eOriginal ヴォールトサービスによる Adobe Sign 文書のアーカイブ

文書のデジタルでの管理と保護

Adobe Sign と eOriginal は、企業が安全なデジタルヴォールトに重要な署名済み文書をアーカイブすることで、コンプライアンスおよび規制の要件を満たすことができるように業務提携をおこなっています。文書に署名がおこなわれると、eOriginal は完全にデジタル化された環境で文書を安全にヴォールトし、最高レベルの保護とコンプライアンスを提供します。企業は、特定のアカウントのすべての文書、特定のグループ(ユーザーのサブセット)によって開始されたすべての文書または個別の文書をアーカイブできます。

文書を作成する場合、Adobe Sign にアップロードされるオリジナルの文書は、契約書の正本とみなされます。正本は、署名サイクル全体を通してアドビのサーバーに保管されます。署名サイクルが完了すると、正本は eOriginal のヴォールトにアーカイブされ、文書は法的文書となります。文書の PDF コピーは Adobe Sign に引き続き保持されますが、eOriginal によってヴォールトされた文書のみが正本であることを示す「Copy of Original」という透かしが入れられます。

仕組み

署名サイクルが完了したら、ヴォールトが有効になっているトランザクションによって eOriginal ヴォールトサービスがトリガーされ、正本の転送が開始されます。これは非同期のコールアンドレスポンス型のプロセスであり、ヴォールトサービスが通知を受け取った後に Adobe Sign から情報を要求し、Adobe Sign が要求されたコンテンツを提供します。

このシーケンシャルな要求はほぼリアルタイムにおこなわれ、署名プロセスが完了した瞬間に正本がヴォールトサービスに保管されます。

最後の署名がおこなわれた後の処理は以下のとおりです。

  1. eOriginal ヴォールトサービスに対して、ヴォールトが有効にされた文書の署名プロセスが完了したことが ping で通知されます。Adobe Sign は、ヴォールトサービスに対して、文書機能キーという文書の一意の識別子を送信します。
  2. ヴォールトサービスは、最終的な署名済み文書に対するアクセストークンを要求します。
  3. Adobe Sign は、ヴォールトアプリケーションがその文書に対するアクセストークンを要求する権限を持っているかどうか確認します。これにより、ヴォールトアプリケーションのみが文書の正本を受け取ることが保証されます。Adobe Sign は、一意のワンタイムアクセストークンを提供します。
  4. 次に、ヴォールトサービスが文書のプロファイルを作成するために文書の監査証跡を要求します。
  5. Adobe Sign は監査証跡を提供します。監査証跡は、署名者のユーザー情報、各イベントの日時、IP アドレス、場所の情報(利用可能な場合)を含む、署名プロセス中に発生した事象の完全な記録を含んでいます。
  6. ヴォールトサービスは、ワンタイムアクセストークンを使用して、署名済み文書の透かしなしのバージョンを要求します。
  7. Adobe Sign はワンタイムアクセストークンを確認し、ヴォールトサービスに透かしなしの文書を提供します。
  8. ヴォールトサービスは文書の受領を確認し、Adobe Sign に対してヴォールトプロセスが完了したことを通知します。
  9. Adobe Sign は監査証跡を更新し、文書のステータスをヴォールト済みに更新します。
  10. 署名プロセス中に作成されたすべてのバージョンの文書には透かしが入れられ、文書の透かしなしのバージョンは消去されます。
電子ヴォールトプロセスの図

この時点で、Adobe Sign には、署名サイクルの履歴として入手できるステップごとの PDF コピーを含む、透かし入りの文書のコピーのみが保管されます。サムネール画像は、単なる画像であり、法的文書ではないので、透かしが入れられません。

文書がヴォールトされると、透かしなしの文書はヴォールトサービスからのみ取得できます。

ダウンロード

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー