概要

電子サインページでは、受信者はさまざまなオプションを使用できます。

これらのオプションのいくつかは、アカウントレベルまたはグループレベルで有効になる設定により制御されます(グループレベル設定は、アカウントレベル設定を上書きします)。

オプションによっては、サクセスマネージャーに連絡して、機能の調整を依頼する必要があります。

電子サインページのオプション

使用するインターフェイスは、設定が使用可能となるタイミング、および設定が配置される場所に影響します。

  • 以下の内容は主に、Webエクスペリエンス用のものです。
  • モバイル(または幅が狭い画面)では、通常、ヘッダーまたはフッターに表示される一部のオプションがオプションメニューに移動されます
  • ページから「クロム」を削除すると、通常、ヘッダーまたはフッターに表示される一部の内容がオプションメニューに移動され、その他の内容は削除されます
    • クロムなし」は、Adobe Sign ブランディングがページから削除されることを意味します。  これは、Adobe Sign ページが別のインターフェイスに埋め込まれるアプリケーションで使用されます。


UI 設定で制御されるオプション

以下のオプションを受信者用に設定できます。

受信者がアクションを委任するこのオプションは、「他のユーザーが署名」オプションから設定できます。

委任

 

委任を無効にすることで、このオプションを非表示にできます。

委任には、内部受信者用と外部受信者用の 2 つのコントロールがあります。

両方とも、アカウントレベルとグループレベルで設定できます

UI コントロールにアクセスするには、アカウント/アカウント設定/グローバル設定/マイアカウントのユーザー用委任に移動します

委任コントロール

「電子サインしない」は、デフォルトで有効になっています。

拒否

 

受信者が契約書を拒否するオプションを非表示にするには、アカウント/アカウント設定/署名環境設定/追加の設定に移動します

  • 受信者による拒否を許可」ボックスをオフにして、「保存」を選択します
拒否のコントロール

電子サイントランザクションを手書きサインプロセスに変換するオプションは、デフォルトで無効になっています。

手書きに変換

 

受信者が電子サインワークフローを手書きサインフローに変換するオプションを有効にするには、アカウント/アカウント設定/署名環境設定/追加の設定に移動します

  • 署名者が印刷、手書きサインしてアップロードするのを許可」ボックスをオンにします
  • 保存」をクリックします。
手書きに変換コントロール

メッセージは、モバイルエクスペリエンスのオプションメニューに含まれています。

吹き出しをクリックすると有効になり、Web ユーザーに対して、右側の上部のレールにメッセージが表示されます。

メッセージは再配置できませんが、オプションを削除することはできます。

個人向けメッセージ

 

アプリ内のメッセージオプションを削除するには、アカウント/アカウント設定/署名環境設定/追加の設定に移動します

  • 電子サイン時に受信者にメッセージを表示」ボックスをオフにします
  • 保存」をクリックします。
個人向けメッセージのコントロール


このオプションは、サポートまたはサクセスマネージャーが調整する必要があります

下のオプションのコントロールは現状、管理インターフェイスに表示されません。 

ただし、エンタープライズレベルアカウントの場合は、サクセスマネージャーまたはサポートに連絡して、バックエンドでの設定の調整を依頼することができます。

このオプションを選択すると、最新の契約書の PDF が開きます。

  • 契約書を読む」オプションは、幅が狭い画面、モバイル、およびクロムなしエクスペリエンスでは使用できません。
契約書を読む

PDF バージョンの契約書が表示された場合に、受信者がこの契約書をダウンロードすることを許可します。

PDF をダウンロード

このオプションでは、受信者が追加したフィールドコンテンツのすべてを消去して、現在の受信者が契約書を開いた際に、契約書を元の状態に復元します。

データを消去

著作権マーク(および Adobe Sign に関するお役立ちリンク集)は、Web ブラウザーウィンドウの下部のレールに表示されます。

著作権 - Web

 

幅が狭いウィンドウには、オプション
メニューに次の内容が含まれます

著作権 - 幅が狭い画面

 

モバイルおよびクロムなしエクスペリエンスには、オプションメニューに著作権情報のみが含まれます。

著作権 - モバイル


設定不可能なオプション

次のオプションは、設定ができません。

このオプションには、契約書の重要なイベントの履歴が表示されます。

  • 履歴を表示は、幅が狭い画面およびクロムなしエクスペリエンスでは使用できません
  • モバイルアプリでは、電子サインページを開く前に、契約書の履歴を表示するオプションが表示されます。
履歴を表示

Adobe Sign インターフェイスで使用するロケールのを受信者に許可します。変更

Web ユーザーの場合、ロケールセレクターはウィンドウのフッターに表示されます

ロケール - Web

 

モバイル幅が狭い画面、およびクロムなしエクスペリエンスでは、オプションメニューにロケールセレクターが挿入されます

ロケール - 幅が狭い画面

電子的にサインするオプションは、次の場合にのみ、オプションメニューに表示されます。

  • 契約書が元々、電子サインのために送信された
  • 受信者が「印刷、サインしてアップロード」オプションをオプションメニューから選択した

文書を印刷することを選択した受信者がオプションメニューに戻った場合、電子的にサインオプションにより電子サインプロセスに戻ることができます。

電子的にサイン

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー