この文書は、Adobe Illustrator の「リンク配置」と「埋め込み配置」の違いについて説明します。

Illustrator 書類に Photoshop など別のアプリケーションで作成したアートワークを配置するには、ファイルにアートワークを含める「埋め込み配置」と、別のファイルを外部に参照する「リンク配置」の方法があります。

A. 「リンク配置」または「埋め込み配置」の方法

「リンク配置」または「埋め込み配置」の方法は、配置ダイアログボックスの「リンク」チェックボックスで行います。

A-1. リンク配置する方法

ファイルをリンク配置するには、以下の手順を行います。

  1. ファイル/配置 を選択します。

  2. 配置ダイアログボックスで、ファイルを選択して「リンク」にチェックを入れます。

  3. 「配置」ボタンをクリックします。

A-2. 埋め込み配置する方法

ファイルを埋め込み配置するには、以下の手順を行います。

  1. ファイル/配置 を選択します。

  2. 配置ダイアログボックスで、「リンク」のチェックをはずします。

  3. ファイルを選択して「配置」ボタンをクリックします。

B. 「リンク配置」と「埋め込み配置」の主な違い

「リンク配置」と「埋め込み配置」の主な違いとしては、以下の 3 項目があります。これらの特徴によって、それぞれのメリットがあるため作業に合わせて使い分けてください。

項目

リンク配置

埋め込み配置

ファイルサイズ

小さい

大きい

元画像の反映

×

オブジェクトごとの編集

×

*

* 埋め込み配置後に個別にオブジェクトを編集できる主なファイル形式には、「PDF」、「PSD」、「EPS」などがあります。

リンク配置のメリット

リンク配置に設定して配置したアートワークは、作成元のファイルにリンクされるため Illustrator 書類自体には含まれません。このため、埋め込み配置よりもファイルのサイズを抑えることができます。ファイルのサイズを抑えることによって、作業環境にかかる負担が減少し、より効率的に作業を行うことができます。

また、リンク元のファイルが変更されたときに、その変更を反映させるかどうかを選択することができます。設定方法の詳細は、C-2. リンク元のファイルの変更を反映させる方法 を参照してください。

埋め込み配置のメリット

埋め込み配置に設定すると、Photoshop など別のアプリケーションで作成したファイルのコピーが Illustrator 書類の中に埋め込まれます。このため、リンク配置と違って元のアートワークを変更しても配置したアートワークには影響しません。元のファイルのコピー自体が埋め込まれることで、リンク配置よりもファイルのサイズは大きくなります。

また、Photoshop ファイル(.psd)などのファイル形式によっては、グループやレイヤーなど複数のオブジェクトを保持したまま Illustrator 上に配置、編集することができます。それぞれのオブジェクトを保持したまま埋め込み配置することで、Illustrator 上でもこれらのオブジェクトを個別に編集することができます。

C. リンクパレットの使い方

C-1. リンクパレットの表示

リンク配置したアートワークは、「リンク」パレットを使用して管理することができます。「リンク」パレットを表示するには、ウインドウ/リンク を選択します。リンクされているアートワークのファイル名の横にアイコンが表示され、アートワークの状態を確認することができます。

リンクパレットでは、それぞれのリンクの表示・非表示を切り換えたり、名前、種類またはステータス別にアートワークを並べ替えることもできます。

※ Adobe Version Cue プロジェクトを使用している場合は、Version Cue で使用しているその他のファイル情報もリンクパレットに表示されます。Illustrator で Version Cue を使用するための設定と使用方法については、ユーザガイドおよびオンラインヘルプ、または下記の関連文書を参照してください。

C-2. リンク元のファイルの変更を反映させる方法

リンク元のファイル名や保存場所を変更するとリンク情報が失われ、配置したアートワークが表示されなくなります。リンク先が不明なアートワークは、「リンク」パレット下部の「リンクを再設定」アイコンをクリックするか、またはリンクパレットメニューの「リンクを再設定」ボタンをクリックして、 新しいリンク先を設定することができます。

リンク元のファイルの内容が編集された時には、その変更を Illustrator 書類上に反映するかどうかを選択することができます。

リンク配置されたアートワークの更新方法を設定するには、以下の手順を行います。

  1. 以下のいずれかの操作を行います。

    • Windows の場合
      編集/環境設定/ファイル管理・クリップボード を選択します。
    • Mac OS の場合
      Illustrator/環境設定/ファイル管理・クリップボード を選択します。
  2. 「ファイル」セクションの「リンクを更新」プルダウンメニューから以下の更新方法のいずれかを選択します。

    • 「自動」:リンク元のファイルが変更されたらリンクアートワークも自動的に更新する
    • 「手動」:リンク元のファイルが変更されてもリンクアートワークを自動的に変更しない
    • 「修正されるときに確認」:リンク元のファイルが変更されたときにダイアログボックスを表示して確認する

    表示されたダイアログボックスでリンクアートワークを更新する場合は 「OK」、更新しない場合は「キャセンル」を選択します。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできる Adobe コミュニティフォーラム をご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー