様々な方法で画像にペイントを適用するブラシを作成できます。既存のプリセットブラシやブラシ先端のシェイプを選択するか、画像の一部から固有のブラシ先端を作成します。ブラシ設定パネルからオプションを選択して、ペイントを適用する方法を指定します。

ブラシ設定パネルの概要

ブラシ設定パネルでは、既存のブラシに変更を加えたり、新しいカスタムブラシをデザインしたりできます。ブラシ設定パネルには、画像にペイントする方法を指定するブラシ先端のオプションが用意されています。パネル下部にあるブラシストロークのプレビューでは、現在のブラシオプションを使用してペイントストロークがどのように表示されるかを見ることができます。

Photoshop ブラシパネル
ブラシ設定パネル(左)とブラシパネル(右)

A. ロック/ロック解除 B. 選択されたブラシ先端 C. ブラシストロークのプレビュー D. ブラシパネル 

ブラシパネルとブラシオプションの表示

  1. ウィンドウ/ブラシ設定を選択します。または、ペイントツール、消しゴムツール、トーンツール、焦点ツールのいずれかを選択し、オプションバー左側のパネルボタン をクリックします。

  2. パネルの左側にあるオプションセットを選択します。選択したセットで使用可能な設定項目が、パネルの右側に表示されます。

    注意:

    オプションセットの左側にあるチェックボックスをクリックすると、設定項目を表示せずに、そのオプションのオンとオフを切り替えることができます。

ブラシやブラシパックの読み込み

無償のブラシや、Kyle の Photoshop 向けブラシパックのような有償のブラシなど、幅広いブラシを読み込むことができます。次の手順に従います。

  1. ブラシパネルで、フライアウトメニューから「他のブラシを入手」を選択します。または、ブラシパネルにリストされているブラシを右クリックし、コンテキストメニューから「他のブラシを入手」を選択します。

    get_more_brushes2
    ブラシパネルのフライアウトメニューから「他のブラシを入手」を選択...
    get_more_brushes
    ブラシを右クリックし、「他のブラシを入手」を選択...

  2. ブラシパックをダウンロードします。例えば、Kyle の「Megapack」をダウンロードします。

  3. Photoshop が実行されている状態で、ダウンロードした ABR ファイルをダブルクリックします。

    追加したブラシがブラシパネルに表示されます。

注意:

ブラシパネルでフライアウトメニューの「ブラシを読み込む」オプションを使用することでも、ダウンロードした ABR ファイルを探して開くことができます。ダウンロードしたブラシは、一度開けばブラシパネルに追加されます。

高度なカスタムブラシの使用

高度なカスタムブラシの使用
ftcxo8t3
Kyle T Webster

画像からのブラシ先端の作成

  1. 任意の選択ツールを使用して、カスタムブラシとして使用する画像領域を選択します。ブラシシェイプのサイズは、最大 2,500 x 2,500 ピクセルです。

    サンプルされたブラシの硬さはペイント中に調整できません。エッジがシャープなブラシを作成するには、「ぼかし」を 0 ピクセルに設定します。エッジがソフトなブラシを作成するには、「ぼかし」の設定を大きくします。

    注意:

    カラー画像を選択した場合は、ブラシ先端の画像がグレースケールに変換されます。画像に適用されたレイヤーマスクは、ブラシ先端の作成には影響しません。

  2. 編集/ブラシを定義を選択します。
  3. 新しいブラシに名前を付けて「OK」をクリックします。

ブラシの作成とペイントオプションの設定

  1. ペイントツール、消しゴムツール、トーンツールまたは焦点ツールを選択します。続いて、ウィンドウ/ブラシ設定を選択します。

  2. ブラシ設定パネルで、ブラシ先端のシェイプを選択するか、ブラシプリセットをクリックして、既存のプリセットを選択します。

  3. 左側で「ブラシ先端のシェイプ」を選択し、オプションを設定します。

  4. ブラシ先端のシェイプの属性をロック(別のブラシプリセットを選択しても属性を保持)するには、アンロックアイコン  をクリックします。ブラシ先端のロックを解除するには、ロックアイコン  をクリックします。
  5. ブラシを保存して後で利用できるようにするには、ブラシパネルメニューの「新規ブラシプリセット」を選択します。

    注意:

    新しいブラシを永続的に保存したり、他のユーザーに配布したりするには、ブラシをブラシセットの一部として保存する必要があります。ブラシプリセットパネルメニューから「ブラシを保存」を選択して、新しいセットに保存するか、または既存のセットを上書きします。セットに保存せずにブラシプリセットパネルのブラシをリセットまたは置換すると、新しいブラシが失われる可能性があります。

標準的なブラシ先端のシェイプのオプション

標準のブラシ先端の場合は、ブラシ設定パネルで次のオプションを設定できます。

サイズ

ブラシのサイズをコントロールします。値をピクセルで入力するか、スライダーをドラッグします。

Photoshop 標準的なブラシ先端のシェイプのオプション
直径値の異なるブラシストローク

ブラシ見本のサイズを使用

ブラシの直径を元のサイズに戻します。このオプションは、画像内のピクセルをサンプルして作成されたブラシ先端のシェイプに対してのみ使用できます。

左右に反転

ブラシ先端の x 軸上の方向(左右)を変更します。

Photoshop 左右に反転
ブラシ先端の左右の反転

A. 初期設定の位置のブラシ先端 B. 「左右に反転」を選択 C. 「左右に反転」と「上下に反転」を選択 

上下に反転

ブラシ先端の y 軸上の方向(上下)を変更します。

Photoshop 上下に反転
ブラシ先端の上下の反転

A. 初期設定の位置のブラシ先端 B. 「上下に反転」を選択 C. 「上下に反転」と「左右に反転」を選択 

 

楕円形ブラシまたはサンプルブラシの長軸が水平方向から回転した角度を指定します。値を度数で入力するか、プレビューボックスの水平軸をドラッグします。

Photoshop 角度
ブラシに角度を付けた、彫刻刀で描いたようなストローク

真円率

ブラシの短軸と長軸の間の比率を指定します。値を入力するか、プレビューボックスのポイントをドラッグします。100 %の値は円形ブラシ、0 %の値は線形ブラシ、中間値は楕円形ブラシを示します。

Photoshop 真円率
真円率の調整によるブラシ先端のシェイプの縮小

硬さ

ブラシのぼかし開始位置を調節します。数値を入力するか、スライダーを使用してブラシ直径のパーセント値を指定します。サンプルブラシの硬さを変更することはできません。

Photoshop 硬さ
異なる硬さのブラシストローク

間隔

ストローク内のブラシの筆跡間の距離を調節します。間隔を変更するには、数値を入力するか、スライダーを使用してブラシ直径のパーセント値を指定します。このオプションの選択を解除した場合、ペイントの間隔はカーソルを動かすスピードによって決まります。

Photoshop 間隔
間隔を広げると、ブラシのストロークがまばらに

注意:

プリセットブラシを使用しているときに、[ キーを押すとブラシが細くなり、] キーを押すと太くなります。ハード円、ソフト円、カリグラフィの各ブラシの場合、ブラシの硬さを増加するには Shift+ [ キーを押し、減少するには Shift+ ] キーを押します。

ブラシ先端のシェイプのオプション

ブラシ先端の毛の特性を詳細に指定することによって、非常にリアルで自然なタッチを実現できます。ブラシパネルで、次のブラシ先端シェイプオプションを設定します。

シェイプ

ブラシ先端の全体的な形状を指定します。

密度

ブラシ先端の全体的な密度を制御します。

長さ

ブラシ先端の長さを変更します。

太さ

ブラシ先端の幅を制御します。

硬さ

ブラシ先端の硬さを制御します。各設定の値が低いほど、ブラシのシェイプは簡単に変形します。

注意:

マウスを使用しているときにストロークを多様に変化させるには、「硬さ」の設定を調整します。

間隔

ストローク内のブラシの筆跡間の距離を調節します。間隔を変更するには、数値を指定するか、スライダーを使用してブラシ直径のパーセント値を指定します。このオプションの選択を解除した場合、ペイントの間隔はカーソルを動かすスピードによって決まります。

  角度

マウスでペイントする場合に、ブラシ先端の角度を指定します。

ブラシのプレビュー  

上記の設定変更を反映した状態のブラシ先端と、現在の筆圧および描画角度が表示されます。プレビューウィンドウをクリックして、別の面からブラシを表示します。

摩耗性先端のオプション

摩耗性先端ブラシは、鉛筆やクレヨンに似た動きをして、描いていくにつれ自然に摩耗していきます。摩耗の量は、画像の左上のブラシチップのライブプレビューで確認できます。

サイズ

ブラシのサイズをコントロールします。値をピクセルで入力するか、スライダーをドラッグします。

ソフトネス

摩耗の速さを調節します。値をパーセンテージで入力するか、スライダーをドラッグします。

シェイプ

先端のシェイプを調節します。様々な先端のオプションから選択します。

先端をシャープに

先端を元のシャープさに戻します。

間隔

ストローク内のブラシの筆跡間の距離を調節します。間隔を変更するには、数値を指定するか、スライダーを使用してブラシ直径のパーセント値を指定します。このオプションの選択を解除した場合、ペイントの間隔はカーソルを動かすスピードによって決まります。

ブラシのプレビュー  

上記の設定変更を反映した状態のブラシ先端と、現在の筆圧および描画角度が表示されます。プレビューウィンドウをクリックして、別の面からブラシを表示します。

エアブラシ先端のオプション

3D 円錐スプレーを使用すると、エアブラシ先端で缶スプレーのような効果が得られます。スタイラスを使用すると、筆圧を変えることで、スプレーしたストロークの広がりを変えることができます。

サイズ

ブラシのサイズをコントロールします。値をピクセルで入力するか、スライダーをドラッグします。

硬さ

ブラシのぼかし開始位置を調節します。

ゆがみ

ペイントのスプレーに適用する変形を調節します。

粒子の粗さ

ペイントのドロップの粗さがどう見えるかを調節します。 

はねのサイズ

ペイントのドロップレット(飛沫)のサイズを調節します。

はねの量

ペイントのドロップレット(飛沫)の数を調節します。

間隔

ドロップレット(飛沫)間の距離を調節します。このオプションの選択を解除した場合、ペイントの間隔はカーソルを動かすスピードによって決まります。

ブラシのプレビュー  

上記の設定変更を反映した状態のブラシ先端と、現在の筆圧および描画角度が表示されます。プレビューウィンドウをクリックして、別の面からブラシを表示します。

ブラシポーズのオプション

ブラシポーズのオプションにより、スタイラスのような効果を出し、ブラシの角度および位置を調節できます。

傾き X

左から右へのブラシの傾斜角度を指定します。

傾き Y

前から後ろへのブラシの傾斜角度を指定します。

回転

密度の回転角度を指定します。

強さ

ブラシがカンバスにかける圧力を指定します。

「強さを無視」オプションを有効化して、静的なブラシポーズを維持します。

その他のブラシオプション

ノイズ

それぞれのブラシ先端にランダム度が適用されます。このオプションは、ソフトなブラシ先端(グレー値が含まれるブラシ先端)に適用すると、最も効果的です。

ウェットエッジ

ブラシストロークのエッジに沿ってにじむようにペイントされるので、水彩画のような効果が得られます。

エアブラシ / 重ね描き効果

画像に段階的な階調効果を適用するので、エアブラシのような効果が得られます。ブラシパネルの「エアブラシ」オプションは、オプションバーの「エアブラシ」オプションに対応しています。

滑らかさ

ブラシストロークのカーブが滑らかになります。このオプションは、筆圧感知入力を使用してすばやくペイントする場合に最も効果的です。ただし、ストローク描画が少し遅くなる場合もあります。

テクスチャの保護

テクスチャを持つすべてのブラシプリセットに同じパターンおよび拡大縮小率が適用されます。複数のテクスチャブラシ先端を使用してペイントする場合に、一貫性のあるカンバステクスチャをシミュレートするにはこのオプションを選択します。

ストロークのスムージング

Photoshop では、ブラシストロークにインテリジェントなスムージングが施されます。操作は簡単で、ブラシ、鉛筆、混合ブラシ、消しゴムの各ツールの使用中に、オプションバーで「滑らかさ」に値(0~100)を入力するだけです。値として 0 を指定すると、以前のバージョンの Photoshop と同じ従来のスムージングになります。大きな値を指定すると、ストロークに適用されるインテリジェントなスムージングが強められます。

ストロークのスムージングはいくつかのモードで機能します。歯車アイコン()をクリックすると、次のモードのいずれかまたは複数が有効になります。

プルドストリングモード

ストリングがぴんと張っているときだけ描画されます。スムージング半径内でカーソルが動いても跡は付きません。

pulled-string-mode

ストロークのキャッチアップ

ストロークを一時停止している間に描画がカーソルに追いつくようにします。このモードを無効にすると、カーソルの動きが止まったときに描画の適用がすぐに停止します。

enable-stroke-catch_up

ストローク終了時にキャッチアップ

最後の描画位置からマウスやスタイラスのコントロールを放したポイントまでストロークを完成させます。

catch_up-on-stroke-end

ズーム用に調節

スムージングを調節してストロークのジッターを防ぎます。スムージングはドキュメントにズームインすると弱められ、ズームアウトすると強められます。

eraser_smoothing

ブラシの散布

ブラシの散布によって、ストローク内のマークの個数と配置が決まります。

Photoshop ブラシの散布
散布がない場合(左)とある場合(右)のブラシストローク

散布とコントロール

ストローク内でのブラシマークの分布方法を指定します。「両軸」を選択すると、ブラシマークは放射状に分布します。「両軸」の選択を解除すると、ブラシマークはストロークパスに対して垂直に分布します。

散布の最大パーセントを指定するには、値を入力します。ブラシマークの散布の変化を制御するには、コントロールポップアップメニューから次のいずれかのオプションを選択します。

オフ

ブラシマークの散布の変化を調整しません。

フェード

最大散布から散布なしまで、指定したステップ数でブラシマークの散布をフェードします。

筆圧、ペンの傾き、スタイラスホイール、回転

筆圧、ペンの傾き、ペンホイールの位置またはペンの回転に基づいて、ブラシマークの散布を変化させます。

散布したブラシとブラシの間に描画するブラシマークの数を指定します。

注意:

間隔や散布の値を増やすことなく「数」の値を増やすと、ペイントのパフォーマンスが落ちる場合があります。

数のジッターとコントロール

各間隔で変化させるブラシマークの個数を指定します。各間隔で変化させるブラシマークの最大パーセントを指定するには、値を入力します。ブラシマークの数の変化を制御するには、コントロールポップアップメニューから次のいずれかのオプションを選択します。

オフ

ブラシマークの数の変化を調整しません。

フェード

「数」で指定した値から 1 の間で、指定したステップ数でブラシマークの数をフェードします。

筆圧、ペンの傾き、スタイラスホイール、回転

筆圧、ペンの傾き、ペンホイールの位置またはペンの回転に基づいて、ブラシマークの数を変化させます。

ブラシオプションのクリア

ブラシプリセットについて変更したすべてのオプション(ブラシシェイプの設定を除く)を一度にクリアすることができます。

  1. ブラシ設定パネルのメニューから「ブラシ設定を消去」を選択します。

    v3_brush-settings-panel-menu
    ブラシ設定パネルのメニュー

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー