ウィジェット(オンライン/埋め込みフォーム)を作成するオプションは、Business および Enterprise レベルの顧客が使用できます。

ウィジェットを作成

ウィジェットとは署名可能な Web フォームです。ウィジェットは、リンクを設定したり、Web サイトに埋め込んだりできるので、複数の人が署名用の文書に簡単にアクセスできるようになります。ウィジェットが特に役立つのは、署名用のフォームを独自の Web サイトに載せる必要がある場合です。

各署名者はフォームへの署名を個別におこないます。各署名者のトランザクションは、個別の証明書として「管理」タブに記録されます。

副署名者のいるウィジェットも作成できます。副署名者が署名する順番は、必ず、ウィジェットにアクセスした人がフォームに記入して署名した後になります。

クイックステップ

1. ダッシュボードページから、「ウィジェットを作成」リンクをクリックします。

2. 「ウィジェット名」フィールドにウィジェットの名前を入力します。

3. ウィジェット推進者の役割を定義します。署名が可能な任意の役割を指定できます。ただし、一部の役割では署名は必須ではありません。

4. ウィジェット認証ドロップダウンでいずれかの値を選択して、ウィジェット推進者に使用する認証方法を定義します。

5. 必要に応じて、「副署名者」フィールドにウィジェットの副署名者の電子メールアドレスを入力します(複数可)。

◘ 各副署名者に適切な受信者の役割を設定します。

◘ 必要に応じて、副署名者の ID の確認オプションを設定します。

6. ファイルを「ファイル」セクションにドラッグ&ドロップするか、「ファイルを追加」リンクを使用して文書をアップロードします。

7. オプションで、署名済み PDF の表示を保護するためにパスワードを設定します。

◘ このパスワードは、Adobe Sign で表示可能な場所には保存されないことに注意してください。Adobe Sign の外部に手動でパスワードを保存する必要があります。

8. オプションで、ウィジェットの言語を設定します。 

◘ このオプションは、画面上の手順や、各ウィジェットのトランザクションのステータスを通知する際に使用する電子メールテンプレートの言語に影響します。

9. 「プレビュー、署名の位置指定、フォームフィールドの追加を行う」チェックボックスをオンにします。

10. 「次へ」をクリックします。

11. オーサリング環境が読み込まれたら、必要なすべてのフィールドを配置します。

◘ 各フィールドの受信者を適切に定義してください。

◘ 注意:少なくとも 1 つの署名フィールドがある受信者には必ず、少なくとも 1 つの電子メールフィールドもある必要があります。署名者の電子メールフィールドを追加しないと、ウィジェットの下部に署名ブロックが追加されることになります。

12. すべてのフィールドを配置し、適切に割り当てたら、「保存」をクリックします。

13. ページが再読み込みされ、ウィジェット自体の例が表示されます。

◘ ページの最上部に、ウィジェットを配布または埋め込むために使用できるリンクが表示されます。これらの一部またはすべてを使用できます(すべて同じフォーム/テンプレートを指しています)。 

 

 

使用方法

  1. ダッシュボード」から、「その他の機能」セクションにある「ウィジェットを作成」をクリックします。

    Nav to Widget
  2. 次のページで、ウィジェット名を入力します。

    • ウィジェット名の編集はできないので、ウィジェット名は正しく入力してください。
    Widget - Name
  3. ウィジェットの参加者に適切な役割を設定します(オプションは管理者設定によって異なります)。

    • 署名者 - 署名者は、署名を適用し、その他すべての必須フィールドに入力する必要があります。
    • 承認者 - 承認者はフィールドに入力できますが、署名を適用する必要はありません。
    • 同意者 - 同意者は、承認者と同様に、フィールドの内容を入力できますが、署名を提供する必要はありません。
    • フォーム入力者 - フォーム入力者はフィールドへの入力のみをおこなうことができます。フォーム入力者に署名フィールドを適用することはできません。

     

    Widget Recipient Role

    ウィジェット認証方法を設定します。これは、(署名自体を適用する必要がなくても)ウィジェット署名プロセスを開始する関係者を確認する認証です。

    • なし - このオプションは、ウィジェット送信後に電子メール確認のみを使用します。
    • パスワード - パスワードオプションでは、受信者が文書を表示する前にパスワードを入力する必要があります。
    • ソーシャル - 受信者は、文書を表示する前に複数のソーシャルサイトのいずれかで認証する必要があります。
    • ナレッジベース認証(KBA) - 無制限の KBA トランザクションを許可するようにアカウントが設定されている場合に、認証方法として KBA を有効にできます。KBA は、米国でのみ有効です。
    Widget - Recip Verification
  4. ウィジェットに副署名を組み込むには

    • 「副署名者」セクションで、契約書への副署名または契約書の承認をおこなう関係者の電子メールアドレスを入力します。
      • 右側の「自分を追加」リンクをクリックすると、自身(ウィジェットの作成者)を追加できます。
      • 各署名者に適切な役割を設定します。管理者が有効にしたすべての役割を使用できます。
      • 各副署名者に適切な認証方法を定義します。
      • 契約書を完成させるには、すべての定義された副署名者が指定どおりの順序で署名/承認を完了する必要があります。

    注意:

    副署名者は、常に最後の署名者となります。まずウィジェットにアクセスした人が署名し、その次に副署名者が署名します。

    Widget -= Countersigner
  5. ウィジェットのベースとして使用するファイルを「ファイル」セクションにドラッグ&ドロップするか、「ファイルを追加」をクリックして、ネットワークドライブか統合ファイルストレージの文書に移動します。

    Widget - Files
  6. オプション」を設定します。

    • パスワード保護 - ウィジェット署名により生成される最終版の PDF を開くときにパスワードを要求する場合は、このチェックボックスをオンにします。パスワードの入力を求められます。
    • 受信者の言語 - この設定では、画面上の指示、およびウィジェットに関連する電子メール通知に使用される言語を指定します。
    Widget - Options
  7. プレビューおよびフィールドを追加」オプションを選択して、「次へ」をクリックします。

    Widget - Next
  8. ページが更新されて、アップロードしたフィールドがオーサリング環境に表示されます。

    ページの右側から、必要なフィールドを文書上にドラッグします。

    必要な署名者(最初の署名者とすべての副署名者を含む)一人ひとりに対して、少なくとも 1 つの署名用フィールドと 1 つの電子メールフィールドを配置します。

    注意:

    すべての署名者/承認者には、「署名」フィールドに加えて「電子メール」フィールドも配置する必要があります。「電子メール」フィールドが配置されていない場合は、文書の下部に署名ブロックが自動的に配置されます。

    Add Fields
  9. すべてのフィールドを配置したら、右上隅にある「保存」ボタンをクリックします。

  10. ウィジェット投稿作成ページが表示されます。このページには、ウィジェットの URL と、ウィジェットの埋め込みに使用する iframe/JavaScript コードが表示されます。

    ウィジェットにテスト署名することもできます。

    Widget - Post Create

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー