受信者の辞退オプションの設定

概要

受信者が契約書を辞退する機能は、アカウントレベルまたはグループレベルで設定できます。有効にすると、契約書が辞退された理由に関するフィードバックループを閉じるためのツールを利用できるようになります。

辞退およびカスタムの理由を取得できるようにする機能は、すべてのサービス階層で使用できます。

辞退理由の独自のリストを定義して、フッターバナーに辞退ボタンを表示するオプションは、エンタープライズのサービス階層でのみ使用できます。


使用方法

グループまたはアカウントが、契約書を辞退する機能セットを有効にすると、電子サインページの「オプション」メニューに「署名を辞退」オプションが挿入されます。

メニューの「辞退」オプション

受信者がアクションを辞退することを選択した場合、事前定義された理由のリスト、および/または辞退に関する独自の理由を入力するオプションが表示されます(機能セットの設定方法によって異なります)。

辞退の理由

契約書を辞退すると、契約書がキャンセルされ、契約書の作成者に通知されます。


アクティビティおよび監査レポートのエントリ

契約書を辞退するアクションは、2 箇所でトランザクションレコードに記録されます。

  • 契約書のアクティビティレコード
  • トランザクションから得られた監査レポート
辞退 - アクティビティレポート
アクティビティレポート

辞退オプション
監査レポート

注意:

辞退に使用される注釈は、アクティビティリストにのみ表示され、監査レポートには表示されません。


辞退する理由の取得

契約書を辞退する理由は、「アクティビティ」セクションの契約書で確認できます(上記を参照)。または、契約書を含むレポートを実行して確認できます。

受信者辞退理由」列は、個々の受信者データの後に表示されます。

レポートでの辞退


設定オプション

個人、法人、小規模企業のお客様は、辞退オプションを許可して、カスタム理由の提供を要求できます。

  • これらのサービス階層では理由のリストを使用できないため、カスタム理由が取得されます
辞退オプション - 法人レベル

エンタープライズレベルのサービスでは、辞退理由機能セットには 5 つの設定可能なオプションが含まれます。

  • 署名者の辞退を許可」は、有効化を切り替える基本的な機能であるため、他の 4 つのオプションにアクセスするには有効にする必要があります
辞退オプション


署名者の辞退を許可

このトップレベルの設定を有効にすると、ほとんどの受信者役割に対して、契約書を辞退して、プロセスでそれをキャンセルするオプションが挿入されます。

  • 認証済み受信者役割が割り当てられた受信者は明示的に除外され、そのユーザーが辞退することを許可するオプションは、サクセスマネージャーまたはサポートによって個別に設定する必要があります。
辞退オプション


同意者:「辞退」ボタンの有効

有効にすると、同意者役割を持つ受信者の電子署名ページのフッターに「辞退」/「承認」ボタンが表示されます。

  • 署名を辞退」オプションは、引き続き「オプション」メニューに含まれています
フッターの「辞退」ボタン


署名者に理由の提供を要求

署名者に理由の提供を要求」オプションが有効になっている場合、辞退者に辞退理由のリストが表示されます。

提供された理由で辞退

辞退する理由はアカウント/グループ管理者が設定します。少なくとも 1 つの理由を定義する必要があり、定義しないとエラーが生成されます。

理由を提供しなかった場合のエラー

新しい辞退理由を作成するには、プラスアイコンをクリックして、「作成」オーバーレイを表示します。

理由を追加

辞退理由を定義するには、次の 3 つの要素を指定する必要があります。

  • 署名辞退理由の名前 - 理由レコードの名目上の名前。
    • これは、さまざまな言語にわたって理由の並べ替えを容易にするためのものです
  • 署名辞退理由のテキスト - これは、アクティビティレコードおよびレポートフィールドに挿入される実際のテキストです。
    • 理由テキストは 255 文字以内に制限されています
    • 受信者は選択ウィンドウでテキスト全文を見ることができます
  • 言語:署名者の環境と一致する言語で記載された理由のみが選択肢として表示されます。  フランス語ロケールを使って契約書を送信した場合、フランス語のフラグが設定された理由のみが選択可能となります
    • 署名者が事前定義済みの理由に一致しないロケールを使用している場合は、任意の理由の入力が許可されます

理由を適切に設定したら、「保存」をクリックします。

すべての署名者がただちにその理由を使用できるようになります。

リストに表示されている理由を編集または削除するには、該当する理由を一度クリックして選択します。

セクションの左上に編集または削除のアクションボタンが表示されます。

理由の編集または削除


署名者がカスタムの理由を提供することを許可

カスタム理由機能を有効にすると、受信者は独自の理由を各自の言葉で手動で入力できるようになります。

カスタム理由で辞退


アカウントとグループの辞退理由の一覧を表示

アカウントレベルとグループレベルの辞退理由の両方を組み合わせるオプションは、グループレベルのコントロールを設定した場合にのみ使用できます。

このオプションを使用すると、全員に共通する辞退理由のコアセットをアカウントレベルで作成して、グループから生成されたコンテンツ用に明示的に設計された特化した理由をグループレベルで追加できます。


知っておくべきこと...

認証済み受信者役割 は、辞退理由コントロールセットから明示的に除外されています。承認済み受信者が契約書を辞退できるようにする必要があるお客様は、サクセスマネージャーまたはサポートに連絡してこのオプションの有効化を依頼する必要があります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン