契約書に使用するデフォルトのタイムゾーンの設定

概要

管理者は、アカウントレベルとグループレベルのタイムゾーンのオフセットを設定して、ユーザーの期待に適した時間枠を反映するようにユーザー環境を調整できます。

ユーザーはまた、個人プロファイルで自身のタイムゾーンのオフセットを設定することもできます。ユーザーレベルの設定はそのユーザーに優先され、グループレベルの設定はアカウントレベルの設定よりも優先されます。

タイムゾーンのオフセットを変更すると、Adobe Acrobat Sign システムに表示される契約書のアクティビティログなどのタイムスタンプが調整されます。このコンテンツは動的に表示されるため、タイムゾーンのオフセットを変更して、ユーザーが更新をすぐに確認できます。

アクティビティリスト

注意:

デフォルトのタイムゾーン設定は、契約書の署名タイムスタンプには影響しません。署名を適用する受信者のタイムゾーンのオフセットが適用されます。

監査レポートでは、デフォルトで GMT タイムゾーンが使用されますが、必要に応じて、アカウント/グループ定義オフセットを使用するように設定できます。

設定オプション

デフォルトのタイムゾーンは、管理者がアカウントレベルとグループレベルで設定できます。グループレベルの設定は、継承されたアカウントレベルの設定よりも優先されます。

ユーザーはまた、個人プロファイルを設定して、選択したタイムゾーンに個人的な表示をキャストすることもできます。ユーザーレベルの設定は、グループレベルの設定よりも優先されます。

  1. アカウント設定/グローバル設定/このアカウントのユーザーが作成した契約書に使用するデフォルトのタイムゾーンを設定の順に進みます。
  2. 組織のニーズに適したタイムゾーンを設定します。
  3. ページ設定を保存します。
デフォルトのタイムゾーンの設定

監査レポートへの選択したタイムゾーンの使用

管理者は、監査レポートで使用されるデフォルトの GMT タイムゾーンを変更し、代わりにアカウントまたはグループで設定されたデフォルトのタイムゾーンのオフセットを使用することができます。

  • この機能を有効にすると、設定がシステムに保存された後に作成されたすべての契約書に適用されます。
  • 完了した契約書の監査レポートを新しいタイムゾーンに調整することはできません。
[Feedback V2 Badge]