カラーの一致

複数の画像間でのカラーの一致

「カラーの適用」コマンドは、複数の画像、複数のレイヤーまたは複数の選択範囲間でカラーを一致させます。また、輝度、カラー範囲を変更したり、色合いを中間調に調整することによって、画像内のカラーを調整することもできます。「カラーの適用」コマンドは、RGB モードでしか使用できません。

注意:

「カラーの適用」コマンドの使用中は、ポインターがスポイトツールに変わります。スポイトツールを使用して画像を調整すると、カラーピクセル値が情報パネルに表示されます。このパレットによって、「カラーの適用」コマンドの使用中に調整するカラーのピクセル情報を確認できます。画像内のカラー値の表示を参照してください。

「カラーの適用」コマンドは、1 つの画像(ソース画像)のカラーを他の画像(ターゲット画像)のカラーに適用します。「カラーの適用」は、様々な写真に一貫したカラーを使用する場合や、1 つの画像の特定のカラー(肌の色調など)を他の画像のカラーに一致させなければならない場合に便利です。

2 つの画像のカラーに加え、「カラーの適用」コマンドでは、同じ画像内の異なるレイヤーのカラーを一致させることもできます。

2 つの画像間でのカラーの一致

  1. (オプション)ソース画像とターゲット画像内で選択範囲を作成します。

    選択範囲を作成しない場合は、画像全体の数値設定が画像間で統一されます。

  2. 変更する画像をアクティブにして、イメージ/色調補正/カラーの適用を選択します。

    ターゲット画像の特定のレイヤーに「カラーの適用」コマンドを適用する場合は、そのレイヤーをアクティブにした状態で「カラーの適用」コマンドを選択します。

  3. カラーの適用ダイアログボックスの「画像の適用設定」セクションのソースメニューで、ソース画像を選択します。この画像のカラーがターゲット画像に適用されます。カラー調整を行う際に他の画像を使用しない場合は、「なし」を選択します。「なし」を選択すると、ターゲット画像とソース画像が同じになります。

    必要であれば、レイヤーメニューを使用して、カラーを適用するソース画像のレイヤーを選択します。レイヤーメニューから「結合」を選択すると、ソース画像内のすべてのレイヤーのカラーを適用することができます。

  4. 画像内に選択範囲を作成した場合は、次のいずれかの操作を行います(複数可)。
    • ターゲット画像全体に調整を適用する場合は、「対象画像」セクションで「補正の適用時に選択範囲を無視」オプションを選択します。このオプションを選択すると、ターゲット画像の選択範囲が無視されて、調整がターゲット画像全体に適用されます。

    • ソース画像内に選択範囲を作成してあり、その中のカラーを使用して調整を適用する場合は、「画像の適用設定」セクションで「ソース画像の選択範囲を使用してカラーを適用」オプションを選択します。ソース画像の選択範囲を無視し、ソース画像全体のカラーを使用して調整を適用する場合は、このオプションをオフにします。

    • ターゲット画像内に選択範囲を作成してあり、その中のカラーを使用して調整を適用する場合は、「画像の適用設定」セクションで「ターゲット画像の選択範囲を使用してカラーを適用」オプションを選択します。ターゲット画像の選択範囲を無視し、ターゲット画像全体のカラーを使用して調整を適用する場合は、このオプションをオフにします。

  5. ターゲット画像の不要な色合いを自動的に除去するには、「色かぶりを補正」オプションを設定します。調整内容を画像にプレビューするには、「プレビュー」オプションを選択します。
  6. ターゲット画像の明るさを増減するには、輝度スライダーを移動します。または、「輝度」ボックスに値を入力します。最大値は 200、最小値は 1、初期設定は 100 です。
  7. ターゲット画像のカラーの彩度を調整するには、カラーの適用度スライダーを移動します。または、「カラーの適用度」ボックスに値を入力します。最大値は 200、最小値は 1(グレースケール画像)、初期設定は 100 です。
  8. 画像に適用する調整の量を指定するには、フェードスライダーを移動します。スライダーを右に動かすと、調整の量が減ります。
  9. 「OK」をクリックします。

同じ画像内での 2 つのレイヤーのカラーの一致

  1. (オプション)一致させるレイヤー内で選択範囲を作成します。この方法を使用すると、1 つのレイヤーのカラー領域(顔の肌の色調など)を他のレイヤーのカラー領域に適用する場合に便利です。

    選択範囲を作成しない場合は、ソースレイヤー全体のカラーが適用されます。

  2. ターゲットにするレイヤー(カラー調整の適用先)をアクティブにして、イメージ/色調補正/カラーの適用を選択します。
  3. カラーの適用ダイアログボックスの「画像の適用設定」セクションで、ソースメニューの画像がターゲット画像と同じであることを確認します。
  4. レイヤーメニューを使用して、適用するカラーを含むレイヤーを選択します。レイヤーメニューから「結合」を選択すると、すべてのレイヤーのカラーを適用することができます。
  5. 画像内に選択範囲を作成した場合は、次のいずれかの操作を行います(複数可)。
    • ターゲットレイヤー全体に調整を適用する場合は、「対象画像」セクションで「補正の適用時に選択範囲を無視」オプションを選択します。このオプションを選択すると、ターゲットレイヤーの選択範囲が無視されて、調整がターゲットレイヤー全体に適用されます。

    • ソース画像内に選択範囲を作成してあり、その中のカラーを使用して調整を適用する場合は、「画像の適用設定」セクションで「ソース画像の選択範囲を使用してカラーを適用」オプションを選択します。ソースレイヤーの選択範囲を無視して、ソースレイヤー全体のカラーを使用して調整を行うには、このオプションをオフにします。

    • ターゲットレイヤー内の選択範囲のカラーだけを使用して調整を適用する場合は、「画像の適用設定」セクションで「ターゲット画像の選択範囲を使用してカラーを適用」オプションを選択します。選択範囲を無視し、ターゲットレイヤー全体のカラーを使用して調整を適用する場合は、このオプションをオフにします。

  6. ターゲットレイヤーの不要な色合いを自動的に除去するには、「色かぶりを補正」オプションを設定します。調整内容を画像にプレビューするには、「プレビュー」オプションを選択します。

  7. ターゲットレイヤーの明るさを増減するには、輝度スライダーを移動します。または、「輝度」ボックスに値を入力します。最大値は 200、最小値は 1、初期設定は 100 です。
  8. ターゲットレイヤーのカラーピクセル値の範囲を調整するには、カラーの適用度スライダーを移動します。または、「カラーの適用度」ボックスに値を入力します。最大値は 200、最小値は 1(グレースケール画像)、初期設定は 100 です。
  9. 画像に適用する調整の量を指定するには、フェードスライダーを移動します。スライダーを右に動かすと、調整の量が減ります。
  10. 「OK」をクリックします。

「カラーの適用」コマンドの設定の保存および適用

  • カラーの適用ダイアログボックスの「画像の適用設定」セクションで「設定を保存」ボタンをクリックします。設定に名前を付けて保存します。
  • カラーの適用ダイアログボックスの「画像の適用設定」セクションで「設定を読み込む」ボタンをクリックします。保存した設定ファイルを指定して読み込みます。

カラーの置き換え

画像のオブジェクトのカラーの置き換え

Photoshop では、複数のテクニックを使用してオブジェクトのカラーを置換できます。最高の柔軟性と結果を得るには、選択したオブジェクトに色相・彩度の補正を適用します。柔軟性をそれほど求めず、便利なオプションをまとめて使用したい場合は、色の置き換えダイアログボックスを使用します。精度よりも速度を重視する場合は、色の置き換えツールを使用できます。

ビデオチュートリアル:オブジェクトのカラーを変更

ビデオチュートリアル:オブジェクトのカラーを変更
Deke McClelland 制作

選択したオブジェクトに色相/彩度の補正を適用する

ほとんどの場合は、この柔軟なテクニックでカラーを置き換えることで最高の結果が得られます。マスクと調整レイヤーは非破壊的なので、適用後に結果を自由に微調整できます。独自の色彩の統一オプションでは、相対的ではなく絶対値的なカラー変更を適用できます(元のカラーから着色されません)。

  1. 変更するオブジェクトを選択します。クイック選択ツール  を使用すると、最適な結果が得られます。その他の技法については、カラーの範囲の選択および、選択範囲の境界線の精細化を参照してください。

  2. 色調補正パネルで色相・彩度アイコンをクリックします。

    選択範囲が調整レイヤーのマスクになります。

  3. 属性パネルで、色相と彩度の設定を変更してオブジェクトのカラーを置き換えます。元のカラーで新しいカラーを着色する場合は、「色彩の統一」を選択して設定を再び調整します(色相と彩度の調整を参照してください)。

    注意:

    コントラストを保持するために「明度」設定はゼロのままにしてください。コントラストと彩度を保持するには、調整レイヤーで色相描画モードを選択します。

  4. 必要に応じて、マスクを白または黒でペイントし、変更する領域を拡大又は縮小します(レイヤーマスクの編集を参照してください)。

詳しくは、色調補正パネルの概要を参照してください。

色の置き換えダイアログボックスの使用

色の置き換えダイアログボックスでは、色の範囲を選択するツールと、その色を置換する HSL スライダーを組み合わせています。置き換える色をカラーピッカーで選択することもできます。

色の置き換えダイアログボックスでは、色相・彩度の補正にある「色彩の統一」オプションが省かれています。このオプションは色を完全に変更するために必要となることがあります。特定のオブジェクトを変更するためのレイヤー補正テクニックもあります。ただし、色の置き換えコマンドは全体的な色の変更に適しています。特に、プリント用に色域外の色を変更する場合に最適です。

  1. イメージ/色調補正/色の置き換えを選択します。
  2. (オプション)画像内の類似した隣接するカラーを選択している場合は、「カラークラスタ指定」を選択して、より正確なマスクを作成します。
  3. プレビューオプションを選択します。

    選択範囲

    プレビューボックスにマスクが表示されます。マスクされた領域はブラック、マスクされていない領域はホワイトで表示されます。部分的にマスクされている領域(半透明マスクで覆われた領域)は、透明度に基づいて多様なグレーの濃淡で表示されます。

    画像

    プレビューボックスに画像が表示されます。このオプションは、画像が拡大されている場合や、画面スペースが限られている場合などに便利です。

  4. 置き換えるカラーを選択するには、スポイトツール  を使用して画像内かプレビューボックスをクリックして、マスクによって露出される領域を選択します。
  5. 選択範囲を調整するには、次のいずれかの操作を行います。
    • Shift キーを押しながらクリックするか、サンプルに追加スポイトツール  を使用して、領域を追加します。

    • Alt キーを押しながらクリックするか(Windows)、Option キーを押しながらクリックするか(Mac OS)、サンプルから削除スポイトツール  を使用して、領域を削除します。

    • 選択範囲のカラースウォッチをクリックして、カラーピッカーを開きます。カラーピッカーを使用して、置き換えるカラーのターゲット値を設定します。カラーピッカーでカラーを選択すると、プレビューボックス内のマスクが更新されます。

  6. 許容量スライダーをドラッグするか、許容量を入力して、選択範囲に含める関連カラーの度合いを制御します。
  7. 以下のいずれかの操作を行って、置き換える色を指定します。
    • 色相、彩度、明度のスライダーをドラッグします(またはテキストボックスに値を入力します)。

    • 結果スウォッチをダブルクリックし、カラーピッカーを使用して置き換え色を選択します。

    注意:

    完全なグレー、黒または白をカラーと置き換えることはできません。ただし、明度設定は変更できます。(色相と彩度の設定は既存の色からの相対的な変化になるので、効果がありません)。

  8. (オプション)「保存」をクリックして設定を保存しておくと、別の画像で再び読み込むことができます。

色の置き換えツールの使用

色の置き換えツールでは、選択した色の領域を置換色でペイントします。このツールは簡易編集に適していますが、特に暗い色や黒では十分な結果が得られない場合があります。ツールオプションを試しても満足する結果が得られない場合は、色相と彩度の調整を参照してください。

色の置き換えツールは、モノクロ 2 階調、インデックスカラー、マルチチャンネルカラーの各モードでは使用できません。

  1. 色の置き換えツール を選択します(ツールが表示されていない場合、ブラシツールを押したままにすると選択できるようになります)。
  2. オプションバーで、ブラシ先端を選択します。通常は、描画モードを「カラー」に設定しておきます。
  3. 「サンプル」オプションとして、次のいずれかを選択します。

    継続 

    ドラッグしたカラーが連続的に置き換えられます。

    一度 

    最初にクリックしたターゲットカラーを含む領域だけが置き換えられます。

    背景のスウォッチ 

    現在の背景色を含む領域だけが置き換えられます。

  4. 制限メニューで、次のいずれかを選択します。

    隣接されていない

    ポインターの下にサンプルしたカラーがあった場合にそれが置き換えられます。

    隣接

    ポインターの真下にあるカラーと隣接しているカラーが置き換えられます。

    輪郭検出

    シェイプエッジのシャープさを保持しながら、サンプルしたカラーを含んでいる隣接した領域を置き換えます。

  5. 「許容値」では、低いパーセント値を選択すると、クリックしたカラーに非常に近いカラーだけが置き換えられ、パーセント値を高くすると、広い範囲のカラーが置き換えられます。
  6. 修正する領域のエッジを滑らかにするには、「アンチエイリアス」を選択します。
  7. 不要なカラーを置き換える描画色を選択します(ツールパネルでのカラーの選択を参照してください)。
  8. 画像内の置き換えたいカラーをクリックします。
  9. 画像内をドラッグして、不要なカラーを置き換えます。

注意:

置き換えられる色の領域が小さすぎる場合は、オプションバーの「許容値」の設定を高くします。

カラーの選択的ミックス

特定色域の色調の補正

特定色域の選択の色調補正は、ハイエンドのスキャナーや色分解プログラムで画像上の主要なカラーコンポーネントに使用されるプロセスカラーの量を変更するときに使用します。任意の原色の量を抜粋して、他の原色に影響することなく変更できます。例えば、特定色域の選択の色調補正を使用し、ある画像のグリーンのコンポーネントのシアンを大幅に減少させ、ブルーのコンポーネントのシアンは変更せずに保持することができます。

「特定色域の選択」は CMYK カラーを使用して画像を補正しますが、RGB 画像でも適用できます。

  1. チャンネルパネルで合成チャンネルを選択していることを確認します。特定色域の選択の補正は、合成チャンネルの表示中のみ使用可能です。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 色調補正パネルで、部分的なカラーアイコン をクリックします。

    • レイヤー/新規調整レイヤー/特定色域の選択を選択します。新規レイヤーダイアログボックスで「OK」をクリックします。

    注意:

    または、イメージ/色調補正/特定色域の選択を選択します。この方法では調整が画像レイヤーに直接適用されるため、画像情報が破棄されます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • 属性パネルにあるカラーメニューから、調整するカラーを選択します。保存したプリセットを選択することもできます。

    • 属性パネルで、プリセットメニューから特定色域の選択プリセットを選択します。

  4. 属性パネルで方法を選択します。

    相対値

    既存のシアン、マゼンタ、イエロー、またはブラックの含有量を全体に対する比率で指定して変更できます。例えば、マゼンタを 50%含むピクセルに 10%を追加すると、全体のマゼンタインキの含有率は 5%が追加された 55%となります。これは、50%の 10%は 5%だからです。このオプションでは、カラーコンポーネントを含まない純粋な反射色のホワイトは調整できません。

    絶対値

    カラーを絶対値で調整できます。例えば、マゼンタ 50%のピクセルに 10%を追加すると、全体のマゼンタインキの含有率は 60%に設定されます。

    注意:

    カラーポップアップメニューで指定する色域とそのカラーの差によって、調整効果は異なります。例えば、マゼンタを 50%含むピクセルは、指定できる色域に完全には一致しないため、2 色の混合補正になります。  

  5. スライダーをドラッグし、選択されたカラーのコンポーネントを増減できます。

    特定色域の選択の補正のための設定を保存して、他の画像で再利用することもできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー