レイヤーにマスクを追加し、マスクを使用してレイヤーの一部を非表示にしたり、下にあるレイヤーを表示したりすることができます。レイヤーのマスクは、複数の写真を組み合わせて単一の画像にしたり、写真から人物やオブジェクトを削除する場合に便利な合成の手法です。

ビデオチュートリアル:画像の一部のマスク

ビデオチュートリアル:画像の一部のマスク
Matthew Pizzi

ビデオチュートリアル:マスキングを使った、背景からの人物の削除

ビデオチュートリアル:マスキングを使った、背景からの人物の削除
lynda.com

レイヤーマスクとベクトルマスクについて

マスクを使用して、レイヤーの一部を非表示にしたり、下にあるレイヤーの一部を表示したりすることができます。作成できるマスクには次の 2 つの種類があります。

  • レイヤーマスクは解像度に依存するビットマップ画像のマスクで、ペイントツールまたは選択ツールで編集します。

  • ベクトルマスクは解像度に依存しないマスクで、ペンツールまたはシェイプツールで作成します。

    レイヤーマスクおよびベクトルマスクは非破壊的であり、マスクで非表示にしたピクセルを失うことなく、元の状態に戻したり、後でマスクを再編集したりすることができます。

    レイヤーパネルでは、レイヤーマスクとベクトルマスクの両方が、追加のサムネールとしてレイヤーサムネールの右側に表示されます。レイヤーマスクの場合、このサムネールは、レイヤーマスクを追加したときに作成されたグレースケールチャンネルを表します。ベクトルマスクのサムネールは、レイヤーの内容を切り取るパスを表します。

注意:

背景レイヤー上でレイヤーマスクまたはベクトルマスクを作成するには、まず背景レイヤーを通常のレイヤーに変換します(レイヤー/背景からレイヤーへ)。

レイヤーのマスク
レイヤーのマスク

A. レイヤーマスクサムネール B. ベクトルマスクサムネール C. ベクトルマスクリンクアイコン D. マスクの追加 

レイヤーマスクを編集し、マスクする領域を追加したり、削除することもできます。レイヤーマスクはグレースケールの画像です。ブラックでペイントした領域は非表示になり、ホワイトでペイントした領域は表示されます。また、様々な階調のグレーでペイントした領域は様々な透明度で表示されます。

背景はブラック、説明カードはグレー、バスケットはホワイトで描画したレイヤーマスク
背景はブラック、説明カードはグレー、バスケットはホワイトで描画したレイヤーマスク

ベクトルマスクはレイヤー上にシャープなエッジのシェイプを作成します。これは、エッジがはっきりしたデザインエレメントを追加するのに便利です。ベクトルマスクを含むレイヤーを作成してから、レイヤースタイルを適用して必要に応じて編集すると、ボタンやパネルなどの Web デザインエレメントを短時間で作成できます。

属性パネルは、マスクを調整するための追加のコントロールを提供します。マスクの不透明度を変更してマスクされた内容が表示される度合いを増減すること、マスクを反転すること、および選択領域の場合と同様にマスクの境界線を調整することができます。

プロパティパネル
プロパティパネル

A. レイヤーマスク B. ベクトルマスク 

レイヤーマスクの追加

レイヤーマスクを追加すると、すべてのレイヤーを表示または非表示にしたり、選択範囲や透明部分にマスクを設定したりできます。後でマスクをペイントして、レイヤーの一部を正確に非表示にし、下にあるレイヤーを表示することもできます。

レイヤー全体を表示または隠すマスクの追加

  1. 画像のどの部分も選択されていないことを確認します。選択範囲/選択を解除を選択します。
  2. レイヤーパネルでレイヤーまたはグループを選択します。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤー全体を表示するマスクを作成するには、レイヤーパネルのレイヤーマスクを追加  ボタンをクリックするか、レイヤー/レイヤーマスク/すべての領域を表示を選択します。
    • レイヤー全体を非表示にするマスクを作成するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、レイヤーマスクを追加ボタンをクリックするか、レイヤー/レイヤーマスク/すべての領域を隠すを選択します。

レイヤーの一部を隠すレイヤーマスクの追加

  1. レイヤーパネルでレイヤーまたはグループを選択します。
  2. 画像の領域を選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーパネルのレイヤーマスクを新規作成するボタン  をクリックして、選択範囲を表示するマスクを作成します。
    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、レイヤーパネルのレイヤーマスクを追加ボタンをクリックして、選択範囲を非表示にするマスクを作成します。
    • レイヤー/レイヤーマスク/選択範囲外をマスクまたは選択範囲をマスクを選択します。

レイヤーの透明部分に基づくマスクの作成

レイヤーの透明部分を直接編集する場合は、透明部分からマスクを作成します。この方法は、ビデオと 3D のワークフローに便利です。

  1. レイヤーパネルでレイヤーを選択します。
  2. レイヤー/レイヤーマスク/透明部分をマスクを選択します。

Photoshop は透明部分を不透明色に変換して、新しく作成したマスクで非表示にします。不透明色は、フィルターやレイヤーに適用されたその他の処理によって、大きく異なります。

他のレイヤーのレイヤーマスクの適用

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • マスクを別のレイヤーに移動するには、マスクを他のレイヤーにドラッグします。
    • マスクを複製するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらマスクを他のレイヤーにドラッグします。

レイヤーとマスクのリンク解除

初期設定では、レイヤーまたはグループは、そのレイヤーマスクまたはベクトルマスクにリンクされています。レイヤーパネルでは、サムネール間にリンク関係を示すリンクアイコン  が表示されます。画像内のレイヤーとそのマスクは、一方を移動ツール  で移動したときに、もう一方も同時に移動します。リンクを解除することにより、それぞれを独立して移動できます。

  • レイヤーをマスクからリンク解除するには、レイヤーパネルでリンクアイコンをクリックします。

  • レイヤーとマスクのリンクを再度設定するには、レイヤーパネルでレイヤーサムネールとマスクサムネールの間をクリックします。

レイヤーマスクの有効と無効の切り替え

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 有効と無効を切り替えるレイヤーマスクを含むレイヤーを選択し、属性パネルでマスクを不使用 / 使用の切り替えボタン をクリックします。
    • レイヤーパネルで Shift キーを押しながらレイヤーマスクのサムネールをクリックします。
    • 有効と無効を切り替えるレイヤーマスクを含むレイヤーを選択し、レイヤー/レイヤーマスク/使用しないまたはレイヤー/レイヤーマスク/使用を選択します。

    マスクが無効のときは、レイヤーパネル内のマスクサムネール上に赤い X マークが表示され、レイヤーの内容はマスク効果のない状態で表示されます。

レイヤーマスクの適用または削除

レイヤーマスクを適用して、レイヤーの隠された部分を完全に削除することができます。レイヤーマスクはアルファチャンネルとして保存されるので、レイヤーマスクの適用と削除はファイルサイズの軽減に役立ちます。変更を適用せずに、レイヤーマスクを削除することもできます。

  1. レイヤーパネルで、レイヤーマスクが含まれているレイヤーを選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーにレイヤーマスクを完全に適用した後でレイヤーマスクを削除するには、属性パネルの下部にあるマスクを適用ボタン をクリックします。
    • レイヤーにレイヤーマスクを適用せずにレイヤーマスクを削除するには、属性パネルの下部にあるマスクを削除ボタンをクリックします。

    レイヤーメニューを使用して、レイヤーマスクを適用または削除することもできます。

    注意:

    レイヤーマスクを削除するときに、レイヤーマスクを完全にスマートオブジェクトレイヤーに適用することはできません。

レイヤーマスクチャンネルの選択と表示

レイヤーマスクの編集を容易にするために、グレースケールマスクを単独で表示することも、レイヤー上に半透明の赤いオーバーレイとして表示することもできます。

  1. レイヤーパネルで、次のいずれかの操作を行います。

    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらレイヤーマスクのサムネールをクリックすると、グレースケールマスクだけが表示されます。レイヤーを再表示するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらレイヤーマスクのサムネールをクリックします。または、属性パネルで目のアイコン  をクリックします。
    • Alt+Shift キー(Windows)または Option+Shift キー(Mac OS)を押しながらレイヤーマスクのサムネールをクリックすると、レイヤー上にマスクが半透明の赤で表示されます。カラー表示をオフにするには、Alt+Shift キーまたは Option+Shift キーを押しながらもう一度サムネールをクリックします。

レイヤーマスクの半透明のカラーまたは不透明度の変更

  1. チャンネルパネルでレイヤーマスクチャンネルをダブルクリックします。

  2. 新しいマスクカラーを選択するには、レイヤーマスク表示オプションダイアログボックスでカラーボックスをクリックし、新しいカラーを選択します。
  3. 不透明度を変更するには、0 ~ 100%の値を入力します。

    カラーと不透明度の設定はどちらもマスクの外観に影響するだけで、その下の領域を保護する方法には影響ありません。例えば、画像内のカラーに対してマスクを見やすくするために、これらの設定を変更することができます。

  4. 「OK」をクリックします。

マスクの不透明度および境界線の調整

選択したレイヤーマスクまたはベクトルマスクの不透明度の調整には、属性パネルを使用します。濃度スライダーは、マスクの不透明度を調節します。ぼかしは、マスクの境界線をソフトにすることができます。

追加オプションは、レイヤーマスク固有です。「反転」オプションは、マスクされた領域またはマスクされていない領域を反転させます。「マスクの境界線」オプションには、「滑らかに」や「縮小 / 拡張」など、マスクエッジを変更するための様々なコントロールがあります。「色域指定」オプションについて詳しくは、調整レイヤーおよび塗りつぶしレイヤーの作成と制限を参照してください。

マスク濃度の変更

  1. レイヤーパネルで、編集するマスクが含まれているレイヤーを選択します。
  2. レイヤーパネルで、マスクサムネールをクリックします。サムネールが境界線で囲まれます。

  3. 属性パネルで、密度スライダーをドラッグして、マスクの不透明度を調節します。

    100%の濃度では、マスクは完全に不透明になり、レイヤーの下の領域はすべて見えなくなります。濃度を低くすると、マスクの下の表示される領域が増えます。

マスクエッジのぼかし

  1. レイヤーパネルで、編集するマスクが含まれているレイヤーを選択します。
  2. レイヤーパネルで、マスクサムネールをクリックします。サムネールが境界線で囲まれます。

  3. ぼかしスライダーをドラッグして、マスクの境界線にぼかしを適用します。

    ぼかしは、マスクのエッジをぼかして、マスク部分とマスクしていない部分の間の切り替えを滑らかにします。ぼかしは、スライダーで設定したピクセルの範囲内で、マスクのエッジから外側に向かって適用されます。

マスクエッジの精細化

  1. レイヤーパネルで、編集するマスクが含まれているレイヤーを選択します。
  2. レイヤーパネルで、マスクサムネールをクリックします。サムネールが境界線で囲まれます。

  3. 「マスクの境界線」をクリックします。マスクを調整ダイアログボックスのオプションを使用してマスクエッジを変更し、様々な背景に対してマスクを表示できます。オプションの説明については、選択範囲の境界線の精細化を参照してください。

  4. 「OK」をクリックすると、マスクを調整ダイアログボックスが閉じ、該当のレイヤーに変更内容が適用されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー