テキストに対して様々な操作を実行してテキストの外観を変更することができます。例えば、テキストをワープしたり、テキストをシェイプに変換したり、テキストにドロップシャドウを追加したりすることができます。テキスト効果を作成する最も簡単な方法の 1 つは、Photoshop の初期設定のテキスト効果アクションをテキストレイヤーで再生する方法です。これらの効果にアクセスするには、アクションパネルメニューから「テキスト効果」を選択します。

パスに沿ったテキストまたはパスの内側のテキストの作成

ペンツールまたはシェイプツールで作成した作業用パスのエッジに沿って、流し込まれるテキストを作成することができます。パスに沿って文字を入力すると、そのパスにアンカーポイントを追加した方向に文字が配置されます。パスに横書きのテキストを入力すると、ベースラインに対して直角にテキストが表示されます。パスに縦書きのテキストを入力すると、ベースラインに対して平行にテキストが表示されます。

クローズパスの内側にテキストを入力することもできます。ただし、この場合、テキストは常に横方向に表示され、テキストがパスの境界に達すると自動的に改行されます。

注意:

パスを移動したり、パスの形を変更したりすると、新しいパスの位置または形に合わせて関連付けられているテキストも変化します。

Photoshop オープンパス上の縦書きテキストと横書きテキスト
オープンパス上の縦書きテキストと横書きテキスト

Photoshop 縦書きテキストと横書きテキスト
シェイプツールで作成したクローズパス上の横書きテキストと縦書きテキスト

パスに沿った文字の入力

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 横書き文字ツール  または縦書き文字ツール  を選択します。

    • 横書き文字マスクツール  または縦書き文字マスクツール  を選択します。

  2. ポインターを移動して文字ツールのベースラインインジケーター をパス上に合わせ、クリックします。パス上に挿入ポイントが表示されます。
    Photoshop パスに沿った文字の入力
    文字ツールのベースラインインジケーター(左)、ベースラインインジケーターをパス上に合わせた文字ツール(右)

  3. 文字を入力します。横書きテキストは、パスに沿ってベースラインに対して直角に表示されます。縦書きテキストは、パスに沿ってベースラインに対して平行に表示されます。

    注意:

    パス上のテキストの縦方向の整列をさらに制御するには、文字パネルの「ベースラインシフトを設定」オプションを使用します。例えば、文字の位置を下げるには、「ベースラインシフトを設定」テキストボックスに負の値を入力します。

パス上のテキストの移動または反転

  1. パス選択ツール またはパスコンポーネント選択ツール を選択し、テキスト上にポインターを置きます。ポインターが矢印付きの I ビーム  に変わります。
    • テキストを移動するには、テキストをクリックしてパスに沿ってドラッグします。パス上を横切るようにドラッグしないように注意してください。

    • パスの逆側にテキストを反転するには、テキストをクリックしてパスを横切るようにドラッグします。

Photoshop パス選択ツールまたはパスコンポーネント選択ツール
パス選択ツールまたはパスコンポーネント選択ツールを使用して、パス上のテキストを移動または反転する.

注意:

文字の方向を変更しないでパスの反対側に文字を移動するには、文字パネルの「ベースラインシフトを設定」オプションを使用します。例えば、円のパス上に文字を左から右に入力した場合、「ベースラインシフトを設定」テキストボックスに負の値を入力して文字の位置を下げます。これにより、円の内側に文字の上部を揃えることができます。

クローズパスの内側のテキスト入力

  1. 横書き文字ツール  を選択します。
  2. パスの内側にポインターを合わせます。
  3. 文字ツールの周りに破線のカッコ が表示されたら、クリックしてテキストを挿入します。

テキスト付きのパスの移動

  1. パスコンポーネント選択ツール  または移動ツール  を選択し、パスをクリックして目的の位置にドラッグします。パスコンポーネント選択ツールを使用する場合は、ポインターが矢印付きの I ビーム  に変わらないように注意してください。変わった場合はパスに沿ってテキストを移動することになります。

テキスト付きのパスの形の変更

  1. パス選択ツール  を選択します。
  2. パスのアンカーポイントをクリックし、ハンドルを使用して、パスの形を変更します。

テキストのワープとワープの解除

テキストをワープして特殊なテキスト効果を作成することができます。例えば、テキストを円弧または波の形にワープできます。選択するワープスタイルは、テキストレイヤーの属性の 1 つです。レイヤーのワープスタイルを変更して、いつでもワープの形状全体を変更することができます。ワープオプションでは、ワープ効果の方向および遠近法を細かく制御できます。

注意:

太字書式を含むテキストレイヤー、またはアウトラインデータを含まないフォント(ビットマップフォントなど)を使用したテキストレイヤーをワープすることはできません。

Photoshop 魚型スタイルを使用したテキストのワープ
魚型スタイルを使用してテキストをワープした例

テキストのワープ

  1. テキストレイヤーを選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 文字ツールを選択して、オプションバーのワープテキストを作成ボタン  をクリックします。

    • テキスト/ワープテキストを選択します。

    注意:

    「ワープ」コマンドを使用して、テキストレイヤーのテキストをワープできます。編集/パスを変形/ワープを選択します。

  3. スタイルポップアップメニューからワープスタイルを選択します。
  4. ワープ効果の方向として「水平方向」または「垂直方向」を選択します。
  5. 必要に応じて追加ワープオプションの値を指定します。
    • 「カーブ」では、どの程度のワープをレイヤーに適用するかを指定します。

    • 「水平方向のゆがみ」および「垂直方向のゆがみ」を選択すると、ワープに遠近法が適用されます。

テキストのワープの解除

  1. ワープが適用されているテキストレイヤーを選択します。
  2. 文字ツールを選択して、オプションバーのワープテキストを作成ボタン  をクリックするか、またはレイヤー/テキスト/ワープテキストを選択します。
  3. スタイルポップアップメニューから「なし」を選択し、「OK」をクリックします。

テキストからの作業用パスの作成

テキストを作業用パスに変換することによって、テキストの特性をベクトルシェイプとして操作することができます。作業用パスとは、パスパネルに表示される一時的なパスで、シェイプのアウトラインを定義します。テキストレイヤーから作業用パスを作成すると、その他のパスと同様に保存および操作することができます。パス内の文字をテキストとして編集することはできませんが、元のテキストレイヤーはそのまま残るので編集することができます。

  1. テキストレイヤーを選択し、テキスト/作業用パスを作成を選択します。

    注意:

    アウトラインデータを含まないフォント(ビットマップフォントなど)を使用して作業用パスを作成することはできません。

テキストからシェイプへの変換

テキストをシェイプに変換すると、テキストレイヤーは、ベクトル形式のマスクを持つレイヤーに置き換わります。ベクトル形式のマスクを編集し、スタイルをレイヤーに適用することができますが、レイヤー内の文字をテキストとして編集することはできません。

  1. テキストレイヤーを選択し、テキスト/シェイプに変換を選択します。

    注意:

    アウトラインデータを含まないフォント(ビットマップフォントなど)を使用してシェイプを作成することはできません。

テキスト選択範囲の境界線の作成

横書き文字マスクツールまたは縦書き文字マスクツールを使用すると、文字の形の選択範囲を作成できます。アクティブレイヤーにテキスト選択範囲が表示され、他の選択範囲と同様に、移動、コピー、塗りつぶしまたは境界線を描くことができます。

  1. 選択範囲を表示するレイヤーを選択します。最良の結果を得るには、テキスト選択範囲の境界線を、テキストレイヤー上ではなく標準の画像レイヤー上に作成します。選択範囲の境界線を塗りつぶしたり、描画したりする場合は、新しい空白のレイヤーに作成します。
  2. 横書き文字マスクツール  または縦書き文字マスクツール  を選択します。
  3. マウスをクリックするかドラッグして、ポインターの場所またはバウンディングボックス内にテキストを入力します。

    テキストを入力すると、アクティブレイヤー上に赤いマスクが表示されます。確定ボタン  をクリックすると、テキスト選択範囲の境界線がアクティブレイヤーの画像内に表示されます。

テキストへのドロップシャドウの追加

ドロップシャドウを追加して、画像内のテキストに奥行きを付けます。

  1. レイヤーパネルで、ドロップシャドウを追加するテキストを含むレイヤーを選択します。
  2. レイヤーパネルの下部にあるレイヤースタイルボタン  をクリックし、表示されたリストから「ドロップシャドウ」を選択します。
  3. 可能な場合は、レイヤーとドロップシャドウが表示されるように、レイヤースタイルダイアログボックスを配置します。
  4. 必要に応じて設定を調整します。シャドウとその下のレイヤーの合成方法、シャドウの不透明度(下のレイヤーをどの程度表示するか)、光源の角度およびテキストまたはオブジェクトとシャドウ間の距離など、シャドウの様々な特性を変更することができます。
  5. ドロップシャドウの設定が完了したら、「OK」をクリックします。

    注意:

    同じドロップシャドウの設定を別のレイヤーで使用するには、レイヤーパネル内のドロップシャドウレイヤーを別のレイヤーに Alt キーを押しながらドラッグします。マウスボタンを放すと、そのレイヤーにドロップシャドウ属性が適用されます。

テキストの中に画像を表示

レイヤーパネルで、テキストレイヤー上にある画像レイヤーにクリッピングパスを適用して、テキストの中に画像を表示できます。

  1. テキストの内部で使用する画像を含むファイルを開きます。
  2. ツールボックスの横書き文字ツール  または縦書き文字ツール  を選択します。
  3. 「文字」タブをクリックして、文字パネルを前面に表示します。パネルが開いていない場合は、ウィンドウ/文字を選択します。
  4. 文字パネルで、フォントと他のテキスト属性を選択します。大きくて太字の文字が最適です。
  5. ドキュメントウィンドウ内で挿入ポイントをクリックしてテキストを入力します。テキストの入力が完了したら、Ctrl+Enter キー(Windows)または Command+Return キー(Mac OS)を押します。
  6. 「レイヤー」タブをクリックして、レイヤーパネルを前面に表示します。パネルが開いていない場合は、ウィンドウ/レイヤーを選択します。
  7. (オプション)画像レイヤーが背景レイヤーの場合、レイヤーパネルの画像レイヤーをダブルクリックすると、背景レイヤーから通常のレイヤーに変更されます。

    注意:

    背景レイヤーはロックされ、レイヤーパネル内で移動することはできません。背景レイヤーを通常のレイヤーに変更するには、ロックを解除する必要があります。

  8. (オプション)新規レイヤーダイアログボックスで、レイヤー名を変更することができます。「OK」をクリックするとダイアログボックスが閉じ、画像レイヤーに変更されます。
  9. レイヤーパネルで、画像レイヤーをドラッグし、テキストレイヤーのすぐ上に配置します。
  10. 画像レイヤーを選択した状態で、レイヤー/クリッピングマスクを作成を選択します。画像がテキストの内部に表示されます。
  11. 移動ツール  を選択し、画像をドラッグしてテキスト内に表示する画像の位置を調整します。

    注意:

    画像ではなくテキストを移動するには、レイヤーパネルでテキストレイヤーを選択してから、移動ツールを使用してテキストを移動します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー