マニュアル キャンセル

画像のシャープとぼかしの調整

  1. Photoshop ユーザーガイド
  2. Photoshop の概要
    1. 夢をカタチに
    2. Photoshop の新機能
    3. 初めての写真編集
    4. ドキュメントの作成
    5. Photoshop | よくある質問
    6. Photoshop の必要システム構成
    7. プリセット、アクションおよび設定の移行
    8. Photoshop とは
  3. Photoshop と Adobe のサービス
    1. Photoshop と Adobe Stock
    2. Creative Cloud ライブラリ
    3. Photoshop の Creative Cloud ライブラリ
    4. Photoshop での Touch Bar の使用
    5. Photoshop で Illustrator アートワークを作業する
    6. Photoshop の Capture アプリ内拡張機能の使用
    7. グリッドとガイド
    8. アクションの作成
    9. 取り消しおよびヒストリー
    10. 初期設定のショートカットキー
    11. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
  4. Photoshop iPad 版
    1. Photoshop iPad 版 | よくある質問
    2. ワークスペースについて
    3. システム要件 | Photoshop iPad 版
    4. ドキュメントの作成、表示、書き出し
    5. 写真の追加
    6. レイヤーの操作
    7. ブラシを使った描画とペイント
    8. 範囲の選択とマスクの追加
    9. コンポジットを修正する
    10. 調整レイヤーを使用する
    11. トーンカーブでコンポジットの色調を調整する
    12. 変形操作を適用する
    13. 合成画像の切り抜きと回転
    14. カンバスの回転、パン、ズーム、リセット
    15. テキストレイヤーを使用する
    16. Photoshop と Lightroom の連携
    17. Photoshop iPad 版で環境にないフォントを取得する
    18. Photoshop iPad 版での日本語テキスト
    19. アプリの設定を管理する
    20. タッチショートカットとジェスチャー
    21. キーボードショートカット
    22. 画像サイズを編集する
    23. Photoshop iPad 版での制作過程をライブストリームで配信
    24. 修復ブラシで不具合を修正する
    25. Capture でブラシを作成して Photoshop で使用する
    26. Camera Raw ファイルの操作
    27. スマートオブジェクトの作成と操作
    28. 覆い焼きと焼き込みを使用した画像の露出調整
  5. Photoshop web 版(ベータ版)
    1. よくある質問 | Photoshop web 版(ベータ版) 
    2. ワークスペースの概要
    3. 必要システム構成 | Photoshop web 版(ベータ版)
    4. キーボードショートカット | Photoshop web 版(ベータ版)
    5. サポートされるファイルの種類 | Photoshop Web ベータ版
    6. クラウドドキュメントを開いて操作する
    7. 関係者との共同作業
    8. クラウドドキュメントに対する制限付き編集の適用
  6. クラウドドキュメント
    1. Photoshop クラウドドキュメント | よくある質問
    2. Photoshop クラウドドキュメント | ワークフローに関する質問
    3. Photoshop でのクラウドドキュメントの管理と操作
    4. Photoshop 用クラウドストレージのアップグレード
    5. クラウドドキュメントを作成または保存できない
    6. Photoshop クラウドドキュメントのエラーを解決する
    7. クラウドドキュメントの同期ログの収集
    8. アクセスを共有してクラウドドキュメントを編集
    9. アプリ内でファイルとコメントを共有する
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. ドキュメントの作成
    3. Photoshop での Touch Bar の使用
    4. Photoshop での Microsoft Dial のサポート
    5. ツールギャラリー
    6. パフォーマンス環境設定
    7. ツールの使用
    8. タッチジェスチャー
    9. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
    10. テクノロジープレビュー
    11. メタデータと注釈
    12. 作品の手軽な配信
    13. ほかのアプリケーションへの Photoshop 画像の配置
    14. 環境設定
    15. 初期設定のショートカットキー
    16. 定規
    17. プリントしないエクストラの表示または非表示
    18. 画像のコラムの指定
    19. 取り消しおよびヒストリー
    20. パネルとメニュー
    21. ファイルの配置
    22. スナップを使用した要素の配置
    23. ものさしツールを使用した配置
    24. プリセット
    25. キーボードショートカットのカスタマイズ
    26. グリッドとガイド
  8. Web、画面、アプリデザイン
    1. デザインに最適な Photoshop
    2. アートボード
    3. デバイスプレビュー
    4. レイヤーから CSS をコピー
    5. Web ページのスライス
    6. スライスの HTML オプション
    7. スライスのレイアウトの変更
    8. Web グラフィックの使用
    9. Web フォトギャラリーの作成
  9. 画像とカラーの基本
    1. 画像のサイズを変更する方法
    2. ラスター画像とベクトル画像の操作
    3. 画像サイズと解像度
    4. カメラやスキャナーからの画像の取り込み
    5. 画像を作成、開く、読み込む
    6. 画像の表示
    7. 無効な JPEG マーカーエラー | 画像を開く
    8. 複数の画像の表示
    9. カラーピッカーとスウォッチのカスタマイズ
    10. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    11. 画像のカラーの適用
    12. カラーモードの変換
    13. カラーモード
    14. 画像の一部の消去
    15. 描画モード
    16. カラーの選択
    17. インデックスカラーのカラーテーブルのカスタマイズ
    18. 画像情報
    19. ゆがみフィルターが使用できない
    20. カラーについて
    21. チャンネルを使用したカラーおよびモノクロの補正
    22. カラーパネルとスウォッチパネルでのカラーの選択
    23. サンプル
    24. カラーモードまたは画像モード
    25. 色かぶり
    26. アクションへの条件付きモード変更の追加
    27. HTML CSS と SVG からスウォッチを追加
    28. ビット数と環境設定
  10. レイヤー
    1. レイヤーの基本
    2. 非破壊編集
    3. レイヤーとグループの作成および管理
    4. レイヤーの選択、グループ化、リンク
    5. 画像をフレームに配置する
    6. レイヤーの不透明度と描画
    7. レイヤーのマスク
    8. スマートフィルターの適用
    9. レイヤーカンプ
    10. レイヤーの移動、重なり順の変更およびロック
    11. ベクトルマスクによるレイヤーのマスク
    12. レイヤーとグループの管理
    13. レイヤー効果とレイヤースタイル
    14. レイヤーマスクの編集
    15. アセットを抽出
    16. クリッピングマスクを使用したレイヤーの表示
    17. レイヤーからの画像アセットの生成
    18. スマートオブジェクトの操作
    19. 描画モード
    20. 複数の画像のグループ写真への合成
    21. レイヤーを自動合成を使用して画像を結合
    22. レイヤーの整列と分布
    23. レイヤーから CSS をコピー
    24. レイヤーまたはレイヤーマスクの境界線からの選択範囲の読み込み
    25. ノックアウトして他のレイヤーからコンテンツを表示
    26. レイヤー
    27. レイヤーの統合
    28. 合成
    29. 背景色
  11. 選択範囲
    1. 選択とマスクワークスペース
    2. クイック選択の実行
    3. 選択の基本を学ぶ
    4. 選択ツールによる選択
    5. なげなわツールによる選択
    6. 画像内のカラーの範囲の選択
    7. ピクセル選択範囲の補正
    8. パスと選択範囲の境界線の変換
    9. チャンネルの基本
    10. 選択したピクセルの移動、コピー、削除
    11. 一時的なクイックマスクの作成
    12. 選択範囲とアルファチャンネルマスクの保存
    13. 画像の焦点領域の選択
    14. チャンネルの複製、分割、および統合
    15. チャンネルの演算
    16. 選択範囲
    17. バウンディングボックス
  12. 画像調整
    1. 遠近法ワープ
    2. カメラの振動によるぶれの軽減
    3. 修復ブラシの使用例
    4. カラールックアップテーブルの書き出し
    5. 画像のシャープとぼかしの調整
    6. カラー調整について
    7. 「明るさ・コントラスト」補正の適用
    8. シャドウとハイライトのディテールの調整
    9. レベル補正
    10. 色相と彩度の調整
    11. 自然な彩度の調整
    12. 画像領域内のカラーの彩度の調整
    13. 色調のクイック補正
    14. 画像への特殊なカラー効果の適用
    15. カラーバランスの補正による画像の演出
    16. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    17. ヒストグラムとピクセル値の表示
    18. 画像のカラーの適用
    19. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    20. カラー画像の白黒画像への変換
    21. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    22. トーンカーブの補正
    23. 描画モード
    24. 出力用画像のターゲット指定
    25. レベル補正およびトーンカーブスポイトツールを使用したカラーと色調の補正
    26. HDR の露光量とトーンの調整
    27. フィルター
    28. ぼかし
    29. 画像領域の覆い焼きまたは焼き込み
    30. 特定色域の色調の補正
    31. オブジェクトカラーの置き換え
  13. Adobe Camera Raw
    1. Camera Raw の必要システム構成
    2. Adobe Camera Raw の新機能
    3. Camera Raw の紹介
    4. パノラマの作成
    5. サポート対象レンズ
    6. Camera Raw の周辺光量補正、粒状、かすみの除去の効果
    7. 初期設定のショートカットキー
    8. Camera Raw の自動的な遠近法の補正
    9. Camera Raw で非破壊的な編集を行う方法
    10. Camera Raw の円形フィルター
    11. Camera Raw 設定の管理
    12. Camera Raw での画像のオープン、処理、および保存
    13. Camera Raw の強化されたスポット除去ツールで画像を修復
    14. 画像の回転、切り抜きおよび調整
    15. Camera Raw でのカラーレンダリングの調整
    16. 機能の概要 | Adobe Camera Raw | 2018 年リリース
    17. 新機能の概要
    18. Camera Raw のプロセスバージョン
    19. Camera Raw での部分補正
  14. 画像の修復および復元
    1. コンテンツに応じた塗りつぶしを使用して写真からオブジェクトを削除
    2. コンテンツに応じたパッチと移動
    3. 写真のレタッチと修復
    4. 画像のゆがみとノイズの修正
    5. 多くの問題を解決するための基本的なトラブルシューティング手順
  15. 画像変換
    1. オブジェクトの変形
    2. 切り抜き、回転およびカンバスサイズを調整
    3. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    4. パノラマ画像の作成と編集
    5. 画像、シェイプ、パスのワープ
    6. Vanishing Point
    7. ゆがみフィルターの使用
    8. コンテンツに応じた拡大・縮小
    9. 画像、シェイプ、パスの変形
    10. ワープ
    11. 変形
    12. パノラマ
  16. 描画とペイント
    1. 対称パターンのペイント
    2. 長方形の描画とストロークオプションの変更
    3. 描画の概要
    4. シェイプの描画と編集
    5. ペイントツール
    6. ブラシの作成と修正
    7. 描画モード
    8. パスへのカラーの追加
    9. パスの編集
    10. 混合ブラシによるペイント
    11. ブラシプリセット
    12. グラデーション
    13. グラデーション補間
    14. 選択範囲、レイヤーおよびパスの塗りつぶしおよび境界線の描画
    15. ペンツールによる描画
    16. パターンの作成
    17. パターンメーカーを使用したパターンの生成
    18. パスの管理
    19. パターンライブラリとプリセットの管理
    20. グラフィックタブレットによる描画またはペイント
    21. テクスチャブラシの作成
    22. ブラシへの動的な要素の追加
    23. グラデーション
    24. アートヒストリーブラシによる、スタイル化されたストロークのペイント
    25. パターンによるペイント
    26. 複数のデバイスでのプリセットの同期
  17. テキスト
    1. OpenType SVG フォントの操作
    2. 文字の書式設定
    3. 段落の書式設定
    4. テキスト効果の作成方法
    5. テキストの編集
    6. 行と文字の間隔
    7. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
    8. フォント
    9. フォントのトラブルシューティング
    10. 日本語、中国語、韓国語のテキスト
    11. テキストの入力
    12. Photoshop で文字ツールを使用したときのテキストエンジンエラー | Windows 8
    13. アジア言語スクリプト用多言語対応コンポーザー
    14. Photoshop でのテキストの追加および編集方法
  18. ビデオとアニメーション
    1. Photoshop でのビデオの編集
    2. ビデオおよびアニメーションレイヤーの編集
    3. ビデオとアニメーションの概要
    4. ビデオとアニメーションのプレビュー
    5. ビデオレイヤーのフレームのペイント
    6. ビデオファイルと画像シーケンスの読み込み
    7. フレームアニメーションの作成
    8. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    9. タイムラインアニメーションの作成
    10. ビデオ用の画像の作成
  19. フィルターと効果
    1. ゆがみフィルターの使用
    2. ぼかしギャラリーの使用
    3. フィルターの基本
    4. フィルター効果リファレンス
    5. 照明効果の追加
    6. 広角補正フィルターの使用
    7. 油彩フィルターの使用
    8. レイヤー効果とレイヤースタイル
    9. 特定フィルターの適用
    10. 画像領域をこする
  20. 保存と書き出し
    1. Photoshop でのファイルの保存
    2. Photoshop でのファイルの書き出し
    3. サポートされているファイル形式
    4. グラフィック形式でのファイルの保存
    5. Photoshop と Illustrator 間でのデザインの移動
    6. ビデオとアニメーションの保存と書き出し
    7. PDF ファイルを保存
    8. Digimarc 著作権保護
  21. プリント
    1. 3D オブジェクトのプリント
    2. Photoshop を使用したプリント
    3. カラーマネジメントを使用したプリント
    4. コンタクトシートと PDF プレゼンテーション
    5. ピクチャパッケージレイアウトでの写真のプリント
    6. スポットカラーのプリント
    7. ダブルトーン
    8. 業務用プリンターでの画像のプリント
    9. Photoshop からのカラー印刷の改善
    10. 印刷問題のトラブルシューティング | Photoshop
  22. 自動化
    1. アクションの作成
    2. データ駆動型グラフィックの作成
    3. スクリプト
    4. ファイルのバッチ処理
    5. アクションの再生と管理
    6. 条件付きアクションの追加
    7. アクションおよびアクションパネルについて
    8. アクションへのツールの記録
    9. アクションへの条件付きモード変更の追加
    10. プラグインとスクリプト用の Photoshop UI ツールキット
  23. カラーマネジメント
    1. カラーマネジメントの設定
    2. 一貫した色の保持
    3. カラー設定
    4. カラープロファイルの操作
    5. オンライン表示用ドキュメントのカラーマネジメント
    6. 印刷時におけるドキュメントのカラーマネジメント
    7. 読み込んだ画像のカラーマネジメント
    8. 色の校正
  24. コンテンツ認証情報
    1. コンテンツ認証情報の詳細
    2. NFT の ID と来歴
    3. クリエイティブ属性のアカウントの接続
  25. 3D と技術的な画像の処理
    1. Photoshop の 3D 機能 | 廃止された 3D 機能に関するよくある質問
    2. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    3. 3D オブジェクトのプリント
    4. 3D ペイント
    5. 3D パネルの拡張機能 | Photoshop
    6. 3D の基本概念とツール
    7. 3D レンダリングと保存
    8. 3D オブジェクトおよび 3D アニメーションの作成
    9. 画像のスタック
    10. 3D ワークフロー
    11. 計測
    12. DICOM ファイル
    13. Photoshop と MATLAB
    14. 画像内のオブジェクトのカウント
    15. 3D オブジェクトの結合と変換
    16. 3D テクスチャ編集
    17. HDR の露光量とトーンの調整
    18. 3D パネルの設定

Photoshop は、画像のシャープ(またはぼかし)を微調整できる、様々なツール、フィルター、マスクを提供しています。

シャープの適用の推奨

シャープにした画像では、エッジの定義が強調されます。デジタルカメラで撮影した画像でも、スキャンした画像でも、シャープにすることで大部分の画像によい効果がもたらされます。必要なシャープの適用量は、デジタルカメラやスキャナーの性能によって異なります。シャープにしても、大きくぼやけた画像を補正することはできません。

シャープ改善のヒント

  • 画像をレイヤー別にシャープにします。後で別の媒体に出力する場合に、再度シャープにすることができます。

  • 画像をレイヤー別にシャープにする場合に、レイヤーの描画モードを輝度に設定すると、エッジでのカラーの置き換えを防止できます。

  • シャープにすると、画像のコントラストが強調されます。シャープにした後でハイライトやシャドウがクリッピングされる場合は、レイヤーの合成コントロール(レイヤー別にシャープにする場合)を使用してハイライトとシャドウのシャープを防止します。詳しくは、レイヤー合成時の色調範囲の指定を参照してください。

  • ノイズが強調されないように、シャープにする前にノイズを軽減します。

  • 画像をシャープにする操作は、こまかく何回かに分けて行います。最初のシャープ操作では、画像のスキャンまたはデジタルカメラでの取り込みに伴ってぼやけた部分を修正します。画像のカラーを修正してサイズを設定した後で、再度画像(または画像のコピー)をシャープにし、出力媒体に応じたシャープの量を追加します。

  • 可能であれば、最終媒体に出力してシャープの度合いを判断します。必要なシャープの量は出力媒体に応じて異なります。

効果的に画像をシャープにするには、アンシャープマスク(USM)フィルターまたはスマートシャープフィルターを使用します。Photoshop にはこの他に「シャープ」、「シャープ(強)」、「シャープ(輪郭のみ)」フィルターオプションがありますが、これらのフィルターは自動であり、設定やオプションを調整することができません。

画像全体をシャープにするか、選択範囲またはマスクを使用して一部だけをシャープにすることができます。アンシャープマスクフィルターとスマートシャープフィルターは、一度に 1 つのレイヤーにしか適用できないので、複数レイヤーの画像ですべてのレイヤーをシャープにするには、レイヤーを結合するか、ドキュメントを統合する必要があります。

注意:

アンシャープマスクという名前は、従来のフィルムを使用した写真に使用される暗室でのテクニックに由来しています。このフィルターは画像をシャープにするためのもので、その逆ではありません。

スマートシャープを使用したシャープ化

スマートシャープフィルターには、アンシャープマスクフィルターにはないシャープコントロールがあります。シャープアルゴリズムを設定するか、ハイライトとシャドウの領域で起こるシャープの量を制御することができます。

Photoshop スマートシャープダイアログボックス
(Photoshop)スマートシャープダイアログボックス

  1. ドキュメントウィンドウを 100 %にズームして、シャープを正確に表示します。
  2. フィルター/シャープ/スマートシャープを選択します。

  3. 「シャープ」タブのコントロールを設定します。

    適用するシャープの量を設定します。高い値を指定すると、エッジピクセル間のコントラストが増し、シャープさが強調されます。

    半径

    シャープの影響を受ける輪郭周辺の幅を設定します。半径の値が高いほど、エッジの影響範囲は広くなり、シャープな画像になります。

    ノイズを軽減

    (Photoshop のみ)重要なエッジに影響を及ぼさずに不要なノイズを軽減します。

    除去

    画像をシャープにするためのシャープアルゴリズムを設定します。

    • 「ぼかし(ガウス)」は、アンシャープマスクフィルターで使用される方法です。
    • 「ぼかし(レンズ)」では、画像のエッジとディテールを検出し、ディテールのシャープをより精細に制御して、シャープに伴うハロー効果を減らします。
    • 「ぼかし(移動)」では、カメラや被写体の移動に伴うぼかし効果を減らします。「ぼかし(移動)」を選択した場合は、角度コントロールを設定します。

    角度

    除去コントロールの「ぼかし(移動)」オプションで、ぼかしの角度を設定します。

    精細

    従来のオプション(CS6 以前)を使用して、このオプションを有効にした場合に、ファイルの処理を遅くして、ぼかしをより正確に除去できます。

  4. 「シャドウ」タブと「ハイライト」タブを使用して、暗い領域と明るい領域のシャープを調整します。これらのタブを表示するには、「詳細」ボタンをクリックします。暗い領域または明るい領域のシャープ化に伴うハロー効果が強すぎる場合は、次のコントロールを使用して減らすことができます。これらのコントロールは、8 bit/チャンネルまたは 16 bit/チャンネルの画像でのみ使用できます。

    補正量

    ハイライトまたはシャドウのシャープの補正量を調整します。

    階調の幅

    修正するシャドウまたはハイライト内の色調範囲を指定します。スライダーを左右に移動して、「階調の幅」値を増減します。小さい値を設定すると、シャドウ補正では暗い部分だけに、ハイライト補正では明るい部分だけに調整が適用されます。

    半径

    ピクセルがシャドウとハイライトのいずれに含まれるかを判断するために使用する、各ピクセルの周りの領域のサイズを設定します。スライダーを左に移動すると領域が小さくなり、右に移動すると領域が大きくなります。

  5. 「OK」をクリックします。

アンシャープマスクを使用したシャープ化

アンシャープマスクフィルターは、画像のエッジ沿いにコントラストを強調して、画像をシャープにします。アンシャープマスクは、画像内のエッジを検出するわけではありません。代わりに、指定したしきい値に基づいて、周囲にあるピクセルとは異なるピクセルの場所を割り出します。次に、そのピクセルに隣接するピクセルのコントラストを指定した量だけ強くします。隣接するピクセルの中で、明るいピクセルはさらに明るくなり、暗いピクセルはさらに暗くなります。

さらに、各ピクセルを比較する領域の半径をピクセル単位で指定できます。半径が大きいほど、エッジの効果は大きくなります。

Photoshop アンシャープマスク
元の画像とアンシャープマスクを適用した画像

画像に適用するシャープの量は、自由に決めてください。画像をシャープにしすぎると、エッジの周りにハロー効果が生じます。

Photoshop アンシャープマスク
シャープにしすぎてエッジの周りにハロー効果が生じた画像

アンシャープマスクフィルターの効果は、高解像度で出力した画像よりもモニター表示の画像に顕著に表れます。最終目標がプリントである画像には、様々な設定を試して最も効果的な設定を決定してください。

  1. (オプション)複数レイヤーの画像の場合は、シャープにする画像を含むレイヤーを選択します。レイヤーをリンクまたはグループ化している場合でも、アンシャープマスクは一度に 1 つのレイヤーにしか適用できません。アンシャープマスクフィルターを適用する前に、レイヤーを結合することができます。
  2. フィルター/シャープ/アンシャープマスクを選択します。「プレビュー」オプションが選択されていることを確認します。

    注意:

    プレビューウィンドウの画像をクリックし、マウスボタンを押したままにすると、シャープを適用する前の画像を見ることができます。プレビューウィンドウ内をドラッグし、画像の別の部分を調べたり、プラスのボタン(+)やマイナスのボタン(-)をクリックして拡大または縮小することができます。

    アンシャープマスクダイアログボックスにはプレビューウィンドウがありますが、ダイアログボックスを移動して、ドキュメントウィンドウ内でフィルターの効果を確認するほうが便利です。

  3. 半径スライダーをドラッグするか値を入力し、エッジピクセル周囲のピクセルをどこまでシャープにするかを決定します。半径の値が大きいほど、エッジの効果は広く適用されます。エッジの効果が広いほど、シャープはより明確になります。

    半径の値は、画像、画像を再生するサイズ、出力方法に応じて異なります。高解像度画像の「半径」には 1~2 をお勧めします。値を低く設定すると、エッジピクセルだけがシャープになり、高く設定すると広範囲のピクセルがシャープになります。これによる効果は、プリントでは画面上ほど認識できません。それは、高解像度のプリント画像上では 2 ピクセルの半径は比較的狭い範囲に相当するからです。

  4. 量スライダーをドラッグするか値を入力し、ピクセルのコントラストの増加量を決定します。通常、高解像度プリント画像には 150 ~ 200 %をお勧めします。
  5. しきい値スライダーをドラッグするか値を入力します。周囲のピクセルとの差がこの値を超えると、シャープ時の対象となるエッジピクセルとして判断されます。例えば、しきい値を 4 にすると、0~255 のスケール上で色調値に 4 以上の差があるすべてのピクセルに影響が及びます。したがって、隣接するピクセルの色調値が 128 と 129 である場合、これらのピクセルは影響を受けません。肌の色などにノイズやポスタリゼーションが生じるのを避けるには、エッジマスクを使用するか、2 ~ 20 の範囲でしきい値を試します。初期設定のしきい値(0)では、画像内のすべてのピクセルがシャープになります。

注意:

アンシャープマスクを適用したために、元から明るかったカラーの彩度が強くなり過ぎた場合は、編集/「アンシャープマスク」をフェードを選択し、描画モードメニューから「輝度」を選択します。

部分的なシャープの適用

マスクまたは選択範囲を使用すると、画像の一部だけをシャープにして、画像の特定の部分がシャープになることを防ぐことができます。例えば、エッジマスクを使用して人物画にアンシャープマスクフィルターを適用すると、顔の肌に影響を与えずに、目、口、鼻、頭の輪郭をシャープにすることができます。

Photoshop 部分的なシャープ化
エッジマスクを使用して特定の部分だけにアンシャープマスクを適用

選択範囲のシャープ化

  1. レイヤーパネルで画像のレイヤーを選択し、選択範囲を作成します。
  2. フィルター/シャープ/アンシャープマスクを選択します。オプションを設定して「OK」をクリックします。

    選択範囲だけがシャープになり、残りの画像は変更されません。

エッジマスクを使用した画像のシャープ化

  1. マスクを作成して、画像の一部をシャープにします。エッジマスクを作成する方法は数多くあります。使い慣れた方法を使用するか、次の方法を試してください。
    • チャンネルパネルを開き、ドキュメントウィンドウ内で最もコントラストの高いグレースケール画像が表示されているチャンネルを開きます。通常、これはグリーンチャンネルまたはレッドチャンネルです。
    Photoshop エッジマスク
    コントラストの最も高いチャンネルを選択

    • 選択したチャンネルを複製します。
    • 複製したチャンネルを選択して、フィルター/表現手法/輪郭検出を選択します。
    • イメージ/色調補正/階調の反転を選択して画像の階調を反転します。
    Photoshop 輪郭検出フィルターを適用し、階調を反転した画像
    輪郭検出フィルターを適用し、階調を反転した画像

    • 階調を反転した画像を選択したまま、フィルター/その他/明るさの最大値を選択します。半径を小さい値に設定して「OK」をクリックし、エッジを太くして、ピクセルを乱数的に変化させます。
    • フィルター/ノイズ/明るさの中間値を選択します。半径を小さい値に設定して「OK」をクリックします。これによって、隣接するピクセルが平均化されます。
    • イメージ/色調補正/レベル補正を選択し、黒点の値を高くして、不要なピクセルを除外します。必要であれば、黒で塗りつぶして最終的なエッジマスクをレタッチすることもできます。
    Photoshop エッジマスクの黒点
    レベル補正で黒点を高く設定してエッジマスクの不要なピクセルを除去した画像

    • フィルター/ぼかし/ぼかし(ガウス)を選択して、エッジをぼかします。
    注意:

    明るさの最大値フィルター、明るさの中間値フィルター、ぼかし(ガウス)フィルターによってエッジマスクが柔らかくなるので、最終画像でシャープの効果が周囲になじみます。ここでは 3 つの手順をすべて使用していますが、1 つまたは 2 つの手順だけを試すこともできます。

  2. チャンネルパネルで Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら複製したチャンネルをクリックし、エッジマスクを選択範囲にします。
  3. レイヤーパネルで画像のレイヤーを選択します。画像に選択範囲が表示されていることを確認します。

  4. 選択範囲/選択範囲を反転を選択します。
  5. 画像レイヤーで選択範囲をアクティブにしたまま、フィルター/シャープ/アンシャープマスクを選択します。必要なオプションを設定して「OK」をクリックします。

    結果を表示するには、チャンネルパネルで RGB チャンネルを選択し、画像の選択範囲を選択解除します。

    注意:

    ここで説明したすべての手順を適用するアクションを作成することができます。

ぼかし(レンズ)の追加

Photoshop 21.1 で更新(2020 年 2 月のリリース)

画像にぼかしを適用することで被写界深度を浅くし、一部のオブジェクトのみをはっきりと表示し、残りの部分をぼかすことができます。ぼかす部分を指定するには、選択範囲を作成します。または、個別のアルファチャンネル深度情報を指定することで、どの部分にぼかしを適用するかを正確に指定することもできます。

ぼかし(レンズ)適用前 ぼかし(レンズ)適用後

ぼかし(レンズ)フィルターでは、深度情報を使用して、画像内のピクセル位置を判別します。深度情報を選択した状態で、十字カーソルを使用してぼかしの開始点を設定することもできます。深度情報を作成するには、アルファチャンネルとレイヤーマスクを使用します。アルファチャンネル内の黒の領域は写真の手前にあるかのように、白の領域は遠く離れているかのように表示されます。

どのようなぼかしが作成されるかは、選択した「虹彩絞り」の形状によって変わります。虹彩絞りは、絞りの数によって決定します。虹彩絞りの羽根は、曲げたり(円形状にします)回転させたりすることで変更できます。さらに、マイナスボタンまたはプラスボタンをクリックして、プレビューを拡大したり縮小したりできます。

  1. (オプション)Photoshop でグラフィックプロセッサーを有効にします。編集(Windows)または Photoshop(macOS)/環境設定/パフォーマンスを選択し、環境設定ダイアログで「グラフィックプロセッサーを使用」をオンにします。

    Photoshop 21.0(2019 年 11 月リリース)以降では、ぼかし(レンズ)フィルターを適用する際のパフォーマンスを向上させるために、コンピューターのグラフィックカードが使用されます。Photoshop 21.1(2020 年 2 月リリース)ではぼかし(レンズ)のアルゴリズムがさらに強化されており、手前にあるオブジェクトでエッジのぼかしがより強く、ボケがより明るく、スペキュラハイライトがよりリアリスティックになりました。

  2. フィルター/ぼかし/ぼかし(レンズ)を選択します。

  3. プレビュー」で、次のいずれかを選択します。

    • 高速:このオプションを選択して、プレビューをより高速に生成します。
    • 精細:このオプションを選択して、画像の最終バージョンを表示します。プレビューの生成に時間がかかります。
  4. 深度情報」で、ソースメニューから「透明部分」または「レイヤーマスク」のいずれかのチャンネルを選択します。深度情報のソースを持つチャンネルがない場合は、「なし」を選択します。

    ぼかしの焦点距離スライダーをドラッグして、ピクセルに焦点を当てる深度を設定します。例えば、焦点距離を 100 に設定した場合、深度 1 のピクセルと 255 のピクセルは完全にぼかされますが、100 に近いピクセルはそれほどぼかされません。

    プレビュー画像をクリックすると、ぼかしの焦点距離スライダーはクリック位置に合わせて変化し、クリック位置のピクセル深度が焦点に設定されます。

    注意:

    段階的なぼかし効果(なし~最大まで)を得るには、新規にアルファチャンネルを作成し、画像の上部は白く下部は黒くなるように、チャンネルにグラデーションを適用します。次にぼかし(レンズ)フィルターを選択し、ソースメニューから「アルファチャンネル」を選択します。グラデーションの方向を変更するには、「反転」チェックボックスをオンにします。

  5. 深度情報のソースとして使用している選択範囲またはアルファチャンネルを反転するには、「反転」を選択します。

  6. 形状メニューから、虹彩絞りを選択します。絞りの円形度スライダーをドラッグして虹彩絞りのエッジを滑らかにしたり、回転スライダーをドラッグして虹彩絞りを回転したりします。

    ぼかしを強くするには、虹彩絞りの半径スライダーをドラッグします。

  7. スペキュラハイライト」セクションで、しきい値スライダーをドラッグすると、明るさを制限する値を設定できます。この値より明るいピクセルはすべて、スペキュラハイライトとして扱われます。

    ハイライトをより明るくするには、明るさスライダーをドラッグします。

  8. 画像にノイズを加えるには、「ノイズ」セクションにあるスライダーを使用します。「均等に分布」または「ガウス分布」のいずれかのノイズ分布オプションを選択します。

    カラーに影響を与えずにグレーのノイズを加えるには、「グレースケールノイズ」を選択します。

    注意:

    ぼかしを適用すると、元の画像にあったフィルム粒子やノイズ、微細なテクスチャが除去されます。レタッチを感じさせず画像を自然な印象にするには、除去したノイズやテクスチャの一部を画像に戻すとよいでしょう。

  9. OK」をクリックして、変更を画像に適用します。

画像領域のぼかし

ぼかしツールは、画像内のはっきりしたエッジをやわらげたり、ディテールをぼかします。このツールで領域をペイントするほど、ぼかしが強くなります。

  1. ぼかしツール を選択します。

  2. オプションバーで次の操作を行います。
    • オプションバーでブラシ先端を選択し、モードと強さのオプションを設定します。
    • オプションバーの「全レイヤーを対象」を選択して、すべての表示レイヤーからのデータを使用してぼかしを適用します。このオプションを選択解除すると、ツールは、アクティブレイヤーからのデータだけを使用します。
  3. 画像内で、ぼかしたい部分をドラッグします。

画像領域のシャープ化

シャープツールは、エッジに沿ってコントラストを増加し、シャープさを強調します。このツールで領域をペイントするほど、シャープが強くなります。

  1. シャープツール を選択します(このツールが表示されていない場合は、ぼかし ツールを押し続けます)。
  2. オプションバーで次の操作を行います。
    • ブラシ先端を選択し、モードと強さのオプションを設定します。
    • 「全レイヤーを対象」を選択すると、すべての表示レイヤーからのデータを使用してシャープを適用します。このオプションが選択されていない場合、ツールはアクティブレイヤーからのデータだけを使用します。
    • 「ディテールを保護」を選択すると、ディテールを際立たせ、ピクセルの斑点を最小限に抑えます。シャープ効果を強調する場合は、このオプションを選択解除します。
  3. 画像内で、シャープにしたい部分をドラッグします。
アドビのロゴ

アカウントにログイン