフォーカス

Alt + 2

Option + 2

指定した値でマイナストリミング

Alt + Shift + 左向き矢印

Option + Shift + 左向き矢印

1 フレームマイナストリミング

Alt + 左向き矢印

Option + 左向き矢印

指定した値でプラストリミング

Alt + Shift + 右向き矢印

Option + Shift + 右向き矢印

1 フレームプラストリミング

Alt + 右向き矢印

Option + 右向き矢印

エフェクトコントロールパネルのキーボードショートカット

結果

Windows

Mac OS

選択したクリップの先頭へ移動(エフェクトコントロールパネルがアクティブになっているとき)

Home

Home

選択したクリップの末尾へ移動(エフェクトコントロールパネルがアクティブになっているとき)

End

End

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー