フィールドをマスキングすることでプライベートな顧客情報を守れます。

マスク済みフィールドは、ドキュメントを開く第三者に受信者の機密情報を見せたくないときに使用します。作成される PDF では、マスク済みフィールドに入力されている文字はすべてアスタリクスで表示されます。

ただし、書き出されたレポート(csv ファイルとして出力されます)にはマスク済みフィールドのデータも表示され、非表示にはなりません

マスク済みフィールドの設定

  1. 「データフィールド」タブを選択します(新しいオーサリング環境の画面左側にあります)。
  2. テキストフィールドを必要な場所にドラッグ&ドロップします。
  3. テキストフィールドをダブルクリックしてフィールドのプロパティを表示します。
  4. フィールドデータをマスク」チェックボックスをオンにします。
  5. (オプション)検証タイプを選択します(社会保障番号や電話番号など)。
  6. OK」をクリックしてフィールドのプロパティを保存します。

マスキングが必要なフィールドの数だけ同じ手順を繰り返します。

フィールドの設定手順

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー