マニュアル キャンセル

ソースのパッチとトラックのターゲット設定

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. 長編とエピソードのワークフローガイド
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. よくある質問 | Premiere Pro での読み込みと書き出し
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタル化
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  8. 編集
    1. ビデオの編集
    2. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. シーケンス設定の変更
      3. クリップをシーケンスに追加する
      4. シーケンスでのクリップの並べ替え
      5. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      6. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      7. シーケンスの簡易化
      8. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      9. マーカーの操作
      10. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      11. シーン編集の検出
    3. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    4. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. 自動ダッキングオーディオ
      6. リミックスオーディオ
      7. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      8. オーディオバランスとパンについて
      9. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      10. オーディオエフェクトおよびトランジション
      11. オーディオトランジションの操作
      12. オーディオへのエフェクトの適用
      13. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      14. オーディオミックスの録音
      15. タイムラインでのオーディオの編集
      16. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      17. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    5. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    6. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  9. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  10. タイトル、グラフィック、キャプション
    1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
    2. タイトル
      1. タイトルの作成
    3. グラフィック
      1. シェイプの作成
      2. オブジェクトの整列と分布
      3. テキストとシェイプの外観の変更
      4. グラデーションの適用
      5. グラフィックへレスポンシブデザイン機能の追加
      6. モーショングラフィックステンプレートのインストールと使用
      7. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      8. データに基づくモーショングラフィックステンプレートの使用
    4. キャプション
      1. 音声テキスト化
      2. キャプションの操作
      3. スペルチェックおよび検索と置換
      4. テキストの書き出し
      5. Premiere Pro での音声テキスト化 | よくある質問
    5. ベストプラクティス:グラフィックワークフローの高速化
    6. Premiere Pro でのレガシータイトルの廃止 | よくある質問
    7. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
  11. アニメーションとキーフレーム
    1. キーフレームの追加、移動、設定
    2. エフェクトのアニメート
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
    4. キーフレームのオートメーションの最適化
    5. キーフレームの移動とコピー
    6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  12. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  13. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. 自動カラー補正
    3. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    4. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    5. ショット間のカラーを修正および一致
    6. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    7. ビネットの作成
    8. Look と LUT
    9. Lumetri スコープ
    10. カラーマネジメントの表示
    11. 放送用 HDR
    12. DirectX HDR サポートを有効にする
  14. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しを高速化
  15. 共同作業:Frame.io、プロダクションおよび Team Projects
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. プロダクション
      1. プロダクションの使用
      2. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
      3. ベストプラクティス:プロダクションの操作
    4. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. Team Projects の作成
      3. チームプロジェクトでメディアを追加および管理
      4. Team Projects を使用した共同作業
      5. Team Project 共同作業者との変更点の共有と管理
      6. チームプロジェクトをアーカイブ、復元または削除
  16. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  17. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  18. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定をリセット
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつき削除
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      5. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      6. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      7. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  19. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. MedInstia オフラインでの再リンク

ソースのパッチ適用とトラックのターゲティングを使用して、編集スキルを次のレベルに押し上げる方法を説明します。

ソースのパッチにより、汎用性が向上し、クリップを正確に編集できるようになります。ソース素材は、プロジェクトパネルで使用できます。タイムラインに移動するには、ドラッグするか、キーボードショートカットを使用します。

より正確な編集をおこなうには、ソースモニターを使用します。ソースのパッチアイコンが一番左側に表示されます。

トラックのターゲット設定では、Premiere Pro のビデオトラックおよびオーディオトラックで使用可能なクリップが制御されます。タイムライン上のすべてのトラックには数字が含まれています。トラックのターゲットを設定するには、その数字をクリックします。ターゲットのトラックは青でハイライト表示されます。一度に複数のトラックを編集することができます。

ソースのパッチとトラックのターゲット設定
ソースのパッチとトラックのターゲット設定

A. ソースのパッチ  B. トラックのターゲット設定 

ソースのパッチ

Adobe® Premiere® Pro では、ソースパッチのプリセットを使用して、クリップの挿入および上書きの操作を制御できます。この機能により、空白のギャップを上書きする機能を失うことなく、編集ワークフローが単純化されます。

ソースパネルでタイムラインに配置されているクリップの位置とトラックの場所は、ソースのパッチによって異なります。

  • このコントロールは、タイムラインでの挿入と上書き編集のトラックの場所を制御します。
  • ビデオトラックとオーディオトラックで使用できます。
  • ソースモニターでクリップが開かれている場合にのみ、ボタンがアクティブになります。
  • ソースパッチインジケーターには、オン、オフおよびサイレントの 3 つの異なるモードがあります。

Premiere Pro はターゲットトラックからソースインジケーターを切り離します。Premiere Pro では、挿入および上書きの操作にソーストラックインジケーターを使用します。貼り付け、マッチフレーム、次に移動/前に移動、およびその他の編集操作にはターゲットトラックを使用します。

ソースパッチとソーストラックインジケーターの使用

ソースパッチにはオンなし黒/無音 の 3 つの状態があります。ソースモニターのアイテムのビデオトラックおよびオーディオトラックごとに 1 つのパッチが表示されます。

  • アイテムがオン状態の場合、対応するトラックが編集操作に含まれます。
  • トラックがなし状態の場合、編集の変更点がトラックに反映されません。
  • トラックが黒/無音状態の場合、ソースマテリアルを配置する代わりにギャップがトラックに表示されます。

ソースインジケーターをシングルクリックすると、状態がオンなしの間で切り替わります。Alt キーを押すと、黒/無音状態に切り替わります。Alt + Shift キーを押すと、同じメディア形式のすべてのソースインジケーターに操作が適用されます。

割り当てられたソーストラックインジケーターをドラッグして、別のトラックに割り当てることができます:

  • ソーストラックインジケーターが無効になっている場合、ドラッグするとインジケーターが有効になります。
  • ソーストラックインジケーターが既に有効になっている場合、インジケーターをドラッグしても状態は変わりません。
  • 宛先トラックに別のソーストラックインジケーターがある場合、次のインジケーターがトラックを入れ替えします。

同じタイプ(オーディオまたはビデオ)のソースインジケーターを、その間の相対的な垂直方向の間隔を維持しながら同時にドラッグできます。Shift キーを押しながらクリックし、割り当てられたソーストラックインジケーターをドラッグします。

  • 空白のソーストラックインジケーターをクリックした場合、上方向の最も近いインジケーターが下方向のトラックに移動します。上方向にインジケーターがない場合、下方向の最も近いインジケーターが上のトラックに移動します。
  • Alt/Opt キーを押しながら空白のソーストラックインジケーターをクリックした場合、下方向の最も近いインジケーターが上方向のトラックに移動します。下方向にインジケーターがない場合、上方向の最も近いインジケーターが下のトラックに移動します。

ソーストラックに表示する充分なトラックがない場合、ソースインジケーター列で最後のクリップトラックに + アイコンが表示されます。アイコンをクリックすると、新しいトラックがソースに合わせて追加されます。

トラックのターゲット設定

トラックのターゲット設定では、コピー、ペースト、「フレームの一致」コマンド、「ナビゲーション」コマンドなどのいくつかの操作を制御します。アセットをタイムラインにコピー&ペーストすると、アセットは、そのレイヤーの順序に基づいて、一番下にあるトラックにペーストされます。例えば、ビデオトラックが1、4に設定されている場合は、コンテンツがトラック1にペーストされます。

「フレームの一致」コマンド(キーボードショートカット F)の場合、ターゲットの一番上にあるトラック上のクリップのフレームを一致させます。例えば、1、2、4 というビデオトラックにクリップがある場合、トラック 2 のみを対象とする場合は、トラック 2 のクリップのフレームが一致します。ナビゲーションショートカットキーを使用して、対象のタスクを作成することもできます。 

キーボードショートカット

ワークフローを高速化するには、次のキーボードショートカットをキーボードショートカットダイアログボックス(Win:編集キーボードショートカット、macOS:Premiere Proキーボードショートカット)で設定します。

同じトラックにペースト

シーケンス内のアイテムが常に、コピー元の同じトラックにペーストされます。

同じトラックにインサートペースト

同じトラックにペースト」と同様に、このキーボードショートカットを使用して、リップル(インサート)ペースト操作を実行できます。

ターゲットトラックにペースト

このキーボードショートカットは、従来のコピー&ペースト操作と同じように動作します。 「ターゲットトラックにペースト」コマンドは、最も低いターゲットトラックに合わせてペーストされます。

ターゲットトラックにインサートペースト。

この新しいキーボードショートカットを使用して、従来のコピー&インサートペースト操作と同じように動作する追加のキーボードショートカットを作成できます。「ターゲットトラックにインサートペースト」コマンドを使用すると、最も低いターゲットトラックに合わせてリップル(インサート)ペースト操作が実行されます。

コピー&ペースト用のキーボードショートカット
コピー&ペースト用のキーボードショートカット

この 4 つの機能をすべてキーボードショートカットに割り当て、同じトラックにペーストしたり、トラックのターゲティングに合わせてペーストしたりする機能を追加できます。これらのショートカットは、タイムラインパネルがアクティブで、キーボードショートカットエディターのタイムラインパネルのショートカットからアクセスできる場合、従来のアプリケーション全体に適用されるデフォルトのコピー&ペーストのキーボードショートカットよりも優先されます。

タイムラインでアセットをコピーしてペーストする場合、デフォルトでは、同じトラックにアイテムをペーストすることができます。 ターゲットの追跡に応じて Premiere Pro がペーストされるようにするには、次のようにします。

  1. Win:編集キーボードショートカット。macOS:Premiere Proキーボードショートカット
  2. コマンドドロップダウンメニューのタイムラインパネルに移動します。
  3. 同じトラックにペースト」セクションで、割り当てられているショートカットを削除します。
  4. ターゲットトラックにペースト」にショートカットを再割り当てします
  5. OK」をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
アドビのロゴ

アカウントにログイン