契約書送信時のオーサリング環境の更新

概要

新しい Adobe Acrobat Sign アプリケーション内のオーサリングエクスペリエンスは、文書作成プロセス全体を改善するように設計されています。

  • フィールドの配置が大幅に改善され、同じタイプのフィールドを複数配置できるようになり、個別にドラッグ&ドロップする必要がなくなりました。
  • フィールドプロパティ(サイズ、カラー、スタイル)は設定後も維持されるため、個別のフィールド設定が大幅に削減されます。
  • デフォルトのフィールド値の編集が改善され、フィールド内をクリックして値を入力するだけになりました。
  • フィールドプロパティは左パネルにリストされ、オプションがより適切に表示されます。

利用対象

  • 新しい Acrobat web アカウントと無料 Acrobat ユーザーでは、環境が自動的に有効になります。
  • Acrobat Sign ソリューションのエンタープライズ版レベルのアカウントでは、アカウント設定/グローバル設定で、新しいオーサリングエクスペリエンスを有効にできます。
新しいオーサリングコントロール

注意:

新しい環境は現在、Acrobat Sign システムを介して送信されるほとんどのトランザクションでお使いいただけますが、まだ開発中です。次のリリースでは、エクスペリエンスが改善される予定です。

主に、(テンプレートの作成ではなく)契約書の送信時にのみ環境を使用でき、最も一般的なフィールドタイプのみが使用できるなど、いくつかの制限事項があります。詳細については、下記の制限事項のリストを参照してください。

受信者とフィールドの割り当て

受信者リストは左パネルの上部にあり、受信者に割り当てられたフィールドのカラーに対応して色分けされたドットが表示されます。選択した受信者を囲むボックスは、フィールドの配置に受信者が選択されると色分けされます。

受信者を選択すると、Acrobat Sign システムに、配置されたフィールドをその受信者に割り当てるように通知し、受信者のすべてのフィールドをすばやく配置できます。

色分けされたフィールド

フィールド割り当ての変更

配置されたフィールドのフィールド割り当ては、変更するフィールドをダブルクリックして(フィールドオプションメニューを表示)、「受信者を変更」オプションにマウスを合わせて、新しい受信者を選択すると変更できます。

色分けされた関係は、受信者選択メニューオプションにも表示されます。

「受信者を変更」フィールド

フィールドの配置

フォーム構造にフィールドを配置するには、左パネルからフィールドタイプを選択し、フィールドを配置するフォームをクリックします。

  • フィールドの左上隅がクリックした場所に配置されます。
  • フォームスペースをクリックするたびに、新しいフィールドが配置されます。
  • 各フィールドでは、前のすべてのフィールドタイプの高さとフォントサイズ、カラー、およびスタイルが複製されますが、(独自の高さ特性が維持される)署名、チェックボックス、およびラジオボタンは除きます。このタイプのフィールドプロパティの継承を使用すると、最初に配置したフィールドを設定してから、個別のフィールドをカスタマイズせずにフォームの残りのフィールドを作成できます。
フィールドの配置

フィールドの移動

フィールドにマウスを合わせてクリックすると、フィールドを移動できます(カーソルが 4 方向の矢印に変わります)。マウスボタンを押したまま、フィールドを任意の場所に移動します。マウスボタンを離すと、フィールドは新しい場所に残ります。

フィールドを移動

フィールドサイズの調整

フィールドを選択し、フィールドの任意の端にマウスを合わせてサイズ変更矢印を表示すると、フィールドサイズを調整できます。フィールドの端をクリックして、適切なサイズにドラッグします。マウスボタンを離すと、フィールドサイズが設定されます。

フィールドサイズの調整

フィールドを複製してリンクして繰り返しのフィールドを自動的に入力

同じ情報を複数回要求する文書のセットがあるとします(名前、住所など)。この場合、フィールドを複製してリンクすることで、受信者が 1 つのフィールドに情報を入力すると、他のすべてのリンクされた複製に自動的にデータが入力されます。

複製/リンクされたフィールドを作成するには:

  1. フィールドをダブルクリックして、オプションのメニューを開きます。
  2. 省略記号を選択します。
  3. フィールドを複製およびリンク」を選択します。
これにより、リンクされた追加フィールドが 1 つ作成されます。
フィールドを複製およびリンク

複製されたフィールドをチェックすると、オプションのメニューが表示され、複製されたフィールドを管理するための追加のコントロールが表示されます。

  • 複製アイコン(以下で強調表示)をクリックして、3 つ目(またはそれ以上)の複製を追加します(以下で強調表示)。
  • 前へ」または「次へ」の矢印をクリックすると、シリーズ内の次の(前の)複製されたフィールドにジャンプします。
  • 省略記号の下には、複製されたフィールドのすべてのインスタンス(元のフィールドを含む)を削除するオプションがあります。
複製されたフィールドのメニュー

すべてのページでフィールドを繰り返し使用

文書セットのすべてのページで、厳密な x/y 座標のフィールドを複製するオプションがあります。

  • これらのフィールドは複製されず、リンクされません。一意のフィールド名を持ち、一意の値を入力できます。
  • 一部の(すべてではなく)ページでのみフィールドを必要とする場合は、個別のフィールドを削除できます。
すべてのページでフィールドを繰り返し使用

デフォルト値の挿入

テキストを入力できるフィールドでは、デフォルト値を挿入できます。

デフォルトの文字列を挿入するには、フィールドをダブルクリックして入力フィールドにします。

デフォルト値を入力し、フィールドの外側をクリックして保存します。

デフォルト値を挿入

デフォルト値を読み取り専用にする

フィールドを読み取り専用にするには、デフォルトのフィールド値を挿入します。フィールドの外側をクリックすると、フィールドの右端にロックアイコンが表示されます。

デフォルトでは、参加者が操作できるようにフィールドはロックされていません。

ロックアイコンをクリックすると、フィールドがロックされ、受信者に対して読み取り専用であることを示すように変更されます。

デフォルト値をロック

フィールドのオプションとプロパティ

フィールドをダブルクリック(または右クリック)すると、クリックしたフィールドのフィールドオプションのメニューが開きます。

このショートメニューを使用すると、フォームの設計時に頻繁に使用される(フィールド固有の)オプションにすばやくアクセスできます。

メニューの下部には、「フィールドをカスタマイズ」オプションがあります。このオプションを選択すると、左パネルにフィールドプロパティが表示されます。

  • フィールドをトリプルクリックしてプロパティを開くこともできます。
v4 オーサリング

オプションメニューのすべてのオプションは、左パネルのプロパティで複製されます(「フィールドをカスタマイズ」を除く)。

注意:

すべてのフィールドには、フィールドタイプの名前と呼ばれるプロパティがあります。

このプロパティはフィールドの名前であり、フィールドレベルのデータがレポートに書き出されるときに列の先頭で使用される文字列です。

デフォルトでは、この値は増分する数が付いた汎用フィールドタイプ名です。

レポートデータを取得する場合は、わかりやすいフィールド名を指定すると非常に便利です。

フィールドタイプの変更

配置されたフィールドのフィールドタイプは、変更するフィールドをダブルクリックし(フィールドメニューを表示)、「フィールドタイプを変更」オプションにマウスを合わせて新しいタイプを選択すると変更できます。

フィールドタイプを変更

使用可能なフィールド

電子サイン」フィールドには、アカウント設定で定義されたタイプ(入力手書き画像、またはスタンプ)で受信者の法的署名が入力されます。

このフィールドには 2 つの表示オプションがあります。1 つは受信者の電子メールアドレスが署名の下に自動的に適用されるオプション、もう 1 つは電子メールアドレスのないオプションです。

オプションメニューで、2 つのスタイルを切り替えることができます。

プロパティパネルを使用すると、次の設定を行うことができます。

  • 割り当て先フィールド:フィールドに割り当てる受信者を定義します。
  • 必須フィールド:フィールドが受信者に必須かどうかを決定します。すべての署名受信者に対して、少なくとも 1 つの契約書の必須署名フィールド(任意のタイプ)が必要となります。
    • 署名フィールドが 1 つしかない場合は、必須オプションにはアクセスできません。
  • フィールドタイプ:「署名」
  • 署名タイプ:署名フィールドをシンプルな電子サイン、または電子サインブロック(署名欄の下に受信者の電子メールを含む)にするかどうかを定義します。
  • フィールドタイプの名前:フィールドの名前を決定します(フィールドデータの書き出しで列ヘッダーとして使用される)。
署名フィールド

イニシャルフィールドでは、受信者は最大 4 文字を追加できます。

プロパティパネルを使用すると、次の設定を行うことができます。

  • 割り当て先フィールド:フィールドに割り当てる受信者を定義します。
  • 必須フィールド:フィールドが受信者に必須かどうかを決定します。
  • フィールドタイプ:「イニシャル」
  • フィールドタイプの名前:フィールドの名前を決定します(フィールドデータの書き出しで列ヘッダーとして使用される)。
イニシャルフィールド

受信者の名前フィールドは、署名パネルで指定された受信者の名前の入力されたバージョンが自動的に挿入される読み取り専用フィールドです。

これは、通常、署名フィールドの下に名前の印字が必要な場合に適用されます。どのような場合でも、このフィールドは、受信者の入力された名前が必要な場合にのみ使用してください。

プロパティパネルを使用すると、次の設定を行うことができます。

  • 割り当て先フィールド:フィールドに割り当てる受信者を定義します。
  • 必須フィールド:フィールドが受信者に必須かどうかを決定します。
  • フィールドタイプ:「受信者名」
  • 名前オプション。使用できる値は次のとおりです。
    • フルネーム:署名にフルネームの値を含みます。
    • 名:署名の最初の値(空白の前)を含みます。
    • 姓:入力された署名の最初の空白の後にあるすべての文字を含みます。
  • フィールドタイプの名前:フィールドの名前を決定します(フィールドデータの書き出しで列ヘッダーとして使用される)。
  • フィールド内の文字列のフォントコントロール
    • フォントスタイル(Serif または Sans-Serif)
    • ピクセルのフォントサイズ
    • フォントカラー
    • フィールドの文字列の位置調整(左、中央、右)
名前フィールド

注意:

必須フィールドがありますが、署名に基づいてプログラムによって名前が挿入されるため編集できません。

編集可能な名前値が必要な場合は、テキストフィールドを使用します。

署名日フィールドは読み取り専用フィールドで、受信者が署名を適用した日付が自動的に挿入されます。

どのような場合でも、このフィールドは、受信者の実際の署名日が必要な場合にのみ使用してください。

プロパティパネルを使用すると、次の設定を行うことができます。

  • 割り当て先フィールド:フィールドに割り当てる受信者を定義します。
  • 必須フィールド:フィールドが受信者に必須かどうかを決定します。
  • フィールドタイプ:「署名日」
  • 日付のフォーマットオプション:組織が希望する日付のフォーマットを選択します。
  • フィールドタイプの名前:フィールドの名前を決定します(フィールドデータの書き出しで列ヘッダーとして使用される)。
  • フィールド内の文字列のフォントコントロール
    • フォントスタイル(Serif または Sans-Serif)
    • ピクセルのフォントサイズ
    • フォントカラー
    • フィールドの文字列の位置調整(左、中央、右)
署名日フィールド

注意:

必須フィールドがありますが、署名が適用された日付は、受信者が署名を適用したときに基づいてプログラムによって挿入されるため、編集できません。

編集可能な日付値が必要な場合は、日付フィールドを使用します。

テキストフィールドは最も一般的な入力フィールドで、受信者は任意の文字を入力できます。

複数行テキスト入力は、テキストフィールドの高さ(フィールドの高さに収まる行数)によって決まります。

プロパティパネルを使用すると、次の設定を行うことができます。

  • 割り当て先フィールド:フィールドに割り当てる受信者を定義します。
  • 必須フィールド:フィールドが受信者に必須かどうかを決定します。
    • この「必須」フィールドは、「フィールド値をロック」オプションと同時には指定できません。
  • フィールドタイプ:「テキスト」
  • テキスト形式:フィールドに対して電子メール形式を検証するか、他の種類の文字形式を検証します。
    • 電子メールを選択した場合、電子メールアドレスの形式で入力する必要があります(例:x@d.tld)。
      • 電子メールアドレスの有効性はチェックされず、入力の形式のみがチェックされます。
    • 文字」を選択すると、2 つの追加の検証オプションが表示されます。
      • 文字の種類:4 つの文字セットのいずれかに準拠するように入力を検証します。
        • 任意の文字:すべての文字が使用できます。
        • 文字と数字:すべての英数字を使用できます。
        • 文字:アルファベットのみを使用できます。
        • 数字 — 数字のみを使用できます。
      • 最大長 - フィールドに入力できる最大文字数を設定します。
  • フィールドタイプの名前:フィールドの名前を決定します(フィールドデータの書き出しで列ヘッダーとして使用される)。
  • 事前入力テキスト:送信者がデフォルトのフィールド値を指定できます。
  • ツールチップ:フィールドにカーソルを置くと、ツールチップが表示されます。
  • データをアスタリスクで隠す:後続の受信者および最終的な署名済み PDF のフィールド値をマスクします。
  • ロックされたフィールド値:有効にすると、フィールドは読み取り専用になります。フィールドに事前入力テキストが挿入されている場合にのみ選択できます。
    • この「フィールド値をロック」フィールドは、「必須」オプションと同時には指定できません。
  • フィールド内の文字列のフォントコントロール
    • フォントスタイル(Serif または Sans-Serif)
    • ピクセルのフォントサイズ
    • フォントカラー
    • フィールドの文字列の位置調整(左、中央、右)
テキストフィールド

日付フィールドを使用すると、受信者は特定の日付形式であることを検証された文字列を追加できます。

プロパティパネルを使用すると、次の設定を行うことができます。

  • 割り当て先フィールド:フィールドに割り当てる受信者を定義します。
  • 必須フィールド:フィールドが受信者に必須かどうかを決定します。
    • この「必須」フィールドは、「フィールド値をロック」オプションと同時には指定できません。
  • フィールドタイプ:「日付」
  • 日付のフォーマットオプション:組織が希望する日付のフォーマットを選択します。
  • フィールドタイプの名前:フィールドの名前を決定します(フィールドデータの書き出しで列ヘッダーとして使用される)。
  • 事前入力日付:送信者がデフォルトの日付値を指定できます。
  • ツールチップ:フィールドにカーソルを置くと、ツールチップが表示されます。
  • ロックされたフィールド値:有効にすると、フィールドは受信者に対して読み取り専用になります。
    • フィールド値をロック」はデフォルトで無効であり、事前入力日付が入力されている場合にのみ選択可能になります。
    • この「フィールド値をロック」フィールドは、「必須」オプションと同時には指定できません。
  • フィールド内の文字列のフォントコントロール
    • フォントスタイル(Serif または Sans-Serif)
    • ピクセルのフォントサイズ
    • フォントカラー
    • フィールドの文字列の位置調整(左、中央、右)
日付フィールド

数値フィールドは 2 番目に良く使用される入力フィールドであり、数値入力の広範な検証を可能にします。

プロパティパネルを使用すると、次の設定を行うことができます。

  • 割り当て先フィールド:フィールドに割り当てる受信者を定義します。
  • 必須フィールド:フィールドが受信者に必須かどうかを決定します。
    • この「必須」フィールドは、「フィールド値をロック」オプションと同時には指定できません。
  • フィールドタイプ:「数値」
  • 数値検証オプション:
    • 数値:数字の文字列を許可します。
      • 値の範囲:入力された数字が許可された範囲内であるかどうかを検証します。
    • 電話:電話番号を入力します。ダッシュの有無と国コードを指定します。
      • 国:米国または英国の通貨記号を選択します。
    • 通貨:数値文字列が必要です。
      • 国:米国または英国の通貨記号を選択します。
      • 値の範囲:入力された数字が許可された範囲内であるかどうかを検証します。
    • 時間:AM または PM の値とともに、時間と分の数値が必要です。
    • パーセント:数値文字列が必要です。パーセント記号はオプションです。
      • 値の範囲:入力された数字が許可された範囲内であるかどうかを検証します。
    • 米国社会保障番号:米国の社会保障番号形式に準拠する文字列の検証を実施します。
    • 米国 ZIP コード:米国 ZIP コード形式(5 桁)に準拠する文字列の検証を実施します。
    • 米国 ZIP コード + 4 コード:4 文字の拡張を含む米国 ZIP コード形式に準拠する文字列の検証を実施します。
    • 英国郵便コード:英国郵便コードに準拠する文字列の検証を実施します。
  • フィールドタイプの名前:フィールドの名前を決定します(フィールドデータの書き出しで列ヘッダーとして使用される)。
  • 事前入力数値:送信者がデフォルトの数値を指定できます。
  • ツールチップ:フィールドにカーソルを置くと、ツールチップが表示されます。
  • データをアスタリスクで隠す:後続の受信者および最終的な署名済み PDF のフィールド値をマスクします。
  • ロックされたフィールド値:有効にすると、フィールドは読み取り専用になります。
    • フィールドに事前入力数値が挿入されている場合にのみ選択できます。
    • この「フィールド値をロック」フィールドは、「必須」オプションと同時には指定できません。
  • フィールド内の文字列のフォントコントロール
    • フォントスタイル(Serif または Sans-Serif)
    • ピクセルのフォントサイズ
    • フォントカラー
    • フィールドの文字列の位置調整(左、中央、右)
数値フィールド

チェックボックスフィールドを使用すると、受信者はフィールドをチェックまたはチェック解除できます。チェックボックスは個別のフィールドであり、個別にチェックまたはチェック解除できます。

複数のフィールドをすばやく配置するには、フィールドの右端または下端にマウスを合わせ、青いプラスアイコンが表示されたら(それぞれ右または下に)ドラッグします。

チェックボックスを削除するには、チェックボックスを選択して Delete キーを押すか、フィールドメニューから削除アイコン(ごみ箱)を選択します。

プロパティパネルを使用すると、次の設定を行うことができます。

  • 割り当て先フィールド:フィールドに割り当てる受信者を定義します。
  • 必須フィールド:フィールドが受信者に必須かどうかを決定します。
    • 1 つ以上のチェックボックスを必須とするが、一連のチェックボックス内の複数のチェックボックスを許可するオプションはありません。
    • この「必須」フィールドは、「フィールド値をロック」オプションと同時には指定できません。
  • チェック/チェック解除の値:契約書の配信時にチェックボックスをチェックするかどうかを定義します。
  • フィールドタイプの名前:フィールドの名前を決定します(フィールドデータの書き出しで列ヘッダーとして使用される)。
  • ツールチップ:フィールドにカーソルを置くと、ツールチップが表示されます。
  • フィールド値をロック:有効にすると、フィールドは読み取り専用になります。受信者による操作は許可されていません。
    • この「フィールド値をロック」フィールドは、「必須」オプションと同時には指定できません。
チェックボックスフィールド

ラジオボタンフィールドでは、受信者は多数の選択肢から 1 つのオプションを選択できます。選択できるのは、1 つの選択肢のみです。

複数のフィールドをすばやく配置するには、フィールドの端にマウスを合わせ、青いプラスアイコンが表示されたらドラッグします(任意の方向に)。

プロパティパネルを使用すると、次の設定を行うことができます。

  • 割り当て先フィールド:フィールドに割り当てる受信者を定義します。
  • 必須フィールド:フィールドが受信者に必須かどうかを決定します。
    • この「必須」フィールドは、「フィールド値をロック」オプションと同時には指定できません。
  • ラジオボタンスタイル:オプションが選択されていることを示すマーカーのシェイプを定義します。
    • 円形
    • クロスマーク
    • チェックマーク
    • 菱形
    • 四角形
    • 星形
  • フィールドタイプの名前:フィールドの名前を決定します(フィールドデータの書き出しで列ヘッダーとして使用される)。
  • 選択するデフォルトのラジオボタン:作成者は、契約書を最初に表示したときにデフォルトで選択されるラジオボタンを 1 つ定義できます。
  • ラジオボタン名を編集:個々の選択項目に一意の名前を付けて、書き出されたデータを理解しやすくします(条件付きフィールドや計算フィールドがサポートされている場合に便利です)。
  • ツールチップ:フィールドにカーソルを置くと、ツールチップが表示されます。
  • フィールド値をロック:有効にすると、フィールドは読み取り専用になります。受信者による操作は許可されていません。
    • 「フィールド値をロック」はデフォルトで無効であり、デフォルトのラジオボタンが選択されている場合にのみ選択可能になります。
    • この「フィールド値をロック」フィールドは、「必須」オプションと同時には指定できません。
ラジオボタンフィールド

ドロップダウンメニューフィールドでは、受信者は多数の選択肢から 1 つのオプションを選択できます。選択できるのは、1 つの選択肢のみです。

メニューリストには、カスタムラベル(表示値)と対応する書き出し値を含めることができる 2 つ以上のオプションがあります。例えば、米国の州のリストでは、「カリフォルニアが表示されるラベルで、「CA」が書き出される値を指定です。

プロパティパネルを使用すると、次の設定を行うことができます。

  • 割り当て先フィールド:フィールドに割り当てる受信者を定義します。
  • 必須フィールド:フィールドが受信者に必須かどうかを決定します。
  • フィールドタイプ:「ドロップダウンメニュー」
  • フィールドタイプの名前:フィールドの名前を決定します(フィールドデータの書き出しで列ヘッダーとして使用される)。
  • ドロップダウンメニュー項目:フィールドドロップダウンメニューに表示されるオプションを定義します。
    • 書き出し名を追加または編集:このリンクをクリックするとオーバーレイが開き、ドロップダウンメニュー項目を書き出し値とペアリングすることができます。
  • 選択するデフォルトオプション:作成者は、契約書を最初に表示したときにデフォルトで選択されるメニューリストのオプションを定義できます。
  • ツールチップ:フィールドにカーソルを置くと、ツールチップが表示されます。
  • データをアスタリスクで隠す:後続の受信者および最終的な署名済み PDF のフィールド値をマスクします。
  • フィールド内の文字列のフォントコントロール
    • フォントスタイル(Serif または Sans-Serif)
    • ピクセルのフォントサイズ
    • フォントカラー
    • フィールドの文字列の位置調整(左、中央、右)
ドロップダウンメニューフィールド

文書内のテキスト検索

アップロードされた文書のテキストを検索するには、Ctrl/Cmd+F をクリックします。

検索ダイアログが開き、アップロードされた文書内のテキストを検索するテキスト文字列を入力できます。

  • アップロードされた文書のテキストのみが検索されます。フィールドコンテンツは検索できません。
  • 画像から作成された文書では、結果が生成されません。
  • 検索値に一致する文字列が強調表示され、検索フィールドの右側に数値カウントが表示されます。
  • 左矢印と右矢印を使用すると、検索された値の次のインスタンスまたは前のインスタンスに表示がジャンプします。
テキスト検索

グループ/アカウントの機能を有効/無効にする

Pro および小規模企業版/グループ版レベルのアカウントには、デフォルトで有効になっているオプションがあります。

エンタープライズ版およびビジネス版レベルの管理者は、アカウントおよびグループレベルのユーザーが環境を使用できるように設定することができます(グループレベルの設定はアカウント設定よりも優先されます)。

アカウント設定/グローバル設定/新しいオーサリングエクスペリエンスをクリックします。

管理メニューの新しいオーサリングコントロール

ユーザーとしての環境の切り替え

この機能が有効になっている場合は、新しいエクスペリエンスと従来のエクスペリエンスを切り替えることができます。

  • 従来の環境では、右側のレールの上部(受信者リストの上)に切り替えリンクがあります。
  • 新しいオーサリングエクスペリエンスでは、切り替えリンクは左パネルの下部(「保存」/「戻る」/「送信」ボタンの下)にあります。

ユーザーは環境を切り替えることはできますが、事前に変更を保存する必要があります。そうしないと、変更が失われます。

  • 保存する前に切り替えようとすると、更新を保存するように警告されます。
  • 新しい環境でサポートされていないフィールドタイプがフォームに追加されている場合、従来のエクスペリエンスからの切り替えは無効になります。
エクスペリエンスを切り替え

制限

この機能は現在開発中であり、以下の項目が解決される予定です。新しいエクスペリエンスは後続のリリースで従来のエクスペリエンスと同等になります。

現在、新しいオーサリングエクスペリエンスは次をサポートしていません。

  • テンプレートの作成
  • フィールドが割り当てられているすべてのユーザー
  • 受信者グループ
  • e シール
  • 公証ワークフロー
  • 自己署名
  • Web フォーム
  • 一括送信
  • ライブラリテンプレート
  • テキストタグ
  • 条件付きフィールド
  • 計算フィールド
  • 正規表現の検証
  • 2 種類のフォントスタイルのみ
  • フィールドタイプ:
    • スタンプ
    • 役職名
    • 会社名
    • 画像
    • 添付ファイル
    • 参加スタンプ
    • 処理番号
    • 支払いフィールド
アドビのロゴ

アカウントにログイン

[Feedback V2 Badge]