Adobe Sign カスタム電子メールテンプレート機能は、Enterprise レベルのサービスでのみ利用できます。

機能の説明

Adobe Sign が送信する送信メッセージのルックアンドフィールを完全にカスタマイズします。

普段使用するブランディング、カラースキーム、画像、テキストを好みの形式で使用して次の電子メールを配信できます。

  • 署名してください
  • 署名が完了し、保管されました
  • リマインダー
  • トランザクションがキャンセルされました

Enterprise プランを利用している場合、プロフェッショナルサービスチームと連携して、必要に応じてアカウント全体用またはアカウント内の各グループ用の完全な電子メールテンプレートを作成できます。有料の場合があります。

new image


使用方法

プログラムに登録したら、プロフェッショナルサービスチームは、Adobe Sign アカウント管理者と連携して、既存のデフォルトレイアウトを置き換えるテンプレートを作成します。

カスタマイズできるテンプレートタイプは以下の 4 つです。

  • 最初に送信される「署名してください」の電子メール
  • 最後に送信される「署名が完了し、保管されました」の電子メール
  • リマインダー電子メール
  • 「トランザクションがキャンセルされました」の電子メール

各テンプレートタイプには、複数のバージョンがあります。サポートされる各言語(またはロケール)のテンプレートがあります。

これらのテンプレートは、アカウント全体のテンプレートとして存在します。すべてのグループはアカウントからテンプレートを継承し、すべてのユーザーはグループからテンプレートを継承します。つまり、アカウント > グループ > ユーザーという順番で継承されます。

アカウントレベルのテンプレートを変更すると、すべてのグループが新しいカスタムテンプレートを継承します。必然的に、すべてのユーザーもそのカスタムテンプレートを(各グループから)継承します。

カスタム電子メールテンプレートがグループレベルに挿入されると、アカウントレベルからの継承は遮断され、そのグループのすべてのユーザーはグループレベルのテンプレートを継承します。他のグループは、引き続きアカウントレベルのテンプレートを継承します。

例えば、Adobe アカウントに Photoshop グループがある場合、Photoshop オーディエンスの感性に訴えるように電子メールをデザインできます。

また、法務グループはまったく異なる感情を抱く可能性があるので、それに応じて電子メールテンプレートをデザインできます。

 

ユーザーと管理者

電子メールテンプレートが準備できたら、ユーザーおよび管理者は何もする必要はありません。電子メールテンプレートは自動的に適用されます。


有効/無効にする方法

カスタム電子メールテンプレート機能は、Adobe Sign プロフェッショナルサービスチームによってのみ、有効化および設定が可能です。この機能を有効にしたい場合は、サクセスマネージャーにお問い合わせください。

テンプレートは、Account および Group レベルで設定でき、任意のロケールやすべてのロケール用に設定できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー