自社にタイムスタンプを取得する法規制遵守の必要性があるが、電子署名証明書の使用が要求されていない場合、スタンドアロンのタイムスタンプを有効にすることが望ましいオプションとなる場合があります。

スタンドアロンのタイムスタンプについて

契約書にタイムスタンプを埋め込む必要があるが、電子署名を使用したくない、あるいは使用する必要のないお客様は、すべての契約書に添付されている Adobe Certified Document Service (CDS)シールでタイムスタンプを有効にするオプションがあります。

これにより、電子帳簿保存法などの要件に準拠できます。

スタンドアロンのタイムスタンプ

注意:

スタンドアロンのタイムスタンプは、カスタムタイムスタンププロバイダーに対して使用することもできます。

この機能の使用方法

アカウント(またはグループ)に対してこの機能を一旦有効にすると、管理者または送信者はそれ以上のアクションを行う必要はありません。 

タイムスタンプは、この機能が無効になるまで、すべての契約の CDS シールに自動的に追加されます。

有効化/無効化の方法

アカウント/アカウント設定/セキュリティ設定/タイムスタンプに移動します

  • 電子サインのみを含む契約書の証明印にタイムスタンプを適用するチェックボックスをオンにします
  • 保存」をクリックします。
スタンドアロンのタイムスタンプコントロールに移動します

知っておくべきこと...

タイムスタンプを CDS に埋め込むと、処理時間が、わずかですが目に見えるほどに増加します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー