レイヤーの選択

1 つまたは複数のレイヤーを選択して、選択したレイヤーについて作業することができます。ペイントや、カラーおよび色調の調整など、作業の内容によっては、一度に作業できるレイヤーが 1 つだけの場合があります。レイヤーが 1 つだけ選択されているとき、そのレイヤーはアクティブレイヤーと呼ばれます。アクティブレイヤーの名前は、ドキュメントウィンドウのタイトルバーに表示されます。

移動、整列、変形、スタイルパネルでのスタイルの適用などのその他の作業については、複数のレイヤーに対して一度に作業することができます。レイヤーパネル内でレイヤーを選択することも、移動ツール  を使用してレイヤーを選択することもできます。

レイヤーをリンクすることもできます。複数のレイヤーを一度に選択した場合と異なり、リンクしたレイヤーは、レイヤーパネルでの選択を変更してもリンクされたままです。レイヤーのリンクとリンク解除を参照してください。

注意:

ツールを使用したり、コマンドを実行したりした後に希望どおりの結果が得られない場合には、適切なレイヤーが選択されていないことがあります。適切なレイヤーに対して作業していることをレイヤーパネルで確認してください。

レイヤーパネルでのレイヤーの選択

  • 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーパネルで目的のレイヤーをクリックします。
    • 隣接している複数のレイヤーを選択するには、最初のレイヤーをクリックし、Shift キーを押しながら最後のレイヤーをクリックします。
    • 隣接していない複数のレイヤーを選択するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、レイヤーパネルで各レイヤーをクリックします。

    注意:

    選択するときは、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、レイヤーサムネールの外側の領域をクリックします。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらレイヤーサムネールをクリックすると、レイヤーの不透明領域に選択範囲が作成されます。

    • すべてのレイヤーを選択するには、選択範囲/すべてのレイヤーを選択します。

    • 同種類のレイヤーすべて(例えば、すべてのテキストレイヤー)を選択するには、レイヤーの 1 つを選択し、選択範囲/同じ種類のレイヤーを選択します。

    • 単一のレイヤーの選択を解除するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリックします。

    • レイヤーの選択をすべて解除するには、レイヤーパネルで、背景レイヤーまたは一番下のレイヤーの下の空白部分をクリックするか、選択範囲/レイヤーの選択を解除を選択します。

ドキュメントウィンドウでのレイヤーの選択

ドキュメントウィンドウから直接、レイヤーを選択することもできます。

  1. 移動ツール を選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • オプションバーで「自動選択」を選択し、ポップアップメニューから「レイヤー」を選択して、ドキュメント内で選択したい内容をクリックします。カーソルの下のピクセルを含む最前面のレイヤーが選択されます。

    • オプションバーで「自動選択」を選択し、ポップアップメニューから「グループ」を選択して、ドキュメント内で選択したい内容をクリックします。カーソルの下のピクセルを含む最前面のグループが選択されます。グループに属さないレイヤーをクリックした場合は、そのレイヤーが選択されます。

    • 画像内を右クリック(Windows)するか、Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、コンテキストメニューから目的のレイヤーを選択します。ここで表示されるメニューには、現在のポインター位置にピクセルが存在するレイヤーがすべて一覧表示されます。

グループ内でのレイヤーの選択

グループを開いて、そのグループ内の個々のレイヤーを選択することができます。

  1. レイヤーパネルでグループをクリックします。
  2. フォルダーアイコン  の左側にある三角形をクリックします。
  3. グループ内の個々のレイヤーをクリックします。

レイヤーをグループ化すると、プロジェクトが整理され、レイヤーパネルがすっきりした状態で維持されます。レイヤーをリンクすると、レイヤーの順番が隣り合っていない場合でも、レイヤー間の関係が確立されます。

レイヤーのグループ化とグループ解除

  1. レイヤーパネルで複数のレイヤーを選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤー/レイヤーをグループ化を選択します。

    • レイヤーをレイヤーパネルの下部にある新規グループを作成ボタン までドラッグして、レイヤーをグループ化します。Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、ドラッグするとレイヤーからの新規グループダイアログボックスを表示することができます。

  3. レイヤーをグループ解除するには、グループを選択し、レイヤー/レイヤーのグループ解除を選択します。

グループへのレイヤーやグループの追加

  • 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーパネルでグループを選択し、新規レイヤーを作成ボタン  をクリックします。

    • レイヤーをグループフォルダーにドラッグします。

    • グループフォルダーを別のグループフォルダーにドラッグします。グループとその中のすべてのレイヤーが移動します。

    • 既存のグループを新規グループを作成ボタン にドラッグします。

複数のレイヤーまたはグループをリンクさせることができます。複数のレイヤーを一度に選択した場合と異なり、リンクしたレイヤー間の関係は、リンクが解除されるまで保持されます。リンクされたレイヤーを移動したり、変形したりすることができます。

  1. レイヤーパネルで複数のレイヤーまたはグループを選択します。
  2. レイヤーパネル下部にあるレイヤーをリンクボタン をクリックします。
  3. レイヤーのリンクを解除するには、次のいずれかの操作を行います。
    • リンクされたレイヤーのいずれかを選択し、レイヤーをリンクボタン をクリックします。

    • リンクされたレイヤーを一時的に無効にするには、Shift キーを押しながら、リンクされたレイヤーのリンクアイコンをクリックします。赤い X マークが表示されます。リンクを再び有効にするには、Shift キーを押しながらリンクアイコンをクリックします。

    • リンクされたレイヤーをすべて選択し、レイヤーをリンクボタンをクリックします。リンクされたレイヤーをすべて選択するには、リンクされたレイヤーのいずれかを選択し、レイヤー/リンクしたレイヤーを選択を選択します。

レイヤーの境界線とハンドルの表示

レイヤーの内容の境界線またはバウンディングボックスを表示すると、内容を移動したり整列させたりしやすくなります。選択されたレイヤーやグループにバウンディングボックスを表示して、サイズを変更したり回転したりすることもできます。

レイヤーの内容の境界線が表示された状態(左)とバウンディングボックスが表示された状態(右)
レイヤーの内容の境界線が表示された状態(左)とバウンディングボックスが表示された状態(右)

選択したレイヤーの内容の境界線の表示

  • 表示/表示・非表示/レイヤーの境界線を選択します。

選択したレイヤーでのバウンディングボックスの表示

  1. 移動ツール を選択します。
  2. オプションバーから、「バウンディングボックスを表示」を選択します。

    バウンディングボックスのハンドルを使用してレイヤーの内容をサイズ変更したり回転したりすることができます。自由な変形を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー