機能の説明

受信者を置き換え」は、現在の受信者が参加できなくなった場合や、電子メールアドレスを間違って入力していた場合に、送信者が契約書をリダイレクトするための機能です。

この機能はどのレベルのサービスでも利用でき、マルチライセンスアカウントには複数の設定オプションがあります。

使用方法

現在の受信者の置き換えは、管理ページからおこないますが、契約書の元の送信者でなければ実行できません。

1. 「管理」タブで編集する「署名用に送信」の契約書をシングルクリックします。

  • 選択した契約書レコードが青でハイライトされます。

2. ウィンドウ右下隅の「履歴」をクリックします。

  • 右側のパネルが更新されて選択した契約書のイベント一覧が表示されます。

3. 契約書の現在の受信者を探します。 電子メールアドレスのすぐ下に署名者を置き換えリンクがあります。署名者を置き換えリンクをクリックします。

1. Manage page - History tab - marked

現在の署名者を置き換えページが読み込まれます。定義されているデフォルト設定が右側に表示されます(現在の受信者全員を置き換えるか、置き換え候補として新しい受信者を追加するか)。

2. Replace Signer page - Sender Options

Adobe Sign 管理者が有効にしている場合、送信者がデフォルト操作を変更するオプションがあります(上の画像でハイライトされた部分)。このオプションが表示されていない場合、定義済みのデフォルト操作のみ可能です。

4. 契約書に割り当てる新しい受信者の電子メールアドレスを入力します。

5. 新しい受信者に送信するメッセージを入力します。

  • メッセージフィールドは必須なので、何か入力してください。

6. 入力したメッセージに問題がなければ「署名者を置き換え」ボタンをクリックします。

7. ダッシュボードページにリダイレクトされ、ページ上部に完了を示すバナーが表示されます。

3. Success Banner

 

履歴」タブに受信者が置き換えられたことが表示されます。

4. Replace Recipient - History tab post-replace

 

 

監査レポートにも受信者の置き換え結果が反映されます。

5. Replace Signer - Audit Report

設定の変更方法

受信者を置き換え機能は、デフォルトで現在の受信者全員を新しい受信者で置き換える設定になっています。

個人版プランのユーザーはこのデフォルト設定を変更できません。

マルチライセンスアカウントにはアカウントレベルやグループレベルでデフォルト操作を変更するオプションがあります。また、契約書の送信者にその時々の状況にあったオプションを選べる権限を付与することもできます。

アカウント/アカウント設定/グローバル設定/受信者を置き換えに移動します。

6. Nav to setting

管理者が設定できる項目が 2 つあります。

アカウントレベルとグループレベルのデフォルト操作

  • 新しい受信者のみが参加できるようになります - これがデフォルトの置き換え操作です。
    • 契約書を間違った電子メールアドレスに送信されることが一番の懸念事項である場合は、このオプションが適しています。
  • 元の受信者と新しい受信者の両方が参加できるようになります - これは含める操作です
    • 受信者が外出していたり、連絡が取りにくい状態になっていたりすることで署名プロセスが滞ることが一番の懸念事項である場合は、このオプションが適しています。

契約者の送信者によるデフォルト設定の変更を許可するかどうか

  • アカウント内のユーザーは、置き換え後に元の受信者を参加可能にするかどうかを選択できます」チェックボックスをオンにすると、現在の署名者を置き換えページに送信者が選択可能なチェックボックスが表示されるようになります。
    • アカウントレベルやグループレベルの値は、ページ読み込み時のチェックボックスの状態に反映されます。 

ご注意

置き換えできるのは現在の受信者のみです。

既に契約の一部になっている受信者の置き換えはできません。

置き換えた受信者を元の値に戻すことはできません。

Mega サイン経由で送信された契約書では受信者を置き換え機能は使用できません。

値を変えて同じ受信者インデックス番号(受信者番号 2 など)を複数回置き換えることはできます。

  • 含める」オプションを使用するごとに受信者候補の人数が増えます。
  • 置き換え操作をおこなうたびに受信者候補のリスト全体が新しく指定された電子メールアドレスに置き換えられます。

受信者グループに含まれる受信者を個別に置き換えることはできません。

  • 置き換え操作を使用すると、グループ全体が新しく指定された電子メールアドレスに置き換えられます。
  • 含める操作を使用すると、受信者グループに新しい受信者が加わります。

並行参加順序に含まれる受信者は個別に置き換え可能です。

ハイブリッドルーティング順序で定義されている受信者は個別に置き換え可能です。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー