契約書の署名済みのコピーをアップロード

受信者が Adobe Sign 署名プロセス以外で文書に署名して返送した場合でも、その署名済み文書を Adobe Sign に再度アップロードしてレコードの整合性を維持できます。

注意:

「署名済み文書をアップロード」アクションは、次の場合に表示されます。

  • 契約書が、順次署名フローに含まれている。
    • 並列署名フロー(ハイブリッド署名フローを含む)では、文書をアップロードして署名サイクルに戻すことはできません。
  • 次の受信者は単一の受信者である(受信者グループではない)。
  • 契約書が処理中である。

  1. 署名済み文書をデジタル化します。

    • PDF または画像(PNG/JPG/GIF)として、アップロードする文書全体をスキャンします。
  2. 契約書の送信者として、次の操作を実行します。

    • 管理処理中に移動します。
    • もっと見る」をクリックして、右側のレールにアクションリストを展開します。
    アクションを展開
    • 署名済み文書をアップロード」アクションをクリックします。
    「署名済み文書のアップロード」アクションをクリック
  3. 画面にオーバーレイが追加され、契約書の署名済みコピーのファイルを添付できます。

    • ファイルの追加」リンクをクリックします。
    • ローカルシステムを参照して、契約書の署名済みコピーを見つけて添付します。
      • ファイルがアップロードされると、オーバーレイにファイル名が表示されます。
    • アップロードされた文書が署名付きコピーであることを証明するためのオプションをオンにします。
    • アップロード」をクリックして、ファイルをアップロードします。
    署名済み文書をアップロード - ファイルを追加

    注意:

    上の画像は、最終受信者の文書をアップロードするときの「署名済み文書をアップロード」プロセスのウィンドウの内容を示しています。

    最終受信者より前の文書をアップロードすると、オーバーレイテキストが変更され、後続の受信者は、アップロードされた文書を、関与する契約書として受信します。

    下の図は、トランザクションの途中で文書をアップロードする場合の「署名済み文書をアップロード」プロセスを示しています。

    署名付き文書をアップロード - トランザクションの途中
  4. アップロードに成功しました。

    管理ページの完了カテゴリで契約書を検索できます(最終受信者に代わってファイルがアップロードされた場合)。

    • アップロードされた文書が最終受信者以外の受信者のものである場合、契約書は進行中カテゴリに残ります。
    成功

    注意:

    文書が Adobe Sign システム外で取得されると、それ以降のプロセスでは、文書から Adobe Sign フィールドがすべて削除されます(したがって、この文書に署名する順番を待つ署名者がまだ残っている場合、それらの署名者は、自動生成される署名ブロックフィールドに各自の署名と電子メールアドレスを入力するのみとなります)。

     

    アップロードされた文書は、アクティビティログと監査レポートに正しく反映されます。

    アクティビティログと監査レポート