カラーの範囲の選択

「色域指定」コマンドでは、既存の選択範囲または画像全体から、指定したカラーまたはカラーの範囲の部分が選択されます。選択範囲を置き換える場合は、このコマンドを適用する前にすべての選択を解除してください。「色域指定」コマンドは、32 bit/チャンネルの画像には使用できません。

既存の選択範囲を精細に調整するには、「色域指定」コマンドを数回適用して、カラーの組み合わせを選択します。例えば、シアン選択範囲でグリーン領域を選択するには、色域指定ダイアログボックスで、「シアン系」を選択して、「OK」をクリックします。色域指定ダイアログボックスを再び開いて「グリーン系」を選択します。このテクニックでは、混合カラーの一部を選択するため、カラーを詳細に選択できます。

スキントーンを選択し、自動的に顔を検出して選択することもできます。スキントーンを維持したまま他のすべてのカラーを調整できるような選択範囲を作成するには、スポイトツールサンプラーの下の「階調の反転」を選択します。

  1. 選択範囲/色域指定を選択します。

    注意:

    色域指定を使用して、レイヤーマスクを調整することもできます。詳しくは、マスクの不透明度および境界線の調整を参照してください。

  2. 選択メニューから次のいずれかを選択します。

    スキントーン

    一般的なスキントーンに似ている色を選択します。  より正確なスキントーンを選択するには、「顔を検出」を有効にします。

    指定色域

    スポイトツールを有効化し、画像からサンプルカラーを取り出します。画像内の複数の色域を選択している場合は、「カラークラスタ指定」を選択して、より正確な選択範囲を作成します。

    • カラーまたは階調の範囲。このオプションを使用すると、選択範囲を調整することはできなくなります。
  3. 次のいずれかの表示オプションを選択します。

    選択範囲

    画像内でサンプリングしたカラーによる選択範囲をプレビューします。初期設定では、白の領域は選択されたピクセル、黒の領域は選択されていないピクセル、グレーの領域は部分的に選択されているピクセルです。

    画像

    画像全体をプレビューします。例えば、画像の画面に表示されていない部分からサンプルを採りたい場合などに使用します。

    注意:

    色域指定ダイアログボックス内で、画像と選択範囲のプレビューを切り替えるには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押します。

  4. 指定色域については、スポイトの形のポインターを画像またはプレビュー領域の上に置き、選択したいカラーのところでクリックすると、そのカラーがサンプルされます。

    Photoshop カラーのサンプル
    カラーのサンプル

    選択範囲を調整するには、次の操作を行います。

    • カラーを追加するには、プラス(+)のスポイトツールを選択し、プレビュー領域または画像をクリックします。
    • カラーを削除するには、マイナス(-)のスポイトツールを選択し、プレビュー領域または画像をクリックします。

    注意:

    プラス(+)のスポイトツールを一時的にアクティブにするには、Shift キーを押します。Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押すと、マイナスのスポイトツールが一時的にアクティブになります。

  5. 許容量スライダーを使用するか、直接値を入力して、選択する色域を調整します。「許容量」の設定によって、選択範囲に含まれるカラーの範囲の広さを制御し、部分的に選択されたピクセルの量(選択範囲のプレビューでグレーの領域)を増減します。「許容量」を小さい値に設定するとカラーの対象範囲が狭まり、大きい値にすると対象反映が広がります。
    Photoshop 許容量の増加
    許容量を増加させると、選択範囲が広がる

    「ローカライズ済みカラークラスタ」を選択した場合は、範囲スライダーを使用して、サンプルポイントからどこまでの色を選択に含めるかを制御します。例えば、画像の前景と背景の両方に黄色い花のパッチが含まれていて、前景の花のみ選択する場合に使用します。前景の花の色をサンプルし、背景内の似た色の花が選択されないように範囲を縮小します。

  6. 画像ウィンドウ内の選択をプレビューするには、「選択範囲のプレビュー」オプションを選択します。

    なし

    元の画像が表示されます。

    グレースケール

    完全に選択されたピクセルが白、部分的に選択されたピクセルがグレー、選択されていないピクセルが黒で表示されます。

    黒マット

    選択したピクセルは元の画像で表示され、選択されていないピクセルは黒で表示されます。このオプションは明るい画像に適しています。

    白マット

    選択したピクセルは元の画像で表示され、選択されていないピクセルは白で表示されます。このオプションは暗い画像に適しています。

    クイックマスク

    選択されていない領域が赤いオーバーレイ(またはクイックマスクオプションダイアログボックスで指定したカスタムカラー)で表示されます。

  7. オリジナルの選択に復帰するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、「初期化」をクリックします。
  8. カラーの範囲の設定を保存して読み込むには、色域指定ダイアログボックスの「保存」および「読み込み」ボタンを使用して、現在の設定を保存し、再利用します。

    スキントーンの選択設定をプリセットとして保存することができます。

注意:

「50%以上選択されているピクセルがありません」というメッセージが表示されたら、選択範囲の境界線は表示されません。画像が彩度の高い赤の色相を含んでいない場合は、選択範囲メニューから「レッド系」などのカラーの選択肢を選択している可能性があります。

ビデオチュートリアル:スキントーンの調整

ビデオチュートリアル:スキントーンの調整
Richard Harrington

スキントーン設定をプリセットとして保存

色域指定を選択するコマンドを使用すると、スキントーン選択範囲がプリセットとして保存されます。スキントーンまたはサンプルカラーを選択すると、「顔を検出」オプションの設定も保存できます。

スキントーン設定をプリセットとして保存するには:

  1. 選択範囲/色域指定を選択します。

  2. 色域指定ダイアログボックスで、選択メニューから「スキントーン」を選択します。

  3. より正確なスキントーンを選択するには、「顔を検出」を選択してから、許容量スライダーを調節するか、値を入力します。選択範囲を指定するには、表示オプションが「選択範囲」に設定されていることを確認し、「選択範囲のプレビュー」を選択して、ドキュメントウィンドウに選択範囲を表示します。

  4. 「保存」ボタンをクリックして保存ウィンドウで、スキントーンプリセットのファイル名を入力してから、「保存」をクリックします。

スキントーンプリセットを読み込むには:

  1. 色域指定ダイアログボックスで、「読み込み」ボタンをクリックします。

  2. 読み込みウィンドウで、目的のプリセットファイルを選択し、「読み込み」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー