マニュアル キャンセル

オーディオの録音

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. 長編とエピソードのワークフローガイド
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. よくある質問 | Premiere Pro での読み込みと書き出し
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタル化
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  8. 編集
    1. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. クリップをシーケンスに追加する
      3. シーケンスでのクリップの並べ替え
      4. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      5. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      6. シーケンスの簡易化
      7. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      8. マーカーの操作
      9. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      10. シーン編集の検出
    2. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    3. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. 自動ダッキングオーディオ
      6. リミックスオーディオ
      7. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      8. オーディオバランスとパンについて
      9. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      10. オーディオエフェクトおよびトランジション
      11. オーディオトランジションの操作
      12. オーディオへのエフェクトの適用
      13. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      14. オーディオミックスの録音
      15. タイムラインでのオーディオの編集
      16. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      17. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    4. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    5. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  9. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  10. グラフィック、タイトル、アニメーション
    1. グラフィックとタイトル
      1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
      2. タイトルの作成
      3. シェイプの作成
      4. テキストと図形の整列と分布
      5. スペルチェックおよび検索と置換
      6. テキストとシェイプへのグラデーションの適用
      7. レスポンシブデザイン機能のグラフィックへの追加
      8. タイトル用のモーショングラフィックステンプレートの使用
      9. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      10. データ駆動型モーショングラフィックステンプレートの使用
      11. ベストプラクティス:より高速なグラフィックワークフロー
      12. キャプションの操作
      13. 音声テキスト変換
      14. Premiere Pro での音声テキスト変換 | よくある質問
      15. Premiere Pro でのレガシータイトルの廃止 | よくある質問
      16. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
    2. アニメーションとキーフレーム
      1. キーフレームの追加、移動、設定
      2. エフェクトのアニメート
      3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
      4. キーフレームのオートメーションの最適化
      5. キーフレームの移動とコピー
      6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  11. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  12. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. 自動カラー補正
    3. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    4. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    5. ショット間のカラーを修正および一致
    6. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    7. ビネットの作成
    8. Look と LUT
    9. Lumetri スコープ
    10. カラーマネジメントの表示
    11. 放送用 HDR
    12. DirectX HDR サポートを有効にする
  13. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しを高速化
  14. 共同作業:Frame.io、プロダクションおよび Team Projects
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. プロダクション
      1. プロダクションの使用
      2. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
      3. ベストプラクティス:プロダクションの操作
    4. Team Projects
      1. Team Projects の新機能
      2. Team Projects の概要
      3. Team Projects の作成
      4. チームプロジェクトでメディアを追加および管理
      5. チームプロジェクトを使用した共同作業
      6. チームプロジェクト共同作業者との変更点の共有と管理
      7. チームプロジェクトをアーカイブ、復元または削除
  15. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  16. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  17. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定をリセット
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつき削除
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      5. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      6. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      7. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  18. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. MedInstia オフラインでの再リンク

これらの手順に従って、Premiere Pro でトラックミキサーを使用してオーディオを録音したり、またはタイムラインで直接ボイスオーバーを録音したりする方法を学習します。

新規にシーケンスを作成してオーディオトラックに録音することもできれば、既存のシーケンスのオーディオトラックに録音することも可能です。Premiere Pro では、録音はオーディオクリップとして保存され、プロジェクトに追加されます。

オーディオを録音する前に、コンピューターにサウンド入力があることを確認します。Premiere Pro は、ASIO(Audio Stream Input Output)デバイス(Windows)およびコアオーディオデバイス(Mac OS)をサポートしています。多くのデバイスには、スピーカー、マイクケーブル、ブレイクアウトボックス接続用のコネクタが備わっています。

サウンド入力デバイス接続用の ASIO デバイスまたはコアオーディオデバイスがコンピューターに組み込まれている場合には、サウンドデバイスの設定と入力ボリュームレベルオプションが正しく設定されていることを確認します。詳しくは、オペレーティングシステムのヘルプを参照してください。

Premiere Pro で、オーディオハードウェアの環境設定で初期設定のデバイスオプションを設定して、録音時に使用する入力チャンネルを指定します。

入力デバイスを接続し、すべての準備が整ったら、Premiere Pro のオーディオトラックミキサーを使用してオーディオを録音できます。オーディオトラックミキサーを使用して、モニターするレベルを調整します。

また、オーディオトラックミキサーワークフローを使用することなく、タイムラインから直接オーディオトラックにボイスオーバーを録音することもできます。

録音したオーディオからオーディオクリップが作成され、タイムラインパネルとプロジェクトパネルの両方に追加されます。

アナログオーディオのキャプチャ

アナログカセットやマイクからの入力など、デジタル形式になっていないオーディオを使用する場合は、オーディオまたはオーディオ/ビデオ対応のデジタイザ/キャプチャカードを使用してオーディオをデジタル化する必要があります。

重要事項

  • デジタル化したときのオーディオ品質とオーディオファイルのサイズは、デジタイズしたオーディオのサンプルレート(1 秒あたりのサンプル数)とビット深度(1 サンプルあたりのビット深度)によって異なります。また、ステレオオーディオをデジタイズすると、モノラルオーディオの 2 倍のディスク容量が必要になります。
  • これらのパラメーターをプロジェクト設定ダイアログボックスの「キャプチャ」セクションで制御することで、アナログオーディオをデジタル形式で表現する際の精度を設定することができます。サンプルレートとビット深度を大きくすると音質が向上しますが、ファイルサイズもそれに応じて大きくなります。
  • お使いのコンピューターで処理できる最高の品質でオーディオをキャプチャします(これらの設定が最終的な書き出しや再生に指定した設定よりも高い場合を含む)。品質的に余裕を持ってキャプチャすることで、ヘッドルームまたは追加データが提供され、オーディオゲインを調整したり、イコライゼーションやダイナミックレンジの圧縮/拡大を適用する際に品質を保つことができます。
  • DV 形式では、2 組の独立したステレオオーディオを録音することができますが、Premiere Pro では 1 組のステレオオーディオのみをキャプチャできます。DV ハードウェアによっては、ステレオペア 1、ステレオペア 2 または両方のステレオペアの組み合わせを選択することができます。詳しくは、DV ハードウェアのマニュアルを参照してください。

キャプチャしたオーディオの保存場所の設定

  1. ファイル/プロジェクト設定/スクラッチディスクを選択します。
  2. 「キャプチャしたオーディオ」で保存先を選択し、「OK」をクリックします。

録音用オーディオ入力チャンネルの準備

トラックの録音を有効にすると、環境設定ダイアログボックスの「オーディオハードウェア」セクションで指定した初期設定のデバイスチャンネルから、トラックに録音することができます。このダイアログボックスに表示される「ASIO 設定」ボタン(Windows のみ)をクリックすると、コンピューターに接続されているオーディオ入出力を設定することができます。サブミックスおよびマスタートラックには、常にシーケンス内のトラックのオーディオが入力されるので、このトラックに録音機能を使用することはできません。

マイクなどのアナログソースからのオーディオの録音

  1. 入力オーディオデバイスが指定されていることを確認します。詳しくは、初期設定のオーディオデバイスの指定を参照してください。
  2. 入力デバイス(マイクなどのオーディオデバイス)がコンピューターまたはサウンドカードに正しく接続されていることを確認します。
    注意:

    マイクから録音する場合は、お使いのコンピューターまたはサウンドカードのマニュアルを参照して、マイク入力ジャックがモノラルとステレオのどちらであるかを確認し、ジャックに合ったマイクを使用してください。ノイズ、チャンネルの不足、音が途切れる、無音などの問題は、モノラルマイクをステレオジャックに挿入したこと、またはステレオマイクをモノラルジャックに挿したり、ステレオマイクをモノラルジャックに挿していることが原因の場合もあります。

  3. マイクから録音する場合は、コンピューターのスピーカーをオフにして、フィードバックやエコーの発生を防ぎます。

オーディオトラックミキサーを使用してオーディオを録音することも、タイムラインで直接オーディオトラックにボイスオーバーを録音することもできます。

オーディオトラックミキサーを使用してオーディオを録音する

  1. (オプション)必要に応じて、録音するチャンネル数に適したタイムラインにオーディオトラックを追加します。例えば、チャンネルが 1 つしかないモノラルマイクで音声を録音する場合、モノラルオーディオトラックに録音します。トラックの操作を参照してください。オーディオトラックミキサーに、タイムラインに追加したトラックごとに 1 つのトラックが表示されます。

    複数のトラックに録音する場合、この手順を繰り返す必要があります。

  2. オーディオトラックミキサーで、オーディオデバイスに追加したトラックの、このトラックに録音アイコン(「R」アイコン)をクリックします。
  3. トラック入力チャンネルメニューから録音する入力チャンネルを選択します。
    注意:

    トラック入力チャンネルメニューは、このトラックに録音アイコンをクリックするとアクティブになります。

  4. (オプション)新しいシーケンスを作成します。
    注意:

    既存のシーケンスに録音することもできます。これは、ナレーションの録音など、シーケンスの再生を見ながら音声を録音したい場合にとても便利です。既存のシーケンスにナレーションを録音する場合は、オーディオトラックミキサーで、録音しようとしているトラックのソロトラックアイコン(「S」アイコン)をクリックすることをお勧めします。このアイコンをクリックすると、ほかのオーディオトラックがミュートされます。

  5. (オプション)録音しようとしているオーディオトラックを選択します。
  6. (オプション)入力デバイスのレベルを調整して、録音レベルを適切に設定します。
  7. オーディオトラックミキサーパネルメニューの「メーター入力のみ」を選択して、サウンドカードの入力のみをメーターに表示します。
  8. オーディオトラックミキサーの下部にある録音ボタン をクリックして、オーディオトラックミキサーを録音モードにします。
  9. 選択したアナログソースを再生するか、ナレーターにマイクに向かって声を出してもらい、入力レベルをテストします。オーディオトラックミキサーのレベルメーターで対象のオーディオトラックのオーディオレベルがクリップしていないかどうかを確認します。
  10. (オプション)テストを終えたら、オーディオトラックミキサーパネルメニューの「メーター入力のみ」の選択を解除し、プロジェクトのオーディオトラックもメーターに表示するようにします。
  11. 再生/停止ボタン をクリックして録音を開始します。

  12. 必要に応じて、レコード中にトラックボリュームのスライダーを上(音を大きくする)または下(音を小さくする)に調整して、目的のモニターレベルを維持します。

    オーディオがクリップされると、VU メーターの上部の赤いインジケーターが点灯します。オーディオレベルがクリッピングの発生しないレベル内におさまるように録音してください。通常、音の大きいオーディオの音域を 0 dB 付近、音の小さいオーディオを -18 dB 付近にします。

  13. 停止アイコン をクリックして録音を停止します。

    録音されたオーディオは、オーディオトラックにインスタントクリップとして、またプロジェクトパネルにマスタークリップとして表示されます。いつでもプロジェクトパネルでクリップを選択し、名前を変更したり削除したりすることができます。

タイムラインからオーディオトラックにボイスオーバーを録音する

Colin Smith

タイムラインから直接オーディオトラックにボイスオーバーを録音するには、次の手順に従います。

  1. ボイスオーバー「録音」ボタンを表示する

    ボイスオーバー録音ボタン  を使用すると、タイムラインで直接オーディオトラックにボイスオーバーを録音できます。タイムラインヘッダーにボイスオーバー録音ボタンを表示するには、次の手順を実行します:

    1. タイムラインでボイスオーバーを追加するトラックを選択します。。
    2. タイムラインで「設定」ボタンをクリックし、「オーディオヘッダーのカスタマイズ」を選択します。
    3. 表示されるボタンエディターダイアログボックスで、マイクボタン を目的のオーディオトラックにドラッグ&ドロップし、「OK」をクリックします。
  2. ボイスオーバー録音ワークフローを開始する

    次の手順を実行して、ボイスオーバー録音ワークフローを開始します。

    • オーディオ録音を挿入するインとアウトの範囲をマークします。
    • ボイスオーバーを挿入する開始ポイントに再生ヘッドを配置します。
  3. プリロールカウントダウンを表示する

    インとアウトの範囲をマークするか、再生ヘッドを配置したら、ただちにボイスオーバー録音ワークフローを開始します。プリロールカウントダウンがプログラムモニターにオーバーレイとして表示されます。

    プリロールカウントダウンは、録音を準備して開始するタイミングを指示するための視覚的なキューです。録音はカウントダウンがゼロになったら開始します。ボイスオーバー録音設定ダイアログボックスでプリロールカウントダウンのデュレーションを指定できます。

    コンテキストメニューから「ボイスオーバー録音設定」を選択すると、タイムラインから直接ボイスオーバー録音設定にアクセスできます。

    ボイスオーバー設定
    タイムラインからボイスオーバー設定にアクセスする

    プリロールカウントダウンおよびポストロールカウントダウンのデュレーションを指定できます。「カウントダウンサウンドキュー」チェックボックスをオンにすると、録音のステータスを示すビープ音が鳴ります。このようなビープ音はボイスオーバーに録音されません。

  4. 録音の開始

    オーディオトラックのヘッダーにあるボイスオーバー録音ボタン をクリックして、録音を開始します。ステータスメッセージ「レコーディング中...」がプログラムモニターの下に表示され、録音がオンになっていることを示します。

    定義済みのインとアウトの範囲を使用する場合、ボイスオーバー録音ボタンのクリックで開始点、終了点を決める必要はありません。再生ヘッドがタイムラインのインポイントに達すると、録音が自動的に開始されます。

  5. 録音の終了

    定義済みのインとアウトの範囲を使用する場合、再生ヘッドがタイムラインのアウトポイントに達すると、録音が終了します。プログラムモニターのステータスメッセージが「完了しています...」に変わります。定義済みのインとアウトの範囲を使用しない場合、ボイスオーバー録音ボタンをもう一度押すか、スペースバーを押して、手動で録音を停止します。

    録音が完了すると、録音のオーディオファイルが作成されます。オーディオファイルは新規プロジェクト項目としてプロジェクトパネルに読み込まれます。

録音中の入力のミュート

入力をミュートすると、コンピューターにスピーカーが接続されている場合に、フィードバックやエコーの発生を防ぐことができます。

  1. 編集/環境設定/オーディオ(Windows)または Premiere Pro/環境設定/オーディオ(Mac OS)を選択します。
  2. 「タイムラインへの録音中に入力をミュート」を選択します。
アドビのロゴ

アカウントにログイン