Adobe Sign の認証方法:署名パスワード

概要

署名パスワードによる認証方法では、契約書の送信者が提供するパスワードを受信者が入力する必要があります。セキュリティメソッドとしてのパスワードは、より複雑な認証方法が難しすぎると感じる受信者にも簡単に理解して適用してもらうことができます。

送信者は、契約書の作成時に署名パスワードを定義します。このパスワードは、何らかのアウトオブバンドプロセス(電話での通話、電子メール、テキスト)によって、受信者に通知する必要があります。

デフォルトの認証プロセスでは、契約書の署名パスワードをテキストフィールドに入力して、身元を証明するように受信者に要求します。

  • パスワードを取得する必要がある場合、受信者が送信者に連絡するためのリンクが提供されます。
パスワードの要求画面

認証に成功すると、受信者には契約書を表示して操作するためのアクセス権が付与されます。

受信者が何らかの理由で、アクションを完了する前に契約書ウィンドウを閉じた場合、再開するには再認証が必要となります。

注意:

署名パスワードによる認証方法は、追加料金なしですべてのサービスプランでご利用いただけます。


新しい契約書の作成時のパスワード認証の設定

パスワード認証が有効になっている場合、送信者は受信者の電子メールアドレスの右側にある「認証」ドロップダウンからパスワード認証を選択できます。

認証方法を選択

パスワード認証タイプを選択した後に、送信者はパスワード文字列を入力する必要があります。

パスワードには、最大 32 文字の英数字を使用できます。文字列の必要な複雑さは、セキュリティ設定によって決まります。


監査レポート

監査レポートには、受信者が有効なパスワードを入力したことが明確に示されます。

監査レポート内のパスワード認証

受信者が認証に成功しなかったために契約が取り消された場合、理由が明示的に示されます。

監査レポート内のパスワード認証


ベストプラクティスと考慮事項

  • 契約書の件数が何百件もある場合、パスワードは追跡するのが困難になる場合があります。復号可能なパスワードを作成するための内部規則があると、パスワードを忘れた場合でも受信者が契約書からロックアウトされないようにするために便利です。
  • パスワードは、送信者の管理ページで、認証の種類を編集することで、進行中の契約書に対してのみ変更できます
  • パスワードは、アウトオブバンドの方法(電話での通話など)で受信者に通知する必要があります。契約書のメッセージにパスワードを含めないでください


設定オプション

署名パスワード認証には、次の 2 つのコントロールセットがあり、アカウントレベルとグループレベルで設定できます。

  • 送信設定は、送信者のパスワードオプションへのアクセスを制御します
  • セキュリティ設定は、受信者のエクスペリエンスを管理します

送信設定で認証方法を有効にする

署名パスワード認証を使用するオプションを送信者に対して有効にするには、送信設定/ID 認証方法に移動します

  • 署名パスワード」チェックボックス - オンにすると、グループ内で作成される契約書に対するオプションとして、「パスワード」が使用できるようになります
  • (オプション)署名後に契約書を表示するときにパスワードを使用する - 有効にすると、Adobe Sign に保存されているオンライン契約書にリンクを介してアクセスしようとすると、受信者の ID を確認するために使用したパスワードと同じパスワードを入力するよう要求者に求められます(下記を参照
  • (オプション)デフォルトで次の方法を使用する - 「署名パスワード」が有効になっている場合、デフォルトの認証方法として「署名パスワード」が使用できます
パスワード ID 認証コントロール


Web リンクを介して元の署名済み契約書を表示する場合は認証が必要

電子メールテンプレート(受信者に対する署名後の認証など)には、Adobe Sign サーバー上の元の契約へのリンクを含めることができます。

署名後の電子メール

署名後に契約書を表示するときにパスワードを使用する」の設定を有効にすると、リンクを介して契約書にアクセスしようとする場合に、受信者の ID を確認するために使用したパスワードと同じパスワードを入力するように求められます。

この設定は、契約書の作成時に契約書に埋め込まれます。設定を変更しても、既に進行中の契約書の動作は変更されません

受信者の ID 認証パスワードが変更された場合、リンクを介して契約書を表示するための認証では、新しいパスワードが想定どおりに使用されます。

要求プロセスは、元の受信者の認証プロセスとまったく同じです。

パスワードの要求画面

正しい ID パスワードを入力するまで、契約書を開いて表示することはできません。

受信者が署名してアクションを完了した後で、パスワード認証を編集または無効にするオプションはありません。


セキュリティ設定での設定

契約書署名パスワードには、契約書署名パスワード」セクションの「セキュリティ設定」ページに、管理者が設定できる 3 つの制御オプションがあります。

  • 試行回数を制限する - デフォルトで有効になっています。無効にすると、受信者がパスワードを入力できる回数が無制限になります。
    • 送信者が XX 回契約書パスワードの入力を試行したら契約書をキャンセルする - 管理者は、受信者による認証の試行回数を制限するしきい値を入力できます。試行回数を超えると、契約書は自動的に取り消しされ、送信者に通知されます
  • 文書のパスワード強度 - この設定では、次の操作に必要なパスワードの最小の複雑さを定義します。
    • 契約書にアクセスするための受信者認証
    • 署名済みの契約書の暗号化(ダウンロードした PDF の契約書)
    • 署名者 ID レポート(Government ID レポートに関連)

設定値を次に示します。

なし - 空白以外の 1 文字以上を使用してパスワードを設定する必要があります

標準 - 6 文字以上を使用する必要があります

- 7 文字以上を使用する必要があります

- 8 文字以上を使用する必要があります

パスワードセキュリティコントロール

注意:

メニューに「セキュリティ設定」が表示されない場合は、送信設定」ページでこの認証方法が有効になっていることを確認します


受信者が認証に失敗した場合の契約書の自動取り消し

設定によりパスワード認証試行回数が制限されており、受信者がその回数の認証に失敗した場合、契約書は自動的に取り消しされます。

契約の作成者には、認証に失敗した受信者を示すメモを含んだ、取り消しを通知する電子メールが送信されます。

その他の当事者には通知されません。

ID の失敗により取り消された契約書

アドビのロゴ

アカウントにログイン