消しゴムツールによる消去

消しゴムツールは、ピクセルを背景色または透明に変更します。背景または透明ピクセルをロックしたレイヤーで作業する場合、ピクセルは背景色に変わります。それ以外の場合、ピクセルは透明になります。

消しゴムツールを使用して変更した部分を、ヒストリーパネル上で選択したヒストリー画像に戻すこともできます。

  1. 消しゴムツール  を選択します。
  2. 背景または透明ピクセルをロックしたレイヤーで消去する場合は、適用する背景色を設定します。
  3. オプションバーでモード設定を選択します。「ブラシ」および「鉛筆」を選択すると、消しゴムはこれらのツールと同様に動作するように設定されます。「ブロック」は、輪郭がはっきりとした固定サイズの正方形で、不透明度やインク流量を変更するためのオプションはありません。
  4. ブラシモードや鉛筆モードの場合は、ブラシプリセットを選択し、オプションバーで「不透明度」や「インク流量」を設定します。

    不透明度を 100 %にすると、ピクセルは完全に透明になります。不透明度を低くすると、ピクセルは不透明になっていきます。詳しくは、ペイントツールオプションを参照してください。

  5. 画像を消去して、ヒストリー画像または画像のスナップショットの状態に戻すには、ヒストリーパネルでヒストリー画像またはスナップショットの左の列をクリックしてから、オプションバーの「消去してヒストリーに記録」を選択します。

    注意:

    「消去してヒストリーに記録」モードでの作業中に一時的に消しゴムツールを使用するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、画像内をドラッグします。

  6. 消去する領域をドラッグします。

マジック消しゴムツールによる近似ピクセルの変更

レイヤーをマジック消しゴムツールでクリックすると、すべての近似ピクセルが自動的に透明に変わります。透明ピクセルをロックしたレイヤーで作業している場合、ピクセルは背景色に変わります。背景をクリックすると、背景はレイヤーに変換され、すべての近似ピクセルが透明に変わります。

現在のレイヤー上で隣接しているピクセルだけを消去するか、またはすべての近似ピクセルを消去するかを選択できます。

近似ピクセルの消去
近似ピクセルの消去例

  1. マジック消しゴムツール  を選択します。
  2. オプションバーで次の操作を行います。
    • 許容値を入力し、消去する色の範囲を定義します。許容値を低く設定すると、クリックしたピクセルと非常に近似したカラー値の範囲内のピクセルだけを消去します。許容値が高いと、消去されるカラーの範囲が大きくなります。
    • 「アンチエイリアス」を選択すると、消去した領域のエッジが滑らかになります。
    • 「隣接」を選択すると、画像内のクリックしたピクセルと隣接したピクセルだけが消去されます。選択しない場合、すべての近似ピクセルが消去されます。
    • 「全レイヤーを対象」を選択すると、すべての表示レイヤーからのデータを組み合わせて、消去するカラーをサンプルします。
    • 消去の度合いを定義する不透明度を指定します。不透明度を 100 %にすると、ピクセルは完全に透明になります。不透明度を低くすると、ピクセルは不透明になっていきます。
  3. レイヤー内で消去する部分をクリックします。

背景消しゴムツールを使用したピクセルの透明化

背景消しゴムツールは、ドラッグ操作に従ってレイヤー上のピクセルを消去し、透明にします。描画色のオブジェクトの境界線を維持したまま、背景を消去できます。異なるサンプルおよび許容値オプションを指定することによって、透明部分の範囲および境界線のシャープさをコントロールすることができます。

注意:

複雑で精細なエッジのオブジェクトの背景を消去する場合は、クイック選択を使用します。

背景消しゴムツールは、ブラシの中央(ホットスポット)でカラーをサンプルし、ブラシの内側に表示されるカラーを削除します。また、背景消しゴムツールは、描画オブジェクトのエッジのカラーを抽出することによって、描画オブジェクトが別の画像にペーストされた場合に色に対してのハロー現象が表示されないようにします。

注意:

背景消しゴムツールは、レイヤーの透明ピクセルをロック設定を無効にします。

  1. レイヤーパネルで、消去する領域を含んでいるレイヤーを選択します。
  2. 背景消しゴムツール  を選択します(このツールが表示されていない場合は、消しゴムツール  を押し続け、ポップアップメニューから背景消しゴムツールを選択します)。
  3. オプションバーのブラシサンプルをクリックして、ポップアップパネルでブラシオプションを設定します。
    • 筆圧感知式のデジタルタブレットを使用する場合は、サイズポップアップメニューと許容値ポップアップメニューでオプションを選択することによって、1 つのストローク内で背景消しゴムツールのサイズおよび許容値を変化させることができます。「筆圧」を選択すると、筆圧に基づいてバリエーションを設定できます。「スタイラスホイール」を選択すると、ペンホイールの位置に基づいて変化の度合いを設定できます。「オフ」を選択すると、サイズも許容値も変化しません。
  4. オプションバーで次の操作を行います。
    • 「制限」オプションを選択します。「隣接されていない」を選択すると、ブラシの内側にサンプルしたカラーがある場合にそれが消去されます。「隣接」を選択すると、サンプルしたカラーを含んでいて隣接している領域だけが消去されます。「輪郭検出」を選択すると、シェイプエッジのシャープさを保持しながら、サンプルしたカラーを含んでいる隣接した領域を消去します。
    • 「許容値」では、値を入力するか、スライダーをドラッグします。許容値を低く設定すると、サンプルしたカラーに非常に近いカラー領域だけが消去されます。許容値が高いと、消去されるカラーの範囲が大きくなります。
    • 描画色の保持」を選択すると、ツールパネル内の描画色と一致する領域は消去されなくなります。
    • 「サンプル」オプションを選択します。「継続」を選択すると、ドラッグしたカラーが連続的にサンプルされます。「一度」を選択すると、最初にクリックしたカラーを含む領域だけが消去されます。「背景のスウォッチ」を選択すると、現在の背景色を含む領域だけが消去されます。
  5. 消去する領域をドラッグします。背景消しゴムツールポインターが、十字カーソルの付いたブラシシェイプとして表示されて、ツールのホットスポット  を示します。

鉛筆ツールによる自動消去

鉛筆ツールで「自動消去」オプションを使用すると、描画色を含む領域の上に背景色をペイントできます。

  1. 描画色と背景色を選択します。
  2. 鉛筆ツール を選択します。
  3. オプションバーで「自動消去」を選択します。
  4. 画像上をドラッグします。

    ドラッグの開始時にカーソルの中心が描画色上にあると、その領域は消去されて背景色になります。ドラッグの開始時にカーソルの中心が描画色を含まない領域にあると、その領域は描画色でペイントされます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー