Photoshop の統合テキストエンジン

Photoshop 23.0(2021 年 10 月リリース)で更新

統合テキストエンジンは、従来のテキストエンジンに代わるもので、アラビア語、ヘブライ語、インド語、日本語、中国語、韓国語など、世界中の言語およびスクリプトの高度なテキスト入力機能を提供します。

統合テキストエンジンを使用すると、すべての高度なテキスト入力機能が自動的に使用可能になり、Photoshop のテキストレイヤープロパティパネルでグループ化されます。これにより、言語ごとにテキストエンジンを切り替える必要がなくなります。

主な拡張機能は次のとおりです。

  • アラビア語、ヘブライ語、中国語、日本語、韓国語およびすべてのラテン語以外のスクリプトで、オープンソースの HarfBuzz テキストシェイプエンジンを使用したテキストシェイプが向上
  • FriBidi を使用した双方向テキストのサポートの改善
  • アラビア語と日本語の統合された高度なテキスト入力機能の、テキストレイヤープロパティパネルからの使用に対応

統合テキストエンジンの導入に伴う改善点

  • Photoshop環境設定テキストからユーザーインターフェイスを切り替えるテキストエンジンコンポーザーは削除されました。新しいテキストレイヤーでは、デフォルトですべてのスクリプトと言語がサポートされます。従来のテキストエンジンの Photoshop ドキュメントを開くときに、段落パネルのフライアウトメニューを使用して、従来のテキストエンジンコンポーザーを手動で切り替えることができます。
  • 中東言語および東アジア言語の高度なテキスト入力機能は、テキストレイヤープロパティパネルから常に使用できます。
  • 以前のバージョンの Photoshop とは異なり、デフォルトの段落の方向の属性である右から左方向は、UI 言語が「English: Arabic enabled」、「English: Hebrew enabled」、または「Français : Afrique du Nord」に設定されている場合にのみ有効になります。
  • Photoshop では、Type 1 フォントと Arabic Axt フォントがサポートされなくなりました。Type 1 フォントを含んだ従来の Photoshop ドキュメントを開くと、そのフォントは見つからないフォントとして扱われます。

Photoshop 23.0 リリースでの Type 1 フォントのサポートを終了

Photoshop 23.0 では、PostScript Type 1 フォントのサポートを終了しました。アドビでは、テキストエンジンの更新と最新化、および Harfbuzz スクリプトシェーパーとの統合をおこない、すべてのスクリプトをサポートするようになりました。 

Type 1 フォント(PostScript、PS1、T1、Adobe Type 1、マルチプルマスター、MM とも呼ばれます)は、フォント業界ではより主要な字形セットに置き換えられる形式です。これらのフォントは、多くのブラウザーおよびオペレーティングシステムでサポートされていません。そのためアドビは、より堅牢な技術的可能性を持つ OpenType 形式フォントのサポートに取り組むことになりました。 

デスクトップオペレーティングシステムに Type 1 フォントがインストールされている場合でも、Photoshop 23.0 以降ではこのフォントが認識されません。

  1. Type 1 フォントが、Photoshop のフォントメニューに表示されません。
  2. 以前にインストールした Type 1 フォントが、Photoshop ファイルで機能しなくなります。
  3. 既存の Type 1 フォントを含んだ Photoshop ファイルを開くと、Type 1 フォントがドキュメント内で見つからないフォントとして扱われます。 

必要なフォントが Adobe Fonts ライブラリで見つからない場合は、アドビがサポートおよび所有するフォントは、アドビのパートナー会社 fontspring から取得できます。

アドビが所有していない Type 1 フォントを購入したお客様は、フォントを公開したフォントベンダーに、OpenType 形式へのアップグレードが可能かどうかをご確認ください。

注意:Type 1 フォントを OpenType 形式に変換することは可能ですが、最適な結果が得られない場合があります。また、フォントベンダーの使用許諾契約により、ファイルの変換が禁止されている場合があります。詳しくは、使用許諾契約をご覧いただくか、フォントベンダーに直接お問い合わせください。

サポートされる各国のスクリプト

統合テキストエンジンコンポーザーは、ラテン語に加え、次の言語およびスクリプトをサポートします。

インド言語

中東言語

東南アジア言語*

CJK

  • ベンガル語
  • グジャラート語
  • ヒンディー語
  • カンナダ語
  • マラヤーラム語
  • マラーティー語
  • オリヤー語
  • パンジャブ語
  • タミル語
  • テルグ語

  • アラビア語
  • ヘブライ語
詳しくは、アラビア語とヘブライ語を参照してください。

  • タイ語
  • シンハラ語
  • ビルマ語 
  • クメール語
  • ラオス語

*Photoshop CC の 2018 年 10 月リリース(20.0)で導入

  • 中国語
  • 日本語
  • 韓国語

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photoshop では、シェイプと基本的な共通属性を備えた世界中のスクリプトをサポートしています(高度なテキスト入力機能はありません)。

Photoshop では、ラテン語、アラビア語、および日本語のみの高度なテキスト入力機能をサポートしています。その他のすべてのスクリプトでは、シェイプおよび共通テキスト属性のみをサポートしています。 

注意:

アドビアプリケーションのテキスト機能は、各アプリケーションが異なるテキストエンジンを利用している可能性があるため、必ずしも機能の均衡が取れているとは限りません。また、テキスト機能は、アプリケーションの主な使用状況(画像の編集、ページレイアウト、イラストレーションなど)によって変わる可能性があるため、適用するテキスト処理に応じて、アプリケーション間で書式設定、スタイル、編集可能性の保持状態が異なる場合があります。

現在すべてのアドビ製品で、東南アジア(SEA)の言語またはスクリプトがサポートされているわけではありません。現在 SEA スクリプトをサポートしているアドビアプリから、SEA スクリプトをサポートしていないアプリケーションに SEA テキストを移動すると、テキストのコピーと書式設定の編集の一部または全部が失われる可能性があります。この場合、次の点に注意してください。

  • Photoshop から他のアプリケーションに移動する前に、画像ファイルの統合が必要になる場合があります。
  • Adobe Illustrator のテキストファイルは、他のアプリケーションで使用する前にアウトラインへの変換が必要になる場合があります。
  • テキスト変換を行うと、あるアプリケーションから別のアプリケーションに移動した場合に、編集可能性が失われることがあります。

プロのヒント:東南アジア言語のスクリプトは現在、すべての製品でサポートされているわけではありませんが、InDesign および Illustrator では、コンポーザーの切り替えが必要となります。

関連する言語フォントパックのインストール(Windows)

Windows でこれらの言語を正しく使用するには、使用する特定の言語の言語フォントパックをインストールします。

詳しくは、Microsoft のヘルプドキュメント:言語パックを参照してください。

各国の言語、スクリプト、およびテキストを使用したドキュメントの作成

ドキュメントの作成

各国の言語を使用してドキュメントを作成するには、次の手順を実行します。

  1. ドキュメントを開いて、文字ツールを選択し、テキストレイヤーを作成します。

  2. 文字パネルで、目的の言語を設定します(言語の選択は、ハイフネーションとスペルチェックでのみ必要です)。

    Photoshop の文字パネルでの言語の設定
    テキストレイヤープロパティパネルでの言語の設定

    文字パネルでの言語の設定
    または、文字パネルで言語を設定します

  3. 選択した言語に基づいて、適切なフォントを設定します。例えば、タイ語を選択した場合は、Adobe Thai や Noto Sans Thai などのタイ語フォントを設定します。

  4. 選択した言語で作成されたテキストをコピーして貼り付けます。言語固有のキーボードの場合は、テキストを入力します。

統合テキストエンジンでは、言語サポートがシームレスに機能するため、レイアウトオプションを切り替える必要はありません。

Photoshop のテキストレイヤープロパティパネル
テキストレイヤープロパティパネル

テキストレイヤープロパティパネルのセクション
テキストレイヤープロパティパネルのセクション

統合テキストエンジン

アドビのロゴ

アカウントにログイン