オブジェクトのワープ

「ワープ」コマンドを使用すると、コントロールポイントをドラッグして画像の形状、シェイプ、パスなどを操作できます。オプションバーのワープスタイルポップアップメニューのシェイプを使用してワープすることもできます。ワープスタイルポップアップメニューのシェイプは、コントロールポイントをドラッグして変形することができます。

コントロールポイントを使用してアイテムを変形する場合、表示/エクストラを選択すると、ワープのメッシュとコントロールポイントの表示 / 非表示が切り替わります。

Photoshop ワープの使用
ワープの使用

A. ワープを適用するシェイプの選択 B. オプションバーのワープスタイルポップアップメニューからワープを選択 C. 複数のワープオプションを使用した結果 
  1. ワープ対象を選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 編集/変形/ワープを選択します。

    • 別の変形コマンドまたは「自由変形」コマンドを選択している場合は、オプションバーの自由変形モードとワープモードの切り替えボタン をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • 特定のシェイプを使用してワープするには、オプションバーのワープポップアップメニューからワープスタイルを選択します。

    Photoshop コントロールポイントをドラッグしてワープしたメッシュ
    コントロールポイントをドラッグしてワープしたメッシュ

    • シェイプを操作するには、コントロールポイント、バウンディングボックスのセグメント、メッシュ、またはメッシュ内の領域をドラッグします。曲線を調整するには、コントロールポイントのハンドルを使用します。この操作は、ベクトル画像の曲線セグメントのハンドルを調整するのと似ています。

    注意:

    最後のハンドル調整を元に戻すには、編集/取り消しを選択します。

    Photoshop ワープのシェイプの操作
    ワープのシェイプの操作

    • ワープメニューから選択したワープスタイルの向きを変更するには、オプションバーのワープの方向を変更ボタン をクリックします。
    • 基準点を変更するには、オプションバーの基準点の位置の正方形 をクリックします。
    • 数値を使用してワープの量を指定するには、オプションバーの「カーブ」(カーブを設定)、「X」(水平方向のゆがみを設定)、「Y」(垂直方向のゆがみを設定)の各テキストボックスに値を入力します。ワープスタイルポップアップメニューで「なし」または「カスタム」を選択した場合は、数値を入力することはできません。
  4. 次のいずれかの操作を行います。
    • 確定するには、Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押すか、オプションバーの確定ボタン をクリックします。

    • 変形をキャンセルするには、Esc キーを押すか、オプションバーの変形をキャンセルボタン をクリックします。

    注意:

    シェイプやパスのようなベクトル画像ではなく、ビットマップ画像を変形する際は、変形の確定を実行するたびにシャープさが少しずつ落ちます。そのため、変形を 1 つずつ別々に適用するよりも、複数のコマンドを実行してから累積的変形を適用する方法が適しています。

パペットワープ

パペットワープは、メッシュを視覚化して、他の領域に影響を与えずに特定の画像領域を大きく変形できます。画像のちょっとしたレタッチ(髪型など)から、大がかりな変形(腕や脚の位置の変更など)まで、様々な用途に使用できます。

画像レイヤーのほか、パペットワープはレイヤーマスクやベクトルマスクにも適用できます。画像を崩さずに変形するには、スマートオブジェクトを使用します(詳しくは、スマートオブジェクトの作成を参照してください)。

  1. レイヤーパネルで、変形するレイヤーまたはマスクを選択します。

  2. 編集/パペットワープを選択します。

  3. オプションバーで、次のメッシュ設定を調整します。

    モード

    メッシュの全体的な伸縮性を指定します。

    注意:

    広角の画像やテクスチャマップのワープに適した伸縮性の高いメッシュには、「変形」を選択します。

    密度

    メッシュのポイントの間隔を指定します。「ポイント数を増加」を選択すると精度は向上しますが処理時間がかかり、「ポイント数を減少」を選択するとその逆になります。

    拡張

    メッシュの外枠を伸長または縮小します。

    メッシュを表示

    選択を解除すると調整ピンだけが表示され、変形のプレビューがクリアになります。

    注意:

    調整ピンを一時的に隠すには、H キーを押します。

  4. 画像ウィンドウ内をクリックして、変形する領域と固定する領域にピンを追加します。

    Photoshop メッシュ上でのピンの移動
    パペットメッシュ上でピンを動かします。隣接するピンによって周囲の領域の状態が保たれます。

  5. ピンを移動または削除するには、次のいずれかの操作を行います。

    • ピンをドラッグして、メッシュをワープします。

    • 別のメッシュエリアが重なって見えなくなったメッシュエリアを表示するには、オプションバーでピンの深さボタン   をクリックします。

    • 選択したピンを削除するには、Delete キーを押します。他のピンを個別に削除するには、目的のピンにカーソルを合わせ、Alt キー(Windows)または Option(Mac OS)キーを押します。ハサミアイコン  が表示されたらクリックします。

    • オプションバーで、すべてのピンを削除ボタン  をクリックします。

    注意:

    複数のピンを選択するには、Shift キーを押しながらクリックするか、コンテキストメニューから「すべてを選択」を選択します。

  6. ピンの周りでメッシュを回転するには、メッシュを選択して、次のいずれかの操作を実行します。

    • メッシュを決まった角度だけ回転するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押し、カーソルをピンの近くに置きます。このとき、カーソルがピンに触れないようにします。円が表示されたら、画面を見ながらドラッグしてメッシュを回転します。

    注意:

    オプションバーに回転角が表示されます。

    • 選択したモードオプションに基づいてメッシュを自動回転するには、オプションバーの回転メニューから「自動」を選択します。
  7. 変換が完了したら、Enter キーまたは Return キーを押します。

Photoshop 選択したピンの周りでメッシュを回転
Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押して、選択したピンを中心にメッシュを回転します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー