機能の説明

文書の表示制限」を使用して、どの設定が有効になっているか、さらに契約書がどのように設定されているかに応じて、受信者に対して選択的に表示される複数のファイルを契約書に含めることができます。

ユースケースの例:

  • 顧客に送信する前に、社内の審査や承認が必要な販売契約書
  • 内定通知の受理後に配信される新入社員関連ドキュメント
  • 応募データをキャプチャし、署名付き応募書類を追加のドキュメントと一緒に返す Web フォーム

これは、高度な使い方を学習できるクイックビデオです。


文書の表現制限には、多数のかなり特殊な用語が関連します。

ユーザーおよびユーザー ID

  • ユーザーは、直接ログイン、フェデレーション認証、または統合によって Adobe Sign にアクセスする人を指す一般的な用語です。1 人のユーザーが、Adobe Sign での認証に使用する複数の電子メールアドレスを所有している場合があります(つまり、1 人のユーザーが複数のユーザー ID を所有している場合があります)。
  • ユーザー ID は、Adobe Sign で認証された固有のオブジェクトです。実際の ID は、一意の(ユーザー)オブジェクトの本人確認を保証する、システムによって割り当てられた数値です。ユーザー ID は、通常電子メールアドレスと同一です。どちらもシステム内で一意の値であるからです。ただし、ユーザーは自分の電子メールアドレスを変更できますが、ユーザー ID を変更することはできません。  すべてのアセットは論理的にそれらの作成元ユーザー ID に関連付けられています。

内部および外部の関係者

  • 内部の関係者は、送信元ユーザー ID と同じ Adobe Sign アカウントに属するユーザー ID です。
    • 注目すべき点は、同じ会社内のユーザーが異なる Adobe Sign アカウントに属する場合があることです。Adobe Sign は、電子メールドメインや会社名に基づいて推測することはありません。唯一関連する関係は、ユーザー ID が同じアカウント ID に含まれているかどうかのみです。
  • 外部の関係者とは、送信元ユーザー ID アカウントに属さないユーザー ID を示しています。
    • ユーザーの電子メールがアカウントのユーザーリストに表示されない場合、彼らは定義によって外部と見なされています。


使用方法

文書の表示制限(LDV)ルールは、アカウントレベルまたはグループレベルで有効化されます(グループレベルの設定はアカウントの設定より優先されます)。

LDV ルールは、明示的に特定の受信者に割り当てられたファイルコンテンツのみに適用されます。

ファイルコンテンツは、受信者に割り当てられる 1 つ以上のフィールドを追加することで、その受信者に割り当てられます。

  • LDV は、ページベースではなく、ファイルベースです。ファイルには 40 ページあり、1 枚のページに受信者に割り当てられた 1 つのフィールドがある場合、受信者はファイルの 40 ページをすべて表示することができます。
  • ファイルに受信者のフィールドが含まれない場合は、受信者に対する表示からファイル全体が除外されます。
  • 4 つのファイルがあり、受信者が 4 ファイルをすべて表示する必要がある場合は、各ファイルのいずれかのページに少なくとも 1 つのフィールドを適用する必要があります。
  • ページレベルでの制御が必要な場合は、ファイルを、それぞれ 1 ページずつ含む個別のファイルに分割する必要があります。

右側の例では、1 つの契約書に関して 2 人の署名者がいて、2 つの文書があります。

署名者 1 は、両方の文書に割り当てられたフィールドがあるため、両方の文書を表示します(フィールド 1 とフィールド 2)。

署名者 2 は、文書 1 には割り当てられたフィールドがないため、文書 2 のみを表示します。 

  • フィールド 3 が署名者 2 に割り当てられているため、文書 2 を表示することができます。
LDV の例

注意:

LDV ルールには、2 つの前提条件があります。

  • 2 人以上の受信者が存在している必要があります。
    • 受信者には、署名/承認プロセスに追加されたすべてのユーザーが含まれます。
    • CC の関係者は受信者ではありません
  • 2 つ以上のファイルが契約書に追加されている必要があります。
    • ファイルは、契約書を作成するために使用された任意の添付ファイルです(.doc、.xls、.pdf、.png など)。

上記の前提条件のいずれかが満たされていない場合、LDV ルールは、その契約書に対して一時停止されます。

オプションの設定

有効な場合、LDV には、契約書のビヘイビアーとその表示方法を変更する 3 つの設定があります。

「アカウント内の署名者と CC にはすべてのファイルが表示される」が有効な場合、アカウント内のすべてのユーザー ID が契約書へのアクセス権を取得します(受信者または CC の関係者として)。

UI での LDV 設定

設定に基づいた文書の表示:

「署名者に対して、割り当てられている署名、イニシャルまたはデータエントリフィールドを含むファイルのみを表示する」が無効の場合は、UI では全体として LDV は無効になります。

すべての受信者と CC の関係者は常時、すべてのファイルを表示することができます。

LDV は無効です
参加者 署名中 完了した契約書
送信者 すべての文書 すべての文書
内部の受信者 すべての文書 すべての文書
外部の受信者 すべての文書 すべての文書
内部の CC すべての文書 すべての文書
外部の CC すべての文書 すべての文書

署名者に対して、割り当てられている署名、イニシャルまたはデータエントリフィールドを含むファイルのみを表示する」のみが有効な場合:

  • 送信者は常時、すべてのファイルコンテンツを表示することができます。
  • 受信者は、署名中、および契約の完了後に明示的に含まれたファイルのみを表示することができます。
  • CC の関係者はファイルコンテンツを表示することはできません。
LDV は有効です
参加者 署名中 完了した契約書
送信者 すべての文書 すべての文書
内部の受信者 割り当てられた文書 割り当てられた文書
外部の受信者 割り当てられた文書 割り当てられた文書
内部の CC なし なし
外部の CC なし なし

アカウント内の署名者と CC にはすべてのファイルが表示される」が有効な場合:

  • すべての内部ユーザー ID(送信元ユーザーに関連)がすべてのファイルコンテンツを表示することができます。
  • 外部の受信者は、署名中、および契約の完了後に、彼らに割り当てられたファイルコンテンツのみを表示することができます。
  • 外部の CC の関係者は、ファイルコンテンツを表示することはできません。
LDV によって内部エージェントにすべてのファイルの表示を許可
参加者 署名中 完了した契約書
送信者 すべての文書 すべての文書
内部の受信者 すべての文書 すべての文書
外部の受信者 割り当てられた文書 割り当てられた文書
内部の CC すべての文書 すべての文書
外部の CC なし なし

署名済み契約書を受信すると、署名者と CC にはすべてのファイルが表示されます」が有効な場合:

  • 受信者は、署名プロセス中に割り当てられたファイルコンテンツのみを表示することができます。
  • CC の関係者には、署名プロセス中にいずれのファイルコンテンツも表示されません。

契約書が完了すると、すべての受信者と CC の関係者がすべてのファイルコンテンツを表示できます。

LDV は完了時にすべてのファイルに適用される
参加者 署名中 完了した契約書
送信者 すべての文書 すべての文書
内部の受信者 割り当てられた文書 すべての文書
外部の受信者 割り当てられた文書 すべての文書
内部の CC なし すべての文書
外部の CC なし すべての文書

この設定では、LDV ルールは有効で、(送信者に関連する)すべての内部ユーザー ID が署名サイクル中にすべてのファイルコンテンツを表示できます。

契約書が完了すると、すべてのユーザーがすべてのファイルコンテンツを表示できます

LDV によって内部エージェントにすべてのファイルの表示を許可
参加者 署名中 完了した契約書
送信者 すべての文書 すべての文書
内部の受信者 すべての文書 すべての文書
外部の受信者 割り当てられた文書 すべての文書
内部の CC すべての文書 すべての文書
外部の CC なし すべての文書

手書き署名を受け取る予定である場合は、このオプションを有効にする必要があります。ただし、手書き署名が関連する場合は LDV ルールが適用されない点に注意してください。

いかなる場合でも、手書き署名が関連する場合、LDV ルールはその契約書に対して一時停止されます。

手書き署名の場合の LDV
参加者 署名中 完了した契約書
送信者 すべての文書 すべての文書
内部の受信者 すべての文書 すべての文書
外部の受信者 すべての文書 すべての文書
内部の CC すべての文書 すべての文書
外部の CC すべての文書 すべての文書

REST API v6 での LDV の使用

REST API v6 は、送信者が明示的に文書の表示を許可するために使用できます。

REST API v6 呼び出しは、アカウント/グループレベルの設定より優先されるため、API 呼び出しは UI 内のすべての文書表示設定を無視します。

唯一持ち越されるビヘイビアーは、文書ラベルが特定の受信者のフォームフィールドを指定する場合は、送信者が文書ラベルを指定する必要がある点です。 

POST /agreements REST API v6 エンドポイントには、文書表示のビヘイビアーを制御するために使用できる 3 つのパラメーターがあります。

AgreementInfo

パラメーター名 タイプ 必須 説明
documentVisibilityEnabled ブール値 いいえ 契約書のオプションの文書表示パラメーター。文書表示を有効にするには、このパラメーターを指定し、true に設定する必要があります。


ParticipantSetInfo

パラメーター名 タイプ 必須 説明
visiblePages 文字列[] いいえ

この参加者セット内の参加者に対して表示する必要がある FileInfo.label のリスト。


CcInfo

パラメーター名 タイプ 必須 説明
visiblePages 文字列[] いいえ この CC 内の参加者に対して表示する必要がある FileInfo.label のリスト。


HTTP ステータスコード

HTTP ステータスコード 理由 説明
400 INVALID_PARTICIPANT_SET_VISIBLE_PAGE_LABEL 参加者セットの 1 つまたは複数の表示ページのラベルが無効です。
400 INVALID_CC_VISIBLE_PAGE_LABEL CC の 1 つまたは複数の表示ページのラベルが無効です。
403 DOCUMENT_VISIBILITY_DISABLED 文書表示の有効化パラメーターが false に設定されているため、いずれの参加者セットまたは CC に対してもファイル情報インデックスを指定できません。

GET /agreements/{agreementId} REST API v6 エンドポイントを使用して、参加者と文書間の関係を取得できます。

AgreementInfo

パラメーター名 タイプ 説明
documentVisibilityEnabled ブール値 true の場合、この契約書の文書表示は有効化されています。


ParticipantSetInfo

パラメーター名 REST オブジェクト 説明
visiblePages 文字列[] この参加者セット内の参加者に対して表示する必要がある FileInfo.label のリスト。


CcInfo

パラメーター名 REST オブジェクト 説明
visiblePages 文字列[]
この CC 内の参加者に対して表示する必要がある FileInfo.label のリスト。

GET /agreements/{agreementId} が CANCELLED ステータスをレポートしている場合は、1 つ以上の無効な文書表示パラメーター値に起因している可能性があります。

GET /agreements/{agreementId}/events を使用して、失敗の理由を取得します。

エラーメッセージ 条件
fileInfoIndex <FileInfo index> が、<participant email> を含む participantSets のいずれかで欠落しています <label> を参加者 <participant email> の visiblePages として指定する必要があります

上記の失敗は、AUTO_CANCELLED_CONVERSION_PROBLEM の Event.type 値および Event.comment とともに、ログに記録されます。


知っておくべきこと....

文書の表示制限とデジタル署名証明書には互換性がありません。

LDV が有効な場合、デジタル署名オブジェクトはアプリケーション内のオーサリング環境から削除されます。

LDV ルールが有効な状態でデジタル署名フィールド付きの契約書が送信された場合は、エラーがトリガーされます。

デジタル署名フィールド <field name> は、文書の表示制限のためにサポートされていません。

ユーザー ID が添付ファイルフィールドを含むファイルを表示できる場合は、添付ファイルのコンテンツを表示するための権限も持っています。

受信者の置換は、1 つの例外を除き、通常どおりに動作します。

  • 契約書の送信者は、署名以外の役割でリストされた受信者であり、アカウント内の署名者と CC にはすべてのファイルが表示される」が無効な場合、自身を置換することはできません。

アカウント内の署名者と CC にはすべてのファイルが表示される」が有効な場合:

  • 内部受信者は、別の内部ユーザーにのみ委任することができます。
  • 外部受信者が内部ユーザーに委任することはできません。
    • 委任を試みると、次のエラーがスローされます:「アカウント管理者はこの個人への委任を許可していません。」

契約書が参加者によって表示されていないかぎり、ファイルとフィールドは編集できます(契約書の変更機能を使用)。

LDV は役割に依存しません

署名以外の役割の受信者がいる場合、受信者にアクセス権を持たせる予定の各ファイルに、その受信者のフィールドを 1 つ以上配置する必要があります。

受信者が表示可能なファイルがない場合は(フィールドが配置されていないために)、エラーがトリガーされます。

参加者 <email> (<participant role>) には表示可能な文書がありません

Mega サインは、他の契約書の場合と同様に動作します。

Web フォームを有効にして、LDV とともに動作させるには、バックエンドの設定を調整する必要があります。

カスタマーサクセスマネージャーに問い合わせて、この機能の有効化を依頼してください。

有効になると、Web フォームは他の契約書の場合と同様に動作します。

契約書を送信する場合、署名の役割を持つ受信者ごとに 1 つ以上の必須の(オプションや条件付きではなく)署名フィールドが必要です。

1 人以上の署名者に対して必須の署名フィールドがない場合は、契約書の最後にページが追加され、署名者の署名ブロックが追加されます(すべての署名者にその最終ページが表示されます)。