手書き署名ワークフローは現在、すべてのレベルのサービスで利用できます。

 

手書きの署名が必要になる場合もあります。法律やコンプライアンスの要件、政策方針がその理由になる場合もあれば、一方または両方の関係者が手書き署名の方が適切だと考える場合もあります。

Adobe Sign の手書き署名ワークフローでは、適切なアクセス制御によって最終文書の品質と明瞭さを保ち、電子的な処理と監査のメリットを生かしながら、手書き署名を取得することができます。


手書き署名の契約書の設定

送信者の場合、唯一の変更は「電子」オプションではなく「手書き」オプションを選択することです。

Workflow


署名者の手書き署名エクスペリエンス

署名者の場合、手書き署名ワークフローは、文書を印刷して署名を書く必要がある点など、電子サインワークフローとの類似性が高いと言えます。

  • 受信者は文書へのリンクが記載された電子メールで通知を受け取ります。
  • 受信者は文書を電子的に開き、以下のように、プロセスを進めるための 3 つの手順が最初に提示されます。
Three Steps

 

  • 受信者は入力が求められているすべてのフォームフィールドに入力します。
  • 入力を終えたら、「次へ」ボタンをクリックしてダウンロード手順に進みます。
Step 2

 

  • 受信者は「ダウンロード」ボタンをクリックし、フィールドの入力が完了している文書をダウンロードします。
  • ウィンドウが開き、ファイルを開くか保存するよう求められます。
  • PDF ファイルを開いてページを印刷します。
  • 文書に手書きで署名します。
  • その文書をスキャンしてデジタル形式に戻します。
    • Adobe Sign では、許可される通常のフォーマット(PDF、JPG、GIF、TIF、BMP)であれば、どのフォーマットのファイルでも利用できます。
    • Adobe Sign が受け付けるファイルは 1 つのみなので、複数の画像がある場合は、1 つのファイルに統合する必要があります。
  • 最初に届いた「署名してください」電子メール内のリンクをクリックすると、ファイルをアップロードするためのインターフェイスが開きます(または、必要に応じて再度ダウンロードします)。
step 3
 
  • アップロードして送信」ボタンをクリックするとウィンドウが開くので、このウィンドウで署名者はローカルシステム内のアップロードするファイルを指定します。
  • ファイルをアップロードすると、その受信者の作業は完了です。契約書が次の署名者に送信されるか、プロセスが終了します。

 

電子署名から手書き署名への変換

アカウント設定で許可されている場合、署名者は、署名を電子形式から手書き形式に変更できます。

署名者のビューでは、契約書を開いた後、ウィンドウの左上にオプションリストが表示されます。

このリストには印刷、署名、およびアップロードのオプションがあり、これにより、後続のすべての受信者に対して署名ワークフローが手書きワークフローに変換されます。

その後、署名者は、上記の手書き署名プロセスを完了するように求められます。

convert form esig


手書き署名オプションを有効にする方法

手書き署名を利用できるようにするには:

  1. アカウント/アカウント設定/送信設定に移動します。
  2. 許可されている署名タイプ」までスクロールします。
  3. 送信者が手書き署名用に文書を送信することを許可」オプションをオンにします。
  4. 保存」をクリックして変更を確定します。
enable_setting

 

この機能を有効にすると、送信ページに該当のオプションが表示されるようになります。

注意:

文書の表示制限(アカウント/アカウント設定/グローバル設定)を使用している場合は、それらの設定で明示的に手書き署名を有効にする必要があります。有効にすると、「手書き」オプションが送信ページに表示されるようになります。

文書の表示制限手書き署名ワークフローの両方を使用して送信された契約書では、文書の表示制限設定は無視され、文書全体が署名者に表示されます。