概要

Adobe Sign テキストタグを Acrobat フォームフィールドと共に使用して、フィールドの特定のプロパティを定義することができます。テキストタグはコンテンツに従ってドキュメントに直接追加されるのに対して、PDF タグはフィールドに名前を付けるのに使用され、物理的に配置されたフィールドのルールと検証を定義します。Acrobat フォームフィールドは、ドラッグアンドドロップ式の文書オーサリング環境の使いやすさと、テキストタグの汎用性を兼ね備えています。

ドキュメントが Adobe Sign 文書ライブラリにアップロードされたり、署名のために送信されたりすると、Acrobat フォームフィールドがシステムにより処理され、Adobe Sign フォームフィールドに変換されます。システムは特に、フィールドに付けられた名前に注目し、Adobe Sign タグが定義されているかどうか確かめます。その後に、定義してあるプロパティを持つ Adobe Sign フォームフィールドを作成します。

タグでは、特定のプロパティをフィールドに設定することができます。この機能を Acrobat のフォームフィールド配置ツールと共に使用すれば、プロフェッショナルな外観のフル機能のドキュメントになります。

テキストタグのバージョン

このドキュメントでは、Adobe Sign テキストタグの最新バージョン 2.0 の構文について説明しています。この構文は、すべての新規ドキュメントと既存ドキュメントの改訂版に適用されます。Adobe Sign のテキストタグに詳しくない場合は、テキストタグのドキュメントを参照してください。

Adobe Sign 用のフォームの作成

Acrobat では、フォームフィールドを直接ドキュメントのページに物理的に配置することができます。このセクションでは、フォームフィールドの追加方法と、ドキュメントのフィールドをより統一感のある外観にするためのオプションについて説明します。


フォームの準備

  1. Acrobat を使って、Adobe Sign フォームに変換する PDF を開きます。

  2. ツールフォームを準備を選択します。

    「フォームを準備」をクリックします。
  3. 開始」をクリックします。フォームが作成され、フォーム編集モードで開きます。右側のパネルに、フォーム編集用のオプションが表示されます。ツールバーにはフィールドを追加するためのフォームフィールドツールが含まれています。

    「開始」をクリックします。

    フォームフィールドに変換可能なテキスト(下線の付いたスペースや空のボックスで識別)がドキュメントで検索され、その位置への適切なフィールドの配置が試みられます。 

    注意:

    変換できるスペースやボックスがドキュメントにまだない場合は、ダイアログが表示され、フォームフィールドが検出されなかったことが通知されます。「OK」をクリックして続行します。

  4. 右側のパネルで、「その他」をクリックした後、「Adobe Sign フォームに変換」を選択します。

  5. Adobe Sign でサポートされていないフォームフィールドが削除されることを警告するメッセージが表示されたら、「次へ」をクリックします。

    変換に関する警告
  6. 警告が続いて表示される場合は、「OK」をクリックします。

    フィールドに関する警告

自動フィールド配置のクリーンアップ

フィールドの作成時に、Acrobat では、下線、ボックス、円の線などの、フィールド、チェックボックス、ラジオボタンを示している可能性のある目印を探します。さらに、周囲のテキストを評価して、生成されるフィールドに意味のある名前が付けられます。ただし、名前や配置が正しくないフィールドがいくつか出てくる可能性が高いので、手動で調整する必要があります。

Acrobat フィールドの配置

 

 フォームを確認して、余分なフィールドを削除し、間違った配置のフィールドをすべて移動します。

フィールド配置のクリーンアップ

注意:

自動的に配置されるすべてのフィールドには一意な名前が付けられますが、中には、わかりにくい名前になっているものが含まれる可能性があります(例えば fill_3 など)。 

ドキュメントに対してレポートを実行したり、フィールドデータを評価する必要がある場合は、ここで時間をかけてフィールドに意味のある名前を付けることをお勧めします。

フィールドの名前を変更するには、フィールドをダブルクリックします(または、右クリックしてメニューから「プロパティ」を選択します)。フィールド名はプロパティウィンドウの上部にあります。

テキストフィールドのプロパティ


フォームフィールドの手動配置

自動フィールド配置ですべてのフィールドが見つからなかった場合は、手動で追加する必要があります。これは、Acrobat ウィンドウの上部にあるツールバーを使って、クリックアンドクリック式で簡単におこなえます。

  1. フォームにフィールドを追加するには、対象となるフィールドに適したアイコンをツールバーでクリックして選択します。

    Adobe Sign 用の Acrobat ツールバー

    フィールドは左から右に次のとおりです。

    • オブジェクトを選択 – カーソルを動かしてページ上の任意のオブジェクトを選択します。
    • テキストフィールド – 入力が可能な汎用のテキストフィールド。ほとんどのフォームに最もよく使用されるフィールド。
    • チェックボックス – ユーザーが複数のオプションを選択できる場合に一連の項目を表示するために使用されます。
    • ラジオボタン – 一連の項目を表示するために使用されます。ユーザーはそのうちの 1 つのみ選択可能。
    • ドロップダウンボックス – ユーザーの選択肢を一覧表示する選択リスト。
    • 署名フィールド – 単一のフィールドで構成される署名。
    • 署名ブロック – 複数のフィールドで構成される署名。少なくとも「署名」フィールドと「電子メール」フィールドで構成され、文書の送信に使用される Adobe Sign アカウントの設定によっては、オプションで署名者の「役職名」や「会社名」も含まれることがあります。
    • イニシャル – 最大 4 文字格納できる単一のイニシャルフィールド。
    • 役職名 – 受信者の役職名を要求する必須フィールド。
    • 会社名 – 受信者の会社名を要求する必須フィールド。
    • 氏名 – 「署名」フィールドに入力されたテキストの活字組みバージョンを返す読み取り専用フィールド。
    • 電子メール – 受信者の電子メールアドレスを返す読み取り専用フィールド。
    • 日付 – 受信者が契約書を開いた時点の日時スタンプを返す読み取り専用フィールド。
    • 選択したツールを維持 – このアイコンをクリックすると、複数のフィールドを配置できるかどうかを切り替えることができます。できない場合、フィールドを配置した後、カーソルは選択矢印に戻ります。できる場合は、カーソルはフィールドのフットプリントのままで、先にアイコンを選択し直さなくても複数のフィールドを配置することができます。

    注意:

    必須フィールドと読み取り専用フィールドは受信者に固有のもので、割当先の受信者に関する情報の収集のみを目的としています。受信者の個人情報以外の内容を要求する必要がある場合は、テキストフィールドを使用します。例えば、署名の日付以外の任意の日付を収集する必要がある場合は、テキストフィールドを使用し、そのフィールドが日付形式であることを確認します。

  2. カーソルが変わり、選択したフィールドのフットプリントを表示します。クリックすると、フィールドが目的の場所に配置されます。 

    フィールドのフットプリント
  3. フィールドがページに初めて配置されると、フィールドの名前を変更できる小さいウィンドウが表示され、参加者ロールを定義できます。意味のある名前を設定すると便利ですが、参加者ロールの設定をおこなうのは、文書の署名処理と適用するのに適した参加ロールについてしっかり理解している場合だけにしてください。

    配置されたフィールドのプロパティ
  4. フィールドの枠内の青いボックス(またはハンドル)の 1 つをクリックしてドラッグすると、フィールドのサイズを変更できます。

    フィールドのサイズ変更


フィールドの位置合わせとサイズ合わせ

フィールドが文書に大まかに配置されたら、Acrobat 内のツールを使用して、フィールドのサイズと位置合わせの一貫性を確保することができるので、フォームが洗練されたプロフェッショナルな外観になります。

注意:

複数のフィールドを選択するには、Ctrl キーまたは Cmd キーを押しながらフィールドを 1 つずつクリックするか、PDF 内でクリックしカーソルをドラッグしてボックスを描画します。描画したボックスに一部でも含まれているフィールドがすべて選択されます。PDF 内のどこかをクリックすれば、それらのフィールドの選択が解除されます。

  1. フィールドの位置合わせをするには、まず、正しく配置されたフィールドを 1 つ設定します。下の例では、「住所」フィールドが手動のクリックアンドドラッグ操作でサイズが正しく設定されています。

    フォームフィールドの大まかな配置

    図を見ると、その右側の「取引先責任者」フィールドが「住所」フィールドと同じ高さになっており、「電話」、「Fax」、「順序」の各フィールドが同じ幅になっていることがわかります。 

  2. 「住所」フィールドと「取引先責任者」フィールドの両方を選択します。これらのフィールドの枠線が他のフィールドと異なる色に変わり、フィールドが選択されたことがわかります。

    選択されたフィールド

    注意:

    • テンプレートフィールドには青色のハンドルボックスが表示されます。位置合わせツールやサイズ合わせツールを使用すると、すべてのフィールドがテンプレートフィールドに位置合わせまたはサイズ合わせされます。
    • すべてのフィールドを選択したら、テンプレートにするフィールドを右クリックしてテンプレートフィールドを変更することができます。
    • 選択したフィールドの外部をクリックすると、すべてのフィールドの選択が解除されます。

  3. Acrobat ウィンドウの右上には、位置合わせツールが表示されています。「幅と高さに合わせる」アイコンをクリックします。

    幅と高さに合わせるツール

    「取引先責任者」フィールドが「住所」フィールドのサイズに変わります。

    幅と高さをそれぞれ一致させたフィールド
  4. 両方のフィールドがまだ選択されている状態で、「上揃え」アイコンをクリックすると、「取引先責任者」フィールドの上辺がテンプレートフィールドに正しく位置合わせされます。

  5. 「取引先責任者」フィールドをクリックしてそのフィールドだけを選択した後、フィールドの左側と右側のハンドルを調整して、所定の位置に収まるようにします。

    フィールド幅の手動調整による適合化
  6. 次に、1 列のフィールドをすべて選択します。テンプレートフィールドが正しいことを確認します。

    1 列の全フィールドの選択
  7. 幅に合わせる」アイコンをクリックして、すべてのフィールドを同じ幅にします。

    幅が一致したフィールド
  8. すべてのフィールドがまだ選択されている状態で、「左揃え」アイコンをクリックします。

    左揃えされたフィールド
  9. これらのフィールドを正しい高さに調整します。これは、必要であればフィールドごとに手動でおこなうことができますし、1 つのフィールドを手動で合わせてから他のフィールドを選択し、それらを同じ高さにすることもできます。

    高さ合わせされたフィールド
  10. キーボードの矢印キーを使って、フィールドの微調整をおこなうことができます。1 つまたは複数のフィールドを選択した後、矢印キーを使用して、フィールドをごくわずかずつ移動します。

    すべてのフィールドのサイズを正しく設定

    注意:

    PDF をズームインしてフィールドオブジェクトを拡大すると、より正確な調整をおこなえるので便利です。

  11. 同じ原則に従って、残りのフィールドも適切なテンプレートに合わせます。

    この例では、次の操作をおこないます。

    • 「取引先責任者」、「電子メール」、「Web サイト」の各フィールドを選択し、それらを同じ幅にします。
    • それらのフィールドを左に揃えます。
    • 同じ行のフィールド(「電話」と「電子メール」)を選択し、それらを同じ高さにします。
    • 次に上揃えツールを使用して、それらのフィールドの位置を揃えます。
    • 同じ行にある「Fax」フィールドと「Web サイト」フィールドに対して、同じことを繰り返します。
    すべてのフィールドを正しいサイズと配置に設定

    フィールドがすべて適切に配置されたら、文書は、Adobe Sign を通じて送信する最低限の準備ができました。

    すべてのフィールドには識別名がありますが、受信者には識別名は明示的に割り当てられず、どのフィールドも内容の検証はおこなわれません。

    受信者 ID、内容の検証、条件付き表示または計算 といったフィールドプロパティを組み込む場合は、テキストタグの場合と同様に、フィールド名に引数を付加する必要があります。

     

配置されたフォームフィールドでのタグの使用

フォームにフィールドを追加するにつれて、フィールド名のリストが Acrobat ページの右側のレールに表示されます。このリストを使用すれば、ページに移動しなくても、ドキュメント上のあらゆるフォームフィールドをすばやく検索したり、またそれらにアクセスしたりできます。また、名前の後に #1 を付け加えることで、フォーム上の複数の場所にフィールド名が存在するかどうかが容易にわかります。

注意:

一意の名前のフィールドには一意の内容を格納できます。つまり、同じ名前のフィールドには同じ内容が格納されます。一つのフィールドに入力すれば、同じ名前の他のすべてのフィールドに、その内容が自動的に入力されます。これは、複数の場所で同じ情報を要求するフォームがある場合には、役に立ちます。

Acrobat で自動的に配置されたフィールドを使用している場合、フィールドの名前は、内容がわかりやすいシンプルな文字列になります(名前が内容を反映していなければ、ここで時間を取って、名前を意味のあるものにすることをお勧めします)。

引数のないフィールド名

 

ツールバーから配置されたフィールドは、テキストタグ形式と同一の引数が付いた長い名前になることがあります。 

引数が付加されたフィールド名


フォームフィールドの命名

フォームフィールドの名前を Adobe Sign タグに変更すると、テキストタグの場合のようにドキュメント上のスペースを犠牲にすることなく、Adobe Sign で認識されるフィールドプロパティをすべて適用することができます。

フォームフィールドのプロパティメニューにアクセスするには、フィールドをダブルクリックするか、フィールドを右クリックしメニューから「プロパティ」を選択します。

プロパティウィンドウの「一般」タブには、フィールドの「名前」、「ツールヒント」、「フィールドの種類」、「参加者ロール」、

一般プロパティ」が表示されます。

テキストフィールドのプロパティ
  • 名前 — フォームフィールドのタグの追加先。
  • ツールヒント — マウスポインターをフィールドの上で静止させた場合にポップアップする情報。
  • フィールドの種類 — フィールドの種類(テキスト、署名、日付など)を示します。
  • 参加者ロール — そのフィールドを操作する署名関係者(送信者、署名者、事前入力など)を指定します。
  • 読み取り専用 — フィールドをアクセス不能かつ編集不能にします。一般に、統合を通じてまたは CSV ファイルを使ってフィールドにデータが入力される場合に使用されます。
  • 必須 — フィールドを必須としてマークした場合は、このフィールドにデータが入力されない限り、署名プロセスを完了できません。

Adobe Sign のドラッグアンドドロップ式の文書オーサリング環境では複数行フィールドをサポートしていません(またはそれ用のオプションがありません)が、Acrobat でフィールドをそのようにセットアップし、Adobe Sign を通じて機能させることができます。このオプションは、「オプション」タブ内の「複数行」です。

文書のフォームフィールドで使用するタグについては、テキストタグのドキュメントを参照してください。

注意:

このテキストタグのドキュメントでは、すべてのタグを「{{}}」で囲んで示しています。これらを解析する必要があるからです。Acrobat でフィールドを作成する場合は、これらの波括弧は不要なので、省略してください。

他のオブジェクトの配置

標準のテキストフィールド以外にも、Acrobat には、Adobe Sign を通じて機能するチェックボックス、ラジオボタン、ドロップダウンメニューがあります。これらのオブジェクトのオプションは、タグで引数を使用するか、Acrobat でのオブジェクトプロパティを通じて適用することができます。

Acrobat でオブジェクトプロパティを使用する場合は、オブジェクトの名前には必ず基本タグを入力します。例えば、チェックボックスがあり、その設定がすべてプロパティウィンドウで設定された場合は、その名前を CB1_es_:signer1 などとします。これにより、必ずオブジェクトが名前を持ち、意図した受信者に割り当てられます。


チェックボックス

「オブジェクトを選択」バーから「チェックボックス」を選択すると、カーソルが変わり、チェックボックスを配置できます。詳細については、「フォームフィールドの手動配置」を参照してください。

チェックボックスのプロパティメニューにアクセスするには、フィールドをダブルクリックするか、フィールドを右クリックしメニューから「プロパティ」を選択します。

「オプション」タブに用意されている設定は、「チェックボックススタイル」、「書き出し値」、「チェックボックス 」で、「チェックボックス」がデフォルトでオンになっています。「チェックボックススタイル」を変更しても、Adobe Sign でのチェックボックスの表示は影響されませんが、生成される PDF 文書は、選択されたスタイルになります。

チェックボックスフィールドのプロパティ


ラジオボタン

「オブジェクトを選択」ツールバーから「ラジオボタン」を選択すると、カーソルが変わり、ラジオボタンを配置できます。詳細については、「フォームフィールドの手動配置」を参照してください。

ラジオボタンを配置すると、基本的なプロパティダイアログが開きます。ラジオボタンが選択肢の中から「いずれか 1 つ」を選ぶものなので、グループ内には少なくとも 2 つのラジオボタンが必要であるという警告が表示されます。

別のラジオボタンを追加するには、「別のボタンを追加」リンクをクリックするか、「オブジェクトを選択」ツールバーから「ラジオボタン」を再度選択します。オブジェクトを配置し、名前を同じグループ名に変更します。

ラジオボタンに関する警告

ラジオボタンのプロパティメニューにアクセスするには、フィールドをダブルクリックするか、フィールドを右クリックしメニューから「プロパティ」を選択します。

ラジオボタンフィールドのプロパティ

「オプション」タブに用意されている設定は、「ボタンのスタイル」、「ラジオボタンの選択内容」、2 つのオプション(「ボタンをデフォルトでチェックする 」と「同じ名前と選択内容のボタンを同時に選択」)です。後者のオプションは同名のボタンをリンクします。ラジオボタンの名前で所属先のグループが決まるので、一連のラジオボタンオプションを作成する場合、それらが同じグループに属するには、同一の名前にする必要があります。


ドロップダウンメニュー

「オブジェクトを選択」ツールバーから「ドロップダウン」を選択すると、カーソルが変わり、ドロップダウンメニューを配置できます。詳細については、「フォームフィールドの手動配置」を参照してください。

ドロップダウンのプロパティメニューにアクセスするには、フィールドをダブルクリックするか、フィールドを右クリックしメニューから「プロパティ」を選択します。

ドロップダウンボックスフィールドのプロパティ

「オプション」タブに用意されている設定は、「項目」、「書き出し値」、「項目一覧」、「項目の並べ替え」、「カスタムテキストの入力を許可」、「スペルチェック」、「選択した値をすぐに確定」です。

オプションの名前を「項目」フィールドに入力します。さらに、「書き出し値」の指定もお勧めします。例えば、項目が「Red」の場合、書き出し値を "R" などとします。この値が署名プロセス中にエクスポートされます。

ドロップダウンのオプションをセットアップしたら、「追加」ボタンをクリックします。これにより、オプションが「項目一覧」に移動し、そこで並べ替えて管理することができます。

ドロップダウンボックスフィールドのオプション


ダウンロード可能なバージョン

ダウンロード

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー